お金に困ったときは「お金がない馬」

お金がない40代主婦は、どのようにすればいい?

40代といえばお金のかかる時期、そのためお金がない方も多いと思います。

お金がない40代主婦の皆さんは、どのようにすれば良いのでしょうか。

この記事で、一緒に考えていきましょう。

40代のライフイベントとは?

40代の家族構成は、世帯により大きく異なります。

結婚されている40代主婦といっても、お子様がいるかいないかでも大きく異なります。

それでは、40代のライブイベントにはどのようなものがあるのでしょうか。

お子様がいない場合

お子様がいない夫婦の場合は、特段大きなライフイベントはないかもしれません。

しかし、マイホームを購入した場合は、その返済が大きな額として家計に影響します。

また、40代以降では父母の介護や、死に立ち会う可能性が増えてきます。

現に、介護をする人や喪主の年代は、40代から増加してきています。

介護も葬儀も大きな費用がかかりますから、大きなライフイベントといえるでしょう。

葬儀のような急な出費が発生した場合にはどう対処すればいい?

お子様がいる場合

お子様がいる場合は、なんといっても教育費が大きな負担です。

文部科学省が平成26年度に実施した「子供の学習費調査」によると、幼稚園から高校まですべて公立の学校に通わせたとしても、教育費の総額は523万円になるとのことです。

また、日本政策金融公庫が平成29年1月に発表した、平成28年度「「教育費負担の実態調査結果」」によると、国公立大学であっても4年間の費用は752万円に達するということです。

このように、お子様がいる場合は子育てと教育費が、最大のライブイベントといえるでしょう。

それに加えて子どもの有無にかかわらず、介護や葬儀等のライフイベントもやってくることがあります。

関連記事をチェック!

専業主婦とは~定義と子ども、お金について~

専業主婦・・・。余りにも一般的な言葉ですので、ほとんどの人が「専業主婦とは何だろう?」と深く考えた経験はないでしょう。 例えば、会員登録をするときやアンケートなどに答えるとき、職業・職種の項目にほぼ...

関連記事をチェック!

お金がないから一人っ子?かかる費用と気になること

最近では一人っ子の家庭が増えてきています。 その理由は、経済的な理由や環境的な理由と様々な様です。 今回は一人っ子と兄弟がいる場合の違いや、子育てをする時の節約術を見てきましょう。 一人...

40代で考えなければならないこと

40代では父母や子どもに関するライフイベントが中心となりますから、ご自身のことについてはおろそかになりがちです。

しかし40代では、ご自身のことについても考えなければなりません。

このことについて、解説していきましょう。

その1:老後資金の準備

40代では、老後についても気になり始める時期です。

そのため老後資金の準備についても、考え始める時期となるでしょう。

一般的に、老後に必要な生活費は月額26万円と言われています。

厚生年金受給者でも、十分な金額には達しない方も多いでしょう。

どの程度必要かは老後にどの程度の生活を求めるかによっても変わります。

そのため人により異なりますが、いずれにしろ、老後資金の準備について考えておく必要があります。

老後破産しないための7つのポイント

関連記事をチェック!

非公開: 老後には1ヶ月25万~35万円の出費が必要

老後には、単身世帯で1ヶ月25万、夫婦では1ヶ月35万円が必要と言われています。 1ヶ月に35万円の生活費ということは、60歳で退職して85歳まで生きるとすると、約1億円もの老後資金が必要になること...

非公開: 老後には1ヶ月25万~35万円の出費が必要

その2:保険の見直し

20代前半で出産した方の場合は、お子様も成人に近づいてきていることでしょう。

ご自身の死亡保障を高額にしている理由は、万が一亡くなっても、子どもが安心して暮らせるようにするためでした。

そのため、子どもが自立すれば、それほど多額の死亡保障は不要といえるでしょう。

一方で年齢が高くなるごとに、病気へのリスクは増加します。

保険の見直しを行い、死亡保障から医療保障へ重点を移すことも必要となるでしょう。

ママも知っておきたい保険入門

お金がないのは、どんな理由ですか?

一口にお金がないと言っても、40代主婦の場合にどのようにすれば良いかは、その理由によりさまざまです。

対応を間違えると多重債務者になる恐れもありますから、対処方法についてはよく考えて決める必要があります。

一時的に出費がかさんだ場合

一時的に出費がかさんだ場合で、ボーナス等将来の収入で返済できる見込みがある場合は、カードローン等を使うことも一つの方法でしょう。

但し、ショッピングの場合はボーナス一括払いというものもあります。

カードローンは利息がかかりますが、ボーナス一括払いは利息が不要というところも多いですので、活用を検討してください。

なお、いくら一時的な出費といっても、将来の収入で返済できる見込みのないほど高額の出費をしてはいけません。

特に大きな出費もないのに、お金がない場合

一時的にお金がかかるイベントや買い物などが無いにもかかわらずお金がない場合は、毎月の収支を見直す必要があります。

毎月お金が無いと言っている人はなおさらです。

このような人がカードローンやキャッシングに手を出すと、多重債務者になってしまう可能性が高いですから、手を出さないようにしましょう。

その代わりに毎月の支出を細かく見直し、無駄なお金をかけているところがないか、チェックする必要があります。

また専業主婦の場合、働くと万単位の収入増となります。

大きな家計の助けとなりますので、検討していただきたいところです。

収入少なくて生活費が足りない時のオススメ副業と節約方法

働くのは有効な方法の一つ

働くことは家計を楽にする有効な方法の一つです。

その理由について、説明していきましょう。

最低賃金は上昇を続けている

最低賃金とは、雇用されている人が必ずもらえる時給のことです。

この最低賃金は年々上昇を続けています。

15年位前までは多くの県で時給700円未満でしたが、平成28年10月1日からの東京都の最低賃金は932円です。

8時間働けば7500円以上はもらえる金額でしょう。

また、他の道府県でも最低賃金は700円を超えています。

そのため、どこで働いても8時間働けば、5600円以上はもらえます。

配偶者控除に納まる金額でも、大きな家計の助け

夫の所得税額が上がらないようにするため、収入を配偶者控除の金額以内に収めたいという方もおられるでしょう。

妻の年間収入が103万円以内であれば、配偶者控除の対象となります。

この範囲であれば、週5日フルタイムで働く必要はありません。

その一方、10年間続ければ1,000万円になりますから、大きな家計の助けとなります。

クラウドソーシングサイトで仕事を受注する方法も

子どもがまだ小さい、親の介護をしているなど、何らかの事情で仕事に出られないこともあるでしょう。

そのような場合は、クラウドソーシングサイトで仕事を受注し、在宅で仕事をする方法もあります。

業務委託契約がほとんどですから、収入はあなたの腕次第になるところが難点です。

しかし、評価が良ければ高額の収入を得ることができるでしょう。

在宅ワークで即日入金可能な副業を一挙紹介!

家計の見直しも大切です

お金がない場合の対策として、家計の見直しは基本ともいえるものです。

この家計の見直しにも、ポイントがあります。

どのようなものか、解説していきましょう。

少額でも毎日だと、月間では高額になります

家計の見直しにおいては生命保険、光熱費や携帯などの通信費等、比較的高額の出費からチェックしていく人も多いでしょう。

しかし、少額の出費のチェックも欠かせません。

例えば毎日300円のコーヒーを飲み続けると、月間では1万円近くの出費になります。

この金額はスマホ代に相当する金額ではないでしょうか。

このような、少額でも毎日のように出費している項目についてもチェックしていく必要があります。

関連記事をチェック!

携帯が欲しい!買えない5つの理由と、その対処方法

2017年3月末時点の携帯電話契約数は1億5648万件とも言われ、今では一人で2台以上持つ人も珍しくなくなった「携帯電話」です。 しかし、携帯電話の購入には審査があり、中には何らかの理由で審査に落ち...

携帯が欲しい!買えない5つの理由と、その対処方法

まずは支出を細かくチェックしましょう

少額の出費は、月間では多額になること意識していないだけに気づきにくいものです。

これに気づくためには、支出を細かくチェックすることが大切です。

まずは家計簿ソフトや家計簿アプリ等を活用して、収入と支出のすべてを把握し、分析することが必要といえます。

その上で、どこにいくら割り当てるかを決めるとよいでしょう。

借金があれば、貯金よりもまず返済

収入を増やし、支出を減らす努力をして確保したお金は、どうすれば良いのでしょうか。

これは、借金があるかどうかにより異なります。

借金は優先して返済を!

カードローンの金利は最高で年18%と、大変高い利率です。

金利が低い住宅ローンでは年0.5%前後という商品もありますが、預金で0.5%という商品はなかなかありません。

特に固定金利の住宅ローンでは0.7%以上と、ほとんどの預金はこの利率に届きません。

そのため、借金がある方は貯金よりも、まず借金の返済にあてましょう。

そうすることによって、手元に残るお金が多くなります。

借金返済にはコツがある!確実に減らす方法

借金がなければ、目標を決めて貯金を

借金が無い場合は、確保したお金を貯蓄へ回すことができます。

将来の備えとして、貯蓄しておくと良いでしょう。

できれば目標時期と目標額を決めて、毎月一定額を貯金しておくことをおすすめします。

ある程度まとまった金額ができれば、資産運用でさらに大きくすることも可能です。

明るい未来を迎えるために、今から備えておきましょう。

まとめ

以上、お金のない40代主婦はどうしたら良いのか、多種多様な観点から説明してきました。

お金がない状態からお金のある状態にするためには、収入を増やし支出を減らすことが基本です。

これは企業が行っている「前年よりも増収、そして経費節減」と同じです。

必要なお金、現在の支出内容を分析し、不要なお金は極力使わないことが大切です。

そして必要な部分にできるだけ多くのお金を割り当てられるようにしましょう。

また、専業主婦の方は働くことにより、世帯の年収を大きく引き上げることができます。

今は時給も上がっていますから、フルタイムでなくても大きな収入を得ることができます。

人手不足の時代でもありますので、積極的に働くと良いでしょう。

なお、一時的に支出が集中する等の場合は、カードローン等を使用することも考えられます。

恒常的に収入より支出が多い場合にカードローン等を使うことは、多重債務者への入口です。

安易に頼らず、収入と支出のバランスを取るように工夫しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1

関連する記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

特集記事