アイフルの手数料まとめ!手数料無料で利用する方法も

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アイフルを利用するときには、細々と手数料がかかることもあります。

アイフルを利用する場合のさまざまなシーンにおける手数料と、手数料無料で利用する方法をまとめました。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • アイフルを利用する場合の手数料が気になる人
  • アイフルがどこのATMで利用できるか知りたい人

アイフルのATM利用手数料

アイフルのローンカード(アイフルカード)は、対応しているATMやマルチメディア端末で利用できます。

アイフルの専用ATMと提携銀行、提携コンビニ、マルチメディア端末で利用する場合の手数料をまとめました。

なお、アイフル全般の利用方法や特徴については、次の記事をご覧ください。

アイフルATMの利用手数料

アイフルの無人店舗や有人店舗に設置されているアイフルの自社ATMは、いつでも手数料無料で利用できます。

借り入れも返済も無料で実施できますので、お金をかけずにアイフルに入出金したい人は、アイフルの店舗を気軽に利用しましょう。

なお、アイフルの有人店舗の営業時間は平日10:00~18:00、無人店舗の営業時間は毎日7:00~23:00であることが多いのですが、店舗によっては若干異なることもあります。

出かける前に、アイフル公式サイトの店舗・ATM検索ページで、営業時間をチェックしておくと万全ですね。

◆アイフル公式サイト:「店舗・ATM検索」

提携ATM(銀行)の利用手数料

アイフルの店舗以外にも、提携銀行ATMを利用することで、借り入れや返済を行えます。

手数料は、提携先金融機関や時間に関わらず一律で、1万円以下の利用のときは税込み108円、1万円を超える利用のときは税込み216円かかります。

なお、アイフルの提携ATMとして利用できる銀行ATMは、以下のATMです。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 熊本銀行ATM
  • 福岡銀行ATM

提携ATM(コンビニ)の利用手数料

アイフルは、ローソンATMやイーネットATMといったコンビニATMでも、借り入れ・返済ができます(すでに触れましたが、もちろんセブン銀行ATMも利用可能です)。

しかし、提携銀行のATMを利用するときと同じく、時間に関わらず1万円以下の利用のときは税抜き108円、1万円を超える利用のときは税込み216円の手数料が請求されます。

なお、アイフルの提携コンビニは以下の通りですが、店舗によってはアイフルが利用できるATMが設置されていないこともありますのでご注意ください。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキ、セーブオン、セイコーマート、ミニストップ、コミュニティ・ストア、ニューデイズ、アンスリー

マルチメディア端末の利用手数料

コンビニなどに設置されているマルチメディア端末でも、アイフルを利用できることがあります。

手数料はATMを利用するときと同様、時間や曜日に関わらず1万円以下のときは税抜き108円、1万円を超えるときは税込み216円です。

ただし、マルチメディア端末では返済のみの利用ですのでご注意ください。

また、マルチメディア端末で返済申し込みを行うと、レシート状の申し込み書が発行されます。

申し込み書の有効期限は30分ですので、かならず30分以内にレジで清算しましょう。

<利用できるマルチメディア端末>

  • Loppi(主にローソンとミニストップに設置されている)
  • Famiポート(ファミリーマートに設置されている)

アイフルに振込入金を予約するときの手数料

アイフルでは、利用者の口座に直接融資金を振り込んでもらえます。

電話(0120-109-437)と会員ページで申し込めますが、どちらで振込融資を依頼するときも、手数料は一切かかりません!

また、利用者の口座に振り込んでもらうときの振込手数料も、アイフルが負担してくれます。

お近くにアイフルの専用ATMがないときは、振込融資も検討してみて下さいね。

◆アイフル公式サイト:「会員ログイン」

アイフルの口座引き落とし手数料


1ヶ月に1回はアイフルに返済しなくてはなりませんが、返済用口座を登録してその口座から口座振替で返済を行う形にしておけば、返済し忘れることを予防できます。

アイフルの口座引き落とし手数料は無料ですので、コンビニや銀行の提携ATMもしくはマルチメディア端末経由で返済するよりも、お得です。

アイフルへの振込返済手数料


アイフルに返済用口座を登録していない場合は、ATMかマルチメディア端末経由で返済するか、アイフルに直接返済金を振り込みます。

アイフルの返済先口座に直接返済金を振り込む場合の手数料は、利用者負担となり、利用する金融機関によっては手数料が高額になることもありますので注意して下さい。

なお、ネット銀行の一部では他行振込手数料が無料になることもありますが、一般的には振込1回当たり108~864円程度の手数料がかかります。

アイフルを手数料無料で利用する方法

アイフルを賢く利用したいなら、アイフルを手数料無料で利用する方法を知っておくべきです。

借り入れと返済において、手数料無料で利用する方法をまとめました。

手数料無料で借り入れする方法

アイフルから手数料無料で借り入れる方法は、以下の2つしかありません。

手数料を支払いたくない人は、いずれかの方法を用いてキャッシングしましょう。

  • アイフルの専用ATMで引き出す
  • 電話もしくは会員ページから振込予約をして、口座に融資金を入金してもらう

手数料無料で返済する方法

アイフルに手数料無料で返金する方法としては、次の3つが挙げられます。

無駄な手数料を支払わないためにも、いずれかの方法を用いて賢く返済しましょう。

  • アイフルに返済用口座を登録する
  • アイフルの専用ATMから返済する
  • 振込手数料無料の銀行口座から返済する

アイフルが使えるATM

ここで、アイフルの借り入れ・返済が行えるATMについて、今一度詳しく説明をしておきましょう。

アイフルATM

アイフルが設置している自社ATMでは、もちろんアイフルの借り入れ・返済が行えます。

アイフルATMの設置場所は、自動契約機や有人店舗などと一緒のことが多く、全国に広く設置されています。

アイフルのホームページでは、ATMや店舗の場所も検索できるので、行動圏内にアイフルのATMが設置されているかどうか、一度確認してみてもいいかもしれませんね。

アイフル:店舗・ATM検索

提携ATM

先ほど、アイフルの提携ATMとして銀行ATMを列挙させていただきましたが、コンビニATMも含めての提携ATMは以下のようになっています。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 熊本銀行ATM
  • 福岡銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

コンビニATMやメガバンクのATMを中心に、全国に幅広く設置されているATMが多いですね。

アイフルのATMも含めて考えると、周囲にアイフルを利用できるATMがなくて困るような事態は、ほぼ起きないでしょう。

【注意】返済ができない提携ATMもある

ただし、提携ATMの中で福岡銀行ATMと熊本銀行ATMは借り入れのみの利用となり、返済は行えません。

最寄りのATMが福岡銀行もしくは熊本銀行のかたは、借り入れはそちらで行って大丈夫なのですが、返済は別のATMを利用しなければならないことに、注意しておきましょう。

アイフルATMで端数は取り扱える?

ATMを利用する際には、1,000円未満の端数の取り扱いができるかどうかも気になりますよね。

アイフルATMでの端数の取り扱いについて、説明していきましょう。

アイフルATMでは端数は非対応

結論からお伝えしてしまいますが、残念ながらアイフルATMは端数の取り扱いには対応していません。

普段の借り入れ・返済のときには、端数の取り扱いを気にすることはあまりないと思いますが、一括返済や最後の返済を行う場合は、端数での支払いが必須になるケースが多いでしょう。

そのため、一括返済・最後の返済を行う場合は、店頭窓口で支払うか銀行振込で支払うことになります。

普段はATMを利用して返済を行っている人でも、上述したような場合だけは、別の方法で返済しなければならないことに注意しましょう。

一括返済時の端数処理

アイフルATMでは端数の取り扱いが行えないことを知らずに、一括返済をATMで行ってしまう人も少なくないでしょう。

そのような場合、たとえば返済しなければならない残高が538,260円で、ATMで538,000円を支払ったとすると、260円という1,000円未満の残高が残ってしまうことになります。

このような残高は、アイフルでは「無利息残高」として取り扱われます。

無利息残高はその名の通り、利用者が再びアイフルを利用しない限りは、利息が発生することもなく、アイフルからの請求も行われない残高です。

そのため、無利息残高が残っていたとしても、認識としてはほぼ「完済」と考えておいて大丈夫です。

「無利息とは言え残高が残っているのは気持ち悪いからどうにかして支払いたい」というのであれば、端数の利用ができる店頭窓口か銀行振込を利用するようにしましょう。

【番外編】こんなときに手数料はかかる?

アイフルを利用している途中で手数料がかかる可能性があるのは、借り入れのときと返済のときのいずれかです。

しかし、アイフル利用中に思わぬトラブルが発生することもあります。

トラブル発生時に手数料は必要なのか、まとめました。

アイフルカードを紛失したとき

アイフルカードを紛失したときは、アイフルに電話連絡(0120-109-437、平日9:00~18:00)して利用を停止し、その後、アイフルカードを再発行してもらいます。

アイフルでは、利用停止手数料も再発行手数料も不要ですので、気兼ねなくアイフルに連絡して、利用停止や再発行を依頼しましょう。

銀行のキャッシュカードを紛失したときの対処法については、次の記事をご覧になって下さい。

キャッシュカードを紛失したら悪用されるの?すぐにすべき対策とは?

アイフルカードを破損したとき

アイフルカードが曲がってしまって、ATMに挿入できないこともあります。

また、亀裂が入って、手を傷つける恐れが生じることもあります。

そのようなときも、アイフルに電話(0120-109-437、平日9:00~18:00)でアイフルカードの再発行を依頼しましょう。

もちろん、再発行手数料は不要ですが、再発行後は以前のアイフルカードは利用できなくなります。

アイフルに過払い金を請求するとき

アイフルの金利が現在よりも高額であった時代からアイフルを利用している場合には、過払い金が発生している可能性があります。

気になる人はご自分で手続きをするか、司法書士(過払い金の金額が140万円を超えるときは司法書士ではなく弁護士に依頼します)や弁護士に依頼して請求しましょう。

過払い金専門の法律事務所もありますので、長期にわたってアイフルを利用している人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

アイフルが過払い金の請求に応じると、過払いされた金額がアイフルから返還されます。

この場合は、アイフルに手数料を支払う必要はありません(振込手数料等が請求されることはあります)が、法律事務所を利用した場合には相応の手数料を事務所に支払いましょう。

借金返済の過払い金を取り戻す方法を教えます!

アイフルに債務整理を要求するとき

アイフル以外にも多数の業者から借金しており、返済が行き詰ってしまった場合には、利用者の返済能力に応じて「個人再生」や「任意整理」、「自己破産」などの債務整理を実施することもあります。

たとえば任意整理を実施するときは、利用者個人もしくは代理人が、返済方法や利息の見直しをアイフルに交渉しなくてはなりません。

そして、アイフルが交渉に応じた場合は、以後の返済方法や利息が変更されます。

しかし、このときも、債務整理者はアイフルに対して手数料を支払う必要はありません。

毎月の返済額はどのくらいになる?

アイフルでの毎月の返済額は借り入れ残高に応じて決まりますが、返済日の決めかたをサイクル制にしているか約定日制にしているかで、返済額が変わってきます。

借り入れ残高および、返済方式ごとの毎月の返済額は、以下のようになっています。

借り入れ残高毎月の返済金額
サイクル制約定日制
1円以上~10万円以下5,000円4,000円
10万円超~20万円以下9,000円8,000円
20万円超~30万円以下13,000円11,000円
30万円超~40万円以下13,000円11,000円
40万円超~50万円以下15,000円13,000円
50万円超~60万円以下18,000円16,000円
60万円超~70万円以下21,000円18,000円
70万円超~80万円以下24,000円21,000円
80万円超~90万円以下27,000円23,000円
90万円超~100万円以下30,000円26,000円
以降は借り入れ残高が10万円増えるごとに毎月の返済金額が1,000円ずつ加算
790万円超~800万円以下100,000円96,000円

借り入れ残高が変動するとそれに応じて約定返済額も変動するため、借り入れや返済を行った後は、次回の返済時にはいくら返済しなければならないのかを、きちんと確認しておく必要があります。

返済シミュレーションを行ってきちんとした返済計画を立てて、それに則った返済を続けていけるかどうかで、最終返済額にも大きな違いが出ることになります。

無理なく実行可能な返済計画を、あらかじめ立てておきましょう。

返済額を確認する方法

上掲した借り入れ残高と約定返済額の関係の表は、アイフルのホームページにも同様のものが掲載されています。

そのため、自分の借り入れ残高を把握したうえでアイフルのホームページをチェックすれば、返済額の確認が行えますが、毎回アイフルのホームページを見に行かなければならないのはなかなか面倒です。

もっと簡単に返済額を確認するには、アイフルの会員マイページにログインするだけでOKです。

アイフルの会員マイページでは、いろいろな情報が確認できますが、その中の1つに「次回の約定返済額」がありますので、自分の借り入れ残高を把握していなくいても、次回の返済額が分かります。

会員マイページへのログインは、手軽な借り入れ残高確認方法でもあるので、アイフルを利用中に何か確認したいことがある場合には、まずは会員マイページにログインする癖をつけておくといいでしょう。

こまめな追加返済がポイント

アイフルでは、約定返済以外に随時返済も行えます。

先ほど表にして掲載したのは、借り入れ残高と約定返済額の関係でしたが、随時返済は借り入れ残高に関係なく、いくら返済してもOKです。

また、決まったタイミングで返済を行わなければならない約定返済とは異なり、随時返済は任意のタイミングで行えます。

さらに、約定返済で返済した金額は元本の返済と利息の支払いに充てられますが、随時返済で返済した金額は、全額元本の返済に充てられます。

そのため、アイフルを継続的に利用するうえで約定返済をおろそかにはできませんが、返済総額を少なくして返済期間を短くするためには、随時返済が非常に重要です。

手持ちのお金に余裕があるタイミングでは、こまめに随時返済を行って、借り入れ残高を効率よく減らしていきましょう。

返済ができないときはどうする?

アイフルを継続的に利用していると、返済期日までに返済が間に合わないことがあるかもしれません。

そのような場合の対処法について、説明していきましょう。

早急にアイフルに連絡をする

返済期日までに返済ができなさそうだということに気付いたら、その時点でアイフルに連絡をして、次回の返済が間に合わなさそうだということを伝えましょう。

事前に連絡をしてもらえていれば、アイフルとしてもいろいろと相談に乗りようがあります。

返済期日を少し後ろにずらす、今回の返済は利息のみの最低返済額でOKにするなど、利用者の状況に応じた対処方法を提案してくれるでしょう。

返済が遅れてしまうことを連絡したからと言って、恫喝されたり即解約されたりしてしまうようなことは、決してありません。

延滞を続けた場合のその後

返済を延滞し続けると、延滞した日数に応じて遅延損害金を支払わなければなりません。

遅延損害金の計算に適用される利率は、通常の融資に適用される利率よりも高めに設定されているので、延滞している日数が長くなると、返済負担はどんどん重くなっていきます。

また、アイフルから督促状や催告書といった、遅れている分の返済を催促するような書類が郵送されてきます。

そういった書類をすべて無視して何も対応しないままだと、最終的には裁判所に持ち込まれて、給料の差し押さえのような強制的な手段に訴えられてしまうでしょう。

延滞は期間が長くなればなるほど、アイフル利用者にとって損しかありません。

返済を延滞するにしても、1日でも早く返済できるように何らかの対策を講じるべきでしょう。

アイフルは手数料なしでも利用可能!

アイフルは、借り入れや返済などの通常のケースだけでなく、トラブルが起こったときなどの特別なケースも、手数料無料で利用できます。

アイフルを賢く利用するためにも、できるだけ手数料を支払わなくても済む方法を選択するようにしてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談