カードローンがバレるポイント


カードローンがバレるポイントと、ポイントごとの対策を表にまとめました。

 バレやすいポイント 対策
本人確認の電話 携帯電話番号を登録
在籍確認 「クレジットカードを申し込んだ」と職場に伝えておく
SMBCモビットのWEB完結申込を利用
ローンカードの郵送 自動契約機で受け取り
プロミスorSMBCモビットのカードレス
利用明細書の郵送 ウェブ明細に設定
店舗への入店を見られる ネットで申込
通帳の記載を見られる ATMからローンカードで直接借入
ネット履歴を見られる 履歴をすぐ削除
遅延したときの督促 事前に遅れる旨を伝える

※バレやすいポイントを選択すればそれぞれの詳しい対策方法にジャンプできます。

特に説明する必要もないものもありますが、一つずつ説明していきます。

携帯電話番号を登録

申込時に自宅の番号しか登録していない場合、当然連絡は自宅の電話にかかってきます。

家族と暮らしている人は、自分以外が電話に出ることがないように携帯電話を登録し、連絡は携帯電話に来るようにしておきましょう。

在籍確認を先に伝えておく

在籍確認を完璧に回避する方法はありませんが、会社にカードローンの利用がバレにくくすることはできます。

クレジットカードに申込んだと職場の人に伝えておくことは効果的な方法です。

クレジットカードはカードローンと同じく在籍確認が行われ、また、職場の人に知られても気にする必要がありません。

ちなみに、当サイトでカードローンに申込んできた経験から言うと、銀行カードローンはほぼ確実に職場への電話連絡が行われますが、消費者金融では電話連絡がないことも多かったです。

実際に、馬太郎はアコムとプロミス、馬三郎はアイフルの申し込みをしましたが、在籍確認の電話は行われませんでした。

そのため、電話連絡が嫌な人は消費者金融に申込むことをおすすめします。

関連記事をチェック!

2093view

【馬太郎が】プロミスを申し込みした

どうも馬太郎です。借入を行う前に、ネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わった18時すぎに自動契約機に向かいました。 自動契約機の流れ プロミスの自動契約機の流れは ...

関連記事をチェック!

9417view

馬太郎がアコムを申し込みした

むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わって夕食を食べ終わった19時過ぎ、アコムの無人契約機「むじんくん」へ向かいます。 むじ...

電話連絡なしのSMBCモビット

また、職場への電話を避ける一番簡単な方法はSMBCモビットのWEB完結申込を利用することです。

SMBCモビットのWEB完結は電話連絡がありませんので職場の人にばれることもありません。

それ以外のカードローンでも、会社名の記載された給与明細や社会保険証を提出すれば職場への電話連絡が無しになる場合もあります。

電話連絡がどうしても避けられないときはあらかじめ職場の人たちにクレジットカードの在籍確認と伝えておけばカードローンがバレることは避けられます。

自動契約機を利用

契約後にはローンカードが発行されます。

ローンカードは書留で送られますが、自分以外の家族が受け取って勝手に開けてしまう可能性もゼロではありません。

無人契約機を利用すればカードは契約時に直接受け取ることができるので、カードを見られる心配はなくなります。

もしくはプロミスやSMBCモビットはカードレスでの契約も可能ですので、カードを発行せずにカードローンを利用するという方法もあります。

WEB明細を利用

ローンカード以外にも、数カ月に一回定期的に利用明細が送られてきます。

ローンカードの郵送と同様、利用明細書の郵送もカードローンがバレるポイントです。

カードローンによってはWEB明細を利用することで郵送を無くすことができます。

ただし、銀行カードローンでは住所確認の意味を込めて利用明細を郵送している所が多く、その場合は郵送を拒否することはできないところが多いです。

関連記事をチェック!

3614view

銀行カードローンの明細は内緒でお金を借りている場合は注意しよう!

銀行カードローンを利用する場合に、気掛かりなのは利用明細書の存在です。 特に、家族にカードローンの利用を知られたくない人は、利用明細書が自宅に郵送されてしまうことは大問題でしょう。 利用明細書を郵...

来店するときは周りに注意

銀行はともかく、消費者金融の場合は店舗や無人契約機に入っていくところを見ればそれだけでカードローンを利用していることが予想できます。

消費者金融は大通りの一階のように、入口が人の多いところに面しているということはあまりありませんが気を付けましょう。

ネットからの申込ならこの心配は必要ありませんが、カードレス申込以外では逆にカードは郵送での受け取りとなります。

借入・返済はローンカードで

指定した口座に直接振り込んでもらったり、口座から毎月決まった日に引き落としてもらうといった方法で借入や返済を行うこともできます。

ただし、この場合は通帳にカードローンの利用が記録されます。

もし家族の別の人が通帳を管理している場合には怪しまれてしまうでしょう。

ですので、通帳は自分で管理するか、もしくは口座を経由せずに直接ローンカードで利用するようにしましょう。

振込融資や自動引落は便利ですが、バレる可能性も高くなります。

ネットの履歴はすぐ削除

パソコンやスマホを使ってカードローンの申込を行ったときや、カードローンについて調べたときは閲覧履歴を削除するようにしましょう。

スマホは自分以外の人が閲覧履歴を見ることはないかもしれませんが、例えば家族でパソコンを共有している方は注意が必要です。

他のことにどれだけ注意していても閲覧履歴に気を付けていなければ、最も単純な理由で家族にばれてしまうかもしれません。

大事な連絡にはちゃんと対応する

返済が遅れた場合、カードローン会社からは督促の電話がかかってきます。

もちろん最初は携帯電話にかかってくるのですが、延滞が長期に及ぶと書面での督促に切り替わりますので家族にも知られてしまうかもしれません。

それすらも無視し続けると職場へ電話がかかってくる可能性さえあります。

本来職場に取り立てをすることはできないのですが、他の方法では一切連絡ができない状態になると認められてしまうこともあるのです。

支払いが遅れたときはこちらから電話し、誠意をもって応じましょう。

どうせ返せないからと無視するのは最悪の選択です。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事