お金に困ったときは「お金がない馬」

nanacoが残高不足のときはどうなる?

セブンイレブンやイトーヨーカドー等のお店で利用できるプリペイドカード、nanaco。

利用額に応じて、電子マネーnanacoが付与されますので、現金よりもお得に買い物ができます。

とはいえプリペイドカードですから、ちゃんとチャージしていないと利用できません。

nanacoカードが残高不足のときはどうなるのか、そして、nanacoカードの利用を止めたいときはどう清算するのかについて解説いたします。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • nanacoカードの利用を検討している人
  • nanacoカードで現金払いと併用できるか知りたい人

nanacoカードは現金払いと併用できる

nanacoは残高不足の場合、不足分を現金で払う事は出来るんでしょうか?例えば、1000円の買い物をして、nanacoの残高が900円しかなかった場合、不足分の100円を現金で払う事です。

Yahoo!知恵袋にもこのような質問が投稿されているように、nanacoと現金を併用できるかを気にしている人は多いようです。

結論からお伝えしておくと、nanacoカードと現金払いの併用は可能です。

たとえば、nanacoカードの残高が200円のときに500円のものを購入したいのなら、nanacoカードで200円支払って、差額の300円を現金で支払えばOKです。

現金と併用できないプリペイドカードは多いですが、nanacoカードは現金と併用しての支払い方法が可能ですので、不足するときは不足分だけ現金で清算しましょう。

一部の店舗では現金との併用不可!

ただし、一部の店舗ではnanacoカードと現金を併用できない場合があります。

もちろん、nanacoカードの発行母体と同グループのセブンイレブンやイトーヨーカドーでは、nanacoカードと現金の併用が可能です。

残高が不足しそうなときは、セブン&アイホールディングスのお店でnanacoカードを利用するようにしましょう。

現金と併用するときはnanaco残高をすべて利用する

nanacoカードの残高が200円のときに500円のものを購入したいのなら、nanacoカードで200円を支払って、差額の300円のみ現金払いにするのはOKです。

しかし、nanacoカードで100円だけを支払って、差額の400円を現金払いにするようなことはできません。

現金と併用するときは、かならずnanaco残高をすべて利用し、その差額だけを現金で支払うようにしましょう。

オートチャージ機能で残高不足を回避する

nanacoカードには「nanacoオートチャージサービス」という機能がありますので、買い物時の残高不足を回避できます。

ただし、nanacoカードのオートチャージ機能は、「買い物後のnanaco残高がオートチャージで設定したチャージ額以上になっているとき」だけに発動します。

これは、他のプリペイドカードとは少しちがうややこしい方法ですので、詳しく見ていきましょう。

買い物前でなく買い物後の残高でオートチャージ

nanacoカードは、買い物前の残高ではなく買い物後の残高によってオートチャージ機能が発動するという、少し特殊なチャージ方法を取っています。

この機能によって、特別な作業なしにnanaco残高を超える買い物ができるようになるのです。

たとえば、「残高が2,000円未満のときは3,000円をオートチャージする」と設定しておくなら、買い物後のnanaco残高が2,000円未満のときは常に3,000円のチャージが行われることになります。

nanaco残高が2,500円のときに3,000円の買い物をするならば、買い物後の残高は-500円になります。

この場合、オートチャージ機能が発動する「残高が2,000円未満」という条件を満たし、オートチャージが実行されて買い物ができるのです(買い物後のnanaco残高は2,500円です)。

買い物後の残高がオートチャージ設定金額を超えるときは?

ただし、「残高が2,000円未満のときは3,000円をオートチャージする」という設定の下では、nanaco残高が2,500円のときに6,000円の買い物はできません。

残高が2,500円のときに6,000円の買い物をするとnanaco残高は-3,500円になりますので、オートチャージで3,000円が補充されても、まだ500円の不足額が出るからです。

つまり、以下の式が成立するときだけ、nanacoカードの残高を超えた買い物ができると言えるのです。

  • nanacoカードの残高+オートチャージされる金額 > 買い物総額

一般的なプリペイドカードのオートチャージ機能

通常のプリペイドカードは、買い物前の残高によってオートチャージ機能が発動します。

たとえば、「残高が2,000円未満のときは3,000円をオートチャージする」と設定しておけば、買い物前の残高が500円のときは自動的に3,500円にチャージされますので、残高以上のものを購入できます。

しかしながら、買い物前の残高が2,000円以上のときはオートチャージ機能が発動しませんので、買い物前の残高が2,500円あるときは2,500円を超える買い物はできません。

一般的なプリペイドカードの特徴は次の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事をチェック!

プリペイドカードが残高不足だと支払いはできないの?

社会人の方でクレジットカードを持っていないという人はほぼいないと思いますが、最近では少しずつプリペイドカードの認知も高まってきており、プリペイドカードをメインで利用しているという人も出てきています。 ...

nanacoカード利用上の注意点

nanacoカードを利用する場合には、以下のような点に注意しておかなければなりません。

1,000円単位のチャージ

nanacoにチャージできる金額は1,000円単位です。

そのため、500円足りないからといって500円だけチャージすることはできずに、1,000円チャージしなければなりません。

余分にチャージしてしまった分に関しては次回以降利用できるので、無駄になるわけではないのですが、手持ちのお金が予想以上に減ってしまうこともあるので注意しましょう。

nanacoカードは現金のみ併用できる

nanacoカードでの支払いと併用できるのは、あくまでも現金のみであり、商品券などは併用できません。

nanacoカードの残高で足りない分を商品券で支払って、それでも足りなければ現金、というような使いかたはできませんよ。

現金払いが併用できるのは「不足分」のみ

先ほども少し触れましたが、nanacoカードで現金払いが併用できるのは「不足分」のみです。

3,000円をチャージしてあるnanacoカードで2,000円のものを買おうと思った場合、nanacoカードのチャージ分から1,000円を支払って、残りの1,000円は現金で支払う、というような使いかたはできないのです。

これに関しては多くのプリペイドカードが同じシステムになっていますから、プリペイドカードを利用したことがあれば、すんなり受け入れられるでしょう。

10万円までなら利用可能

nanacoカードにチャージできる金額は最大で50,000円ですが、さらに50,000円までであれば「センター預かり」という形でのチャージが可能です。

額面で50,000円、内部データとして50,000円がチャージされている形になるので、最大で10万円までならnanacoカードでの支払いが可能ということになります。

50,000円超~10万円以下のものをnanacoカードで支払いたい場合は、まずはその商品をレジに持っていってnanacoカードを提示しましょう。

当然額面の50,000円だけでは決済できないと言われるので、レジ操作でnanacoカードの残高確認をお願いします。

そうすることで、センター預かりの5万円が額面にチャージされて、無事決済ができます。

「nanacoカードのチャージ金額は5万円まで」と思い込んでいると、このような使いかたはできませんね。

ただしこの方法で支払いを行う場合は、レジで残高確認を行ってもらう手間が発生するので、できればレジが空いているタイミングで行うようにしましょう。

10万円を超える場合も不足分を現金払いができる

センター預かり分を駆使しても、nanacoカードだけでは10万円を超える決済には対応できません。

ただそのような場合でも、もちろん現金払いとの併用が可能です。

nanacoカードのチャージ残高だけでは足りない場合は、とりあえず現金でカバーできると思っておくといいですね。

nanacoカードの利用を止めたいとき

nanacoカードは、残高にオートチャージ額を加えた金額以上は利用できません。

利用上限を低く設定できますので、クレジットカードと比べると使いすぎる心配がないというメリットがあります。

しかしながら、使う度に残高を確認したりチャージをしたりしなくてはなりませんので、使い勝手を考えるとクレジットカードのほうに軍配が上がります。

何度もレジで残高不足を指摘されるなら、「やっぱりnanacoカードは面倒。解約しよう」と決心するかもしれません。

nanacoカードの利用を止める方法を見ていきましょう。

第1段階:オートチャージ設定を解除する

オートチャージ設定をしていると、どれだけ使っても、いつも一定額が補充されてしまいます。

今後一切nanacoカードを使わないと決めたのなら、まずはオートチャージ設定を解除しなくてはなりません。

nanaco会員メニューにログインし、「クレジットチャージ」をクリックしてパスワードを入力します。

「オートチャージ設定・変更」から「オートチャージを利用しない」をチェックし、「変更する」のボタンをクリックすれば完了です。

◆nanaco公式サイト:「nanaco会員メニュー:ログイン」

nanacoモバイルで設定する方法

nanacoモバイルアプリを起動後、「クレジットチャージ」→「オートチャージメニュー」→「オートチャージ設定・解除」と進みます。

次に、nanaco会員メニューが表示されますので、IDとパスワードを入れてログインします。

「クレジットチャージ」をクリックしてクレジットチャージ用のパスワードを入力し、「オートチャージ設定・変更」から「オートチャージを利用しない」にチェックを入れましょう。

あとは「変更する」のボタンをクリックすれば、オートチャージ機能解除が完了です。

第2段階:nanacoポイントを電子マネーに交換する

次に、nanacoポイントを電子マネーに交換します。

セブンイレブンやイトーヨーカドー、西武、エッソなどのnanacoが利用できるほとんどの店舗で交換可能です。

レジの人もしくは店員に、「nanacoポイントを電子マネーに交換して下さい」と声をかけてください。

第3段階:nanaco残高を使い切る

次は、nanaco残高を使い切ります。

ただし、nanaco残高を使い切っても、使い切る際に再度nanacoポイントが発生する可能性(nanaco残高が100円以上のときはnanacoポイントが発生する)があります。

そのため、2回以上買い物をしなくてはならないこともあります。

なお、先程も解説しましたが、nanacoカードは現金との併用が可能ですので、最後の1円までキレイに使い切ってくださいね。

第4段階:nanacoを解約する

nanaco残高もnanacoポイントも使い切ったら、最後にnanacoカードそのものを解約します。

解約後はnanaco残高もnanacoポイントも無効になりますので、かならず使い切ってからnanacoカードを解約するようにしてください。

解約の方法は次の2つがあります。

電話で解約する

0570-071-555もしくは0422-71-2266に電話をかけて、nanacoカードの解約を申し入れます。

いずれも365日24時間応対可能ですので、好きなタイミングで解約できます。

nanacoモバイルで解約する

nanacoモバイルアプリを起動させ、「会員サポート」→「会員情報変更/退会」→「退会」と進みます。

会員メニュー用のパスワードを入力し、画面下部の「退会」ボタンをクリックし、「はい」を押せば解約完了です。

税金や公共料金の支払いにも利用可能!

セブンイレブンのレジでは、nanacoカードを使って税金や公共料金の支払いを済ませることもできます。

支払う金額が多いとnanacoポイントも効率よく溜まりますので、上手に使えば非常に便利かつお得なプリペイドカードです。

ご自分のライフスタイルに合わせて、nanacoカードを利用していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能