収入証明なしでキャッシングできる審査の甘い消費者金融

キャッシングするのに収入証明が必要となるケースは限定的です。初めてお金を借りる人ならほとんど収入証明書は不要でしょう。しかも審査が甘い業者は消費者金融ですね。銀行カードローンもある程度の金額までなら収入証明書は不要ですが審査は厳しいです。

収入証明が必要な条件や収入証明なしでキャッシングできる審査の甘い消費者金融はどこなのかご紹介していきたいと思います。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

キャッシングは収入証明なしでもできる

基本的に銀行カードローンや消費者金融からお金を借りる場合、初めてお金を借りるならほとんどのケースで収入証明なしでも借りれます。

必要な書類は本人確認書類として運転免許証やパスポート、顔写真付きのマイナンバーカードがあれば印鑑も収入証明書も必要ありません。

ですからキャッシングする場合は必ず収入証明書がなければならない、ということはありません。

キャッシングするのに今はインターネットを経由して申し込む方法が一般的になっていますよね。

もしかしたら収入証明書が必要なのか、それは面倒なことだなと思う必要は全くないわけで、むしろ収入証明書が必要なケースはごく限定的な条件に当てはまる場合だけです。

収入証明なしでお金が借りれる?と不思議に思う人もいるかもしれません。

しかしお金を借りるには信用情報機関から必ず個人信用情報を入手し審査するように法律で定められているため、返済能力を超えた貸付(過剰貸付)ができないようになっています。

個人信用情報に登録されているお金に関する契約は、どこから借りているのか、またいくら借りているのか毎月の返済状況はどうなのかなども登録されているため、わざわざ収入証明を提出してもらわなくても審査ができるのです。

ちなみに個人信用情報には勤務先情報として年収や勤続年数についても登録されており、登録されている情報によって返済可能かどうか審査することは難しくありません。

関連記事をチェック!

借入契約の基本!お金を借りるときの必要書類

個人がお金を借りるときの必要書類には、何があるでしょうか。 融資の申し込み先別に必要書類をまとめました。 大手消費者金融なら身分証明書が必須 消費者金融でお金を借りる場合は、本人確認ができる身分...

キャッシング審査で収入証明が必要なケースとは

銀行カードローンや消費者金融でお金を借りる場合のキャッシング審査に収入証明が必要になるケースは次の条件に当てはまる場合です。

なお銀行カードローンと消費者金融では若干意味合いが異なりますが、数字的なものは一緒と考えて差し支えありません。

・借入希望金額が50万円を超える場合
・他社借入金額との合計が100万円を超える場合

以上どちらかの一方でも該当する場合は法律によって収入証明を提出しなければなりません。

消費者金融は総量規制対象貸付で貸金業法の適用を受けますので、前述の条件に当てはまる場合は、必ず業者は借入申込者から収入証明の提出を受けなければ処罰の対象になります。

銀行カードローンは従来収入証明が必要とするのは多額の金額を借りた場合に限定されていましたが、近年の銀行カードローン過剰貸付問題が社会問題化してからは消費者金融と同じように収入証明の提出を求めています。

ですから借入希望金額が50万円を超える場合や、他社借入があってその金額と今回借りる金額の合計額が100万円を超える場合収入証明が必要となると覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入れることができるか

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

初めてキャッシングの場合は収入証明は必要ない

銀行カードローンや消費者金融でキャッシングする場合に、今回初めて借りるというケースならほとんどの場合収入証明は必要ありません。

なぜなら銀行カードローンも消費者金融も、初めて借入申し込みする人に与える利用限度額は年収の10%を基準としているからです。

収入証明が必要となるひとつの条件に借入希望金額が50万円を超える場合とありましたよね。

初回利用限度額が年収の10%を基準にしていることを考えると、50万円を超える利用限度額を与えられるのは年収が少なくても500万円超でなければなりません。

場合によっては年収600万円を超えなければ最初から利用限度額が50万円を超えることはほとんどないと言ってよいでしょう。

サラリーマンの平均年収が450万円と言われていることからも、収入証明が必要となる借入希望金額50万円超となるのはまずないことです。

まして非正規雇用者が多い社会において、年収は300万円から400万円であることを考えてみても利用限度額は30万円くらいに落ち着くはずです。

関連記事をチェック!

カードローンの初回のキャッシング限度額はどれぐらい設定してもらえる?

お金を借りる必要があって、カードローンに申込したいけど、「キャッシング限度額って、どれくらい設定してもらえるの?」という疑問があります。 特に、カードローンへの申込が初回なら、検討がつかないです...

専業主婦が銀行カードローンでキャッシングする場合でも収入証明はいらない

消費者金融は専業主婦に対して基本的に貸付していません。専業主婦が消費者金融からキャッシングするには配偶者貸付を利用しなければ借りれないのです。

しかし配偶者貸付を導入している業者は少なく、大手消費者金融に至ってはどこも配偶者貸付を導入していませんので、専業主婦がキャッシングするとしたら銀行カードローンしかないのです。

銀行カードローンならどこでも専業主婦向けにキャッシングしているとは限りませんが、インターネット検索で「専業主婦 銀行カードローン」で検索すれば、テレビCMで有名なネット銀行も見つけることができるでしょう。

専業主婦向けにキャッシングしている銀行カードローンは、配偶者に安定継続した収入があることがわかれば収入証明までは必要としていません。

そもそも専業主婦は収入がありませんから、それほど多い金額を借りることができませんね。

専業主婦向けにキャッシングしている銀行カードローンでも多いところで50万円、平均的には30万円が貸付限度額です。

つまり30万円や50万円を借りるのに収入証明は必要なく、まして収入のない専業主婦ですから収入証明を取れるはずもないのです。

関連記事をチェック!

配偶者貸付とは

配偶者貸付とはいったい何のことなのでしょう。聞いたことはあるものの内容まで知っていると言う人はあまり多くないのではないでしょうか。 配偶者貸付は総量規制の例外貸付として定めてあり、総量規制を超え...

収入証明とはどのような書類?

収入証明書として提出する書類は銀行や消費者金融によって多少違いもあります。基本的に利用できる収入証明書類は次の通りです。

・源泉徴収票(直近のもの)
・給与明細書(直近2カ月分+ボーナス時)
・所得証明書(直近のもの)
・個人住民税課税通知書(直近のもの)
・確定申告書(自営業者)
・納税通知書(自営業者)

収入証明を提出する条件に該当する場合は、以上の書類を用意しておくと手続きがスムーズに済みます。

収入証明なしでキャッシングできる審査の甘い消費者金融

収入証明を提出しなければならない条件がわかったところで、キャッシングするのに審査に通りやすい、審査に甘い業者はどこかと言うとそれは消費者金融です。

なぜなら消費者金融の貸付対象者はサラリーマン以外でも契約社員や派遣社員、パート従業員やアルバイト従業員でも申し込みができるくらいに審査が甘いのです。

銀行カードローンはどちらかと言うと正社員のサラリーマンを貸付対象者に見ているのに対して、消費者金融は貸付対象者を広くとっています。

パート主婦やフリーターでも継続安定した収入があれば年収の大小に関係ありません。最低年収として60万円以上あれば審査に落ちることはないでしょう。

もちろん年齢条件や信用情報に登録されている個人信用情報に問題があれば審査に通ることはありませんが、そうでなければ誰でも借りれるのが消費者金融です。

初めてキャッシングするならアコムやプロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAに申し込むのが順当です。

そのなかでも審査透過率の高いアコムが初めて借りるならおすすめですね。

およそ2人に1人が審査に通過していますので、よほどのことがない限り審査に落ちることはありません。

ただし他社借入があって2社目の借入先としてアコムを選ぶ場合は、借入合計金額が100万円を超えそうだなと思ったら事前に収入証明書類を用意しておきましょう。

勤務先によっては源泉徴収票の再発行や給与明細書の再発行に応じていない会社もありますので、その場合は役場から所得証明を取得しておけば手続きがスムーズに行えます。

関連記事をチェック!

大手消費者金融の審査通過率

カードローンの利用を検討する時に最も気になることは、「審査に通過できるかどうか」ということではないでしょうか。 そんな場合は消費者金融で公開している「審査通過率」をチェックすると、参考になる場合...

関連記事をチェック!

審査の甘い借入先はどこ?

審査の甘い借入先はどこなのか探しているということは、審査に通りにくい理由でもあるのでしょうか。 銀行カードローンよりは消費者金融の方が審査が甘いと言うのが通り相場です。しかしいくら審査の甘い消費...