馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」

借金をして後悔ばかりする前に知っておくべき2つのこと

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

初めて借金をしたときに「もうこれ以上は借りない」と思っても、返済が問題なくできると徐々に感覚がマヒしてくるものです。

後悔をしても借金の金額が変わりませんし、債務整理をして同じことを繰り返してしまうのは後悔が足りないせいではありません。

借金をする前にふたつのことを、しっかりと頭に入れておきましょう。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(仮名)
年齢:50歳
性別:男性
職歴:信用組合に20年以上勤務

借金して一番多い後悔は借り癖が抜けない

借金をしても返済が問題なくできるのであれば、特段悪いことでもありません。

しかし問題なく返済ができている状態で、気が付いたらなってしまうのが借り癖です。

「支払に困ったら借りればいい」「どうせお金を使うのだから先に使うかあとに使うかの差だけだ」と無意識で認識してしまうのです。

また返済を問題なくしていると、金融機関は上限枠を上げてくれます。

それがまるで今まで返済を頑張ったご褒美で、そして自分自身への評価のように感じてしまうことがあります。

いわばボーナスと同じような、感覚になってしまうのです。

あくまで「借金できる金額が増えた」だけの事実なのに、「ここまでお金を自由に使える」と脳が錯覚を起こしてしまうのです。

ギャンブルで得た高揚感は忘れられない

ギャンブルが原因で借金を作ってしまった場合、その後に借金を清算してもなかなかギャンブルで得た高揚感を一掃することは難しいとされています。

興奮作用を脳が記憶しているので「またあの快感を味わいたい」と、どうしても思ってしまうのです。

「1,000円くらいいいだろう」と、またギャンブルを再開するとあとは坂道を転がるように借金生活に戻ってしまいます。

このようになってしまうと、借金を自分の財産だけで清算した人は稀になります。

清算できるような財産があるのであれば、もともと借金などはしません。

手元にお金がないから借金するのであって、その借金を清算する方法は債務整理などの法的手段だけとなります。

知っている人も多いかと思いますが、債務整理をするとその後数年は借金ができないようになっています。

正規の金融業者からお金が借りられないとなると、行きつく先は闇金しかなくなります。

金利が違法であることは分かっていながらも、闇金からお金を借りるしかギャンブルをする手段がないのです。

冷静に考えれば危険行為だと分かっていても、手段を選ばずでもしたいのがギャンブルなのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

簡単には治らない借金癖を治す方法!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借金癖を治すのは簡単ではない 借金癖が付いている人はお金が足りなけ...

簡単には治らない借金癖を治す方法!

勝って返せばいいと考えてしまう

ギャンブルで借金を作ってしまう人の常とう文句が、「借金しても勝てば問題ない」です。

確実に勝つのであれば、どのようなお金の使い方をしても自由です。

しかしギャンブルに絶対はありません。

仮に勝ったとしても、次の勝負の軍資金になるだけです。

しかしギャンブルにのめりこむ人はどうしてもそこの判断がおろそかになってしまい、後々後悔をするというケースが多くなっています。

ギャンブル依存症は根性論では治らない

「もうこんな生活やめだ」「二度とギャンブルはしない」そう思っても、実践できる人はほんの一握りです。

多くの人は何かと理由を付けて再度ギャンブルをして、同じことを繰り返してしまう傾向にあります。

「自分はギャンブル依存症かもしれない」と思った時点で、専門家にカウンセリングに行くことをおすすめします。

カウンセリングなんて大げさだと思うかも知れませんが、依存症は立派な病気です。

個人の根性論でどうにかなるものではありません。

厚生労働省が主となり各自治体の福祉保健所が管轄となった、公的なギャンブル依存症支援体制もありますので、相談だけでも行ってみる価値はあるのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

ギャンブルの借金で生活苦に?依存症になってもやりなおす方法は?

ギャンブル依存症で借金苦になる人は意外と多いようです。自分自身だけではなく、家族までも巻き込んで苦しめることがあるのが借金です。 パチンコやスロット、競馬など、娯楽のために始めたはずのギャンブル...

ギャンブルの借金で生活苦に?依存症になってもやりなおす方法は?

給料が入っても手元に残るお金がないときは危険信号

最初は借金をしていることへの嫌悪感があっても、返済や追加融資を繰り返していくうちに薄れていってしまいます。

先に話したように借金への後悔は、返済ができなくなったあたりのタイミングでする人が多くなります。

しかし、返済ができなくなって、後悔したとしてももう遅いのです。

そうはいうものの自分自身を客観的にみることは容易ではありませんので、借金が適切であるかひとつの目安として考えることは、給料日に自由に使えるお金が残っているかどうかです。

勤務している以上は毎月に似たような金額が、給料として入ってきます。

しかし借金を繰り返している人は給料が入っても支出金額が多いので、まさに右から左へとお金が流れてしまい、自由に使えるお金がないということが多いのです。

自由に使えるお金が少ないからまた借金を繰り返す、という自転車操業におちいっているという自覚を持つことが重要になってきます。

支払えなくなったらどうなるのかを考える

借金返済に行き詰まり延滞になってしまった場合、督促が入るようになります。

最近は法規制が厳しくなっていますので、借金を支払えないからといって、どう喝されるようなことはありません。

しかし、確実に回収する手法をとってきます。

延滞が長期になると裁判所に訴えられ、最終的には財産を差し押さえる強制執行を受ける可能性が出てきますので気を付けてください。

給与所得がある人は、給与も差押えの対象となりますので、借金をしていることと、なおかつ延滞している事実も勤務先にバレてしまいますし、どんな噂が広まってしまうかも分かりません。

給与差し押さえが原因でクビになることはありませんが、「自己管理ができていない」「お金にだらしない」という印象を与え、重要なポジションに就くことが厳しいことが予想されます。

既に社会的地位があるのならば、あらぬ噂で居心地が悪くなり、転職を余儀なくされるケースも考えられるでしょう。

カードローンの返済金を払えない場合の対処法

まとめ

借金をして後悔しても金額が減ることはありません。

後悔するよりも何が原因で、返済が難しくなるまでなぜ借金をしてしまったのかを考え、その根底にある原因を取り除いていく必要があるでしょう。

関連記事をチェック!

借金する若者が増えた理由と、完済までの難しさとは?

景気回復や失業率の低下など、景気のいい話が飛び交う最近の日本ですが、実はその裏で安易な借金に苦しむ若者が増えている現実を、みなさんはご存知でしょうか? 今回は、そんな借金する若者にスポットをあて...

借金する若者が増えた理由と、完済までの難しさとは?

関連記事をチェック!

借金の理由ランキング!【原因と対策方法も】

すべての人が、借金の理由を正直に述べるわけではありません。 皆、本当のところは、どのような理由でお金を借りているのでしょうか。 虚偽の理由(融資を受けるための建前の理由)ではなく本当の理由...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能