カードローン即日融資に本人確認書類必要なしは可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンで即日融資を受けるときには、運転免許証など、本人確認ができる書類を提出しなくてはなりません。では、免許証がない場合に、どの書類が「本人確認書類」として利用できるのでしょうか。

また、そもそも本人確認書類なしに即日融資を受けることができるのかについても解説いたします。

この記事はこんな人にオススメです
  • 本人確認とはどのような書類なのか知りたい
  • 運転免許証を持っていないと即日融資できないのか
  • 本人確認書類以外に必要な書類はあるのか

以上のような疑問や悩み持っている人にとって、とても参考になる記事です。なお記事を読み終えるまでの時間はおよそ5分から10分です。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

本人確認なしで即日融資は受けられる?

結論から言うと、本人を確認することなく即日融資してくれる金融業者はありません。

なぜならカードローンの申し込みは、ほとんどの場合において、ネットからの申し込み、または自動契約機からの申し込みだからです。

つまりカードローンでお金を借りる際の契約は、自宅にいながら店舗まで出かける必要がないため、金融機関の窓口で借用書を書いて契約する「対面契約」と全く違います。

審査担当者が直接借入希望者と面談し、その場で本人確認書類を提出させて契約するような、昔ながらの契約は、カードローンにおいて利用されることがないのです。

誰が借入申し込みしてきたのか、本人確認書類がなければわかりません。

本人確認することなく契約してしまうと、「なりすまし契約」になってしまう可能性が高いです。

他人が勝手に、自分の名前を使われて、お金を借りられてしまったら、お金を貸した金融会社も困りますし、名前を利用されてしまったあなたも困りますよね。

即日かどうかに限らず本人確認は必要

冒頭でご説明した通り、カードローンでお金を借りる場合に、即日かどうかに関係なく本人確認は必ず必要です。

本人確認しなければ、偽名を使われてしまい、お金を貸してもきちんと返済してはもらえないでしょう。

貸し倒ればかりが増えてしまい、金融会社の倒産は目に見えています。

参考までにご説明すると、担保を入れてお金を借りる質屋でも、本人確認をします。担保があれば本人確認しなくても良いじゃないか、と思うかもしれません。

しかし担保として差し出された品物が、盗品である可能性もありますよね。

その場合は警察に連絡しなければならない義務があるため、誰が融資を受けたのか、質屋でも本人確認をしなければならないのです。

銀行なら不必要な場合もある

まれに銀行カードローンで借りる場合、本人確認をしない場合があります。

条件として、お金を借りる銀行の口座を持っていること、です。

口座のある銀行カードローンでお金を借りる際に、本人確認を必要としないのは、口座を作る際にすでに本人確認を行っているからですね。

またはじぶん銀行カードローンのように、 au 携帯電話を契約していることで、しかも契約している端末機器から申し込む場合、本人確認を不要としています。

どちらにしてもカードローン利用者の利便性を図る目的です。

しかし全ての銀行カードローンで本人確認しないで借りれるわけではありません。

ただし銀行カードローンでは即日融資は不可!

2018年1月から、銀行カードローンで即日融資を受けることは不可能になりました。

どうしても当日中に融資が必要な人は、スピード対応が可能な大手消費者金融に申し込む方が良いでしょう。

しかし、銀行カードローンも融資スピードが著しく遅いというわけではありません。

最短、翌日融資が可能な銀行もありますので、翌日以降でもOKだと言う人は、消費者金融カードローンよりも低金利なことが多い、銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

638view

闇金以外の今日中に即日融資できる!安心のカードローン一覧

最近は即日融資という謳い文句も増えてきて、以前に比べて急ぎでお金を借りやすくなりました。 とはいえ、まだどの金融機関も即日融資してくれるわけではありません。 今回はどんな金融機関が即日融資できるか...

本人確認書類とは顔写真付きの公的書類のこと

金融機関で利用できる本人確認書類とは、基本的には、「顔写真付きの公的書類」に限られています。

具体的には、次のいずれかの書類なら、ほとんどの金融機関で本人確認書類として提出することができます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真付きの住民基本台帳登録カード
  • マイナンバーカード(個人番号カード)

関連記事をチェック!

379view

消費者金融等で必要な本人確認書類とは

消費者金融などからお金を借りる際に、必ず必要となるのが「本人確認書類」です。 当然、本人確認書類を提出しなければ借りることができませんが、一口に「本人確認書類」と言われても、どのような書類を提出...

顔写真付きの公的書類がない場合は?

顔写真付きの公的書類は、いずれも取得するためには本人自らが行動しなくてはいけません。

健康保険証のように、1人につき1枚、あるいは家族に1枚、ほぼ自動的に発行されるものではありませんので、車の運転や海外旅行に興味のない人は、上記の顔写真付きの公的書類を1枚も持っていない可能性があるのです。

しかし、顔写真付きの公的書類がない場合も、消費者金融や銀行でお金を借りることは可能です。

顔写真がない公的書類を2つ以上提出するならば、大抵の金融機関では本人確認書類として認めてくれます。

利用できる公的書類の種類は金融機関によって異なる

顔写真付きの公的書類を持っているなら、大抵どの書類でも、本人確認書類として利用することができます。

しかし、顔写真がついていない公的書類の場合は、金融機関によって利用できる種類や提出方法が異なりますので、かならず提出する前に確認しておきましょう。

例えば、アイフルでは、顔写真付きの公的書類を持っていない場合は、健康保険証や母子健康手帳、年金手帳、住民票などを利用できます。

ただし、「2つの異なる書類を提出する」か、「1種類の顔写真なしの公的書類を提出し、なおかつアイフルから簡易書留を受け取る」ことが必要となりますので、顔写真付きの公的書類を持っている場合と比べると少々手続きが複雑になります。

本人確認書類不要で借りられるカードローン会社

審査が簡単&スピーディであることを特徴とするカードローン会社は多いですが、本人確認書類不要で借りられる会社は1つもありません。

どんなに急いでいても、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の提出は必須となっていますので、キャッシングの申し込みをするときは、かならず本人確認書類を準備しておきましょう。

「本人確認書類不要」という業者は危険すぎ!

稀に、「本人確認書類は提出不要」と謳っている業者があります。

しかし、お金を借りるときに本人確認書類を提出しない業者は、確実に金融庁に登録していない「闇金(違法性のある金融業者)」ですので、絶対に利用しないようにしてください。

「書類を提出しなくて済むなんて便利!ラッキー!」と思って気軽に利用してしまうと、あり得ないほどの高利息を請求されたり、いつの間にか不動産などの大切なものが奪われていたりする可能性もありますよ。


借りたい額によっては必要「収入証明書」

本人確認書類さえあれば即日融資が可能だというわけではありません。

特定の条件を満たすときは、本人確認書類以外にも「収入証明書類」を提出しなくてはならないのです。

消費者金融における収入証明書の提出基準

消費者金融では、50万円を超える融資限度額を希望するときは、かならず収入証明書類を提出しなくてはなりません。

また、すでに他社から融資を受けている場合は、他社からの借入額と新規に申し込む融資限度額の合計が100万円を超えるときも、収入証明書を提出しなくてはなりません。

消費者金融によっても微妙に異なりますが、大抵、以下のいずれかの書類を収入証明書として提出します。

  • 最新年度の確定申告書
  • 最新年度の収入証明書
  • 最新年度の住民税決定通知書
  • 直近2ヶ月の給与明細書
中小消費者金融では融資金額に関わらず収入証明書が必要に!

中小消費者金融や街金(支店を持たない地域密着型の消費者金融)では、融資金額に関わらず収入証明書類を提出するように要求されることがあります。

金融機関によって利用できる収入証明書の種類が異なりますので、窓口に出かける前に、かならず電話で書類の種類を確認しておきましょう。

銀行における収入証明書の提出基準

銀行カードローンにおける収入証明書の提出基準は、銀行によって異なります。

融資を申し込む前に、各銀行の公式サイトをチェックして、収入証明書の提出基準を確認しておきましょう。

一般的には、消費者金融と同じく、50万円を超える融資限度額を希望するときは収入証明書類の提出を求められることが多いです。

本人確認書類をWEB提出する際の注意点

準備をした必要書類はWEBや自動契約機、郵送で提出することになりますが、即日融資とおなるとWEBまたは自動契約機での提出となります。

自動契約機で提出する場合には、設置されているスキャナに読み込ませるだけで提出することができますので特に問題はありません。

しかし、WEBで提出する場合には注意しなければならないことがあり、提出する際に不備があれば再提出となってさらに時間がかかってしまいます。

即日融資を希望する場合には、これから紹介することに注意しながら提出するようにしましょう。

免許証の裏面に注意

本人確認書類として免許証を提出する場合、表面に記載されている住所からは転居していて住所変更をしている場合には転居先の住所は裏面に記載されます。

カードローンの申し込みでは現住所を記入しなければなりませんので、前住所が記載されている表面だけを提出してしまえば住所不一致となります。

これでは本人確認することができませんので、住所変更をして裏面に住所が記載されている場合には必ず裏面も提出するようにしなければなりません。

鮮明に撮影しなければならない

WEBで書類を提出する場合には、携帯のカメラ機能やデジタルカメラで撮影したものを提出します。

しかし、撮影したものが不鮮明であれば受取った方では、申込者の情報と一致するのかを確認することができません。

この場合も不備として再提出を求められますので、鮮明に撮影したものを提出するようにしなければなりません。

マイナンバーは隠す

本人確認書類をマイナンバーカードで提出する場合は、マイナンバーの部分をテープで隠すなど注意しなければなりません。

健康保険証と住民票の組み合わせで本人確認書類とする場合も、初めから住民票のマイナンバーを省略するようにするか、マイナンバーが記載されている部分を隠すようにしてください。

マイナンバーは個人情報保護の対象となるために、カードローンを扱う金融会社にとっても保管方法などを含めて面倒になるのです。

公式サイトには必ず注意書きがありますので、確認するようにしましょう。

キャッシング審査に他の書類が必要になるケース

カードローンキャッシング審査において、本人確認書類を提出したのに、追加書類を提出しなければならないケースがあります。

せっかく即日融資を受けようと、きちんと本人確認書類を用意したのに、お金を借りられなかった、のでは残念すぎますよね。

そこでケースごとに、どのような場合において他の書類が必要となるのか見ていきましょう。

ケース①引越し後に住所変更をしていない

本人確認を運転免許証で行う際に、転勤などによって転居したものの、現住所と本人確認書類住所が違っていることがありますね。

このような場合、運転免許証を本人確認書類にできません。

本人確認は本人であることの証明であるため、名前だけでなく住所も一致していることが必要なのです。

もし住所変更をしていない場合は、カードローンに申し込む前に住所変更手続きを警察で行っておくか、住民票や公共料金の領収書を追加書類として提出することになります。

ケース②免許証以外で本人確認してほしい

若者の車離れが言われて既に数年経過しています。

大都市に住んでいると運転免許証がなくても、他の交通手段の方が便利であることが多いですね。

では運転免許証持っていない場合、本人確認書類として使えるのは、既にご説明の通り写真付きの、パスポートやマイナンバーカードなどです。

金融機関によっては健康保険証と公共料金、または健康保険証と住民票を提出することにカバー可能です。

ケース③配偶者貸付を利用したい

配偶者貸付とは、収入のない専業主婦が消費者金融から借りられる唯一の手段です。

この場合においても、本人確認書類以外に提出しなければならない書類があります。

それは、同意書です。

同意書は、配偶者が配偶者貸付を利用して借りることについて同意することと、信用情報機関から個人情報を入手することに同意する旨の内容です。

及び確実に婚姻関係があることを証明する公的書類も必要です。住民票や戸籍抄本を別途用意しなければなりません。

銀行口座の残高証明書が必要なことはある?

カードローンでお金を借りるのに、銀行預金の残高証明書は必要ありません。

金融機関がお金を貸すかどうかの判断は、あくまでも信用情報機関に登録されている個人信用情報です。

もちろん在籍確認や、審査内容によっては収入証明書が必要な場合もありますが、残高証明まで求めることはありません。

申込みから即日融資までの流れ

カードローン申し込みから即日融資までの流れを見てみましょう。

消費者金融によって多少異なる部分がありますが、大まかな流れは次の通りです。

  • ステップ1:WEBから申し込む
  • ステップ2:本人確認書類の提出
  • ステップ3:審査
  • ステップ4:在籍確認
  • ステップ5:審査内容によって収入証明書の提出
  • ステップ6:振込キャッシング
  • ステップ7:ATM キャッシングできるカードの発行
  • ステップ8:借入

最近有効になっているのは、自分の銀行口座に入金してもらう振込キャッシングですね。

しかし振込キャッシングは、銀行の営業時間でなければ振り込むことができないため、銀行の営業時間外、土日の融資となると、カードを利用しての ATM からの借り入れが必要です。

カードの発行は、大手消費者金融になると自動契約機から発行可能です。

審査に通った後に、自動契約機まで出かけ、その場でカードを発行させることによって、自動契約機に併設されている ATM や、コンビニ ATM などから借り入れできるようになります。

即日融資OKなカードローンは土日でも決済してくれる?

土日でも即日融資可能なのは、アコムやプロミス、アイフルや SMBC モビット、レイクALSAの大手消費者金融です。

もちろん土日の審査も可能です。

ただし審査時間は多くの場合、9時から21時までとなっているため、時間内に審査を終わらせなければなりません。

審査時間は最短で30分、その後の契約手続き時間を含めると最短60分の融資です。

ですから土日でも即日借りるためには、時間的余裕を持って19時くらいまでには申し込みを終わらせておきたいところです。

当然ながら在籍確認が出来なければ借りられません。

土日でも在籍確認ができるかどうか、勤務先に確認しておくとともに、万が一土日の在籍確認ができない場合、書類提出によって在籍確認の代わりとできるかどうかオペレーターと相談しておきましょう。

本人確認書類だけで即日融資が可能なカードローン

  • 借入金額が50万円以下
  • 他社借入金額との合計額が100万円以下

以上の条件をクリアすれば、本人確認書類だけでお金を借りることが可能です。

ただし審査内容によっては収入証明書の提出が必要になるなど、追加書類を求められることも知っておきましょう。

大手消費者金融によって本人確認書類として利用できる書類と、本人確認として利用できない書類があります。

大手消費者金融でお金を借りる際に、どのような書類が本人確認書類として利用できるのかそれぞれ確認しておきましょう。

なお外国籍の人は、どこの大手消費者金融でも特別永住者証明書、または在留カードで本人確認書類とすることが可能です。

アコム

アコムに借り入れを申し込みする際に必要な書類は次の通りです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

いずれか1点、用意してください。

なお顔写真付きの本人確認書類がない場合は、健康保険証で代用することが可能ですが、追加書類を提出しなければなりません。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書

住民票は本籍地、マイナンバー、住民票コードが記載されていないものを用意してください。

また公共料金の領収書とは、電気・ガス・水道・固定電話・NHKの領収書です。

どんな書類についても発行年月日から6ヶ月以内であることを確認してください。

プロミス

プロミスで利用できる本人確認書類とは次の書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

上記の書類の中から1点用意してください。パスポートや健康保険証を本人確認とする場合は、運転免許証を持っていない人が対象です。

信用情報機関に登録されている個人信用情報に、過去に運転免許証を提出した経歴があった場合は、運転免許証を用意してください。

運転免許証を持っていない、と嘘をつくのはよくありません。

免許証を何らかの理由で失効してしまった場合は、事前にオペレーターと相談しておくと良いでしょう。

アイフル

アイフルで使用可能な本人確認書類は多岐にわたります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • その他顔写真付きの公的証明書類

なお顔写真付きの本人確認書類が用意できない場合は、

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本(抄本)
  • 国民健康保険被保険者資格証明書

上記の書類から2点用意しましょう。

もし一1点しか用意できない場合は、補完書類として公共料金の領収書を添付しても構いません。

またアイフルから簡易書留送付した郵便物も補完書類とすることができます。

レイクALSA

レイクALSAで本人確認書類として利用できるのは次の書類です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

レイクALSAは健康保険証で本人確認書類とする場合は、追加書類の提出が必要ありません。

カード型健康保険証であれば、おもて面と裏面、縦型健康保険証であれば、開いた状態のおもて面が必要です。

また健康保険証の氏名や生年月日、住所がきちんと記入されているかどうか確認しておいてください。

即日融資に関するQ&A

ここで即日融資に関する Q & A として、よくある質問と回答をご紹介したいと思います。 カードローンでお金を借りるとなると、親しい友人に聞くわけにもいきませんよね。

いまさら「知らなかった」で済まされない場合もあるでしょう。ぜひ参考にしてください。

①即日融資の審査結果の連絡はメールでくる?
ネットから申し込んだ場合は、ほとんどの場合審査結果の連絡はメールできます。最短で30分、遅くとも60分以内にはメールによって通知されるでしょう。なお電話で申し込んだ場合は、審査結果は電話で通知されます。
②新生銀行にフリーローンはある?即日融資可能?
新生銀行のカードローンは現在取り扱っておりません。以前は新生銀行カードローンとしてレイクがありましたが、2018年3月いっぱいをもって新規受付を停止しています。また新生銀行スマートカードローンとしてカードローンを扱っていましたが、こちらも2018年6月6日付で他社へ債権譲渡されています。ただし新生銀行に口座があり、インターネットバンキングを利用している人であれば、スマートカードローンプラスが利用可能です。しかし銀行カードローンであるがゆえに即日融資はできません。申し込みから融資実行まで1週間程度かかることをちなみに新生銀行はネット銀行として広く利用されています。
③即日融資でも在籍確認の電話が職場にある?
基本的に在籍確認はあると考えておいてください。在籍確認の電話がなくて借りられるのは SMBC モビットくらいなものです。 SMBC モビットの Web 完結申込なら本人確認の電話も在籍確認の電話も不要です。なお他の大手消費者金融でも、審査内容によっては書類提出によって在籍確認の代わりとすることも可能です。
④何時までに申し込めば当日にお金を借りられる?
大手消費者金融によって若干時間の差はあるものの、審査時間を考えると振込キャッシングで即日融資を受けるためには、13時くらいまでに申し込むと良いようです。 ATM キャッシングなら、20時くらいまでに申し込めば即日で借りられるでしょう。その際ネットから申し込んで審査に通り、その後に自動契約機からカードを発行させることが必要です。
⑤生命保険の契約者貸付は即日対応してくれる?
即日融資には対応していません。通常ネットから申し込んだ場合、融資実行までには2、3日かかります。
⑥アコムのACマスターカードでも即日キャッシングはできる?
申し込み時間によっては即日融資が可能です。 AC マスターカードはカードの発行が欠かせません。よって自動契約機から申し込むのが良いです。審査時間を考えれば20時までには自動契約機に入店し、申し込み手続きを開始したいですね。
⑦会員ページで振込の確認がしたい。会員番号の確認方法は?
振込キャッシングの確認なら、自分の銀行口座にインターネットバンキングでアクセスすれば良いですね。しかしどうしても会員番号で、会員ページにログインしたいのであれば、オペレーターに直接聞くのが良いでしょう。
 

番外:ローンの返済に困ったら

ここでちょっとお役立ち情報をご説明したいと思います。

カードローンの即日融資を希望している人の中には、他社の借金返済のためにキャッシングをしたいと考えている人も多いです。

はっきり言えば、借金返済のための借金はいけません。このままでは多重債務者になってしまいます。

多重債務は返済地獄となることが目に見えています。

どうしてもローンの返済に困ったら、即日融資でお金を借りるのではなく、違う方法で対応しましょう。

おまとめローンで月々の返済額を下げる

借入件数が多くなってしまうと、毎月の返済計画や、お金の管理が大変ですね。

1ヶ月の間に2回も3回も返済があったのでは、返済疲れとなるばかりか、生活にも支障をきたしてしまうことでしょう。

しかしこのままではそのうちに返済できなくなってしまう、と思ったら、おまとめローンの利用も考えてみたいですね。

おまとめローンは複数ある借金を一本化して、金融機関から借り換えする方法です。

借入先が一箇所になれば、返済は月に1回となり、借入金額によっては月々の返済金額を下げることも可能です。

返済金額が見学できるのは、おまとめローンの返済期間が長期間に及んでしまうからです。それでも確実に借金を減らす方法としておすすめします。

弁護士や司法書士に相談する

おまとめローンの審査は、カードローンの審査に比べて厳しいです。

審査に通らない場合は債務整理を見据えて、弁護士や司法書士に相談してみましょう。

あなたが持っている財産によっては、自己破産して借金を0円にすることも可能です。不動産を持っていて自己破産できない場合は、任意整理で将来支払う利息をカットできます。

利息がなくなれば、返済は元金のみです。返済すればするほど借金が減ります。

ただしどちらの方法でも、信用情報にキズがついてしまいます。

5年から10年は各種ローンの審査に通らないばかりか、クレジットカードも作れないため生活に支障が出ることを覚悟しなければなりません。

どうしても自動車ローンを組みたい場合は家族名義にするとか、クレジットカードの代わりとして VISA デビットカードで代用する方法もあります。

本人確認書類は即日融資に不可欠な書類

本人確認書類なしに、即日融資を受けることはできません。

また、即日でなくても、融資を受けるときは本人確認書類がかならず必要になります。

本人確認書類不要の業者には近づかず、かならず正規の業者に本人確認書類を提出して融資を受けるようにしてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談