お金に困ったときは「お金がない馬」

デビットカードは審査なしで発行できるって本当?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

最近徐々にCMなども増え始め認知度も高まってきたデビットカードですが、そのデビットカードは審査なしで発行できるという話を聞くことがあります。

クレジットカードなどを発行するときには審査が必須であることを考えると、審査なしで発行できるというのは夢のような話ですよね。

そこで今回は、デビットカードは本当に審査なしで発行できるのかどうかについて、説明を行っていきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は次のような人におすすめの記事となっています。

  • デビットカードは審査なしで作れるのか疑問な人
  • おすすめのデビットカードを知りたい人
  • ブラックでクレジットカードが作れない人

デビットカードってどんなカード?

デビットカードが審査なしで発行できるかどうかを理解するためには、そもそもデビットカードがどのようなカードかということを知っておく必要があります。

デビットカードは、ショッピングなどのときに現金の代わりに利用して決済ができるカードです。

実際の店舗だけでなく、デビットカードに対応しているサイトであればネットショッピング時に利用することも可能です。

決済金額に応じて一定のポイントが貯まるようなポイントプログラムが組まれているものも多く、貯まったポイントに応じていろいろな商品・サービスと交換できます。

関連記事をチェック!

amazonはデビットカードも利用可能!残高不足に要注意

圧倒的な商品点数を誇るECサイトamazonでは、クレジットカードで気軽に買い物をすることができます。 では、クレジットカード感覚で利用できるデビットカードも使えるのでしょうか? 詳しく解...

amazonはデビットカードも利用可能!残高不足に要注意

クレジットカードとの違いは?

これだけ聞くとクレジットカードとまったく同じような説明になってしまいますが、デビットカードとクレジットカードの違いは、「口座に紐づいているかどうか」ということにあります。

デビットカードは金融機関の口座に紐づいて発行されるカードであり、デビットカードで支払いを行うと紐づけられている口座からその分の利用金額が自動的に引き落とされます。

そのため、デビットカードの利用限度額は「決済する瞬間の口座残高」となっており、事前に口座にお金を入れておけばその分だけ利用限度額をかさ増しすることも可能なのです。

デビットカードのメリット・デメリット

最初に、デビットカードのメリットとデメリットを一覧票にまとめてみました。

メリットデメリット
使い過ぎを防げる残高がないと緊急時に対応できない
審査を受けなくていい分割払いができない
未成年やブラックでも使えるETCカードが作れない
海外のATMで現地通貨を引き出せる(海外対応の場合)暗証番号などが不要なので、盗難・紛失に遭った場合、簡単に使われてしまう

デビットカードのメリット・デメリットとしてはこのようなことが挙げられます。

デビットカードのメリット・デメリットはどちらも、「口座残高までしか決済できない」ということに由来します。

メリットとしては、「使い過ぎることがない」ということが挙げられるでしょう。

先のことを考えずに自分の収入に見合わないクレジットカードの使い方をしてしまい、最終的に債務整理をしなければならないような状況に追い込まれる、いわゆる「クレジットカード破産」は最近どんどん数を増してきています。

しかしデビットカードであれば、口座にお金が入っていない場合は決済できないようになっているため、使い過ぎるという心配は決してありません。

一方、口座の残高以上の決済ができないゆえに、先の収入を見越した使い方ができない点はデメリットと言えます。

クレジットカードであれば高額な決済を行っても分割払いやリボ払いが可能なので、先々の収入で補う計画を立てられますが、残高までの決済ゆえ基本的に一括払いしかできないデビットカードでは、そのようなことはできません。

口座に紐づいているかどうかだけで、デビットカードとクレジットカードではここまで大きな違いがあるんですね。

他にも、デビットカードではATM手数料が優遇されることが多いのもメリットと言えます。

関連記事をチェック!

キャッシュカードとデビットカードの違いと利用法!コンビニで使うには

お店で現金の代わりに支払いに使えるデビットカードの利用者が増えてきました。 デビットカードとキャッシュカード、クレジットカードはどこが違うのか、デビットカードにはどんな種類があるのかをまとめました。...

デビットカードは審査なしで発行可能

では、デビットカードは本当に審査なしで発行できるのでしょうか。

結論から言うと、デビットカードは(基本的には)審査なしで発行することが可能です。

繰り返しになりますが、デビットカードは「普通預金口座にあるお金を利用して決済を行えるカード」です。

それに対してクレジットカードは、クレジット(=信用)という言葉からも分かる通り、「本来であれば自分のお金で決済するところを、一時的にカード会社に立て替えてもらえるカード」です。

当然クレジットカードでは、後日利用者が支払いを行うまではカード会社がお金を負担しているわけですから、きちんとその穴を埋めてくれるだけの「信用」が利用者にあるかどうかを、事前に審査しなければなりません。

一方でデビットカードはクレジットカードと同じような見た目をしているものの、その役目は「口座に入れてあるお金を財布に入れてあるお金と同じような感覚で利用できる」というものに過ぎません。

つまり、口座開設できた人ならば誰でも利用できるというわけです。

この決済の過程でカード会社がお金を肩代わりする瞬間は一度もないため、デビットカードの利用が原因でカード会社が損失を被ることはあり得ません。

それゆえ、デビットカードは審査なしで発行することが可能なんですね。

関連記事をチェック!

デビットカードは信用情報機関に登録される

デビットカードは銀行口座直結で即時決済ができる非常に便利なカードで、いろんな金融機関が取り扱いをしています。 そんなデビットカードは信用情報機関にどんな影響を及ぼすか、これから解説していきます。...

デビットカードは信用情報機関に登録される

ブラックでも作れる

デビットカードは申込みにおいて審査が必要ないため、ブラックの人も利用できます。

クレジットカードであれば、これまでに延滞などの金融事故を起こしたことのある人は審査で落ちてしまう可能性がありますが、デビットカードは口座開設ができれば利用できるので、クレジットカードの審査に落ちてしまった人でも利用できます。

ただし、デビットカードの中には立替機能がついているものがあり、審査が必要になることがありますので、その場合はブラックだと利用できないと覚悟しておいた方がいいでしょう。

デビットカードが発行できない理由は?

まれに、「デビットカードを発行できなかった」という話を聞くことがあります。

審査がないカードなのであれば、発行できないということはあり得ないような気もしますが、デビットカードが発行できない可能性があるのはどのようなときなのでしょうか。

銀行口座が開設できないから

まず考えられるのは、銀行口座が開設できなかったからという場合です。

デビットカードは銀行口座と紐づけて発行されるカードなので、銀行口座が開設できない限りデビットカードが発行されることはありません。

普通に生活していれば銀行口座を開設してもらえないようなことはありませんが、過去にその金融機関で金融事故を起こしてしまっているような場合や、路上生活をしており住所がないような場合には銀行口座を開設してもらえません。

銀行口座を開設してもらえない理由に関しては、「知らず知らずのうちにやってしまっていた」ということはほぼあり得ないので、銀行口座を開設してもらえない場合は今までの自分の行いを振り返れば、きっと思い当たることがあるはずです。

立替機能がある場合は審査があるから

そしてもうひとつ考えられるのは、審査が必要なデビットカードに申し込んでしまいその審査に落ちてしまったからという場合です。

先ほど、デビットカードは基本的に審査なしで発行できるという話をしましたが、デビットカードの中には「立替機能」が付与されているものもあります。

立替機能とは、口座の残高以上の決済が行われた場合に一時的にカード会社が立て替えてくれる機能であり、クレジットカードと同じような役割を果たすため、このようなカードの場合は審査を行う必要があるんですね。

デビットカードの性質を考えると口座の残高以上の決済が行われることはあり得ないような気もしますが、システム間の通信のラグなどにより、決済した瞬間と実際に引き落としがかかる瞬間が異なることはあり得ます。

その間に口座残高に変更が生じていたときのバックアップとして、立替機能は重宝します。

審査なしでデビットカードを発行したい場合には、立替機能の付いていないデビットカードを選ぶようにしましょう。

デビットカードはこんな人におすすめ

審査なく誰でも利用できるデビットカードですが、どのような人におすすめなのでしょうか。

次に紹介するような状況にある人は、申し込みを検討してみてください。

留学を考えている人

海外留学を考えている人は、現地で使うお金をどのように管理するのかで悩むでしょう。

海外で使えるものには、クレジットカードやプリペイドカードなどがありますが、デビットカードも海外対応のものであれば利用できます。

留学というと、中学生や高校生なども該当することから、クレジットカードを持てない年齢の人もいるでしょう。

そういった場合、デビットカードを利用すれば必要な時にお金を引き出せますし、仮に盗難に遭ったり紛失したりした場合でも、被害額は最高でも口座残高までなので被害を最小限に食い止められます。

よく海外旅行に行く人

留学を考えている人と同じような内容になりますが、デビットカードであれば渡航先の海外ATMで現地通貨を引き出せるので、大変便利です。

もちろん、クレジットカードも利用できますが、盗難に遭った場合の被害が大きくなります。

また、治安の悪いところだと、現金を持ち歩いているとスリに遭う可能性もあるため、現金のかわりにデビットカードが役に立ちます。

なお、デビットカードの中には海外では利用できないものがありますので、申込み前に海外でも利用可能かどうかをしっかりと確認しましょう。

未成年の人

クレジットカードの申込みができるのは、「高校生を除く18歳以上」といったように一定の条件を満たしている人になります。

また、18歳~19歳の未成年の人は、親の同意がなければクレジットカードを申込めませんので、まずはデビットカードを利用するといいでしょう。

未成年のうちからデビットカードを使っていれば、カードを使う決済に慣れますので、いざクレジットカードを持ったときにスムーズに利用できます。

現金主義の人

クレジットカードは手持ちの現金がなくても後払いで利用できるので便利なものですが、お金を使っている感覚があまり無いので、ついつい使いすぎてしまい翌月の請求に驚いてしまうことがあります。

そう言ったこともあり、「現金感覚を失いたくない」という人はデビットカードの利用が向いています。

口座からの即時決済なので現金払いと同じように利用できるので安心感があります。

おすすめのデビットカードは?

デビットカードと一言で言っても、様々な銀行から発行されていますので、どのカードを利用すればいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで、特に審査がないおすすめのデビットカードを4つ紹介しますので、デビットカード選びの参考にしてください。

ジャパンネット銀行デビットカード

ジャパンネット銀行のVisaデビットカードは、青、黒、ピンクの3種類のデザインから選べるベーシックカードと、新規受付は終了しましたがTポイントが貯まるファミマTカードの2タイプがあります。

どちらも国際ブランドにはVisaが付いており、国内・海外のVisa加盟店で利用でき、発行手数料・年会費が無料です。

また、利用代金500円につき1JNBスターが付与され、貯めた後は1JNBスター=1円で現金に交換できます。

さらに、利用後すぐにメールで「いつどこでいくら使ったか」が通知されるので、利用後の確認に役立ちます。

「残高確認アプリ」を使えば、口座残高や最新の明細が簡単に確認できるので有効に活用しましょう。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行口座開設時に同時に申し込め、手続きは最短で3分程度で済みます。

国際ブランドはVISAとJCBから選べ、海外旅行でも役立つ1枚となります。

また、利用残高に応じて楽天スーパーポイントが付与され、貯めたポイントは世界中のVISA、JCB加盟店で1ポイント=1円として支払いに利用できます。

さらに、楽天シルバーデビットカード、楽天ゴールドデビットカードという上位カードも用意されており、充実した付帯サービスを享受できます。

ただし、楽天デビットカードは年会費無料であるのに対し、シルバーは2,160円(税込み)、ゴールドは5,400円(税込み)がかかりますので、それぞれの利用特典を理解して申し込みましょう。

三菱UFJ銀行デビットカード

三菱UFJ銀行デビットカードは、パソコンやスマホから利用履歴を簡単に確認できる上に、利用限度額を設定できるので、お金を管理しながら利用できます。

国際ブランドはVISAとJCBの2タイプから選べ、VISAはキャッシュバックがあり、JCBはポイントがもらえるという特典があります。

年会費は初年度一律無料ですが、2年目以降は年齢や前年度利用金額によって年会費1,080円かかる場合があります。

また、三菱UFJデビットならではのサービスとして、ショッピング保険や不正利用補償など、安全面においても心強さを感じます。

さらに、Google Payに対応しているので、スマホで簡単に決済をしたい人におすすめです。

GMOあおぞらネット銀行デビットカード

GMOあおぞらネット銀行デビットカードの最大の特徴は、利用金額の0.6%~1.5%がキャッシュバックできる点にあります。

業界最高水準のキャッシュバック率なので大変お得で、さらに年会費の必要がありません。

また、入出金明細がすぐに反映されるので過去の利用がいつでも照会できて安心です。

国際ブランドはVISAが付いているので、国内や海外のVISA加盟店で利用できます。

まとめ

以上、デビットカードは本当に審査なしで発行できるのかどうかについての説明を行ってきました。

ごく一部の例外を除き、デビットカードは審査なしで発行できます。

ポイント還元率などでクレジットカードに及ばないような部分もありますが、デビットカードにはデビットカードのよさがあるので、両者を比較した上で自分にとってメリットが大きそうな方を選んで利用するといいでしょう。

使い過ぎることがないという特徴を利用して、将来的にクレジットカードを持つときのための練習として利用してみるのもいいかも知れませんね。

デビットカードでお金を借りることはできる?

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能