お金に困ったときは「お金がない馬」

ゴールドカードの審査に他社からの借入は影響する?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードを持っている人なら誰しも、ゴールドカードへのグレードアップを夢見ているはずです。

しかし、ゴールドカードを発行してもらうための審査は当然厳しくなることが予想されるので、属性や信用情報に少しでも不安があると「大丈夫かな…?」という気持ちになってしまいがちです。

特に、各種ローンやキャッシングなどで借入を行っている人の場合は、不安もより大きいことでしょう。

そこで今回は、ゴールドカードの審査に他社からの借入が影響するのかということについて、説明を行っていきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • ゴールドカードの申し込みを考えている人
  • 借金がクレジットカードの審査に与える影響を知りたい人
執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

ゴールドカードの審査に他社からの借り入れは影響する?

ゴールドカードの審査に他社からの借り入れが影響するのであれば、ゴールドカードの審査を受ける際には、借り入れをできるだけ整理しておきたいところです。

他社からの借り入れがゴールドカードの審査に与える影響について、見ていきましょう。

信用情報機関の情報は非常に重要!

他社から借り入れをしているからと言って、それだけが原因でゴールドカードの審査に落ちてしまうということはありません。

ただし、その借り入れに対してしっかりと返済を行っているかどうかということは、非常に重要です。

ゴールドカードの審査では、申し込み者の「信用」が重要視されるので、信用情報に滞納や延滞に関する情報が登録されていれば審査に通ることはなく、正常に支払いや返済をしていることが第一条件となります。

ただし、滞納や延滞が1度しかないという場合にはそこまで審査に影響することはありませんし、カード会社にもよりますが再請求で支払ったものに関しては、信用情報には通常に支払われたと登録されることもあります。

もちろん滞納や延滞の情報がないのに越したことはありませんので、きちんと支払うようにしなければなりません。

関連記事をチェック!

お金がないけど幸せになれるポジティブ・プラス思考とは?

「お金がない どうする」などのキーワードで検索すると、お金がないときこそプラス思考を持つべきだといった自己啓発的なサイトがたくさん見つかります。 もちろん、お金がないと言う状況をあまりにもマイナ...

お金がないけど幸せになれるポジティブ・プラス思考とは?

年収とキャッシング総額の関係

他社から借り入れをしている場合は、年収に対してどの程度の金額を借り入れているかということも、重要です。

年収に対して借り入れが多ければ、返済に不安があると判断されやすく信用が低くなってしまいますので、審査落ちになる可能性が高まってしまいます。

借り入れを行うにしても、必要最小限にとどめておくのが望ましいでしょう。

利用件数の目安は3件未満

他社からの借り入れは、金額だけでなく件数も重要であり、借り入れ件数が多ければ多いほど信用は下がっていってしまいます。

1社から100万円を借り入れている場合と、3社から合計100万円を借り入れている場合を比較すると、前者であれば「1社から100万円を借り入れるだけの信用力がある」と判断してもらえます。

しかし後者の場合は、「1社では100万円の融資を受けられなかった」「ずるずると借金を増やしていき複数のところから借り入れざるをえなくなった」と判断されてしまうのです。

借り入れ件数は何社までOKかということを、明確に示しているカード会社はありませんが、1つの目安としては他社借り入れ件数は3社未満にしておいたほうがいいでしょう。

関連記事をチェック!

非公開: (統合)生活が苦しい!生活苦を抜け出す方法

「生活が苦しい…」とか、「お金がない…」と嘆いている人をよく見かけますが、今回はそんな「生活が苦しい」と言っている人の為に、生活苦になる原因や対策について、いくつかの役に立つ情報をご紹介したいと思いま...

個人の信用情報を確認する方法

信用情報はゴールドカードの審査において重要な要素なので、ゴールドカードに申し込む前に、自分の信用情報を確認しておきたいと考える人もいるかもしれません。

信用情報は、信用情報機関と呼ばれる機関で保管されていますが、信用情報機関にはCIC・JICC・KSCの3つがあり、いずれの機関にも信用情報の開示請求を行えます。

それぞれの信用情報機関への情報開示請求の方法・必要書類・手数料を以下の表にまとめています。

CICJICCKSC
情報開示請求の方法パソコン・スマートフォン・窓口・郵送登録情報開示申込書・本人確認書類1,000円
(窓口の場合は500円)
必要書類スマートフォン・窓口・郵送登録情報開示申込書・本人確認書類1,000円
(窓口の場合は500円)
手数料郵送登録情報開示申込書・本人確認書類1,000円

なお、申し込み方法によって利用できる本人確認書類に違いがありますので、情報開示請求の詳しい手順や情報などについては、各信用情報機関のホームページを参考にしてください。

◆CIC公式サイト:「情報開示とは」

◆JICC公式サイト

◆KSC公式サイト

完済していても滞納した記録は残っている

信用情報に関して1つ注意しておいていただきたいのは、「借金を完済すれば、その借金の返済を遅延していたという情報もすべて消える」というわけではないということです。

信用情報に記録された返済の遅延・滞納に関する情報は、一定期間(たいていの場合は5年)が経過しなければ信用情報からは消えてくれません。

そのため、借金の返済を滞納してしまった直後に完済したとしても、「返済を滞納していた」という事実に関する情報は、しばらくの間残り続けることになります。

この情報がある限り、ゴールドカードの審査に悪影響を及ぼすことは間違いありません。

過去の返済滞納に関する情報がちゃんと消えているかどうか確認したいかたは、上述したように信用情報機関へ情報開示請求を行うようにしましょう。

ゴールドカードの審査に影響がある借り入れとは

借り入れにはいろいろな種類がありますが、そのすべてがゴールドカードの審査に影響するというわけではありません。

ゴールドカードの審査に影響する借り入れ・しない借り入れを、分類していきましょう。

カードローンやキャッシングは影響する!

ゴールドカードの審査に影響が出るのは、カードローンやクレジットカードのキャッシングのような担保なしで利用できるローン、いわゆる無担保ローンです。

無担保ローンは、利用者の「信用」をチェックすることで融資を行っているわけですが、ゴールドカードの審査でも利用者の信用が重要です。

各個人の「信用」というのは、風呂桶のような容器だと考えてもらうと分かりやすいでしょう。

容器がからっぽの間は、そこにいろいろなものを入れていけますが(=無担保ローン等を利用する)、次第にキャパがいっぱいになってきてしまいます。

自身の信用のキャパの範囲内でしか、カードローンやクレジットカードは利用できないと思っておきましょう。

審査に影響しない借金

無担保ローンがゴールドカードの審査に影響するということは、裏を返せば担保が必要なローンでの借金は、ゴールドカードの審査には影響しないことになります。

担保が必要なローンでは、担保を用いることで申し込み者の信用のキャパを消費することなく、融資を行えているんですね。

カードローンはほとんどが無担保ローンですが、銀行や信用金庫では担保を必要とするフリーローンを取り扱っている場合もあります。

ゴールドカードの審査に影響を与えない資金使途自由のローンを利用したければ、そういったローンを選ぶといいでしょう。

住宅ローンは良い影響がある場合も

なお、住宅ローンも担保が必要なローンですが、住宅ローンはゴールドカードの審査に悪い影響を及ぼさないどころか、逆にいい影響を及ぼす可能性すらあります。

住宅ローンでの融資金額はかなりまとまった金額になるため、担保を取るとは言え申し込み者本人に十分な信用がないと、金融機関も融資を行いません。

そのため、「住宅ローンを利用できている=申し込み者の信用が十分ある」という証拠になるため、住宅ローンの利用がプラスに働く場合もあるのです。

一般カードよりも審査は厳しい

ゴールドカードは一般カードよりも多くのメリットがありますが、当然のことながら誰でも簡単に持てるというわけではありません。

クレジットカードでは、申し込んだときに必ず審査を受けることになりますが、一般カードもゴールドカードも審査項目は基本的に同じです。

しかし、審査の基準は一般カードよりもゴールドカードのほうが厳しく、一般カードで必要な信用よりも高い信用がなければ、ゴールドカードは持てません。

ゴールドカードの審査基準

一昔前のゴールドカードの審査基準は「30歳以上・年収500万円以上・勤続年数5年以上」と言われていました。

これらが今どのように変化しているかに関して、見ていきましょう。

年齢

三井住友VISAゴールドカードでは「満30歳以上」、JCBゴールドでは「満20歳以上」、JALカードCLUB-Aゴールドでは「満20歳以上」が申し込み条件となっています。

同様に他のカードに関しても年齢条件を見ていくと、「満30歳以上」を条件として挙げているゴールドカードもちらほらあるものの、大半は「満20歳以上」で申し込めるようになっています。

20代でも申し込めるゴールドカードが増えてきていることから、ゴールドカードの審査基準は少し緩められていることが分かりますね。

年収

ゴールドカード 持ってる人の年収って平均的にどれくらいですか?

上の質問はyahoo知恵袋に投稿されていた質問ですが、「ゴールドカードを持っている=高年収」というイメージは、多くの人が持っていると思います。

しかし、先ほど名前を挙げたゴールドカードの年収に関する申し込み条件は、以下のようになっています。

  • 三井住友VISAゴールドカード→ご本人に安定継続収入のある方
  • JCBゴールド→ご本人に安定継続収入のある方
  • JALカードCLUB-Aゴールド→安定した収入のある方

「安定(継続)した収入がある」ということしか条件に掲げられておらず、具体的にどれぐらいの年収が必要であるということは、明記されていません。

そのため、実際にはそこまで高年収でなくてもゴールドカードは所有できるようです。

1つの目安として「年収300万円以上」という基準があるようですが、それぐらいであればクリアできるという人は多いのではないでしょうか。

もちろん年収はあくまでも審査基準の1つなので、年収が300万円を超えていても他の要素で審査落ちになってしまう可能性があることには、注意しておいてくださいね。

勤続年数

勤続年数に関しては、今回名前を挙げたカードローンの申し込み条件としては明記されていませんでした。

ただ、一般的にクレジットカードやカードローンに申し込むための目安として、「勤続年数1年以上」という目安があるので、ゴールドカードに関してもその目安を1つの基準としていただくのがいいでしょう。

もちろん、勤続年数が長くなればなるほど、審査では有利になりますよ。

ゴールドカード審査に通るためには

審査の厳しいゴールドカードの審査に通るためには、先ほどお話をした他社のクレジット利用状況や他社の借り入れ状況などが良好であるというものの他にも、職業や勤続年数も大事です。

職業は、雇用の形態や勤務先の規模を重視することになり、パートやアルバイトよりも正社員のほうが信用は高くなります。

勤務先の規模は、その会社の資本金や従業員数を見ており、資本金や従業員数が多いほど倒産のリスクが少なくて継続的に勤務できると判断され、審査では有利です。

クレジットカードの申し込み書に、勤務先の資本金や従業員数を記入する欄があるのはこの情報を知るためであり、多くの人が「なぜ必要?」と思うようなことが実は大事な情報となっています。

勤続年数に関しては先ほど少し触れましたが、長く勤めていればそれだけ転職をして収入が下がるリスクが低くなるために、勤続年数が長い人ほど信用は高くなります。

スコアリングで総合的に判断される

審査に通るために重要な項目についてお話ししてきましたが、実際の審査では重要な項目だけではなく、申し込み書に記入されている情報のすべてを総合的に判断して結果を出しています。

クレジット会社では申し込み書の内容から、半自動的に項目ごとに点数を付けており、この点数で信用力というものを判断しています。

このように、信用を判断するために点数を付けることを、「スコアリング」といいます。

審査における総合的な判断とは、スコアリングの総合点のことをいい、当然のように点数が良い人が審査に通る仕組みとなっています。

ゴールドカードはメリットが多い

一般的なクレジットカードとゴールドカードは、ショッピング枠で買い物ができる、キャッシング枠で借り入れができるといったような機能面では、さほど大きな違いはありません。

それなのになぜ多くの人がゴールドカードに憧れるのかというと、ステータス性の高さももちろんありますが、ゴールドカードのほうが所有していることによるメリットが大きいから、というのが主な理由です。

ゴールドカードを持っていることで享受できるメリットとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 海外旅行傷害保険
  • 利用限度額が多くなる
  • ショッピング保険
  • 航空ラウンジの無料利用やレストランなどの優待サービス

それぞれのメリットについて、詳しく説明していきましょう。

ゴールドカードのメリット詳細

1つ目のメリットである海外旅行傷害保険は、旅行会社などで加入すると5日で3,000円~5,000円ほどかかります。

ゴールドカードを所有していれば、旅行のたびにそういった保険に加入せずとも、死亡保険金額数千万円という高額な補償や海外旅行に必要なさまざまな補償を受けられます。

中には旅行代金をそのカードで決済しなければ補償されないものもありますが、決済するだけで補償も受けられるので非常に便利です。

2つ目のメリットである利用限度額は、クレジットカードの基本的な機能であるショッピング枠やキャッシング枠で設定できる限度額が、一般カードよりも高額となります。

また、適用される金利もゴールドカードのほうが低金利となりますので、お得になります。

上掲したツイートのように、ゴールドカードにグレードアップしたことによって、利用限度額がどれくらい増えるかが楽しみという人も、多いのではないでしょうか。

3つ目のショッピング保険は、カードで購入した商品を破損や盗難にあった場合に、商品代金をカード会社が負担してくれるものであり、高額な商品を購入した場合でも補償してくれます。

4つ目の航空ラウンジ無料利用は、その名のとおり通常は有料となる空港のラウンジを無料で利用でき、レストランなどの優待サービスは割引サービスなどを受けられます。

これだけのメリットがあるのですから、ゴールドカードに憧れるのも納得ではないでしょうか。

おすすめのゴールドカード

では最後に、おすすめのゴールドカードを条件別にいくつか紹介していきましょう。

条件はあるけど年会費無料のカード

NTTグループカードゴールドは、カードでの年間ショッピング利用額が100万円を超える場合は、次年度の年会費が無料になります。

年間ショッピング利用額100万円ということは、ひと月あたりに平均して8万円強のカード利用があれば、ゴールドカードのメリットを年会費無料で享受できることになります。

カードでの出費を計算してみて、条件を満たせそうであれば、非常におすすめのゴールドカードです。

年会費が安くてもちやすいカード

MUFGカードゴールドは、年会費1,905円(税抜)で利用できるゴールドカードです。

旅行傷害保険やショッピング保険といった付帯保険が充実していますし、入会時に指定したアニバーサリー月(記念月)ではポイント還元率が1.5倍になるなど、使いやすさも魅力です。

最短翌営業日に発行できるので、ゴールドカードの発行を急ぐ事情がある場合にもおすすめです。

楽天ゴールドカードも、2,000円(税抜)という年会費の安さが魅力のゴールドカードです。

楽天市場でショッピングをする場合のポイント還元率が、最大で5倍になるので、普段からよく楽天市場を利用するという人であれば、より一層便利に利用できるでしょう。

空港ラウンジが無料で利用できるのが年2回までなので、その点には注意しておきたいですね。

20代限定のカード

三井住友VISAプライムゴールドは、20代限定で申し込みが可能なゴールドカードで、初年度は年会費無料で利用できます。

2年目以降の年会費は5,000円(税抜)ですが、WEB明細書や「マイ・ペイすリボ」を利用することで、年会費を割り引いてもらえます。

30歳になった後最初のカード更新時に、自動的に三井住友VISAゴールドカードにランクアップしてもらえるので、無駄なく利用できるでしょう。

JCB GOLD EXTAGEは、入会後3ヵ月の間はポイント還元率3倍で利用できるので、カード発行後にすぐに利用することで、ポテンシャルを最大限に発揮できます。

海外で利用する場合も還元率が2倍になるので、JCBが非常に強い勢力を持っているハワイに旅行に行く場合などは、非常に重宝するでしょう。

まとめ

他社の借り入れはゴールドカードの審査に影響を与えますが、必ずしも悪影響が出るというわけではなく、良い影響を与えることもあります。

しかし、他社の借り入れで重要なのは借り入れ先や借り入れ金額、返済実績であり、これらは信用を判断するうえで非常に重要となります。

これらの状況が悪ければ、とてもゴールドカードの審査に通ることはできませんので、自身の信用に不安があるという場合には、審査を受ける前に自分の信用情報を確認することをおすすめします。

また、一般カードで長く良好な取引をしていれば、クレジット会社のほうからゴールドカードを案内されることもありますので、これを待ってからゴールドカードに申し込むということも1つの方法です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能