アイフルが使えるコンビニ一覧&使い方ガイド

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アイフルは、コンビニでも借り入れや返済を行うことができます。

アイフル店舗やアイフルATMを利用するのはちょっと抵抗がある人でも、コンビニなら気軽に利用できるのではないでしょうか。

しかし、コンビニで手間取ってしまうのなら、アイフルをスマートに使いこなすことができません。

アイフルが使えるコンビニ一覧と使い方をまとめましたので、コンビニに出かける前にかならずチェックして下さいね。

アイフルが使えるコンビニ一覧

アイフルのローンカードを使えば、コンビニでも借入や返済を実施することができます。

アイフルのローンカードが利用できるATMを設置するコンビニは、以下の通りです。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキ、セーブオン、セイコーマート、ミニストップ、コミュニティ・ストア、ニューデイズ、アンスリー

※コンビニの店舗によっては、アイフルが利用できるATMを設置していないこともあります。

コンビニのマルチメディアでもアイフルの返済が可能

アイフルのローンカードが利用できるのは、コンビニのATMだけではありません。

コンビニに設置されているマルチメディア(公共料金やチケットの支払いが行える機械)でも、借入はできませんが返済だけならアイフルのローンカードが利用できるのです。

アイフルカードローンが利用できるマルチメディアは、以下のコンビニに設置されています。

マルチメディア端末名設置されているコンビニ
Loppiローソン、ミニストップ(一部の店舗のみ)
Famiポートファミリーマート

コンビニのATMで借入する手順

コンビニのATMでアイフルローンを利用する手順を見ていきましょう。

尚、基本的にはコンビニATMは24時間営業ですが、メンテナンスや店舗事情で利用できないときもあります。

例えば、セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMは、平日と土曜・祝日の2:00~3:00と土曜の23:00~24:00はメンテナンスで利用できませんし、店舗が閉店しているときはメンテナンス時間でなくてもATMの利用は不可能です。

ATMにはメンテナンスの時間についてのステッカーが貼られていますので、普段利用するコンビニATMが利用できる時間帯は覚えておきましょう。

メニューから「カードローン」を選択する

ATMの画面のメニューから「カードローン」もしくは「アイフル」を選択します。

「カードローン」や「アイフル」という文字が見当たらないときは、「お借り入れ」や「お引き出し」のいずれかを探してみましょう。

ローンカードを挿入する

画面の指示に従い、アイフルのローンカードを挿入しましょう。

ATMによって挿入する方向やカードの向きが異なりますので、かならず画面に記載されている方法で差し込んで下さい。

金額を指定する

ATMによっては、カードを挿入してから「借入(引き出し、ご利用等)」か「返済(預け入れ、入金等)かを選ぶタイプのものもあります。

「借入」を選択して、必要な金額をナンバーボタンで指定しましょう。

現金を受け取る

金額を確認したら、「確定」や「実行」、「次へ」等のボタンを押して、現金を受け取ります。

かならずその場で金額を確認してから、ローンカードを抜き取ります。

万が一、指定した金額と異なる額の現金が出てきたときは、次の記事を参考に適切な行動をしてください。

ATMで下ろしたはずのお金が足りない!正しい対処法を紹介します

コンビニのATMで返済する手順

アイフルの借入が可能なATMなら、アイフルへの返済も可能です。

次の手順で返済して下さい。

メニューから「カードローン」を選択

ATMの画面のメニューを確認し、「カードローン」もしくは「アイフル」を選択します。

「カードローン」や「アイフル」という言葉が見つからないときは、「ご入金」や「返済」のいずれかの言葉を探してみましょう。

ローンカードを挿入

ATMのカード挿入口に、アイフルのローンカードを挿入します。

ローンカードの向きをかならず確認して下さい。

現金を入れる

最初に「カードローン」もしくは「アイフル」を選択した場合は、ローンカードを挿入してから「返済」(「預け入れ」や「入金」と記されていることもあります)を選択します。

その後、現金を入れる扉が開きますので、返済するお金を入金しましょう。

「全部入金」か「一部入金」かを指定する画面が出ますので、どちらかを選択します。

「一部入金」を選択した場合は、入金する金額も指定しましょう。

明細書を受け取る

入金を終えたら、明細書を受け取ります。

ローンカードも忘れずに抜き取って、持って帰りましょう。

コンビニのマルチメディアで返済する手順

マルチメディアではアイフルの借り入れはできませんが、アイフルへの返済は可能です。

次の手順で返済して下さい。

サービスメニュー→クレジット等のお支払い

サービスメニューの画面を表示させます。

Famiポートの場合は「金融サービス」、Loppiの場合は「クレジット等のお支払い」と記された項目をクリックします。

アイフルロゴをクリック→カードを通す

各種クレジットカードやカードローンのロゴが表示されますので、アイフルのロゴ(赤いハートマーク)を選択し、カードリーダーにローンカードを通します。

カードを読みこませたら、4桁の暗証番号を入力して下さい。

申し込み券を発券する

返済する金額を指定し、申し込んだ内容に間違いがないときは「確定」ボタンを押します。

申し込み券が発券されますので受け取りましょう。

レジで精算する

申し込み券の有効時間は30分です。

30分以内にレジに申し込み券を提出し、現金を支払って返済を完了させましょう。

尚、マルチメディアでアイフルの返済申し込みができる時間は、基本的には7:00~23:00のみです。

時間内にマルチメディアを操作して、23:30までにレジで支払いを済ませましょう。

アイフルをコンビニで利用するメリット&デメリット

アイフルが使えるコンビニはたくさんありますが、かならずしもお得に利用できるとは言えません。

アイフルをコンビニで利用するメリットとデメリットを解説します。

近くで借入・返済できる

アイフルのATMは、日本全体でも500台弱しかありません。

しかし、コンビニは、アイフルが利用できる主要7店舗(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート、デイリーヤマザキ・ポプラ・ミニストップ・セイコーマート)だけでも55,000件強もありますので、遠くまで出かけなくてもすぐにアイフルの借入や返済を行うことができます。

夜間でも利用できる

アイフルのATMの営業時間は7:00~23:00(一部例外があります)です。

しかし、コンビニのATMなら、夜間や早朝でも利用できることがあります。

他人に見られてもOK

コンビニのATMは、カードローン以外にも銀行口座の引き出しなどにも利用できます。

万が一、利用しているところを知人に見られたとしても、「カードローンとか利用しているのかしら?」と疑われることはないでしょう。

利用手数料がかかる

コンビニのATMやマルチメディアを利用するときは、常に利用手数料がかかります。

1万円以下の借入・返済を行うときは税込み108円、1万円を超える借入・返済を行うときは税込み216円もかかります。

何度も利用していると、意外と高額な出費になってしまいますよ。

利用手数料を節約するために工夫しよう

アイフルのATMが近くにないときでも、コンビニさえあれば、アイフルからの借入やアイフルへの返済を実行することができます。

しかし、アイフルATMはいつでも無料で利用できますが、コンビニのATMとマルチメディアはいつでも手数料がかかります。

利用手数料は108~216円と決して高くはありませんが、何度も利用していると高額な負担になってしまいますので、無駄なお金を使わないためにも計画的に利用するようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談