お金に困ったときは「お金がない馬」

プロバイダ料金を未払いにしておくとこうなる

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

インターネットを利用するときは、回線提供業者とプロバイダ業者の2つに契約します。

セットで契約できることもありますが、別々に料金が請求されるケースもありますので、支払いに遅れないように注意しなくてはいけません。

プロバイダの支払いが遅れているとインターネットが利用できなくなるばかりか、強制解約や信用情報に傷がつくリスクも生じます。

プロバイダを未払いで放置するとどうなるのか、徹底的に解説いたします。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

・プロバイダへの支払いが遅れている人
・プロバイダの強制解約が信用情報に与える影響

プロバイダの種類と支払い方法

プロバイダ会社には、通信会社系、電力会社系、電機メーカー系の3種類があります。

会社ごとに延滞時の対応が変わってきますので、まずは契約しているプロバイダの支払い方法を確認しておきましょう。

通信会社系プロバイダ

NTTOCN口座振替毎月5日・10日及び末日振替
クレジットカード払いVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースなど19のブランドが使用可能
料金請求書銀行、郵便局 コンビニから支払い可能
plala口座振替利用月の翌月26日振替
クレジットカードVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースなど22のブランドが使用可能
その他の支払い方法NTT回収代行
電話料金合算サービス
KDDIauひかり口座振替毎月1日振替
一部の人は25日振替
クレジットカード支払いVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースなど24のブランドが使用可能
コミュファ光口座振替毎月27日振替
クレジットカード払いVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースなどと提携している国内全てのクレジットカードが使用可能
ソフトバンクYahoo!JapanBBクレジットカード払い
(Yahoo!ウォレット)
VISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースの5つのブランドが使用可能
Yahoo! JAPAN指定銀行
(Yahoo!ウォレット)
ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行
毎月26日振替
銀行ほか民間金融機関、ゆうちょ銀行毎月27日振替

口座振替を選択している場合、振替日が土日祝日に当たるときは、翌営業日の振替となります。

またクレジットカード払いを選択している場合、引き落とし日などは各クレジットカード会社の規定に準ずることとなります。

そのため、登録しているクレジットカードの銘柄によって、プロバイダ料金の引き落とし日が変わります。

電力会社系プロバイダ

eo光(関西)口座振替毎月26日振替
クレジットカード払いVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースの5つのブランドが使用可能
MEGA EGG(中国)口座振替毎月26日振替
クレジットカード払いVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナース、セゾン、UFJ、ニコス、DC、オリコの10種類のブランドが使用可能
コンビニ払い払込用紙にて支払い
Pikara(四国)口座振替徳島市エリア10日
高松市エリア25日
高知市エリア26日
松山市エリア27日
それ以外のエリアはピカラサービスセンターに確認しましょう
クレジットカード払いVISA Mastercard JCB AMEX DC ダイナースの6つのブランドが使用可能
BBIQ(九州)口座振替毎月27日振替
クレジットカード払いVISA、JCB、アメックス、ダイナースなどの15のブランドとVISA、Mastercardの提携クレジットが使用可能

日本全国にある電力会社系のプロバイダですが、通信会社系よりは利用地域が限られていることが多いです。

上記以外にも北海道にはHOTCNというプロバイダがありますが、法人契約のみを取り扱っているためここでは割愛させていただきます。

電力会社系プロバイダも、通信会社系プロバイダと同じく口座振替を選択している方は、振替日が土日祝日に当たるときは翌営業日の振替となります。

また、クレジットカード払いを選択している場合も同じく、締め日や引き落とし日は各クレジットカード会社によって異なります。

電機メーカー系プロバイダ

BIGLOBE(NEC)口座振替毎月26日振替
クレジットカード払いVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースなど23のブランドが使用可能
その他の支払い方法フレッツ・まとめて支払い
NTTファイナンス回収代行
NTT回収代行
KDDI請求
@nifty(FUJITSU)口座振替毎月27日振替
クレジットカード払いVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースの5つのブランドが使用可能
So-net(SONY)口座振替利用月の翌々月27日振替
クレジットカード払いVISA、Mastercard、アメックス、ダイナース、JCBの5つのブランドが使用可能
払込票支払い方法が未登録、または登録された支払い方法での支払いができない場合
その他の支払い方法NTT請求
KDDI請求
PC DEPOT請求など他のサービスと合算で支払う方法

電機メーカー系プロバイダも、口座振替を選択している利用者は、振替日が土日祝日に当たるときは翌営業日の振替となります。

また、クレジットカード払いを選択している利用者も、上記プロバイダと同じく、引き落とし日はクレジットカード会社によって異なります。

支払いできなかった場合

次に、料金支払いの確認が取れなかった場合の対応についてまとめてみました。

こちらもプロバイダによって対応が異なりますので注意しましょう。

通信会社系プロバイダ

NTTOCN口座振替再振替はない
次回の振替額に合算して振替
残高不足等で振替ができなかった場合、延滞利息が発生することもある
クレジットカード払い請求書払い
他の支払い方法に変更
料金請求書支払期限が過ぎた請求書でも銀行や郵便局の窓口で支払い可能
延滞利息を請求される場合あり
支払っていない月の請求書は再発行される
plala口座振替
クレジットカード
その他の支払い方法
いずれの場合も支払いが確認できなかった場合は請求書が送付される
KDDIauひかり口座振替
クレジットカード払い
再振替はない
auショップ窓口、または後日発送の振込用紙にて支払い
またはパソコン・スマートフォンから「クレジットカード」か「Pay-easy (ペイジー) 」で支払う
コミュファ光口座振替
クレジットカード払い
再振替はないので送付した振込用紙で支払いを
振込用紙を紛失した場合は再交付で対応
振込口座へ振り込みも可能
その場合は必ず振込後にコールセンターに電話連絡が必要
振込手数料は利用者の負担
 ソフトバンクYahoo!JapanBB クレジットカード払い
Yahoo! JAPAN指定銀行
銀行ほか民間金融機関、ゆうちょ銀行
振替できなかった場合はコンビニで支払える払込票が送付される
支払期日は払込票を確認

口座振替を選択している場合、再振替を実施しているプロバイダはありません。

支払日までに指定した口座に入金していないときは、翌月に合算して引き落とされるか、払込用紙を使った支払いになります。

一方、クレジットカードの場合は、概ね払込用紙による支払いとなります。

自宅に振込用紙が郵送されてきますので、記載された日付までにコンビニ等で料金を支払ってください。

関連記事をチェック!

NTT固定電話の引き落としが残高不足で払えない!滞納は止められる?

NTTの電話料金やフレッツ光料金を、口座振替で支払っている人も多いでしょう。 しかし、振替口座が残高不足のときは、NTTの引き落としができなくなってしまいます。 NTTでは引き落としができ...

NTT固定電話の引き落としが残高不足で払えない!滞納は止められる?

カードの引き落とし日に残高不足で払えない!遅れても当日入金でOK?

電力会社系プロバイダ

eo光
(関西)
口座振替
クレジットカード払い
翌月のお支払い日に2カ月分の料金を合算して請求される
2カ月分の料金の引き落としができなかった場合は、3カ月分の料金を合算した請求書を翌々月中旬頃に送付
3カ月分の料金の支払期日までに支払わない場合、契約を解除
MEGA EGG(中国)口座振替
クレジットカード払い
翌月に2ヵ月分合算して振替
振替できなかった場合、支払い方法を窓口払い(コンビニ払い)へ切り替え
コンビニ払い支払期限日後も、お手持ちの払込用紙が使用可能
Pikara(四国)口座振替翌月分の請求に合算される
クレジットカード払い払込用紙が送付される
BBIQ
(九州)
口座振替
クレジットカード払い
振込用紙兼請求書が送付される
記載の支払期日までに、最寄りのコンビニより支払いを

電力会社系プロバイダで口座振替を選択している場合、BBIQ以外の会社は振替できなかったら翌月合算払いとなります。

また、クレジットカード払いを選択している場合は、eo光以外の会社は請求書払いとなっています。

電機メーカー系プロバイダ

BIGLOBE(NEC)口座振替振替ができなかった場合は、翌月の引き落とし日に合算されて振替
クレジットカード払いクレジットカードが利用停止になった場合、利用者が支払方法の変更をするまで同じクレジットカードに請求され続ける
延滞時は利用停止の場合あり
その他の支払い方法NTTやKDDIの延滞時の対応に準ずる
@nifty
(FUJITSU)
口座振替
クレジットカード払い
振替できなかった場合、コンビニもしくは銀行から支払うための請求書を送付
So-net(SONY)口座振替
クレジットカード払い
振替できなかった場合はコンビニ払込票にて請求
払込票支払期限が過ぎた払込票も使用可能
その他の支払い方法他の会社の延滞時の対応に準ずる

電機メーカー系プロバイダでも、口座振替を選択している場合は2か月分の合算額を振替かコンビニ払い、請求書払いのいずれかで清算します。

再振替はありません。

また、クレジットカード払いを選択している場合もプロバイダによって対応が異なるため、指定されている方法で期日までに支払いましょう。

未払いが続くとどうなる?気になる3つのリスク

プロバイダ料金未払いの状態は、すぐには解消できないケースが多いです。

たとえば、プロバイダ料金を期日までに支払えないときは翌月分と合算して支払う場合なら、料金未払いの状態が少なくとも1ヶ月続いてしまうことになります。

また、請求書払いの場合でも、請求書が届くまでは未払いを解消できません。

とはいえ、これらの2つのケースは不可抗力ですので、未払いだからといってペナルティが課せられることはありません。

しかし、未払いを解消できるのに解消しない状態(翌月の引き落としまでに口座に入金しない、請求書に記載されている日付までに支払わない等)が続くと、次の3つのリスクが生じます。

回線切断や強制解約

利用料金の未払いが続くと、通常は、どのプロバイダでもおよそ2ヶ月延滞になった時点で回線が切断されます

インターネット回線の料金を支払っていても、回線を提供するプロバイダの料金を支払っていないと、インターネットそのものが利用できなくなってしまうのです。

また、回線切断後も利用料金の支払いが無い場合は、強制解約の流れとなります。

強制解約後は再契約が難しくなりますので、プロバイダ業者の変更やインターネットの利用そのものを見直す必要も生じます。

違約金が必要になることも!

インターネット回線とプロバイダは、それぞれ最低利用期間が定められていることがあります。

最低利用期間が過ぎる前に解約すると、5,000~30,000円程度の違約金を請求されることがあります。

また、契約が自動更新されるタイプなら、最低利用期間が過ぎても更新月以外に解約すると違約金を請求されることがあります。

更新月以外の解約による違約金も5,000~30,000円程度のことが多いです。

なお、違約金は自動的に振り替えられますので、逃れることはできません。

関連記事をチェック!

BIGLOBEが引き落とし時に残高不足で支払い遅れた!料金未払いだとどうなる?

BIGLOBEの支払いが期限内にできない場合 BIGLOBEの支払い方法は2種類用意されています。 口座振替 クレジットカード払い 毎月26日払い (振替日の変更不可) クレジット会社ご...

BIGLOBEが引き落とし時に残高不足で支払い遅れた!料金未払いだとどうなる?

クレジットカード払いならカードが使えない

プロバイダ料金をクレジットカード決済にしている方は、プロバイダ会社からではなくクレジットカード会社から督促状が届きます。

また、プロバイダ料金が引き落とせていないということは、カードショッピングの料金も引き落とせていないことになるため、クレジットカードの利用が停止します。

クレジットカードの利用が停止すると、利用可能額が残っていてもショッピングができません。

なお、クレジットカードの引き落としが1回遅れるだけでは、インターネット回線が利用できなくなることはありません。

しかし、2回以上遅れると、プロバイダ料金を2回滞納したことになり、インターネット回線が利用できなくなる可能性が高くなります

復旧するにはどうしたらいい?復旧までの手順

インターネットが利用できないと不便です。

支払い遅れによってインターネット回線が利用できなくなったとき、復旧するまでの手順を解説します。

約2か月延滞で回線が切断される

クレジットカード決済の場合は、翌月の引き落としができないとインターネット回線が利用できなくなることが多いです。

また、口座振替の場合も、翌月の引き落とし日までに清算していないと、インターネット回線を切断されることが多いです。

つまり、約2ヶ月の滞納で、インターネット回線を利用できなくなってしまうのです。

2ヶ月滞納しているのなら、もうすぐインターネットが止まりますね。

できるだけ早くプロバイダ業者に電話をかけて、未納分を清算してください。

今後は、口座残高をチェックしてきちんと引き落とされているのかを確認するだけでなく、送付される督促状や請求書に誠実に対応するようにしましょう。

関連記事をチェック!

フレッツ光などのインターネット料金滞納の停止から再開まで

インターネット料金を滞納すると、早ければ1ヶ月で利用停止になってしまいます。 滞納を放置すると、単にネットが利用できないだけでなく、強制解約や信用情報への影響など様々なデメリットがあるのです。 イ...

フレッツ光などのインターネット料金滞納の停止から再開まで

まずはプロバイダに電話!

インターネット回線が利用できなくなった原因がプロバイダ料金の未納にあるときは、すぐにプロバイダ業者に電話をかけてください。

ほとんどの業者では契約者専用のテレフォンサービスを用意していますので、早めに問い合わせれば、早めに復旧することができます。

自宅でパソコンを使って仕事をしている方は、インターネット回線を止められてしまうと死活問題ですよね。

締め切りが守れずクライアントからの信用を失ったり、場合によっては、著しい収入減につながることもあります。

インターネット回線とプロバイダの料金は、絶対に正しく払うようにしましょう。

基本は未納分を払えば復旧する

通常は未納分さえ支払えば、復旧手続きを進めてくれます。

速いときは1日以内に復旧できることもありますが、土日祝日をはさむと数日かかってしまうこともあります。

また、プロバイダ料金の未納が解消しても、プロバイダ業者からインターネット回線業者との連絡が滞っていると、インターネットを利用できない状態が続くこともあります。

コンビニ等で未納分を支払うときは、支払い後にプロバイダ業者に電話をかけて、「未納分を払ったので早く復旧してほしい」と伝えてください

延滞料金と督促手数料は後日清算

なお、プロバイダ料金を滞納すると、延滞料金と督促手数料(督促状の送料や請求書の発行費用)が発生します。

通常は、延滞料金と督促手数料は翌月に月額料金に上乗せして引き落とされますので、個別に支払う必要はありません。

一刻も早く開通したい場合はクレジットカード

未納分を支払いたいけれどお金がない・・・という方もいらっしゃるでしょう。

現金がないために未納分を清算できない方は、クレジットカードで支払う方法も検討してください。

紙の請求書がプロバイダ業者から届いたときは、コンビニでクレジットカード払いが利用できることもあります。

請求書がクレジットカード払いに対応していないときは、クレジットカードのキャッシング機能を使って現金を借りて支払いましょう。

とにかく一刻も早くインターネット回線を復旧したい方は、クレジットカードを活用してください。

関連記事をチェック!

クレジットカードあとから分割変更の詳細~手数料・できない理由・対処法まで

お会計のときにはスマートに「一回払いで」と言ったものの、色々出費が重なって、あとから分割に変えたいと思うときがありますよね。 しかし、タイミングやカードの種類によっては、あとから分割払いに変えられな...

クレジットカードの未払いではどうなる?

プロバイダ業者の支払い方法として、元々クレジットカード払いを指定している方も多いでしょう。

残高不足でプロバイダ料金を含むクレジットカードの支払いが滞っても、次回のクレジットカードの引き落としに間に合えば、インターネット回線が利用できなくなることはありません。

しかし、次回の引き落としが完了するまでは、クレジットカードに利用残高が残っていても、ショッピング機能もキャッシング機能も利用できなくなることが多いです。

インターネットが利用できなくても不便ですが、クレジットカードが利用できないのもそれ以上に不便ですので、一刻も早くクレジットカードのカスタマーセンターに問い合わせて未納分を清算しておきましょう。

未払いを解消!でもつながらない場合の注意点

プロバイダ料金の未払いを解消しても、インターネット回線が復旧されないことが稀にあります。

そのようなときは、まずプロバイダ業者に電話をかけて復旧を促しますが、電話をかけてもインターネットを利用できない状況が続くこともあります。

プロバイダ業者に電話をかけてもインターネットを利用できないときは、次の2つをチェックしてみてください。

<ネットが復旧しないときのチェックポイント>

  1. 金融機関とプロバイダの稼働日
  2. インターネット回線利用料の支払い

金融機関やプロバイダの稼働日をチェック

滞納分のプロバイダ料金を支払っても、プロバイダ業者が営業していないのなら、支払いを完了することができません。

プロバイダ業者の稼働日をチェックして、営業時間帯に電話をかけるようにしましょう。

また、未納分のプロバイダ料金を銀行振込で支払う場合は、金融機関が営業しているかどうかも確かめなくてはなりません。

振込手続きをしても、日時によっては「振込受付完了」になっているだけで、振り込み自体は完了していない可能性があります。

回線利用料の支払いもチェック!

最初にも述べましたが、たいていのご家庭で、インターネット回線とプロバイダの2つの業者と契約しています。

どちらか一方の料金が未払いになってもインターネットの利用が止められてしまいますので、両方の料金がきちんと支払われているか確認しておく必要があります。

もしかしたら、プロバイダ料金の未納は解消したのに、インターネット回線利用料が未払いになっているのではありませんか?

未納かどうか分からないときは、インターネット回線業者のカスタマーセンターに問い合わせてみてください。

信用情報の取り扱いについて

プロバイダ料金を口座振替や請求書で支払っている場合、滞納したとしても信用情報が傷つくことはありません

しかし、クレジットカードで支払っている場合は、支払いが遅れた時点で延滞扱いとなりますので、信用情報が傷つく可能性が出てきます。

延滞が事故情報として信用情報機関に登録されるタイミングは、クレジットカード会社によって異なります。

延滞即登録の会社もありますし、延滞でも利用者からの連絡があれば約束の日までは待つ会社もあります。

また、再引き落としの後まで待ってくれる会社もあるようです。

一刻も早く延滞を解消しよう

明確な基準がない以上、延滞による事故情報を登録されないためには支払いに遅れないようにするほかありませんね。

万が一遅れたときでも、少しでも早く延滞を解消するなら、信用情報に傷がつく可能性を減らすことができます。

こまめにプロバイダ業者に連絡しよう

万が一支払いが遅れそうな時や、うっかり払い忘れてしまったらすぐにプロバイダに連絡をするようにしましょう。

延滞しても連絡がない、払ってもらえるかどうかも分からない人と、延滞してもきちんと連絡をしてくれる人ではクレジットカード会社の対応も違ってきます。

顔が見えない付き合いになりますので、こまめに連絡をすることで支払う意思を伝えてください。

信用情報に傷がつくとカードローン審査に通りにくくなる

ローンやクレジットカードに新規に申し込むと、かならず信用情報がチェックされます。

信用情報に延滞記録が残っていると、審査にも悪影響を及ぼしますので、ローンやクレジットカードの契約ができない可能性があります。

また、すでに会員になっているカードローンやクレジットカードでも、6ヶ月~1年に1回は途上与信(会員対象の審査)をおこないますので、信用情報に傷がついていると契約を打ち切られてしまう可能性があります。

今後、住宅ローンなどの人生を左右する大きなローンを組む予定がある方もいらっしゃるでしょう。

審査落ちのリスクを少しでも減らすためにも、信用情報に傷がつかないように注意しておきましょう。

クレジットカードの延滞、信用情報機関について

まとめ:毎月の支払いを欠かさないことが大事

インターネットは今や生活に欠かせない大切なツールですので、利用停止になると何かと不便です。

プロバイダ料金は月500~1,300円程度とわずかですが、「いつでも払えるだろう」と後回しにして良いものではありません。

支払いが遅れた場合や忘れていた場合は、プロバイダからの連絡を待つよりも自分から連絡する方が好印象ですが、一番良いのは毎月きちんと支払うことだということを忘れないようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能