馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

アコムカードローンでお金を借りる方法!マスターカードは現金化できる?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

皆さんこんにちは、馬三郎です。

今回はアコムカードローンについて説明したいと思います。

アコムカードローンについて

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の消費者金融会社です。

マスターカードのプリンシパルメンバーでもありますので、ローン専用のカードだけでなくクレジットカードも提供しています。

しかし、知名度が高いのはカードローン会社としてのアコムです。

テレビコマーシャルでも「はじめてのアコム」をキャッチフレーズを使用して、初めて利用する人です使いやすいカードローンであることを強調しています。

アコムは消費者金融業界でも大手ですので、カードローンが初めての人や消費者金融に抵抗がある人でも安心して利用できるのでしょう。

金利
(実質年率)
 3.0%~18.0%
対象者満20歳以上69歳以下の安定した収入がある人
使用目的自由
最高限度額1万円~800万円
返済日口座引き落とし:35日ごと、もしくは毎月6日

口座引き落とし以外:毎月6日以外

遅延損害金
(実質年率)
20.0%
収入証明書原則不要額50万円以下

他社からの借入と併せて100万円を超える場合は、融資限度額が50万円以下でも収入証明書が必要になる

アコムはATMで現金借り入れできる

カードローンを利用する場合は、ATMで手軽に借り入れできると便利でしょう。

アコムで利用できるATMは、アコム店舗や無人契約機「むじんくん」に併設されている「自社ATM」の他にも、「提携銀行ATM」や「コンビニATM」などがあります。

アコムの自社ATMであれば、24時間365日(一部店舗を除く)で利用でき、利用手数料が完全無料なので余計な費用をかけずに利用できます。

しかし「アコムATMが近くにない」という人もいると思いますので、その場合は提携銀行ATMやコンビニATMの利用が便利です。

アコムの提携銀行ATMはここ

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社ということもあり、提携ATMが非常に多く、数あるカードローン会社の中でも利便性の面で突出して優れています。

なお、アコムの提携銀行は次の通りです。

三菱UFJ銀行
北海道銀行
第三銀行
東京スター銀行
北陸銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
西日本シティ銀行
広島銀行
八十二銀行(借入のみ)
クレディセゾン

注意点として三井住友銀行のATMは、2017年3月に取引終了となっています。

また、アコムATMとは異なり、1回の利用ごとに108円~216円の手数料がかかります。

コンビニATMなら24時間利用用できる

コンビニATMなら、ほとんど24時間365日利用できます(メンテナンス中は除く)。
対応しているコンビニには、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどがありますので店舗は見つけやすいです。

しかし、提携銀行ATMと同様に、1回の利用ごとに手数料が108円~216円かかりますので注意しましょう。

コンビニATMは利用しやすいという反面、手数料という余計な出費がかかりますので、利用する場合は工夫が必要です。

利用するための条件

アコムカードローンを利用するためには、年齢と安定した収入以外に特別な条件は求められません。ただし、専業主婦(夫)のように、自分自身出稼ぎがない人は申し込みができません。

オススメしたい人

アコムカードローンは以下のような方にオススメです。

  • 急ぎの融資が必要な方

アコムカードローンは最短30分で審査が終了し、口座振り込みやローンカードによる即日融資も可能です。

急ぎの融資が必要な方には適したカードローンだと言えるでしょう。

  • 無利息サービスを活用したい方

アコムカードローンは、初めての利用に限り、30日間無利息サービスを利用することができます。

ただし、契約の翌日から30日間無利息となりますので、融資が必要なタイミングでアコムカードローンに申し込むようにしましょう。

属性別に見る

正社員専業主婦パート、アルバイト、派遣社員
×
フリーター自営業、個人事業主学生

特徴別に見る

年収の1/3以上借りられるか借入をおまとめできるか年齢条件
不可可能満20歳以上69歳以下
最短振込審査時間収入証明書原則不要額
 即日最短即日50万円以下

他社からの借入と併せて100万円を超える場合は、融資限度額が50万円以下でも収入証明書が必要になる

無利息期間担保・保証人金利
30日間不要3.0%~18.0%

アコムのカードローンで申込可能な種類とは

アコムでは、カードローンやキャッシングとして利用できるカードと、通常のカードローンやキャッシングに加えてショッピング時でも利用できるクレジット機能が附帯したカードの2種類があります。

どちらのカードになるのかは、申込時の審査によって決められます。

【アコムのカードローン・キャッシング】

カードローンとキャッシング専用のカードで、最高800万円まで借入できます。

気になる金利は年率3.0%~18.0%です。

全国のアコムATM、提携ATMで借入・返済でき、利用可能金額の範囲内であれば、何度でも繰り返して利用できます。

【アコムのクレジットカード】

通常のカードローン・キャッシングに加えて最高300万円まで利用可能なショッピング枠が附帯したカードです。

手数料・金利は年率10.0%~14.6%となっています。

なお、利用額はカードローンとクレジットカード枠を合わせて800万円が上限となっています。

また、国際ブランドはMasterCardなので、世界各地のMasterCard加盟店で利用できます。

他社と比べて金利はお得か

アコムカードローンの金利は、他社と比べてどうなっているのか見ていきましょう。

アコムカードローンの金利は、融資限度額と審査によって4段階に設定されています。

融資限度額が300万円を超える場合は、最高でも7.7%の低い金利が適用されますので、お得に借りることができると言えます。

利用限度額ごとの金利

アコムカードローンの金利が各限度額に幾つに設定されているのか、下の表を参考にしてください。

最高限度額金利(実質年率)
99万円以下7.7%~18.0%
100万円以上300万円以下 7.7%~15.0%
301万円以上500万円以下 4.7%~7.7%
501万円以上800万円以下3.0%~4.7%

他社と金利の比較

各機関の金利や手数料を表にまとめたので参考にしてください。

業者名金利(実質年率)無利息期間
アコムカードローン 3.0%~18.0%30日間無利息
アイフル3.0%~18.0%30日間無利息
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム3.0%~18.0%30日間無利息
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス4.5%~17.8%30日間無利息※
レイク ALSA4.5%~18.0%30日間無利息or5万円までなら180日間無利息
レディースアイフル3.0%~18.0%30日間無利息

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

業者名借入できない属性
アコムカードローン無職、専業主婦
アイフル*無職、専業主婦
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム*無職、専業主婦
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス*無職、専業主婦
レイク ALSA無職、専業主婦* 1
レディースアイフル無職、専業主婦

※属性は、正社員、自営業、派遣社員、パート・アルバイト、専業主婦、学生(満20歳以上)、無職に分類しています。

借入、返済のしやすさ

借りやすさや返済のしやすさについて調べてみました。

①借入のしやすさ

借入可能な場所提携金融機関・コンビニATM
借入時間 24時間対応のATMあり
口座振り込み融資可能
当日振込可能時間楽天銀行に振り込み融資してもらう場合は23:50まで

ゆうちょ銀行に振り込んでもらう場合は平日14:00まで

その他の銀行・信用金庫に振り込んでもらう場合は平日14:30まで

②返済方法、返済額、返済日

返済方法1.口座から引き落とし
随時、ATM入金や振り込みで返済も可能
2.インターネットかATM振込返済
返済日選択口座引き落とし:35日ごと、もしくは毎月6日
口座引き落とし以外:毎月6日以外
毎月の返済額借入残高最低返済額
30万円以下借入残高×4.2%
千円未満は切り上げ
30万円超100万円以下借入残高×3.0%
千円未満は切り上げ
100万円超借入残高×2.0%か2.5%
適用倍率は契約により異なる
千円未満は切り上げ

口座引き落としを選択すれば、毎月自動的に引き落とされますので返済のし忘れがありません。

③カードローンを利用できるATMが豊富

前にも触れましたが、アコムは自社ATMの他に、提携銀行ATMやコンビニATMでもカードローンを利用できます。

提携銀行やコンビニのATMを一覧にまとめてみましたので参考にしてください。

金融機関名借入返済
三菱UFJ銀行
セブン銀行
E-net(*1)
ローソンATM
ZERO BANK(*2)
イオン銀行
北海道銀行
北陸銀行
東京スター銀行
八十二銀行
第三銀行
広島銀行
西日本シティ銀行
福岡銀行

(*1)ファミリーマートやミニストップなどのE-netマークがあるコンビニATM
(*2)愛知県、岐阜県のゼロバンクATMのみ利用可能

審査の通りやすさをチェック

1

アコムは審査に通りやすいカードローンと言われていますが、本当なのでしょうか。

アコムカードローンを、スペックから審査の通りやすさを判断してみます。

チェックポイント通りやすさ
保証会社はアコム株式会社5
専業主婦と年金受給者は申し込み不可3
対象年齢は満20歳以上~満69歳以下5
収入証明は50万円まで不要2
生活地域や口座保有の制限なし2
金利の上限は18.0%5

どうしてこの6項目から審査の通りやすさが判断できるのか知りたい方は、こちらのページで詳しく説明しています
審査の通りやすさを考えるうえで、上記の6つの項目を見てください。

特に保証会社と対象属性が最も重要になります。

  • アコムカードローンの保証会社はなし(自社保証)

アコムカードローンの保証会社は、アコム株式会社です。間口広く審査を行います。

  • 専業主婦と年金受給者は申し込み不可

アコムカードローンは、専業主婦と年金収入だけで生計を立てている人は申し込むことができません。

属性に関して厳しいと言えますので、審査の通りやすさも厳しくなると言えます。

  • 年齢上限は高い

アコムカードローンの年齢上限は満69歳までとなっています。

カードローンとしては、対象年齢は高い方と言うことができます。

  • 50万円までの限度額なら収入証明不要

アコムカードローンは限度額50万円までを希望する場合は、収入証明不要で利用できます。

ただし、他社からの借入と併せて100万円を超える場合は、融資限度額が50万円以下でも収入証明書が必要になります。

  • 生活地域や口座保有の制限なし

アコムカードローンは、生活している地域や特定の口座を持っているかどうかに関わらず申込むことができます。

制限がない分、審査は厳しくなると見ることができます。

  • 上限金利18.0%は、カードローンとして高い方

アコムカードローンの上限金利18.0%は、カードローンとして高い方と言えます。

そのため、金利による通りやすさも易しくなると見ることができます。

総合的にみると、アコムカードローンは、カードローンの中では一般的な通りやすさと言えるでしょう。

アコムカードローンの申込から契約までの手順

アコムでカードローンを申込むときに、どのような契約をどのような手順で行うのか、あらかじめ知っておくとスムーズに手続きをすすめられます。

特に「カードローンの利用は初めて」という人は、ある程度流れを知っておくと安心だと思いますので、申込みから契約までの手順を確認しておきましょう。

なお、申込方法には主に次の5つの方法がありますので、それぞれ説明していきます。

  • Webから
  • むじんくん
  • 店頭窓口
  • 電話
  • 郵送

Webから

Webから申し込む場合の手続きの流れです。

1.アコムホームページにアクセスする。
2.「今すぐお申し込み」をクリックして、必要事項を入力し、「申し込む」をクリックする。
3.仮審査が行われる。
4.電話又はメールで、仮審査の結果通知を受け取る。
5.アコムの自動契約機に出向く。
6.画面の指示に従って個人情報を入力していく。
7.本人確認書類(場合によっては収入証明書も)を備付けの機械でスキャンする。
8.本審査が行われる。
9.備付けの電話機で審査結果の通知を受ける。その際、金利や利用限度額などについての説明がある。
10.契約書の内容を確認したら署名し、機械でスキャンする。
11.ローンカードが発行される。

むじんくん

自動契約機「むじんくん」を利用した申し込み方法の流れです。

1.アコムの自動契約機に出向く。
2.自動音声による、申込の流れやカード発行までにかかる時間などについての説明を聞く。
3.本人確認書類(場合によっては収入証明書も)を備付けの機械でスキャンする。
4.画面の指示に従い、必要事項を入力する。
5.審査が行われる。
6.備付けの電話機で審査結果の通知を受け、金利や利用限度額などについての説明を聞く。
7.契約書の内容を確認の上署名し、機械でスキャンする。
8.ローンカードが発行される。

店頭窓口

アコムでは、有人店舗に来店する方法でも申込みすることができます。

主な流れは次の通りです。

1.アコムの店舗に出向く。
2.申込書に必要事項を記入していく。
3.本人確認書類(場合によっては収入証明書も)を提出する。
4.審査が行われる。
5.担当者から審査結果を聞き、金利や利用限度額・返済方法などについての説明を聞く。
6.契約書の内容を確認の上署名する。
7.ローンカードが発行される。

電話

1.アコムコールセンターに電話をかけ、オペレーターに必要事項を伝えた上申込む。
(アコムコールセンター:0120-07-1000)
2.仮審査が行われる。
3.電話又はメールで仮審査の結果通知を受け取る。
4.アコムの自動契約機に出向く。
5.画面の指示に従い、個人情報を入力する。
6.本人確認書類(場合によっては収入証明書も)を備付けの機械でスキャンする。
7.審査が行われる。
8.備付けの電話機で審査結果の通知を受け、金利や利用限度額などについての説明を聞く。
9.契約書の内容を確認の上署名し、機械でスキャンする。
10.ローンカードが発行される。

郵送

郵送での申し込みは、家族バレのリスクがあったり、カードを入手するまでに時間がかかったりといったことがあるため、利用する人はごく少数ではないでしょうか。

郵送による手続きの流れはこちらになります。

1.フリーコール(0120-07-1000)に電話をかけ、申込書類を請求する。
2.申込書類に必要事項を記入し、契約に必要な書類の写しを同封し返送する。
3.電話で審査結果を受ける。
4.契約手続きをすると、最短翌日にカードと契約書類が郵送される。

アコムカードローンで現金を借りる方法

アコムのローンカードを入手したら、いよいよ現金を借りることができます。

アコムカードローンで現金を借りる方法には、主に次のふたつの方法があります。

  • 振り込み融資
  • ATM

ふたつとも便利な借入方法ですが、それぞれ注意点もありますので解説していきます。

振り込み融資は14時までの依頼を厳守

アコムの振り込み融資は、会員ページから手続きすることができますが、電話で依頼することもできます。

しかし、電話依頼の場合はつながりにくいこともありますので、会員ページから手続きすることをおすすめします。

会員ページからの手続き方法は、まずアコムの公式サイトやスマホアプリの「アコムナビ」から、アコム会員番号と暗証番号を入力して、会員ページにログインします。

入力箇所は振り込み依頼する金額欄だけなので、すぐに手続きが終了し、お金は既に登録してある口座に振り込まれます。

なお、即日現金化したい場合には、即日振り込みをしてもらうことが必要なので、銀行の営業時間内に振り込みを完了しなければなりません。

銀行の営業時間は15時までなので、遅くとも14時までには振り込み依頼をしておきましょう。

ただし楽天銀行であれば、受付時間が:0:10~23:50となっているので、ほぼ24時間振り込んでもらうことができます。

アコムユーザーにとっては、楽天銀行が最も使い勝手が良いですね。

ATMなら都合のいいときに利用できる

アコムの振り込み融資は便利ですが、日中仕事などで忙しく振り込み依頼ができないという人もいるでしょう。

そのような人には、ATMを利用して現金化する方法がおすすめです。

アコムの自社ATMであれば、手数料が無料で利用できるので、近くに自社ATMがある場合は是非利用したいものです。

しかし、近くにないという場合は、提携銀行やコンビニのATMを利用することになります。

ただし、借入金額によって108円~216円の手数料がかかってしまう点については注意が必要です。

提携銀行ATMやコンビニATMなら、仕事帰りにでも十分間に合うので便利です。

アコムマスターカードで現金受取

アコムから現金を受け取る方法は、アコムのカードローンを利用する方法だけではありません。

アコムは自社クレジットカード「アコムマスターカード」も提供していますが、このアコムマスターカードを使って現金を引き出すこともできます。

関連記事をチェック!

アコムマスターカードは在籍確認なしで発行することはできる?

クレジットカードを発行する際の審査では在籍確認が行われますが、在籍確認はできれば勘弁してほしいという人は少なくありません。 そんなわけで多くの人が在籍確認なしで発行できるクレジットカードを探し求...

キャッシング枠があるカードに申し込もう

通常のクレジットカードと同じく、アコムのクレジットカードも、“ショッピング枠”と“キャッシング枠”があります。

ただし、アコムマスターカードでは、ショッピング枠のことを“クレジット契約極度額”、キャッシング枠のことを“カードローン契約極度額”と呼んでいます。

アコムマスターカードを使って現金を引き出したいときは、ショッピング枠(必要です)だけでなく、キャッシング枠(選択制です)にも申し込むようにしてください。

なお、アコムはクレジット機能だけのカードはつくることができず、必ずキャッシング枠のあるアコムマスターカードになります。

キャッシングカードのクレジット機能が付いているものとイメージしてください。

通常のアコムのカードローンと同様、アコムのATMや提携ATMにカードを挿入すれば、現金を引き出すことができますよ。

関連記事をチェック!

アコムでキャッシングしたい!審査の特徴や注意点を徹底解説!

CMでもおなじみの消費者金融アコムは、キャッシング専用のカードローンを取り扱っています。 これは、いざというときに家計の足しにできる便利なもので、申込を検討している人も多いようです。 ただ...

ショッピング枠の現金化は厳禁!

アコムマスターカードのショッピング枠(クレジット契約極度額)を使って商品を購入してチケットショップ等で転売すること、いわゆる、クレジットカードの現金化は絶対にしないでください。

クレジットカードの現金化は、アコムマスターカードだけでなくすべてのクレジットカードにおいて禁じられている違法行為ですので、万が一、現金化したことがばれたら、クレジットカードは即停止になってしまいます。

当然のことですが、クレジットカード契約もアコム株式会社から一方的に解約されてしまいます。

わざわざショッピング枠を現金化しなくても、キャッシング枠やアコムのカードローンを使って現金を引き出せるのですから、法に触れる行為は絶対にしないでください。


関連記事をチェック!

手持ち現金がない時のクレジットカードシッピング枠の現金化はアウト?

「しまった!電車を乗り越したのに手持ちの現金がない!」「財布を落として公共料金払えない!」 そんな時、どうすれば良いのでしょうか? 今回は各シーンごとの対処法をまとめましたので、是非参考に...

アコムのクレジットカードの返済方法

アコムマスターカードのショッピング枠を使って支払いをすると、すべて自動的に“リボ払い”になってしまいます。

リボ払いは利息が高くなる支払い方法ですので、なるべく翌月までに一括で支払うようにしてください。

リボ払いの怖さについては、次の記事で詳しく解説しています。

関連記事をチェック!

アコムはリボ払いしかできない?ACマスターカードのメリットと注意点は?

消費者金融アコムは従来のカードローンとは別に、ACマスターカードという商品を取扱いしています。 これはキャッシング枠に、ショッピング枠を加えた非常に便利なものです。 ただし返済方法がリボ払...


関連記事をチェック!

リボ払いとはどんな払い方?怖いって聞くけど本当?

リボ払いについてどのようなイメージがありますか?何となく「危ない」「ダメ」「利用しない方がいい」というマイナスのイメージはあるものの、その実態がよくわからない人もいることでしょう。 逆に便利だか...

アコムで現金を受け取るときは手数料に注意!

アコムで現金を受け取るとき、また、返済するときは、ATMの利用手数料に注意してください。

アコムのローンカードやクレジットカードが手数料無料で利用できるATMは、アコムの自社ATMだけですので、その他の提携ATMはなるべく利用しないことをおすすめします。

近くにアコムの自社ATMがないときは、アコムから振り込み融資を実行してもらい、振り込んでもらった口座のキャッシュカードを使って現金を受け取りましょう。

「キャッシュカードが無料で利用できる時間帯」と「無料で利用できるATM」を選んで利用するようにしてください。

関連記事をチェック!

アコムへ振込返済するときの手数料と提携ATM一覧

返済を行うときに重要になってくるのが、金利と手数料です。 金利に関しては利用者が確実に減らせるという方法はありませんが振込手数料などを減らすことは利用方法によって確実に行えます。 今回はア...

アコムの借入単位

アコムの最小借入単位は1,000円ですが、借入方法によって違ってきます。

  • 振り込みキャッシング:1万円単位
  • アコム自社ATM:1,000円単位
  • セブン銀行ATM:1,000円単位
  • その他提携ATM:1万円単位

お金を細かく必要な分だけ借りるのは、利息のことを考えると必要なことです。

また5,000円もあれば十分だとしても、振り込みキャッシングや提携ATM によって1万円を借りなければなりません。

5,000円を30日間借りた場合に負担しなければならない利息は73円なのに対して、1万円を借りてしまうと支払わなければいけない利息は147円と増えてしまいます。

お金を借りるときはわずかな金額とはいってもできるだけ費用負担のないように、1,000円単位で借りることができるアコム自社ATMかセブン銀行ATMを利用しましょう。

職場や家族にばれないか

これだ400

勤務先への電話に注意

アコムカードローンでも、職場や家族にばれずに借りることは可能です。

ローンカードには「ACカード」とだけ記載されていますので、ローンカードだと気付かれにくいと言えます。

また、契約時にカードローン機能付きのクレジットカード「ACマスターカード」を選択することもできます。

従って利用しているところを見られても、カードローンに詳しくない人が見るならカードローンを利用していることは分からないでしょう。

利用明細書を発行するかどうかは、契約時に選択することができますので、家に郵便物が届いてほしくない人は「電磁交付」を選択できます。

また、自動契約機でローンカードを発行するなら、ローンカードが自宅に郵送されることもありません。

しかし、次のタイミングでカードローンを利用していることがばれる可能性があります。

  • 在籍確認が電話で行われる

アコムカードローンでは、職場への電話によって在籍確認が行われます。

ただし、申し込みの時点で書類提出に代替してほしい旨を伝えるなら、社会保険証・社員証・給与明細を提示することで在籍確認不要にすることができます。

アコムは基本的に書類による在籍確認をしていませんので、特段な事情があるときはしっかりとオペレーターに相談をしましょう。

▲身分証のみで最大300万円まで借入可▲

即日現金で借り入れできるか

即日400

アコムカードローンは、平日18:00までに書類確認を終えて契約締結すると、三井住友銀行と三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行なら、即日、申込者名義の口座に融資金を振り込んでもらえます。

楽天銀行に口座を持っている場合は、曜日に関わらず23:50まで即日融資を受けることが可能です。

それ以外の銀行や信用金庫の場合は、平日14:30までに契約締結すれば、即日振り込み融資が可能です。

また、自動契約機で契約とローンカードの発行を行うと、提携ATMから土日でも時間に関係なく借入を実施できます。

最短借入日数と方法

アコムカードローンを最短で利用するために必要なものや方法、条件を表にまとめました。

最短借入日数即日
最短借入の申込期限楽天銀行に振り込み融資してもらう場合は23:50までに契約が完了していること
三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行に振り込んでもらう場合は平日18:00までに契約が完了していること
その他の銀行・信用金庫に振り込んでもらう場合は平日14:30までに契約が完了していること
店舗や自動契約機でローンカードを発行する場合は、それぞれの営業時間によって異なる
最短借入に必要な銀行口座特定の口座必要なし
収入証明不要額

50万円以下

他社からの借入と併せて100万円を超える場合は、融資限度額が50万円以下でも収入証明書が必要になる

自動契約機の有無あり
現金の入手方法申込者名義の口座に振り込んでもらう
ローンカードで引き落とし
出金の対応場所振込先の口座が利用できるATM
ローンカードを利用する場合は提携金融機関やコンビニのATM
在籍確認

勤務先への電話もしくは社会保険証・社員証・給与明細の提示

土日申込の最短借入日数即日

どこなら早く借りられるか

アコムカードローンと周辺の銀行や消費者金融、メガバンクで融資のスピードと方法を比較しましたので、融資を急ぎの方はこの表を参考にしてください。

金融機関最短借入日数
アコムカードローン即日
アイフル即日
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム即日
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス即日
レイク ALSA即日
レディースアイフル即日

※振込依頼は申込期限より遅くても対応しています。

アコム借入限度額の増額をするには

アコムカードはカードローンの特性から利便性が高く、つい借りすぎてしまうことも多いようです。

もう少し利用限度額があったら良いと思うこともあるでしょう。

そのときには他社に申し込むのではなく、まずはアコムに借入限度額の増額を申請してみましょう。

利用限度額を増額するには審査が必要ですが、審査に通れば利用限度額を増額することが可能です。

アコムの利用限度額を増額するには、アコムの利用実績を良好にすることです。

最低でも6か月から1年間は返済期日に遅れることなくきちんと支払うことで、利用限度額を増額できるチャンスが広がります。

アコムでもきちんと支払ってくれる優良な会員には、もっとお金を借りてほしいと考えます。

総量規制の範囲内で貸出金額を多くすれば、アコムも利息収入を増やすことができます。

アコムの会員は120万人を超えると言われています。ひとり当たりの平均貸付額を増やすことで、アコムでは確実に多くの利息収入を得ることができるのです。

なおアコムでは3か月から6か月ごとに途上与信と言って、信用情報機関に登録されている情報に変更がないかどうか調査をします。

アコム会員が自ら利用限度額の増額申請を行わなくても、6か月から1年間きちんと真面目に返済していればアコムから利用限度額増額の勧誘が届くでしょう。

勧誘は電話やメール、ATMでの返済及び会員サイトへのログインしたときにメッセージが表示されます。

利用限度額の増額をできる限り成功させるためには、アコムからの増額勧誘を待つのも良い方法です。

関連記事をチェック!

アコムの増額のお知らせは半年に一回くる?

増額,追加融資のお知らせ アコムの会員サービスに登録していると、契約してしばらく経つとお知らせがメールで届きます。 そのお知らせには会員ログインをして確認して下さいとしか書いてありませんが...

利用限度額増額で失敗するケース

たとえアコムから利用限度額増額のお知らせが来たとしても、必ず増額できるとは限りません。

もちろん会員が自ら申請した場合でも同じです。

利用限度額増額で失敗するケースはある程度限られます。

  • 他社借入がある場合は返済状況
  • 総量規制に達している
  • 各種ローンの返済を滞納している

利用限度額を増額するのは利息収入を増やすという意味でアコムには有利ですが、反面リスクも増大します。

アコムに対してきちんと支払っていても、他社借入があるなら他社借入の返済状況も良好でなくてはなりません。

また他社借入との合計が総量規制に達している場合も、これ以上アコムの借入限度額を増額させることはできません。

アコムが加盟している信用情報機関はJICCだけでなく、クレジットカード会社が加入しているCICにも加入しています。

つまりアコムはクレジットカードの支払い状況や、各種ローンの支払い状況も調査できるということです。

クレジットカードの返済遅れ、自動車ローンの返済滞納なども増額審査に大きく影響を与えてしまいます。

端末機器代を含んだ携帯電話料金の滞納もCICに登録されてしまいますので、利用限度額の増額審査に落ちないためにも携帯電話料金の支払いもきちんと行っておくことです。

関連記事をチェック!

アコムのあれこれ

社員の平均年収は高め アコムの社員の年収が皆さんの興味を惹いているようです。平均年収は611万円。生涯平均年収は、2億2000万。初任給は21万円です。 かなり羽振りの良い会社ですが、...


アコムカードローンまとめ

今回はアコムカードローンについて解説しました。

消費者金融のカードローンですが、日本を代表する金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下企業という安心感も魅力と言えます。

また、30日間無利息サービスが利用できることや女性専用のダイヤルがあることも、魅力のひとつです。

ただし、30日間無利息サービスは、契約翌日から30日間となっていますので、借りる予定がない人はアコムカードローンに申込んでしまうのは少しもったいないと言えます。

審査も素早いですので、融資が必要になってから申し込みと契約をするようにしましょう。

アコムカードローン一覧表

最後にアコムカードローンのスペックが一目で分かるように表にまとめました。
スペック表400

対象者満20歳以上69歳以下の安定した収入のある人
借入可能な属性 正社員、自営業・個人事業主、パート・アルバイト・派遣社員、フリーター、学生
年収の3分の1以上の借入不可
おまとめ可能
申込に必要な口座特定の口座必要なし
使用目的自由
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
無利息期間30日間
借入までの最短日数 即日
審査時間最短即日
在籍確認の方法勤務先への電話。社会保険証・社員証・給与明細の提示で代替することも可
借入可能時間 24時間借入可能なATMあり
収入証明書原則不要額50万円以下。他社からの借入と併せて100万円を超える場合は、融資限度額が50万円以下でも収入証明書が必要になる
土日申込可能
利用限度額 800万円
借入方法ローンカードで提携金融機関・コンビニATMから借入。振り込みによる借入も可能
返済方法1.口座から引き落とし。随時、ATM入金や振り込み返済も可能
2.ATMやインターネットバンキングによる振込
返済日口座引き落とし:35日ごと、もしくは毎月6日。口座引き落とし以外:毎月6日以外
必要書類本人確認書類
保証人 不要
保証会社アコム株式会社

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談