伊予銀行のクレジットカードでキャッシングする方法は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

伊予銀行でキャッシングする方法には、カードローンとクレジットカードを利用するふたつの方法があります。

今回は、伊予銀行のキャッシングについて、クレジットカードとカードローンの特徴をそれぞれ詳しく紹介していきます。

自分にぴったりのキャッシング方法を見つける手がかりとしてください。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

伊予銀行クレジットカード「IYOKA」の返済方法は2種類

IYOKAは伊予銀行が発行しているクレジットカードで、クレジットカード単体のものと、クレジットカードとキャッシュカードが一体となったものから好きな方を選べます。

また、ICチップを搭載しているのでセキュリティの面でも優れているカードです。

まずは、IYOKAでキャッシングした場合の返済方法について詳しく見ていきましょう。

キャッシング一括払い

キャッシング一括払いは、元金と手数料を毎月10日に一括で返済する方法です。

ショッピング枠の一括返済と異なり、一括でも金利手数料がかかることに注意してください。

必要な分だけ借りてすぐ返すのが借金の基本となりますので、給料が入ったときなどすぐに返済できる場合は一括払いでの利用をおすすめします。

キャッシングリボ払い

キャッシングリボ払いは、毎月10日に決まった金額を口座からの自動引き落としで返済する方法となります。

申し込んだカードによって返済方式が異なり、毎月一定の金額を返済していく「元金均等定額方式」か、利用残高によって返済金額が変わる「元金均等スライド方式」のいずれかとなります。

返済金額に関しては次項で一覧票にまとめますので、しっかりと確認してください。

伊予銀行のブランド別キャッシング機能比較表

ブランド別にキャッシングの機能を一覧にしました。

金利や返済タイプを確認してから、どのカードに申し込むか決めるとよいでしょう。

 IYOCA DC
(一般・ゴールド)
IYOCA JCB
EXTAGE
IYOCA JCB
(一般・ゴールド)
利用限度額一般20万円
ゴールド50万円
最大30万円最大300万円
融資利率14.9%15.0%9.5%~14.5%
返済タイプ定額方式or残高スライド方式定額方式のみ
(5,000円もしくは1万円単位で設定)
残高スライド方式
だたし、MyJCBから定額方式へ変更可能
年齢条件20歳以上18歳以上29歳以下20歳以上

なお、IYOCA DCの定額方式では、「5千円」「1万円」「2万円」「3万円」「4万円」「5万円」から返済金額を自由に選べます。

残高スライド方式では支払いコースによって返済金額が変わり以下の通りとなります。

250万円超300万円以下5万円5万円5万円
どのカードを契約するかによって返済金額が変わるので、金利だけではなく返済方法にも注目してカードを選びましょう。IYOCAの海外キャッシング利用についてIYOCAには「VISA」「MasterCard」「JCB」のいずれかの国際ブランドがついています。海外でも国際ブランド加盟の金融機関の窓口でキャッシングが可能です。また、ATMでもキャッシングできますが、クレジットカードの暗証番号が必要になります。海外に行く前に、クレジットカード暗証番号の確認を忘れないようにしてください。なお、海外キャッシングは所定の手続きを行わないと一括返済となります。リボ払いを希望する場合には、「リボ事前登録サービス」もしくは「支払い名人」の設定を行ってください。新スピードカードローン4つの特徴ではここで、新スピードカードローンの4つの特徴を紹介します。1.返済口座の開設不要銀行カードローンの中には普通預金口座の開設を条件としていることが多いですが、伊予銀行の新スピードカードローンは口座を開設する必要がありません。また、新スピードカードローンは13都道府県に住んでいる人が融資対象のため、地方銀行の中ではかなり広範囲から申し込めます。一般的に、銀行口座の開設には時間がかかることが多いため、口座開設なしでカードローンを利用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。2.Webからの申し込みOK伊予銀行に口座がなくてもWebから24時間申し込めます。ただし、返済用口座なし方式のみとなるので、自動引き落としでの返済を検討している人はWeb完結で契約できないので注意してください。3.返済や借入はコンビニATMから24時間OK伊予銀行のATMだけでなく、全国のコンビニATMで借入や返済が可能です。「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「イーネット」「バンクタイム」なら平日24時間いつでも借入ができるので急な出費があったときにも安心です。また、契約から1年間はATM手数料が無料となります。1回あたりの手数料は少額ですが、何度も利用すると大きな出費となります。ただし、手数料無料だからと言って、積極的に借りることをすすめているわけではありません。できる限りカードローンに頼らなくても済むようにしましょう。4.借り換え利用OK他社の借金を借り換えられるのも大きな魅力です。銀行カードローンは金利の低さが魅力です。新スピードカードローンの上限金利は14.5%で、多くの大手消費者金融の上限金利である18.0%と比べると低さが際立ちます。金利が低いほど返済総額を減らすことができるので、消費者金融など金利の高い借入がある場合には乗り換えを検討することもおすすめです。5.契約時の即日借入OK契約時に即日借入が可能なことも新スピードカードローンの魅力の内のひとつです。返済口座あり方式の場合は返済口座に、変容口座なし方式の場合は希望する普通預金口座にそれぞれ入金してくれます。急いでいるときも対応できるので、安心して申し込ことができます。伊予銀行の営業地域に住んでいる人にはおすすめのカードローンです。新スピードカードローンの申し込み方法新スピードカードローンの申し込みは、電話とインターネットから行えます。それぞれの申込み方法について紹介します。電話電話での申し込みは、TEL0120-889-142(受付時間9:00~20:00)で受け付けています。質問をしながら申し込めるので、不明点がある場合には電話での申し込みがおすすめです。なお、伊予銀行の休業日は電話による受付に対応していません。仕事などで営業時間内に電話をすることが難しい場合には、インターネットからの申し込みを利用してください。インターネットインターネットでの申し込みなら、24時間いつでも申し込めます。返済用口座なしでの申し込みを検討している人は、契約までWeb完結となるのでインターネットからの申し込みがおすすめです。伊予銀行とは?
伊予銀行は愛媛県松山市に本店を置く、大手地方銀行です。
一般的な銀行業務の他にも、各種ローンや保険、投資信託などの業務を行っています。
企業理念に「潤いと活力ある地域の明日を創る」とあるように、地域に密着した営業を行っている銀行です。販売している商品も消費者のニーズをうまく捉えています。
会社概要は下記の通りです。 ◆伊予銀行公式サイト伊予銀行クレジットカードって何?
伊予銀行は、「IYOCA」という、銀行キャッシュカードとクレジットカードが一体となったカードを扱っています。なお、クレジットカード単体での発行も可能です。クレジットカードのキャッシング枠を設定すれば、1枚で銀行キャッシュカード機能、クレジット機能、キャッシング機能、3つの機能をひとつにまとめられます。財布の中身をスマートにできるので、財布の中身を整理したい人にはおすすめのクレジットカードとなっています。また、「IYOCA」は、VISA、マスターカード、JCBのブランドから選択が可能となっていますので、自分の好みに合わせた国際ブランドを選択できるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。伊予銀行ATMの時間外手数料が無料となるだけでなく、各クレジットカードの特典を受けられますので、大変便利なカードとなっています。注意点として、クレジットカードの申し込みには、伊予銀行の普通預金口座が必要と言うことです。クレジットカード単体の申し込みも可能となっていますが、クレジットカードのみの場合も、申し込みには伊予銀行の普通預金口座が必要となるので注意が必要です。ちなみに、クレジットカード単体の場合は、あとから決済口座の変更が可能です。クレジットカードを作った後に、伊予銀行の普通預金口座から変更することは可能です。
ネット申し込みは伊予銀行の口座が必要伊予銀行のクレジットカード「IYOCA」は、インターネットからの申し込みが可能です。来店不要で簡単に申し込みができるのは、仕事が忙しいく窓口まで行くことが難しい人には嬉しいでしょう。ただし、インターネット申し込みは、すでに伊予銀行の普通預金口座を持っていることが条件となります。口座を持っていない場合は、インターネット申し込みを利用できませんので、注意が必要となります。普段から伊予銀行を利用している人には、「IYOCA」はおすすめのクレジットカードです。キャッシングするには設定が必要
伊予銀行のクレジット「IYOCA」でキャッシングを行うには、クレジットカードのキャッシング枠を設定する必要があります。キャッシング枠の設定は、カード申し込み時か、カード発行後に各ブランドの会員専用ページで設定することが可能です。自動で使えるわけではないので、キャッシングの利用のときは注意してください。キャッシングの概要は?
伊予銀行のクレジット「IYOCA」でキャッシングを考える人にとっては、キャッシングの概要が気になるポイントでしょう。 ここでは、各ブランドの概要を紹介していきます。ちなみに、クレジットカードのキャッシングは、消費者金融カードローンなどと同じように、「借入総額が年収の3分の1まで」という総量規制の対象となります。したがって、他社からの借入状況や年収によっては、キャッシングサービスを利用できない場合もありますので注意が必要です。

関連記事をチェック!

1804view

クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1まで?停止解除する方法は?

借り入れは年収の3分の1までしかできないということを聞いたことがあるかもしれません。 確かにカードローンやフリーローンなどのローン商品には、借入金額が年収の3分の1に制限されるものがたくさんあります...

DCカード(VISA、マスターカード)の概要
「IYOCA」でVISA、マスターカードを選択する場合はDCカードとなります。DCカードを利用してキャッシングを行う場合の概要は下記のようになっています。DCカードは、一般カードとゴールドカードから選択が可能で、ゴールドカードの方が限度額を高いのが特徴です。JCBカードの概要
「IYOCA」でJCBカードを選択する場合は、エクステージ、一般、ゴールドから選択が可能となっています。
JCBカードを利用したキャッシングの概要は下記の通りです。一般カードとゴールドカードは融資限度額が大きく年率が低くいので、キャッシングサービスをメインで利用したいという人におすすめです。利息(年率)は低めの15.0%以下
クレジットカードのキャッシングサービスの概要を紹介しましたが、「IYOCA」はどのブランドを選択しても、年率が「15.0%以下」となっていますので、大変利用しやすいと言えるでしょう。
キャッシングと言えばカードローンをイメージする人も多いと思いますが、消費者金融カードローンの年率は、ほとんどが「18.0%」です。
したがって、消費者金融のカードローンを利用するよりクレジットカードの方が利息を抑えられます。ATMで手軽にキャッシング可能
伊予銀行のクレジット「IYOCA」は、伊予銀行ATMまたは提携金融機関や提携企業のATMでキャッシングが可能です。
ブランドごとによって提携ATMは違いますが、どの国際ブランドでも多数の提携ATMが利用できるので、基本的にATMを探せないことはないでしょう。
参考までに、一部ですが提携ATMを紹介します。上記の以外にも、キャッシング可能な金融機関のATMが多数ありますので、各カードのホームページで確認しておきましょう。
また、セブンイレブン、ローソン、サンクスなど、ほとんどのコンビニATMが利用可能となっています。ATMの操作方法ATMでキャッシングを行う流れを簡単に紹介しておきます。JCBの一般カードとゴールドカードの返済方法は、リボ払いのみとなっています。キャッシング一括払いを選択した場合は、キャッシングできない場合もあるので注意してください。
また、利用するATMによっては表示や手順が若干異なる場合がありますが、基本的には同じ流れでキャッシングが可能です。キャッシングを利用するのが始めてで不安という人は、参考にしてみてください。海外キャッシングも可能
「IYOCA」は、どのブランドでも国内だけでなく海外キャッシングが可能です。
現地通貨でキャッシングができますので、両替の手間を省けるのが嬉しいサービスです。
海外に行く機会の多い人は、とても利用価値の高いサービスと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

731view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

返済はどうすれば良いの?
「IYOCA」でキャッシングを利用したら、当然返済しなければなりません。
最後に、返済について簡単に紹介したいと思います。キャッシングの返済は、基本的にクレジットカードのショッピング利用金額と合算で行うことになります。場合によっては高額な支払いが生じる可能性があるので、使いすぎには十分に注意してください。
また、キャッシングリボ払いを利用した場合は、返済方式によって支払い金額が変化します。
返済金額については、この記事内でも紹介しているので参考にしてください。。返済は2タイプから選択可能キャッシングの返済方法については、キャッシングを行う時点で「リボ払い」か「一括払い」を選択できます。
JCBカードの一般カードとゴールドカードはリボ払いのみとなっています。一括払いでの返済を検討している人は注意してください。
なお返済方法は、「キャッシング一括払いからキャッシングリボ払い」に変更できます。予定外の出費があったなどで一括払いが困難になったとしても、安心して利用できるでしょう。
支払い方法の変更は各ブランドの会員専用ページから可能となっています。
ただし、各種変更手続きには申し込み期間があるので、変更手続きの期限については事前に確認してください。

関連記事をチェック!

471view

カードの支払いをリボ払いにすると危険?払えない場合はどうなるの?

クレジットカードのリボ払いは、毎月の支払いが一定の額になることで支払いやすいというメリットがあります。 しかし、利用しすぎると手数料が増え続け、結果的に支払いが困難になってしまうというケースが増えて...

まとめ:年利は銀行カードローン並の低さ
伊予銀行のクレジット「IYOCA」を利用したキャッシングと伊予銀行のカードローンについて紹介しました。
「IYOCA」を利用したキャッシングは年利が銀行カードローン並に低いので、利用しやすいキャッシングサービスと言えるでしょう。
また、JCBカードを選択すれば、融資限度額も最高300万円です。融資額に困ることはないと言えます。
普段から伊予銀行を利用している人は、是非利用してみて欲しいクレジットカードとなっています。また、新スピードカードローンは契約までWEB完結や、1年間のATM手数料無料などの特色があります。上限金利も14.5%とクレジットカードと同様の低金利です。伊予銀行に普通預金口座を持っていなくても利用できることも大きなメリットです。自分にぴったりのキャッシング方法を選んでください。

 10万円以下10万円超
20万円以下
20万円超
30万円以下
30万円超
40万円以下
40万円超
50万円以下
5千円コース5千円1万円1万5千円2万円2万5千円
1万円コース1万円2万円3万円4万円5万円
2万円コース2万円3万円4万円5万円
3万円コース3万円4万円5万円
4万円コース4万円5万円
5万円コース元金均等・残高スライド方式元金均等・定額方式
前月15日の残高支払元金利用可能枠最低支払元金
50万円以下1万5千円18万円以下5千円
50万円超100万円以下2万円18万円超60万円以下1万円
100万円超150万円以下2万5千円60万円超120万円以下2万円
150万円超200万円以下3万円120万円超180万円以下3万円
200万円超250万円以下4万円180万円超240万円以下4万円
名 称株式会社 伊予銀行
本店所在地愛媛県松山市南堀端町1番地
代表者(取締役頭取)大塚 岩男
資本金209億円
店舗数154店
融資限度額50万円
融資利率
※実質年率
14.95%
遅延損害金
※実質年率
19.92%
返済方式一括払いまたはリボ払いから選択可能
保証人・担保不 要
項 目エクステージ一般、ゴールド
融資限度額30万円300万円
融資利率
※実質年率
15.0%9.5%~14.5%
遅延損害金
※実質年率
20.0%20.0%
返済方式一括払いまたはリボ払いから選択可能リボ払いのみ
担保・保証人不 要不 要
DCカード
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
JCBカード
  • みずほ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
キャッシングまでの流れ
  1. クレジットカードを選択
  2. 「お引出し」を選択
  3. カードを挿入後、暗証番号を入力
  4. キャッシングリボの場合「カード・ローン」を選択
    キャッシング一括払いの場合「キャッシングサービス」を選択
  5. 利用金額を入力
項 目DCカード

JCBエクステージ
JCBカード

※一般、ゴールド
返済方式
  • キャッシング一括払い
  • キャッシングリボ払い
  • キャッシングリボ払い
締め日毎月15日
支払日翌月10日
 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談