馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

カードローン審査の流れを図解

カードローンの申込から返済までは、以下のような流れになります。

今回はこの内、申込から本審査までの流れを説明します。

申込方法は3種類

まずは申込を行いますが、その方法は無人契約機、インターネット、電話の3種類です。

インターネットからの申込は現在、ほとんどのカードローンで受け付けていますが、無人契約機は大手の銀行や消費者金融にしか設置されていません。

これらの方法で氏名や勤務先、年収などの情報を申請して申込を行います。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】SMBCモビットに申込んでみた

皆さんこんにちは、馬太郎です。 今回は私がSMBCモビットのカードローンに申込んだので紹介したいと思います。竹中直人さんが出演するテレビCMのおかげでかなりの知名度があるのでは無いでしょうか。 ...

仮審査

申込が完了したら審査が開始されますが、審査には仮審査と本審査の二段階あります。

まずは仮審査が行われます。

銀行カードローンは保証会社に保証依頼

同じカードローンでも、銀行は保証会社が保証のための審査を行い、消費者金融は自分で審査を行うという大きな違いがあります。

保証会社とは利用者が借金を返せなかったときに、利用者に代わって銀行に返済を行う業者のことです。

利用者が返済できるかどうかによって強く影響を受けるのは銀行よりも保証会社なので、銀行カードローンは保証会社が保証審査を行うのです。

ですので、銀行カードローンは申込を受けた後保証会社に保証依頼をします。

一方、消費者金融カードローンには保証会社がないためそのまま審査に入ります。

関連記事をチェック!

銀行カードローンの保証会社とは

銀行カードローンの特徴に金利が安い、担保や保証人が不要を上げることができます。しかし申し込み条件の中に保証会社の存在がちらつきます。 保証会社とは何なのか、保証会社によって審査基準が違うのかなど...

信用情報照会

カードローンの申込を受けた金融機関は上の画像のように信用情報の登録・照会を行います。

保証会社や消費者金融が行う仮審査では、申込時に申告した情報に加え、クレジットカードや各種ローンの過去の利用状況が記録された信用情報という物を照会します。

年収や勤務先だけではなく、カードローンの審査では信用情報が非常に重要です。

信用情報に記録されている情報

以下は馬太郎は実際に開示した信用情報です。信用情報には様々な情報が登録されています。分かりにくいので番号ごとに説明します。

 
 番号説明
①登録元会社情報を登録している会社名です。会社ごとに分かれて信用情報は登録されています。
②保有期限契約が終了した時点から5年後が保有期限です。契約中の場合は保有期限は決まっていないので何も書かれていません
③属性名前や生年月日だけでなく勤務先まで記録されています。そのため嘘の勤務先を申告してもバレてしまうのです。
④契約内容クレジットカードであれば利用限度額、住宅ローンの場合は借入額といったように金融商品の契約内容が書かれています。
⑤お支払いの状況もし返済が3ヶ月遅れるとここに「異動」と記録されます。これがいわゆるブラックリストに載った状態のことです。
⑥割賦販売法の登録内容割賦販売とは分割払いのことです。代表的なのは携帯電話の機種代があり、それも信用情報に登録されています。
⑦貸金業法の登録内容貸金業法とは消費者金融や信販会社に適用される法律のことで、カードローンを利用している人はここに記録されます。
⑧入金状況遅れずに返済しているかどうかが過去二年分確認できます。他社への返済が頻繁に遅れている人や、すでに借入が多い人はどれだけ属性が良くても審査通過が難しくなります。

仮審査結果連絡

信用情報や申告した属性を元に行う審査を仮審査と言い、問題が無ければ仮審査通過です。

仮審査通過に通過したこと、現時点での見込み借入限度額が電話やメールで連絡されます。

また、多くの業者では在籍確認はまだですが、中には楽天銀行スーパーローンのように仮審査の段階で在籍確認を行う業者もあります。

書類提出

仮審査に通過したら次は身分証明書や収入証明書などの必要書類を提出しなければなりません。

それぞれ以下のような書類のどれか一つがあれば基本的には大丈夫です。

  • 身分証明書:運転免許証、保険証、パスポートなど
  • 収入証明書:給与明細、源泉徴収票、確定申告書など

この書類提出の段階からを本審査と呼びます。

借入の可否自体は仮審査の時点である程度決まっていますので、本審査では申込時に申告した内容と提出した書類にずれが無いかを確認するのが主な目的です。

書類は無人契約機、メール、アプリ、郵送等で提出します。

無人契約機のあるカードローンの場合はこの段階で無人契約機を利用すれば時間を有効に活用できます。

関連記事をチェック!

借入契約の基本!お金を借りるときの必要書類

個人がお金を借りるときの必要書類には、何があるでしょうか。 融資の申し込み先別に必要書類をまとめました。 大手消費者金融なら身分証明書が必須 消費者金融でお金を借りる場合は、本人確認ができる身分...

在籍確認

書類にも問題ないことが分かれば最後は在籍確認です。

利用者が働いている(と言っている)会社に実際に電話をかけます。

その電話に利用者が出るか、「○○はただいま席を外しています。」のように働いていることが確かめられれば在籍確認は終了です。

在籍確認はあまりして欲しくないという人が多いため、審査の最終段階、あとは在籍確認だけというタイミングで行われます。

場合によっては書類提出前に行われることもあるようですが、嘘をついていなければ書類確認によって審査結果がひっくり返るということはほぼありませんので、「在籍確認を行う=借入可能」ということに違いはありません。

本審査結果連絡

在籍確認も完了すれば審査は終わりです。

無人契約機で本審査を受けた人はその場で契約書に記入し、ローンカードを発行します。

それ以外の人は電話やメールで結果の連絡を受けて契約書を改めて送らなければなりません。

また、ローンカードは後日自宅へ郵送されてきます。

カードローンの借入条件

最後に、カードローンの審査に絶対に通らない人の特徴を紹介します。

この特徴に当てはまる人はそもそも申し込むことができませんので、問答無用で落とされてしまいます。

対象年齢

カードローンは基本的に20歳以上でなければ申込むことができません。

中には学生限定で18歳以上という条件になっている物もごくまれにありますが、それ以外の通常のカードローンは20歳以上が対象年齢になっています。

いずれにしても対象年齢以上でなければならないので、申込前にちゃんと確認しておきましょう。

安定した収入は必須

絶対に返済ができない人にお金を貸す金融機関は存在しないので、無職の人や無収入の人はカードローンを利用することはできません

アルバイトやパートでも良いので無職・無収入を脱却してから申込してください。

ただし、同じ無職無収入でも、専業主婦であれば夫に安定した収入があることが予想されるので借り入れすることができるカードローン会社は多いです。

居住・勤務地域

これは主に信用金庫や地方銀行に限った話ですが、申し込む金融機関の近くに住んでいなければならない場合が多いです。

特に信用金庫は地域の発展を目的に運営されていますので営業区域内の居住・勤務が条件となります。

インターネットを使って良い条件のカードローンを見つけたとしても遠く離れた信用金庫では申込むことができません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要!

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

  4. 2社目,3社目キャッシングOK!他社借入ありでも借りれるカードローン 

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法【消費者金融と銀行の金利比較】

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談