お金に困ったときは「お金がない馬」

キャッシュカードが残高不足!引き落としや振込はどうなる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

日々の忙しさから、支払いがあるにも関わらずついつい口座への入金を忘れてしまうことはありませんか?

銀行口座にお金が入っておらず残高不足のとき、振込や引き落としをスムーズに行う方法はあるのでしょうか。

また、残高不足にならないためにはどのような対処策があるのかについても解説していきますので一緒に学んでいきましょう。

この記事はこんな人にオススメ

この記事は、以下のような悩みを抱えた人に大変参考になる記事です。
・クレジットカード等で未払いがある人
・クレジットカード等の利用料金の支払いに不安がある人
・口座が残高不足で、クレジットカードや公共料金の支払いが遅れがちな人

クレジットカード引き落とし時に残額が足らない時の対処法

クレジットカードを利用し過ぎて、後日心配になり口座残高を確認したら、引き落とし日なのに「残高が足りそうもない!」ということもあるかもしれません。

クレジットカードの支払いが遅れると利用停止になる可能性があり、最悪の場合は強制解約になる恐れもありますので、残高不足は避けたいところです。

しかし、どうしても間に合わないという時は以下の対処法をとりましょう。

まずは問い合わせ電話番号へ連絡!

口座が残高不足で引き落としに間に合わないとわかった時点で、まずはクレジットカードのお問合せ電話番号へ早急に連絡をしましょう。

連絡を入れることで、カード会社の心証もよくなりますし、その後の対応も聞くことができ、利用停止期間が短くなる可能性があります。

なにもしないままでいると、支払う意思がないと捉えられたり、延滞金がどんどん膨らんだりする可能性でありますので、必ずお問合せ番号へ連絡をするようにしましょう。

お問合せ番号は、クレジットカードの裏に記載されている他、カード会社のホームページにも掲載されています。

また、キャッシュカード一体型であっても、クレジットカードは提携のクレジットカード会社が発行しており、銀行へ連絡しても対応してくれない可能性がありますので、気を付けましょう。

なお、カード会社の営業時間について確認してから連絡するようにして下さい。

クレジットカード会社へ振り込み

カード会社へ残高不足の連絡を入れると、後日クレジットカード会社から指定口座へ振込みを指定される場合があります。

その際、口座番号の他に、振込額、支払の締切日などの説明がありますので、忘れないようにメモを取るようにしましょう。

ちなみに振込額は、引き落としされなかった分に遅延金がプラスされます。

振り込みが終わったら連絡を入れることで入金確認が早くなり、利用停止も早く解除になる可能性がありますので、速やかにカード会社に振り込みが終了したことを電話で連絡をしましょう。

次回引き落とし日に合算請求

中には、振り込み返済に対応しておらず、次回の引き落とし日にまとめて請求や再引き落とし日を設けているカード会社もあります。

これらの支払方法の場合、指定の日までに口座に入金すれば自動で引き落としになりますが、引き落としが完了するまでの期間の遅延損害金が加算されますので、支払額が多くなる可能性があります。

その際、遅延損害金も含めた金額を入金する必要がありますので、あらかじめ金額を確認しておきましょう。

コンビニ支払いも可能

カード会社によっては、口座引き落としに対応しておらず、後日コンビニで利用できる払込用紙によって支払いを求める場合があります。

コンビニでの支払いは銀行休業日を気にすることがないことや、24時間支払い可能であることから銀行に行く時間のない人でも利用できるので便利です。

また、レジで支払うこともできますが、ほかの支払い方法としてローソンやセブンイレブンなどではATMで支払いができ、レジに行かずに支払うことも可能です。

ただし、コンビニ支払いは遅延損害金がかかる他にもコンビニ決済手数料がかかる場合がありますので、多めにお金を用意していくことをおすすめします。

クレカが利用停止になる条件

たとえクレジットカードの支払いが遅れたとしても、すぐに利用停止になるとは限りません。

支払い遅れから2、3日程度で支払いができれば大丈夫な場合もありますし、再引き落としまでに支払いが済めば利用停止にならない場合もあります。

ただし、中には遅延に厳しく、支払い遅れ後すぐに利用停止になるカードもありますので気を付けましょう。

また、残高不足で自動引き落としができず、支払遅延を年に何度も繰り返したり、数か月連続で起こしている人は信用できない人と思われ、すぐに利用停止処分になる可能性があります。

このようなことを繰り返していると、最悪の場合には強制解約の後ブラックリストに載り、以降数年間クレジットカードが作れなくなる可能性がありますので、必ず支払いは遅れないように気を付けましょう。

カードローン申込も検討しよう

残高不足でクレジットカードの支払ができない場合、お金があればすぐに支払いをすることができます。

しかし、支払いまで準備する自信がないという人は、カードローンも検討してみましょう。

カードローンの中には、即日審査が可能ですぐに融資を受けることができる商品もあります。

また、審査に通れば指定の口座へすぐに振込みをしてくれるサービスもありますので、しばらくの間は残高不足で支払遅延になることを防ぐこともできるでしょう。

先ほども説明しましたが、クレジットカードの支払い遅れは、繰り返すと利用停止や強制解約、ブラックリスト入りする恐れがあります。

クレジットカードの支払いが心配だという人は、万が一に備えてカードローンの申込みを行い1枚持っておくと安心です。

「残高不足が怖いからリボ払い」はリスクがあります

クレジットカードの支払いには、1回払い、分割払いの他にリボ払いやボーナス一括払いがあります。

リボ払いは月々の支払が少なくて済むことができるので、残高不足のリスクは減りますが、返済期間が長くなり総返済額が多くなるリスクがありますので、注意が必要です。

リボ払いは分割払いと違い、返済の回数や毎月の返済額を選ぶことができません。

また、残金に対して毎回手数料もかかりますので、手数料の返済ばかりでなかなか元金が減らず、返済額が増え、期間も長くなってしまう可能性があります。

したがって、このようなリスクを考えて無計画にリボ払いを選択せずに、余裕があるときは積極的に繰り上げ返済を行うなどし、なるべく返済額や期間を減らし計画的に利用しましょう。

また、ボーナス一括払いも、ボーナスがでなかったらというリスクも考えて利用するようにしましょう。

定期預金の積立金引き落とし時に残高不足

キャッシュカードが残高不足のときは、定期預金や積立投資信託などの引き落としはできないのでしょうか。

また、出来るとするならば、どのような条件を満たす必要があるのでしょうか。

口座残高不足時には定期預金の積立金の引き落としは不可

積立定期預金の毎月の積立金を、銀行口座振替で設定している人も多いでしょう。

毎月定額が銀行口座から引き落とされる仕組みになっていますが、引き落とし口座の残高が不足しているときは、その月の積立は実施されずにスキップされてしまいます。

尚、翌月の引き落とし日には翌月の1ヶ月分だけが引き落とされますので、当月引き落とせなかった分の積立金が補完されることはありません。

ただし、金融機関によっては残高不足で引き落としにならない場合でも入金すれば引き落としされる場合もありますので、心配な方は積立している金融機関に問い合わせてください。

証券口座で積立投信をしている場合も残高不足時には積立不可

積立定期預金以外にも、証券会社の口座で積立投資信託を実施している人もいるでしょう。

毎月、決まった日に指定された金額(あるいは指定された口数)だけを追加購入するスタイルの投資信託ですが、この積立投信も証券口座の残高が不足しているときには積み立てが実施されずにスキップされてしまいます。

もちろん、積立定期預金と同じく、積み立てができなかったことによるペナルティはありませんが、スキップされた月の積立金を後日入金することもできません。

また、楽天証券口座や楽天銀行口座のように、積立て指定日に同一銘柄で3回引き落としが出来ないと、積立設定が解除されるものもありますので、気を付けましょう。

残高不足時に公共料金の引き落としはできる?

では、定期預金や積立投資信託以外の引き落とし、例えば、クレジットカードの利用料金やガス代、電気代などの引き落としは実施できるのでしょうか。

総合口座では定期預金や公共債を担保に引き落としが可能

定期預金や投資信託以外の引き落とし、例えば、クレジットカードの引き落としや公共料金・携帯電話等の引き落としは、以下の条件を満たすときは口座残高が不足していても実施されます。

  • 引き落とし口座を総合口座に指定している
  • 同じ支店に定期預金や公共債を保有している
  • 定期預金や公共債の総額が、引き落とし額よりも多い

定期預金を担保にした自動借入の為利息が発生

口座残高が不足しているときでもクレジットカードや公共料金、携帯電話等の引き落としを実施してくれるサービスを、一般的には「自動貸越制度」と呼びます。

この自動貸越制度は、定期預金や公共債を「担保」として金融機関から借り入れる制度ですので、当然のことですが借入期間の分だけ利息が発生します。

決して、定期預金や公共債の一部で不足分を補填する制度ではありませんので、誤解のないように覚えておきましょう。

次の記事もぜひご覧になって下さい。

関連記事をチェック!

銀行口座のキャッシュカードでお金を借りる方法

キャッシュカードでお金を借りることができたら良いのにな、と考えたことはありませんか。 ローンカードを使ってATMから借り入れするのは人目が気になりますし、ローンカードを家族や友人や恋人に見られてしまっ...

銀行口座のキャッシュカードでお金を借りる方法

借入は定期預金や公共債の総額の8~9割が目安

先程紹介した自動貸越制度の条件として、「定期預金や公共債の総額が引き落とし額よりも多い」というものがありましたが、定期預金や公共債の総額ぎりぎりの金額を引き落としの不足分として借り入れることはできません。

金融機関によっても条件は若干異なりますが、一般的には定期預金の預入金額の9割、公共債の預入金額の8割を上限として自動貸越してくれることが多いです。

借入限度額がある

定期預金や公共債の金額とは別に、借入上限額が決められていることもあります。

例えば、定期預金の9割までの貸付を実施してくれる銀行に、500万円の定期預金を預けているとするならば、理論的には450万円まで引き落とし不足分を貸し付けてくれることになります。

しかしながら、ほとんどの金融機関では自動貸越の上限額が100万円~200万円に決められていますので、定期預金の金額が多いとしても、金融機関で定められた上限額以上に借り入れることはできないのです。

返済は簡単!普通預金に入金すればOK!

口座残高が不足しているときには、自動的に貸し付けてくれる「自動貸越制度」は非常に便利な制度と言えます。

特に口座残高が不足しがちな人にとっては、手続きなしに引き落としをスムーズにでき、水道料やガス料などのライフラインが止まることがないので、「自動貸越制度」は嬉しい制度なのではないでしょうか。

また、自動貸越制度は利用するのが簡単(基本的には放っておいても勝手に金融機関側が貸し付けてくれる)なだけでなく、返済も非常に簡単(普通預金に入金すれば返済完了)なのです!

一度に返済することが難しいときは何回かに分けて返済してもOKですが、金融機関によって返済期間が設定されていることもありますので不明な場合は各支店に尋ねて下さい。

例えば、次の記事でも詳しく解説していますが、ゆうちょ銀行では自動貸越制度の返済期間は2年に定められています。

関連記事をチェック!

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法は沢山ある!

ゆうちょ銀行は、もっとも身近な金融機関の1つですし、元々政府系金融機関だったという経緯から、安心できる印象があります。 このゆうちょ銀行では、「お金を預ける」「保険に加入する」ということは、みなさんも...

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法は沢山ある!

残高不足のときでも振込はできる?

残高不足のときでも、特定の条件を満たすなら「自動貸越制度」が適用されて引き落としができるということが分かりました。

では、残高不足のときでもキャッシュカードを使って振込を実施することはできるのでしょうか?

総合口座なら定期預金等を担保に振込が可能

総合口座のキャッシュカードなら、定期預金や公共債を担保に振込を実施することが可能です。

この場合も、振込できる上限額は定期預金等の約9割となりますが、自動貸越制度の条件さえ満たせば、特別な手続きをしなくとも振込を行うことができるのです。

借入額に応じて利息が発生する

自動貸越制度を利用するわけですから、当然、借り入れた金額と日数に応じて利息が発生します。

金融機関によって利息は異なりますが、一般的には、定期預金を担保に借り入れた場合は「定期預金の年利+0.5%」、公共債を担保に借り入れた場合は「公共債の年利」で利息が計算されます。

現在、定期預金の年利はメガバンクでは0.01%程度ですので、定期預金を担保に借り入れる場合は年利0.51%ほどが利息として請求されることになります。

利息と金利については、次の記事で詳しく解説しています。

金利とはなに?利息とは違うのかわかりやすく解説

返済方法は普通口座に入金するだけ!

自動貸越制度ですので、返済方法は普通口座に入金するだけです。

1日でも早く返済する方が利息は減りますので、お金に都合がつくならなるべく早めに返済するようにしましょう。

自動貸越サービスがないときは振込不可!

ただし、すべての金融機関に自動貸越制度があるわけではありません。

総合口座が利用できるなら自動貸越制度も利用できますが、ネット銀行の中には自動貸越制度はもちろん総合口座も提供されていない銀行もあるのです。

ネット銀行の特徴については、次の記事をぜひご覧ください。

関連記事をチェック!

ネット銀行系カードローンは郵送物なしでも利用できる?

「カードローンを利用したいけど家族にバレるのが心配・・・」という方も多いのではないでしょうか。 友人や同僚には「ちょっとお金が足らなくてね」と気軽に話せても、家族には言いづらいと感じる人も少なくありま...

ネット銀行系カードローンは郵送物なしでも利用できる?

キャッシュカードの残高不足を防ぐ3つの方法

「残高不足で引き落としや振込ができない!」と慌てることがないように、次の3つの方法を実践してみて下さい。

  • インターネットバンキングを利用する
  • 家計簿スマホアプリで口座を管理する
  • 引き落とし口座を1つか2つに絞る

インターネットバンキングを利用する

インターネットバンキングを利用している人も多いと思いますが、パソコンだけでなくスマートフォンでも口座残高や入出金明細が見られるように設定していますか?

スマホでいつでも残高や入出金明細が確認できるなら、引き落とし日や振込の前に「今、口座にどれくらいのお金が入っているかな?」と気軽にチェックすることができます。

また、引き落とし日の後に口座を確認して、クレジットカードの引き落としや公共料金の引き落としがスムーズにできたのかチェックすることもできるでしょう。

家計簿スマホアプリで口座を管理する

複数の口座を引き落としや振込に利用しているときは、1つ1つの口座残高をインターネットバンキングで確認しなくてはなりません。

しかしながら、家計簿アプリを利用すると、引き落としに利用する口座をすべてまとめて管理することができますので、1つ1つの口座をチェックする手間が省けます。

口座が多すぎて資産やお金の流れを把握しづらくなっている人は、家計簿アプリを導入してみるのはいかがでしょうか。

次の記事もぜひご覧になって下さい。

引き落とし口座を1つか2つに絞る

公共料金や携帯料金、クレジットカード会社の請求など、毎月引き落としによって支払うものはたくさんあります。

すべての引き落としを1つの口座あるいは2つの口座にまとめておくなら、口座残高不足で引き落としができないという事態は防ぎやすいのですが、引き落とし毎に別の口座に設定しているなら、どの口座にどの程度のお金を入金すれば良いのか把握することが難しくなってしまいます。

引き落とし口座はなるべく1つだけに指定すること、できれば給料振込口座のように毎月定期的に入金される口座に指定するようにしてください。

資金管理が楽になること間違いないでしょう。

自動貸越制度は損なシステム!残高確認は必須

キャッシュカードが残高不足でも引き落としや振込ができる「自動貸越制度」は、口座残高をこまめにチェックしていない人にとっては非常に便利な制度です。

しかし、あくまでも「借入」ですので、借りた金額と借りた日数に応じて利息が発生してしまいます。

現在は超低金利時代ですから、定期預金で1年間に得られる利息はごくわずかです。

ですが、自動貸越制度を数日間利用するだけでも定期預金で1年に発生する以上の利息が請求されることもありますので、決して自動貸越制度はお得な制度とは言えません。

自動貸越制度を利用しなくても済むように、常に引き落とし口座の残高を管理し、充分な金額のお金を入金しておくようにしてください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能