アイフルATMは1,000円単位OK!コンビニでも借りられる

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

アイフルの最小借入金額は1,000円です。

1万円単位でしか借りられない同業他社に比べて、アイフルは必要な額だけを無駄な利息を払うことなく借りられるため、顧客に優しい配慮がうれしいです。

しかしどこのATMでも、1,000円単位で借りられるわけではありません。

今回は1000円単位で借りられる強みと、どこのATMなら借りられるのか、近くに1000円単位で借りられるATMがなかった場合の借入方法について説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営
この記事はこんなひとにおすすめ

この記事は次のような人に向いていますので、参考にしてください。

  • コンビニを利用して借入れをしたい人
  • 1,000円単位で利用したい人

アイフルの借入は1000円単位でできる

銀行カードローンや他の消費者金融で申込時の借入希望金額が1万円未満に対応しているところは、大手消費者金融ではプロミスだけです。

また、アイフルに初めて借入を申し込む場合を除いて、無事に審査に通りアイフル会員になってしまえば、1,000円単位で借りられることを知っているでしたでしょうか。

アイフルからお金を借りようと思っている人が誰でも、1万円以上のお金を必要としているわけではありませんよ。

アイフル会員になった人の中には、取りあえず5,000円だけ借りたいとか、給料日まであと3日だから3,000円あれば十分だ、と思っている人もいるでしょう。

1万円未満のお金を借りたいという人や、1000円単位で細かく借りたいという人にはうってつけのサービスです。

関連記事をチェック!

147view

アイフルからの引き出し!利用方法まとめ

アイフルでお金を借りるには、コンビニ ATM などから引き出しするのが一般的です。しかし最近は振込キャッシングを利用して、自分の口座に入金させてから引き出すのが主流となっています。 またカードレスで...

アイフルATMは1,000円単位で借入OK

アイフルは1,000円単位で借りられますが、アイフルATMの営業時間やどこの店舗でも同じサービスを受けられるのか気になるでしょう。

営業時間や手数料

アイフルATMは店舗の他に無人契約ルームなどにもあります。
◆アイフルATM営業時間

平日7:00~23:00(7:00~26:00)
土曜日7:00~23:00
日曜日・祝日7:00~23:00(7:00~26:00)

アイフルATMの営業時間はATMごとに異なり、多くの場合は上記の23:00までの営業時間となっていますが一部のATMは26:00までとなっています。

店舗窓口の多くは10:00~18:00、契約ルームは8:00~22:00ですので、アイフルATMは営業時間が長いため便利です。

なお、アイフルATMからの入出金に関わるATM利用手数料は無料です。

1,000円単位で借りられるコンビニATM

ただし注意しなければならないのは、アイフルが利用できるATMならどこでも、1,000円単位で借りられるわけではないということです。

アイフルはセブン銀行をはじめとして、ローソンATMやE-net対応のATM、イオン銀行家や三菱UFJ銀行など様々なATMを利用できて大変便利なのですが、1,000円単位で借りられるのはセブン銀行ATMだけです。

他のATMの場合は、1万円単位となってしまうため注意が必要です。

もちろんアイフルATMならATM手数料もかかることなく、1,000円単位で借りられますのが、深夜遅くや早朝で近くにアイフルATMがない場合は、セブン銀行ATMを設置しているセブンイレブンでの借入をおすすめします。

関連記事をチェック!

85view

アイフルが使えるコンビニ一覧&使い方ガイド

アイフルは、コンビニでも借り入れや返済を行うことができます。 アイフル店舗やアイフルATMを利用するのはちょっと抵抗がある人でも、コンビニなら気軽に利用できるのではないでしょうか。 しかし...

1,000円単位で借りられるATMはセブン銀行

1,000円単位で利用できるセブン銀行について詳しく見ていきましょう。

営業時間や手数料

セブン銀行のATMの営業時間と手数料について紹介します。

出金(借り入れ)平日0:00~2:00
3:00~24:00
土曜日0:00~2:00
3:00~23:00
日曜日7:00~24:00
祝日0:00~2:00
3:00~24:00
入金(返済)平日0:00~2:00
3:00~24:00
土曜日0:00~2:00
3:00~23:00
日曜日7:00~24:00
祝日0:00~2:00
3:00~24:00

土日祝日が3日続くときは連続する1日目の23:00~翌2日目の7:00まで、2日目の23:00~翌3日目の7:00までは利用できませんので注意してください。

◆手数料

取引金額入金引き出し
1万円以下108円108円
1万円超216円216円

なお、セブン銀行のATMが設置されているところは、店頭にセブン銀行ATMのマークがあるのでマークを目印にするといいでしょう。

セブン銀行はセブンイレブンの他、イースーパー・イトーヨーカドーや駅、空港、高速道路のサービスエリアに設置されています。

またアイフルのホームページからも検索できるので、事前に調べておくと安心です。

コンビニでの借り方・注意点

アイフルには幾つもの提携する銀行ATMがありますが、提携するところによって借入れと返済ができないところがあります。

セブン銀行を始め7つの銀行などは借入れと返済ができますが、LAWSON LoppiやFamily Mart Famiポートでは返済のみとなっているので気を付けましょう。

なお、借入れと返済ができるコンビニATMのイーネットは、ファミリーマートやサークルKサンクス、スリーエフなどに設置されています。

残念…1,000円単位で借りられないコンビニ

全国にあるコンビニATMですが、残念ながら1,000円単位での借入れは行っていないところが多いです。

ローソンでは1,000円単位でおろせない

全国にあるローソンですが、残念ながら1,000円単位での借入れは行っていません。

ローソンの他に1,000円単位で引き出せないATMをまとめて見ました。

 

提携ATM営業時間最低借入額手数料
イオン銀行7:00~23:0010,000円1万円以下の場合:108円
1万円超えの場合:216円
LAWSON銀行月:7:00~23:00
火~金:0:00~24:00
土:0:00~23:50
日:7:00~23:50
祝日:曜日通り
10,000円1万円以下の場合:108円
1万円超えの場合:216円
三菱UFJ銀行8:45~18:0010,000円1万円以下の場合:108円
1万円超えの場合:216円
イーネット各コンビニ店舗による10,000円1万円以下の場合:108円
1万円超えの場合:216円
西日本シティ銀行8:00~21:0010,000円1万円以下の場合:108円
1万円超えの場合:216円

上記の提携ATMは、コンビニATMの営業時間です。

ショッピングモールの店舗に設置されているATMは、店舗の営業時間により異なります。

イーネットはコンビニを始めスーパーや、レジャー施設にも設置されていますので、急に必要となったときには便利です。

1,000円単位で借入はできないけど返金は可能

1,000円単位で借りられるところは、アイフルATMとセブン銀行になりますが、返済のみ1,000円単位で行えるところはあります。

以下にまとめて見ましたので、参考にしてください。

ATM手数料
アイフルATM無料
セブン銀行216円
イオン銀行216円
LAWSON銀行216円

振込キャッシングでも1,000円単位で借りれる

近くにセブンイレブンがない、アイフルATMもないという場合に1000円単位のお金を借りるのにわざわざ車で出かけるのも面倒です。

それにガソリン代も余計にかかってしまいます。

このような場合は、確実に1000円単位で借りられる振込キャッシングを利用しましょう。

振込キャッシングなら手数料もかかりませんし、近くにセブンイレブンやアイフルATMがなくても不便さは感じないことでしょう。

直接アイフルカードでATMから借りるのと違いひと手間かかってしまいますが、計画的にお金を借りるという点では振込キャッシングが確実です。

ただし自分の口座にお金を振り込ませ、キャッシュカードを使って預金を引き出すことになりますので、預金残高にATM手数料分が入っていないと希望通りの金額を借りられません。

実質ATM手数料が無料となる銀行でも一旦はATM手数料を支払い、同時に手数料分を返金してくれる仕組みですので、普通預金残高にはATM手数料が入っていることを確認しておきましょう。

受付時間や手数料

振込による借入れは、インターネットや電話から予約できます。

受付時間と手数料は以下の通りです。

 

受付時間手数料
24時間365日無料
当日振り込み:平日14:10まで無料

24時間365日受付をしていますが、銀行が休みのときは振込融資が行えません。

翌営業日となることに気を付けましょう。

また、直接銀行口座に振り込まれるほか、手数料がかからないことも魅力です。

1,000円単位で借入するメリット

1,000円単位で借り入れをするメリットは、必要な分のみを引き出せる点です。

例えば25,000円必要なときに、10,000円単位での引き出ししかできないときは、30,000円を引き出さなくてはなりません。

5,000円分の不必要分を借りることになるのです。

利息もその分かかってしまうので、1,000円単位での借入れにはメリットがあるのです。

提携銀行やコンビニATM手数料を節約できる

金銭感覚がしっかりしている人ほど必要な金額を借りるもので、本当は6,000円あれば間に合うのに1万円単位でしか借りられないカードローンだと、お金を借りてすぐに4,000円を返済してしまうことがあります。

しかしこの方法には、ATM手数料と言う決定的な金銭問題から避けることができません。

一部の銀行カードローンを除き、提携銀行やコンビニATMでお金を入出金するとそのたびに手数料が必要です。

    • ・1万円以下の入出金:108円

 

    ・1万円超の入出金:216円

6,000円を借りるのに1万円を借りて4,000円を返済すれば、手数料は2回分の216円も支払わなければならないのです。

さらに1万2,000円だけ借りたいという場合は、2万円を借りて8,000円ATMで返済しますので手数料は2万円を借りた216円と、8,000円を返済した108円の合計324円もかかってしまうのです。

アイフルなら最初から6,000円借りることや、1万2,000円借りられるため、必要もないATM手数料を支払う必要が全くありません。

関連記事をチェック!

38view

アイフルの手数料まとめ!手数料無料で利用する方法も

アイフルを利用するときには、細々と手数料がかかることもあります。 アイフルを利用する場合のさまざまなシーンにおける手数料と、手数料無料で利用する方法をまとめました。 この記事はこんな人におすすめ ...

無駄な利息を支払わないですむ

1000円単位の借入に対応しているアイフルのメリットは、やはり無駄な利息を支払わないで済むことです。

それに自分が希望する金額ピッタリに借りられるのは、単にアイフルからお金を借りているというだけでなく、自分で計画的に上手にコントロールできている感じがして気分的にもラクです。

お金を借りれば必ず利息はかかります。例えば1万円を30日間借りた場合の利息は147円ですが、5,000円だけを借りた場合の利息は73円です。

借りる金額が少ないため利息の差はそれほど大きいものではありません。

しかし金銭感覚を保つためには、テレビコマーシャルのキャッチコピーの通り「ご利用は計画的に」が大切です。

それに加えて明日給料日なのだけれど、財布の中身が空っぽという場合でも、今日必要なお金として1000円だけあれば十分だ、という場合でも利息の軽減効果は圧倒的です。

1万円単位でしか借りられないと翌日返済したとしても利息が4円必要です。しかし1000円だけ借りれば利息は1円未満となってしまうため、利息を支払うことなく借りられてしまうのです。

この時世で友人から1000円借りて翌日返済しても、お礼として缶コーヒー1本くらいは「昨日は世話になったな」とおごってしまうでしょう。

経済的にどちらがお得か考えれば答えはすぐにか分かります。

関連記事をチェック!

213view

カードローン借入金利と利息の計算方法

お金を借り入れすれば利息が掛かる、知ってはいても計算方法となるとあやふやになる人は多いです。 金利と利息の関係です。 知らなくても言われた通りに支払っていれば問題はありませんが、お金を借りる前にい...

無駄遣いを防げる

本当に1万円必要な場合なら良いのですが、1万円単位でしか借りられないカードローンだと、結局はお金の無駄遣いになってしまいます。

本当は3,000円だけ借りられれば十分なのに、1万円単位でしか借りられないためやむなく不必要なお金まで借りる結果になるでしょう。

財布の中に3,000円入っているのと、1万円入っているのでは気分的に大きな違いが出てきます。

ATM手数料を節約するために、不必要な7,000円は次回返済のときまでに保管しておこうと考えてもちょっと無理な相談になります。

3,000円しか使えない状態と、1万円まで使える状態では精神的に違うのも当然です。

借りた当初の7,000円は使わないようにしておこうと思っても、ついお金の魔力に負けてしまい、パチンコやパチスロでひともうけしてやろうと、考えてしまう気持ちが出るのも無理はありません。

結局はギャンブルで負けてしまい、7,000円はあっという間になくなってしまうのが怖いところです。

しかしアイフルは1000円単位で借りられるため、お金を無駄遣いしてしまう心配がありません。

アイフル以外のカードローンで1000円単位OKなところは?

アイフルと同じ消費者金融では、1,000円単位での借入れが可能なところはあるのでしょうか。

アコムでは借りれる?

結論から言うと、アコムでも1,000円単位での借入れはできます。アコムのATMとセブン銀行ATMから1,000円単位で借入れが可能ですが、利用限度額は1万円からとなっています。

プロミスでは借りれる?

プロミスもアイフルと同様に1,000円単位での借入れができますが、利用可能なATMは限られています。

プロミスのATMと同グループの三井住友銀行になります。

そしてこのふたつのATMでは、手数料がかかりません。

レイクALSAでは借りれる?

新生銀行グループのレイクALSAでは、提携する新生銀行の他にコンビニATMのイーネットやLAWSON銀行ATM、セブン銀行で1,000円単位での借入れができます。

またすべてのATMでは手数料が無料ですので、とてもお得と言えます。

まとめ

アイフルで1,000円単位の借入れをしたいときは、アイフルのATM又はセブン銀行のATMを利用することになります。

アイフルATMでは手数料はかかりませんが、セブン銀行ATMでは出金に108円~216円の手数料がかかるので注意しましょう。

1,000円単位で借りることができれば余計なお金を借りずに済み、また利息も抑えられるのでおすすめです。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談