馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

カードローンの仕組みを図解

カードローンは、ローンカードという名前のカードを利用して金融機関からお金を借りることができる商品の名前です。

カードローンの仕組みについて説明します。

金融機関が儲かる仕組み

カードローンでお金を借りた場合、返済時には借りた金額よりも多く支払わなければなりません。

100万円借りて110万円を支払うとすると、この多くなった10万円を利息と呼びます。

利息の分金融機関は利益を得たことになります。

カードローンは利息を得るためにカードローンを発行しているのです。

利息について詳しく知りたい方はここを見てください。

関連記事をチェック!

金利とはなに?利息とは違うのかわかりやすく解説

お金を借りているなら知っておきたい金利とは一体何なのか、のこと。金利の仕組みや利息の計算など知らなくても毎月きちんと支払えば良いのではないか。 しかし金利の仕組みや利息のことをきちんと理解してい...

コンビニでも借入・返済できる

いつでも好きな時にお金が借りられるというのがカードローンの特徴です。

カードローンは、提携しているコンビニや銀行のATMを使って借入・返済ができます。

カードローン以外のローンでは、借入は最初の一回だけで、追加借り入れには再度手続きが必要ですが、カードローンであれば再度申込をする必要ことなく追加借り入れが可能です。

追加借り入れ可能な金額については次の見出しで紹介します。

また、以下のように返済も自分の都合に合わせて行うことができます。

  • 約定返済:毎月の決められた日に一定額を返済する方法
  • 随時返済:お金に余裕がある時に追加で返済する方法
  • 一括返済:残高を全額まとめて返済する方法

借入・返済ともにATMだけではなく、指定した口座に振り込んでもらう、口座からカードローン会社の口座に振り込むという方法で行える場合がほとんどです。

関連記事をチェック!

カードローンを使ってコンビニでお金を借りる

カードローンを利用するときには、その使いやすさも重要な選択基準になります。 今回は、カードローンを使ったコンビニでのお金の借り方をご紹介します。 コンビニでのお金の借り方 コンビニは...

借入可能額の仕組み

カードローンで借りられる金額は、契約時に設定される「利用限度額」によって決まります。

借入残高の合計が利用限度額を超えなければ何度でも借入ができます。

限度額が50万円で設定された場合は、残り50万円を借りることができます。

30万円を借り入れすると、残りの借入可能額は20万円です。

そこで10万円を返済すれば現在の借入残高は20万円まで減りますので、借入可能額は30万円に増えます。

借入可能額=利用限度額-現在の借入残高という式で求めることができます。

関連記事をチェック!

カードローンで追加借入する方法。借金の追加融資

急にお金が必要になったときに便利なのが、申し込めばその日のうちに借入することも可能なカードローンです。いざというときに便利なカードローンを利用したことがある人も多いのではないでしょうか。 また、...

無担保・無保証人でお金が借りられる仕組み

カードローンは担保や保証人なしでお金を借りられます。

これは、カードローンには保証会社が付いているからです。

利用者がカードローンを発行している金融機関に返済できないとき、保証会社が代わりに返済(代位弁済)を行います。

このおかげで金融機関は安心してカードローン利用者にお金が貸せるのです。

なお、消費者金融には保証会社はついていません。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンは保証会社が審査!保証会社が同じだと落ちる?

銀行のカードローンの商品概要説明書には申込できる人の資格が記載されています。 「継続的に安定した収入がある人」とか「20歳以上70歳未満」などといった基準があります。その中には必ず「保証会社の保...

返済時には利息が必要

カードローンは利息が発生するため、「10万円借りたから10万円を返せば返済終了」というわけにはいきません。

借り入れ条件によっても異なりますが、10万円を借りた場合は11万円程度、場合によっては14万円近くの金額を支払わなければならないことがあります。

「返済額が予想以上に多くなって困った・・・」ということにならないように利息の仕組みを理解しておきましょう。

簡単に言えば利息は、「借入残高×金利」という式で決まります。

例えば消費者金融のアコムの場合10万円の借入では金利は年率18%に設定されることがほとんどなので、10万円×18%=1万8,000円の利息が1年間で発生します。

毎月の利息は日数で計算

ただし、金利は年率(1年間の利息の割合)で表示されています。

返済は1ヶ月ごとに行うため、1ヶ月の利息を計算する場合は10万円×18%×月の日数÷365となり、大体1,5oo円くらいです。

年後に1万8,000円の利息がいきなり発生するわけではないのです。

返済していけば借入残高も少しずつ少なくなりますので、同時に毎月の返済も少なくなっていきます。

カードローンはリボルビング払い

返済方法には大きく分けると一括払い、分割払い、リボルビング払いがあり、カードローンの返済方式はすべてリボルビング払いになっています。

まずはカードローン返済方式の基本であるリボルビング払いについて説明します。

リボルビング払いとは、定められた金額を毎月返済し続ける返済方法のことです。

一括払いは名前の通り、10万円借りて1年後に10万円+利息を返すというように、借入を一括でまとめて返済する方法です。

一方、分割払いとリボルビング払いは複数回に分けて返済を行います。

分割払いとリボルビング払いの違いは、分割払いが先に返済の回数を決めて毎月の返済額を計算するのに対し、リボルビング払いは毎月決められた金額を返済するという点です。

リボ払いは返済額があまり変わらない

リボ払いは分割払いと違い、追加で借入しても毎月の返済額が変わりにくいです。

パソコンを買うために10万円を10回払いで借り入れしているときに、さらに15回払いで30万円のバッグを買った場合はパソコンの1万円とバッグの2万円を合わせた3万円を毎月払わなければなりません。

リボ払いではどうかというと、みずほ銀行カードローンでは借入残高が1万円~50万円の場合は毎月の返済額は1万円と決まっています。

そのため、10万円を借り入れしている状態でさらに30万円を追加で借入したとしても返済額は1万円で変わりません。

このように、分割払いがそれぞれの支払い金額を個別に計算するのに対して、借入をすべて一つにまとめて計算することもリボ払いの特徴の一つです。

 リボ払いは完済時期が分かりづらい

リボ払いは毎月の出費を抑えることができますが、その一方で返済がいつまで続くかわかりづらくなりがちです。

分割払い払いは「○○回払い」と支払い回数が分かりやすくなっていますが、リボ払いは回数が分かりにくいのです。

ですので、カードローンで借入する場合は事前に返済計画を立てておきましょう。

返済計画表を作成して借金を計画的に返済!

ちなみに、リボルビング払いの中でもいくつか種類が分かれています。

詳しく知りたい方は以下のページを読んでみてください。

利用用途自由

ローンには住宅ローン、カーローン、教育ローンと多くの種類がありますが、これらのローンとカードローンは利用用途が自由という点で大きく異なります。

  • 住宅ローン:住宅購入費
  • カーローン:自動車購入費
  • 教育ローン:教育費

上記のように、それぞれのローンは名前の通りに利用目的が限定されており、申込時にはその通りの目的で使用することを証明するための書類を提出しなければなりません。

カードローンであれば利用目的を証明するための書類も必要なく、基本的にはどんな目的にでも使うことができます。

ただし、カードローンにもいくつか禁止されてている利用目的があり、事業性資金、おまとめ・借り換えがそれに当たります。

おまとめ・借り換えとはカードローンを使って他社借入を返済することです。

おまとめについては認められていることも多いので、申込前に確認してみましょう。

審査に通過しないと借入不可

初めてカードローンを利用する際に絶対に忘れてはならないことは、カードローンでは審査が行われるということです。

審査ではあなたの年収や職業、勤続年数などを元にちゃんと返済能力があるのかどうか、いくらまでなら貸しても大丈夫なのかを判断します。

審査の結果次第ではカードローンでお金を借りることができない場合もあります。

実際にどのような流れで審査が行われるのか、どうすれば審査に合格するのか知りたい方はこちらのページをご覧ください。

関連記事をチェック!

カードローン審査の流れを図解

カードローンの申込から返済までは、以下のような流れになります。 今回はこの内、申込から本審査までの流れを説明します。 申込方法は3種類 まずは申込を行いますが、その方法は無人...

関連記事をチェック!

借入審査に通る基準と落ちる理由【銀行融資者が語る】

銀行カードローンの審査基準 銀行カードローンの審査で重要なのは以下の五項目です。 勤続年数(長い方が有利) 雇用形態(正社員が有利) 家族構成(所帯持ちが有利) ...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要!

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

  4. 2社目,3社目キャッシングOK!他社借入ありでも借りれるカードローン 

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法【消費者金融と銀行の金利比較】

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談