Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

豊和銀行「ほうわVISAカード」のキャッシング機能を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

豊和銀行では、九州カードと提携して「ほうわVISAカード」を発行しています。

このキャッシング機能はどのような特徴があるか、解説します。

なお金額は、特記無い限り税込みの金額です。

豊和銀行のクレジットカードとは

豊和銀行のクレジットカードは、「ほうわVISAカード」となっています。

ここではその特徴や申込み方法について説明します。

申込みの際には収入確認書類が必要な場合がありますから、あらかじめ該当するかどうか確認しておきましょう。

九州カードと提携して発行

豊和銀行のクレジットカード「ほうわVISAカード」は、九州カードと提携して発行しています。

九州カードは、九州のさまざまな地方銀行と提携してクレジットカードを発行している会社です。

国際ブランドはVISAのみとなっています。

申込みは豊和銀行やインターネットで

ほうわVISAカードは、豊和銀行の本支店窓口で申込みを受け付けています。

また家族カードを希望しない場合は、九州カードのWebサイトからオンラインでの申込みも可能です。

なおカード発行には、九州カードの審査に通る必要があります。

収入確認書類の提出が必要な場合

以下のいずれかに該当する場合は、収入確認書類の提出が必要となる場合があります。

  • あなたの借入残高が合計で100万円を超える場合(他の貸金業者も含みます)
  • 九州カードからのローン借入額とキャッシング利用枠が、合計で50万円を超える場合

該当する場合はカード発行会社から連絡がありますから、指示に従い書類を提出してください。

関連記事をチェック!

1503view

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

クレジットカードの利用条件を解説

豊和銀行のクレジットカードには、大きく分けてクラシック(一般)カードとゴールドカードがあります。

それぞれキャッシングの利用枠や利率は変わります。

また国内での借入分はリボ払い「キャッシングリボ」での返済のみ、海外での借入分は一括払い「海外キャッシュサービス」が基本となります。

ほうわVISAカードの機能一覧

ほうわVISAカードの機能は、以下の通りとなっています。

項 目ほうわVISAクラシックカードほうわVISAゴールドカード
申込年齢18歳以上(高校生は除く)30歳以上
収入等定例収入のある方年収500万円以上で勤続5年以上
年会費初年度は無料
2年目以降は年1,350円
年10,800円
家族会員年432円1人目は無料
2人目から年1,080円
国内での借入利率年15.0~17.4%年14.1~14.4%
キャッシング利用枠40万円以内50万円以内

以下の内容は両カードとも共通です。

国際ブランドVISA
海外での借入利率年15.0%~18.0%
締め日毎月15日
口座引き落とし日翌月10日

キャッシングの利率はカードにより異なる

国内のキャッシングでほうわVISAカードを利用する場合、クラシックカードとゴールドカードでは借入利率が大きく異なります。

特にほうわVISAゴールドカードの借入利率は、年14%台と金利が低くなっています。

またリボ払いよりも、一括払いの方が高い利率が適用されていることも特徴です。

キャッシング前の確認ポイント

ほうわVISAカードでのキャッシングには利用枠がありますから、事前に確認しておく必要があります。

また借入残高によって最低返済額は変わりますので、事前に返済計画を立てておきましょう。

事前に利用枠を確認しておく

豊和銀行のカードでは、カード契約者ごとに利用枠が異なります。

このため、いざお金が必要になった際に必要な金額をキャッシングできない場合もあります。

このようなことになると大変困りますから、事前にカード到着時に同封されていた資料などで、あなたのキャッシング利用枠を確認しておきましょう。

あらかじめ返済計画を立てる

福邦銀行のキャッシングでは、リボ払いの返済額は変更できます。

また海外で利用した場合も、後日リボ払いへの変更が可能です。

しかしリボ払いで月々返済する金額については、利用残高に応じた最低金額が決められています。

このため無理なく返済が可能か、あらかじめ返済計画を立ててから借入することをおすすめします。

借入方法について

借入は国内や海外のATMで可能です。

またカード契約者本人が借入する場合は、振込による融資も受けられます。

なおATMでの借入時には、手数料が必要です。

提携金融機関のATMで借入可能

ほうわVISAカードでは、提携金融機関の国内・海外ATMで借入が可能です。

但しすべての金融機関やコンビニATMで使えるとは限りません。

また借入可能な時間もATMにより異なります。

このためお近くのATMで借入が可能か、また借入が可能な時間について、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

ATMの利用には手数料がかかる

ATMでキャッシングや返済をした場合、利用の都度ATM利用手数料がかかります。

手数料の金額は、借入や返済金額が1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円となります。

なお海外での利用分については、現地での利用金額を日本円に換算した金額が1万円を超えるかどうかにより、手数料の金額が決まります。

振込による融資も可能

カード契約者本人が国内でキャッシングする場合は、引き落とし口座に振込んでもらう方法での融資も受けられます。

具体的な手続き方法については、九州カードへご確認ください。

キャッシング金額をリボ払いで返済

国内でキャッシングした場合、返済方法はリボ払いとなります。

この返済方法について、金利や締め日、引き落とし日を説明します。

なお返済額は、カード発行やキャッシング利用枠の設定時期により、異なる基準がありますから注意が必要です。

国内キャッシング利用分の返済条件

国内でキャッシングを利用した場合の返済条件は、以下の通りとなります。

項 目内 容
返済方式毎月元利定額返済、ボーナス月増額返済
支払方法豊和銀行口座からの自動引き落とし
金 利クラシックカード:年15.0%~17.4%
ゴールドカード:年14.1%~14.4%
締め日毎月15日
口座引き落とし日翌月10日(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)

月々の返済額は借入残高によって変わる

リボ払いの月々返済額は、2018年4月2日以降にリボ払いを設定したり、条件変更やカード切替を行ったかどうかによって異なります。

なお借入残高が10万円以内の場合の返済額は、九州カードから指定されます。

締め日時点の
借入残高
2018年4月2日以降に
リボ払いの設定や変更等を行った場合
2018年4月2日以降に
リボ払いの設定や変更等がない場合
10万円超~20万円以内1万円九州カードが指定した金額
20万円超~50万円以内1万5千円2万円
50万円超~70万円以内2万円2万円

また一度返済金額が上がると、借入残高が減っても月々の返済額は下がりません。

但し借入残高が大きく減少した後にキャッシングした場合は、月々の返済額が下がる場合もあります。

キャッシング金額を一括払いで返済

海外で借入した場合、キャッシングで借入した金額は一括払いで返済することが基本です。

但し「あとからリボ」を申し込むことにより、リボ払いへの変更も可能です。

海外キャッシング利用分の返済条件

海外でキャッシングを利用した場合の返済条件は、以下の通りとなります。

項 目内 容
支払方法豊和銀行口座からの自動引き落とし
金 利年15.0~18.0%
締め日毎月15日
口座引き落とし日翌月10日(土日祝日の場合は、翌営業日の引き落とし)

利息は100円単位でつく

海外でキャッシングをした場合、日本円に換算したときに100円未満の端数がつくことは多いです。

ほうわVISAカードの付利単位は100円となっていますので、100円未満の端数については利息はつきません。

リボ払いへの変更は可能

海外でのキャッシングは一括払いが基本ですが、九州カードに対して「あとからリボ」の申込みを行うことにより、一括払いからリボ払いに変更することができます。

この場合、適用される金利は以下の通りとなります。

  • キャッシングリボの申込日までは、一括払いの金利
  • キャッシングリボ申込の翌日以降は、リボ払いの金利

特にゴールドカードを利用した場合、リボ払いに変更すると金利が下がることが多いです。

こんな場合はどうする?

豊和銀行のカードでは、返済額や返済方法の変更が可能です。

なお、返済が遅れるとさまざまな不利益がありますから注意が必要です。

返済額を変更したい場合

月々の返済額を変更したい場合は、九州カードに連絡しましょう。

なお、1ヶ月だけ返済額を増額することも可能です。

繰上返済は可能

リボ払いの場合、ATMで全額または一部を繰上返済することが可能です。

また九州カードに連絡の上、指定された口座へ振込むこともできます。

一部繰上返済の場合、返済額はすべて元本の返済に充当されます。

関連記事をチェック!

751view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 増額返済とは 増額返済とは、融資の契約時に銀行などと取り決めした、またはあらかじめ決まっている毎月...

返済が遅れるとさまざまな不利益がある

返済が遅れると、遅れた日数分の遅延損害金を支払わなければなりません。

遅延損害金の利率は年20.0%と、通常の借入利率よりもかなり高く設定されています。

またショッピングやキャッシングの利用枠が減額されたり、また、カード自体が利用停止となる可能性もあるのです。

さらには、個人信用情報機関に返済の遅れの情報が登録される場合もあります。

このため、返済はきちんと行うことが重要です。

関連記事をチェック!

5748view

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、必ず知っておいたほうが良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

まとめ

ここまで、豊和銀行のクレジットカード「ほうわVISAカード」でキャッシングする場合のポイントを解説してきました。

ほうわVISAカードは、キャッシュカードと一体型である、カードデザインを選べるといった特徴はありません。

しかしキャッシングにおいては、以下の特徴があるクレジットカードです。

  • キャッシング利用枠が新規申込時でも最高で40~50万円と、比較的高めの利用枠が付与される可能性がある
  • 国内でキャッシングする場合、利率は比較的低め
  • 海外でのキャッシング利用分も、後日リボ払いに変更できる

リボ払いの返済額も選べますから、キャッシングしやすいクレジットカードといえるでしょう。

もっともいくらキャッシングしやすくても、借金をすることには変わりありません。

このため確実に返済できるよう、返済計画を立ててから借り入れることをおすすめします。

またリボ払いの繰上返済はATMで可能ですから、積極的に活用して少しでも支払う利息を減らしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談