レイクALSAは収入証明書不要で利用できる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

皆さんはレイクALSAというカードローンをご存知でしょうか。

「レイクなら知ってるけどレイクALSAは…?」という人がまだまだ多いとは思いますが、レイクALSAは新生フィナンシャル株式会社が取り扱いを始めた新しいカードローンです。

そこで今回は、そんなレイクALSAは収入証明書の提出不要で利用できるかどうかということについて、説明を行っていきたいと思います。

レイクALSAってどんなローン?

収入証明書についての話を行っていく前に、まずはレイクALSAがどのようなカードローンであるかについて、簡単に説明を行っておきましょう。

レイクALSAの商品概要は、以下の通りです。

利用できる人申し込み時の年齢が
満20歳以上満70歳以下のかた
安定した収入のあるかた
(パート・アルバイトのかたも可)
利用限度額1万円~500万円
借入利率4.5%~18.0%
返済方法残高スライドリボルビング方式
または
元利定額リボルビング方式
返済期間・回数最長8年・96回
遅延損害金利率20.0%
担保・保証人不 要

利用条件をザッと見てみると、ごく一般的なカードローンであるという印象を受けますね。

レイクとほぼ同じという認識でOK

さてここで「レイク」と「レイクALSA」の関係性について触れておきますが、レイクは「新生銀行」が取り扱っていたカードローンですが、レイクALSAは「新生フィナンシャル株式会社」が取り扱っているカードローンです。

レイクは新生銀行が取り扱って「いた」と表現したのは、2018年3月末をもって新生銀行ではレイクの新規申し込みを停止しているからです。

そしてそれを受けて、2018年4月から新生フィナンシャル株式会社でレイクALSAの取り扱いが始まったことを考えると、レイクとレイクALSAの関係についてはなんとなく想像が付きます。

そう、レイクALSAはレイクの後継とでも言うべきカードローンなんですね。

レイクとレイクALSAの商品詳細は金利や利用限度額などの点で非常に似通っているため、名前は変わったものの、レイクに申し込もうと思っていた人であればレイクALSAに申し込んでも何の問題もないでしょう。

ただしレイクが銀行カードローンだったのに対して、レイクALSAは消費者金融となっており、そういった部分で違いはあるので注意は必要かもしれません。

レイクALSAの基本情報

レイクALSAの基本情報について簡単に表にまとめました。

借り入れ限度額500万円
金利4.5%~18.0%
利用対象者
  • 満20歳~70歳
  • 国内居住の人
  • 日本の永住権を取得されている人
返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式
返済期間最長8年
返済回数最大96回
担保・保証人不要

レイクALSAを初めて利用する人は、無利息期間サービスが受けられます。 開始日は契約日の翌日からで、次の2つのサービスいずれかを選択できます。

 無利息サービス①無利息サービス②
契約金額1万円~200万円1万円~500万円
サービス内容借入額のうち5万円の利息が180日間無利息借入額全額が30日間無利息
5万円超過or利息期間終了後の金利12.0%〜18.0%4.5%〜18.0%

借り入れは総量規制の対象?

レイクALSAでの借り入れは総量規制の対象になります。 総量規制とは多重債務者の増加を抑制するために、貸金業者に対して債務者に対する貸付額を年収の3分の1位までに制限するものです。 年収が十分にあっても返済額が多ければ、生活がままならず滞納してしまう可能性があります。 一時期、多重債務者が増加したことを背景に総量規制という制限が設けられました。 ちなみに、総量規制は貸金業法に基づくものなので消費者金融や信販会社などは対象になりますが、銀行系カードローンなどは対象外になります。

レイクALSAの申し込みに必要なもの

それでは、レイクALSAの申し込みに必要なものをひとつずつ確認していきましょう。

後ほど具体的な契約方法について詳しく説明します。

運転免許証または本人確認書類

まず、レイクALSAへの申し込みには運転免許証などの本人確認書類が必要になります。

  • 運転免許証(原則)
  • 本人確認書類……有効期限内または現在有効な、健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書

収入証明書類

次の場合は、収入証明書類もレイクALSA提出する必要があります。

  • 利用限度額の総額が50万円を超える場合
  • 他社の借入総額も合わせた金額が100万円を超える場合
  • すでに提出済みの収入証明書類の発行日から、3年以上が経過している場合

上記に該当しない場合であっても、収入額によっては収入証明書類の提出を求められることがあります。 そのため、スピーディに融資を受けたい人は、あらかじめ用意しておくことをおすすめします。 レイクALSAで収入証明書類として認めてもらえるのは、次の書類です。

  • 源泉徴収票(前年度/直近分)……「公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」は除く
  • 住民税決定通知書納税通知書(前年度/直近分)……市民税・県民税の特別徴収税額の決定・変更通知書など
  • 所得(課税)証明書(前年度/直近分)……市町村役場で発行されたもの
  • 上記の書類を用意できない場合は給与明細書……直近の3か月以内の連続2か月分

関連記事をチェック!

500view

お金を借りるときにはマイナンバーは必要?【消費者金融で借入】

2016年1月からマイナンバーカードの、発行が開始されました。 そこで、お金を借りるときに、マイナンバーカードは必ず必要になるのか、疑問に思う人もいるでしょう。 また、マイナンバーカードは、審査に...

申し込みの流れと必要なものの提出方法

それでは次に、実際の申し込みの流れとどのように必要書類を提出するのか解説します。

レイクALSAは次の3通りの契約手続きがあります。

  • 自動契約機
  • パソコン・スマホ・アプリ
  • 電話

いずれかの方法を選択して必要な情報を入力し、無事審査に通過するとローンカードが発行されます。 カードを使ってATMで融資を受ける方法もありますが、登録した口座にお金を振り込んでもらう方法も選択できます。 それでは、先に紹介した3つの契約手続きの流れについて詳しく解説していきます。

自動契約機から申し込み

  1. タッチパネルから「はじめてのお申し込み」ボタンを押します。
  2. 事前に申し込みが済んでいるか否かという質問が表示されますので、申し込みから自動契約機で行う場合は「いいえ」を押します。
  3. 必要事項を入力してください。
  4. 運転免許証または本人確認書類を自動契約機にセットすることで必要書類を提出します。
  5. 画面で審査結果を確認してください。
  6. 契約内容確認書が発行されますので、内容を確認のうえ署名をして、自動契約機にセットします。
  7. カードが発行されます。

レイクALSAの自動契約機は、無人なので一目を気にせずに契約手続きができます。 審査の内容によりますがスムーズにいけばその場でローンカードが発行されるので、スピーディにお金を準備したい人におすすめです。 最短30分でローンカードを手にできます。

自動契約機の営業時間

レイクALSAの自動契約機の営業時間は以下のとおりです。 曜日によって営業時間が異なるのでよく確認しておきましょう。

平日・土曜日8:00~24:00
日曜日・祝日8:00~22:00
毎月第3日曜日8:00~19:00

パソコン・スマホ・アプリから申し込み

パソコン・スマホ・アプリを使ってインターネットから申し込みをする場合は、申し込み後に振込キャッシングをする場合と自動契約機でカードを発行する場合とで異なりますので、それぞれ確認しておきましょう。

振り込みキャッシングする場合

①公式ホームページの申し込みフォームより必要事項をすべて入力します。

②審査結果を確認します。

審査結果お知らせ時間は、通常8:10~21:50、毎月第3日曜日のみ8:10~19:00です。

審査結果お知らせ時間内に申し込む場合は、申し込み後に画面で審査結果を確認できます。

審査結果お知らせ時間外に申し込む場合は、申し込み後にいったん申し込み完了メールが送られて来ます。審査結果については、翌営業日にメールで連絡されます。

③契約手続フォームへ振込先情報を入力すると、契約内容が表示されますのでしっかり確認しましょう。

④本人確認書類を、メールまたはFAXで提出します。

⑤指定の金融機関口座にキャッシング額が振り込まれます。

自動契約機でカードを発行する場合

①申し込みフォームから必要事項をすべて入力します。

②審査結果を確認します。

審査結果お知らせ時間は、通常8:10~21:50、毎月第3日曜日のみ8:10~19:00です。

審査結果お知らせ時間内に申し込む場合は、申し込み後に画面で審査結果を確認できます。

審査結果お知らせ時間外にお申し込みの場合は、申し込み後にいったんお申し込み完了メールが送られて来ます。

審査結果については、翌営業日にメール連絡されますので確認を忘れないようにしましょう。

③自動契約機のタッチパネルから「はじめてのお申し込み」ボタンを押します。

④事前に申し込み済みなので「はい」を押し、必要事項を入力します。

⑤運転免許証または本人確認書類を自動契約機にセットして提出します。

⑥画面で審査結果を確認すると、契約内容確認書が発行されますので、内容を確認して署名し、自動契約機にセットしましょう。

⑦ローンカードが発行されます。

電話からの申し込み

電話なら24時間いつでもオペレーターに相談しながら申し込みができます。

①0120-09-09-09へ電話をかけます。 ②自動音声が流れますので、「1」のはじめてのお申し込みを押すと、オペレーターに繋がります。 ③審査のために、住所や勤務先などについて質問されます。 ④その場で審査結果を伝えられます。

これ以降の契約から借り入れまでの手順は、振込キャッシングの場合と自動契約機でカードを発行する場合とで異なりますが、前述のパソコン・スマホ・アプリから申し込みの場合と同様です。

収入証明書が必要なのはどんなとき?

ではそんなレイクALSAは、収入証明書不要で利用できるのでしょうか。

結論から申し上げておくと、収入証明書が不要かどうかはケースバイケースとなっています。

そこで以下では、レイクALSAを利用するにあたって収入証明書が必要なのはどのようなときかを説明していきます。

借入額が50万円を超えるとき

まずは、借入額が50万円を超える場合です。

この場合、申し込みの段階で借入額が50万円を超えるかどうかは分かると思いますから、収入証明書が必要かどうかは非常に判断しやすいと思います。

ただし注意しておいていただきたいのは、この借入額は「レイクALSAの借入額」ではなく、「新生フィナンシャル株式会社で取り扱っているローンすべての借入額」であるということです。

すでに新生フィナンシャル株式会社が取り扱っている他のローンを利用している場合は、そのローンの借入額まで考慮に入れなければなりません。

他社借入合計額で100万円を超えるとき

続いては、他社からの借り入れも含めて借入額が100万円を超える場合です。

仮にレイクALSAに40万円で申し込みを行うとしても、他社・他行ですでに60万円超の借り入れを行っている場合は、収入証明書の提出が必要となります。

他社・他行の借り入れがいくらになっているかまではきちんと覚えていないかもしれませんが、レイクALSAに申し込みを行う前に、あらためて確認しておいたほうがいいでしょう。

年収が変更になったとき

「借入額が50万円を超えるとき」と「他社借入合計額で100万円を超えるとき」はどちらも、レイクALSAに新規申し込みを行う場合に収入証明書を提出しなければならない条件です。

ただ、新規申し込み時に限らず収入証明書を提出する必要性がある場合があり、それが年収が変更になったときです。

年収は借入可能額に関与する非常に重要な要素なので、新規申し込み時から変更になった場合にはできるだけ速やかに申請することが望ましいとされています。

もちろん「望ましい」というだけであり、年収が変更になった際の収入証明書の提出は必須というわけではありませんが、提出しておくことで自分にプラスに働く可能性もあるのです。

と言うのも、年収が上がったことをレイクALSAにきちんと把握してもらうことで、借入可能額を今よりも引き上げてもらえる可能性があるのです。

必要書類のこまめな提出は自分のためになると思って、必須ではないにせよ、年収が変更になった際にもきちんと収入証明書を提出することを心がけましょうね。

審査内容によって提出が求められることも

収入証明書を提出しなければならないのは、主に上述した3つの場合です。

ただし、その他にも審査結果を踏まえて新生フィナンシャル株式会社が必要であると判断した場合には、条件に該当していない場合でも収入証明書の提出を求められる可能性があります。

また、レイクALSAの利用を継続していくとして、前回提出した収入証明書の発行日から3年以上が経過している場合は、あらためて最新の収入証明書の提出が求められます。

収入証明書に関してもっとも注意しておかなければならないのは、新規申し込み時であることは間違いありませんが、その後も収入証明書を提出しなければならない状況が訪れるかもしれないということは、頭の片隅ででも覚えておくといいでしょう。

利用限度額の増額時にも収入証明書が必要

利用限度額は、レイクALSAに新規申し込みを行った際に審査によって決定されます。

ただ、レイクALSAを継続して利用し続けていると「借入可能額をもっと増やせたらなぁ…」と思うこともきっとあると思います。

そのような場合には、増額申請を行うことで利用限度額を引き上げてもらえる可能性がありますが、その際にも収入証明書の提出が必要となります。

と言うのも、増額申請というのは申請すればただ終わりというものではなく、新規申し込み時と同じようにあらためて審査が行われるからです。

申し込み者の収入は利用限度額を決定するために非常に重要な要素となるので、増額申請時にはそのときの最新の収入状況をレイクALSAに正しく伝える必要があるんですね。

利用限度額に関わる申し込みや申請を行う場合には、必ず収入証明書が必要になると思っておくといいでしょう。

収入を証明する書類とは

では、収入証明書を利用しなければならない場合、どのような書類が収入証明書として利用できるのでしょうか。

収入証明書として利用できるのは以下の書類です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 確定申告書
  • (給与明細書)

給与明細書のみかっこがきで記載しているのは、基本的には上5つの書類のどれかを提出することが好ましく、それらのいずれも提出できない場合には給与明細書の提出でもかまわないとなっているからです。

なお、給与明細書以外の書類は直近である前年度の書類を用意すればいいですが、給与明細書のみ直近2ヵ月分を用意しなければなりません。

また、取得日より1年以内の賞与明細書があれば、それも併せて提出することが望ましいです。

あらかじめ用意しておいてもいいかも

収入証明書として利用できる書類のラインナップを見ていただければ分かる通り、給与明細書以外は用意しろと言われてすぐに用意するのがなかなか難しい書類ばかりです。

給与明細書に関しても、普段から持ち歩いているような人はごく稀でしょうから、会社や家にあるものを持ってきたり新たに発行したりする必要があるかもしれません。

レイクALSAでは収入証明書を提出しなければいけない条件が定められているとは言え、先ほどお伝えしたようにその条件に該当していない場合でも、提出が求められる可能性があります。

収入証明書の提出でもたついてしまうと手続き全体もそこでストップしてしまうため、「提出を求められても大丈夫なように」という気持ちであらかじめ収入証明書を準備しておいたほうが、いい結果につながるかもしれませんね。

収入証明書の提出方法は?

収入を証明する書類としてどのようなものが利用できるかについては分かりましたが、それらはどのような形でレイクALSAに提出すればいいのでしょうか。

提出方法は申し込み方法によって若干異なるので、1つずつ確認していきましょう。

自動契約機で申し込みを行う場合は、自動契約機で収入証明書の原本を提示することで提出を行ったと認められます。

メールまたはFAXで申し込みを行う場合は、原本を写したうえで送信することで提出という形を取ります。

郵送で申し込みを行う場合は、原本のコピーを1部レイクALSAに提出すればOKです。

それぞれの申し込み方法に沿った形で、収入証明書の提出を行うようにしましょう。

収入証明書のコピーは不可?

書類の提出を行う際に困る可能性があるのは、必要とされている書類のコピーでも書類としての役割を果たすことができるのかどうかということです。

収入証明書として利用できる書類の中には確定申告書や納税通知書といったような公的な書類も含まれており、これらを利用する場合には原本を用いるようにするのが原則で、コピーだと受け付けてもらえない可能性があります。

給与明細書は公的な書類というわけではないのでコピーでもかまいませんが、書類1つ1つを「これは原本じゃないとダメ、これはコピーOK」と覚えておくのも面倒くさいですよね。

そのため、収入証明書として利用する書類は、どのようなものであれ原則として原本を用意すると覚えておいたほうが、手続きできなくて困るというような事態に陥る可能性が低くなるでしょう。

必要なものを提出するときの注意事項

続いて、レイクALSAに必要なものを提出する場合に気を付けたいポイントを詳しく解説していきます。

本人確認書類についての注意

本人確認書類は、氏名・生年月日・現住所の3項目が記載されているものに限ります。

運転免許証や住基カード、マイナンバーカードなどの身分証明書を用意しましょう。

本人確認書類のうち、個人番号カードについては表面(顔写真・住所などが記載されている面)のみを提出します。

なお、同じマイナンバーのカードでも、個人番号カードではなく紙でできた通知カードについては、本人確認書類として提出できませんので注意が必要です。

本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合や、自動契約機で契約時に健康保険証を用意する場合には、現住所が記載されている次のいずれかの書類(原本/6か月以内)を併せて用意しましょう。

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・NTT・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

収入証明提出時の注意

収入証明書類は先に説明したとおり、レイクALSAの契約額が50万円を超える場合や他社借入総額との合計が100万円を超える場合などに提出が求められます。

収入証明を提出するときに該当する書類にマイナンバーが記載されている場合は、マイナンバーの部分を隠して確認できない状態にしてから送りましょう。

なお、提出した収入証明書類は電磁ファイルに置き換えられた後で、廃棄されます。

仮に収入証明書の原本を提出した場合でも廃棄されますので注意が必要です。

収入証明書類としてレイクALSAで使用できるのは、以下の書類です。

  • 所得証明書
  • 納税通知書
  • 住民税決定通知書

また、提出した書類が不鮮明で情報を正確に確認できない場合は、再提出が必要になるケースもあります。

給与明細書を提出するときの注意

所得証明書や納税通知書などの収入証明書類が手元にない場合は、代わりに給与明細書を提出することになりますが、直近2か月分を用意する必要があります。

直近の賞与明細書(取得日より1年以内のもの)があれば、併せて用意することをおすすめします。

給与明細書には、次の項目が明記されている必要があるので事前に確認しておきましょう。

  • 発行年月
  • 本人氏名
  • 勤務先名称
  • 総支給額

もし、手書きの給与明細の場合は、勤務先の社印(または社判)が必要です。

勤務先が変わった場合には、事前に会員ページまたは自動契約機コーナー、フリーダイヤルより届け出手続きをしましょう。

外国人の場合

レイクALSAは、国内に居住していて在留カードを持っている外国人の方であれば利用ができます。 外国人の方がレイクALSAを利用する場合の注意点は以下のとおりです。

  • 税務申告を日本でしている
  • 日本に勤務先がある
  • スムーズに日本語の読み書きができる

外国人はより厳格な審査が実施されるので、利用額が少額に設定される可能性が高いです。 大きな金額を借りるためには、まずはレイクALSAを少額で利用して信頼度を上げていくなどの工夫が必要になります。

レイクの契約後の借り入れ方法

レイクの手続きが完了した後のお金の借り入れ方法は、次の3つから選択できます。

  • 口座振込
  • レイクATM
  • 提携ATM

すぐにお金を用意したい場合は、レイク会員ページにログインした後に振込融資の手続きをすると口座にスピーディに資金が振り込まれます。 本人名義で取り引きをしている口座をあらかじめ会員ページに登録しておくことをおすすめします。 レイクALSAの口座振込の手続き受付時間は以下のとおりです。

月曜日1:00~23:50
火曜日~日曜日0:15~23:50

レイクのATMを利用してお金を借り入れる場合は、ATMにローンカードを挿入して画面の表示に従って手続きをするので、初めての人でも迷わず操作できるため安心です。 レイクATMを利用すれば休日や夜間の手数料が無料なので非常にお得です。 契約額の範囲であれば事前に手続きをする必要はなく、カードローンがあればその場でお金を手にできます。 年中無休で利用できるのでとても利便性が高いです。 レイクATMが借り入れに対応している時間は次のとおりです。

平日・土曜日7:30~24:00
日曜日・祝日7:30~22:00
第3日曜日7:30~20:00

レイクALSAは、次のATMと提携しているのでレイクATMと同様にローンカードがあればお金が借りられます。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • イオン銀行

提携ATMの営業時間は各銀行によって異なりますが、レイクALSAの取り引きができる時間帯はいつなのか紹介していきます。

ATMの営業時間

レイクALSAの提携ATMの営業時間は次のとおりです。

月曜日5:00~23:50
火曜日・水曜日0:10~23:50
木曜日1:30~23:50
金曜日・土曜日・日曜日0:10~23:50
第3日曜日0:10~20:00

※セブン銀行は第2・最終日曜日の3:00~4:00は利用できません。 ※ファミリーマートのゆうちょATMの利用時間は、第3月曜日のみ3:00からになります。

審査に掛かる時間は?

レイクALSAの審査は仮審査と本審査の2段階に分けられています。 仮審査は申し込み後すぐに結果が分かりますが、本審査は審査の内容によりますが30分~1時間ほどで完了します。 あらかじめ必要書類を用意しておけば即日融資を受けられます。 スピーディに融資を受けたい人にレイクALSAは非常におすすめです。

借り入れまでの時間

書類の提出日や申告した内容にもよりますが、先に紹介したインターネットを利用して申し込みをし、資金を口座振り込みにする方法を使えば1時間ほどで自動的にお金が借りられます。 審査状況や在籍確認などによって多少審査期間は前後しますが、レイクALSAなら急な入り用にも対応できるでしょう。 その他、レイクALSAを利用する上で疑問や不安を解消するためにQ&Aを紹介するので、利用する前にしっかりチェックしておきましょう。

まとめ

以上、レイクALSAは収入証明書の提出不要で利用できるかどうかということについての説明を行ってきました。

収入証明書を提出しなければならない条件に関しては他の消費者金融と同じであるため、過去に消費者金融や銀行カードローンを利用した経験があれば、収入証明書の提出について困惑する可能性はあまりないでしょう。

まだ取り扱いが始まって間もないカードローンですが、レイク独自のサービスであった「選べる2種類の無利息期間」などのサービスは引き継いでいるため、レイク同様に便利に利用できるカードローンであることは間違いありません。

カードローンの利用を検討している場合には、その選択肢の1つとしてレイクALSAを考えてみてはいかがでしょうか。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談