エポスカードでお金を借りる!コンビニ利用するときの注意点とは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

エポスカードは小売・店舗事業を展開している株式会社マルイと、株式会社エポスカードが共同発行するクレジットカードです。

一般的なクレジットカードと同様にショッピングや公共料金の支払い、キャッシング機能などが付いています。

今回はエポスカードの特徴と、コンビニでお金を借りるときの注意点について紹介します。

エポスカードのキャッシング方法には何がある?

エポスカードのキャッシングする方法は4種類あります。

初めてエポスカードのキャッシングを利用する人は、初回利用日の翌日から30日間は無利息期間で利用可能です。

ATMからの場合

提携ATMを利用するときは、次の方法でキャッシングします。

Step1ATMにカードを入れる
Step2融資又は返済を選択して、暗証番号と借入金額を入力します
Step3現金と利用明細書の控えを受け取る

エポスマークのある全国のATMが目印の、銀行やコンビのATMからキャッシングができます。

ATMによって借入れ方法が選べないところもあるので、利用する前に確かめておくことをおすすめします。

ネットからの場合

エポスネット化のキャッシング申込手順は次のようになります。

Step1エポスネットにログイン
Step2ネットキャッシングで申し込み
Step3自分の口座に振り込みしてもらう

PCやスマホでEPOS Netから、振り込みしたい口座へ入金する方法です。

1,000円単位で利用できるので借りすぎを防げます。

さらに、振込手数料はエポスカードが負担するため無料とお得です。

電話からの場合

キャッシングを電話で申し込むときの流れは以下の通りです。

Step1電話キャッシング専用フリーダイヤル:0120-0101-25(24時間自動音声)にかける
Step2音声ガイダンスに従って、暗証番号とカード番号、借入金額を伝える
Step3自分の口座に振り込みしてもらう

最短数十秒で借り入れできる方法です。

電話から銀行口座に振り込みキャッシングをしてもらうときの手数料は、エポスカードが負担するのでかかりません。

なお、電話でキャッシングするときは、申込時間が平日14:30以降又は土日祝日の場合は、翌営業日の扱いとなります。

海外からの場合

海外ATMの操作方法は次のようになります。

また、日本語委表示ができないATMの場合もあるので気を付けましょう。

Step1暗証番号を入力(ENTER PIN)
Step2取引内容を選ぶ(SELECT TRANSACTION)
引き出しは「WITH-DRAWAL」を選択します。

Step3口座を選ぶ(SELECT SOURCE ACCOUNT)
CREDITを選びます。

Step4金額を選ぶ
幾つかの金額が表示されますが、自分で金額を竜力するときはその他(OTHER)を選択します。

VISA PlusのマークのあるATMから、現地通貨キャッシングが可能です。

空港や駅のATMは24時間営業となっているので、現地通貨を早く欲しいときには便利です。

エポスカードを利用できるATMはどこにある?

銀行やコンビニTMを利用しようと考える人は多いでしょうが、そもそもどこのATMが利用できるのか見ていきましょう。

ATMは全国8万台以上

エポスカードが利用できるTMは銀行とコンビニなど利便性が高く、全国どこでもあります。

ただし、ATMによっては、「借入れ・返済可能」「借入れのみ可能」なところがあるので注意が必要です。

手数料は0円

ATMを利用したときにかかる、キャッシング手数料は無料です。

借り入れも返済も手数料を気にせずに利用可能です。

エポスカードの3大特徴

まずはエポスカードの特徴について簡単に見ていきましょう。

1.全国のコンビニで利用可能

エポスカードは自宅や職場近く、あるいはふだんよく行くコンビニのATMを利用することができるため、大変利便性に優れています。

ただ全国のコンビニと言っても、どこでも使える訳ではありません。

利用できるコンビニは「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「ミニストップ」となっています。

なおコンビニATMで利用できるサービスは、「借入リボ払い」「返済リボ払い」「返済リボ払い増額」となります。

使用可能なATMは次の通りです。

◇セブン銀行
提携している銀行のひとつにセブン銀行があるため、セブンイレブンでも利用が可能となっています。

セブンイレブン内に設置されたATMでは、借入も返済も千円単位で利用可能です。

◇ローソンATM
借入と返済は店内に設置されたATMから行えます。

支払は今回分の支払いと、リボ払いの増額分の支払いが可能です。

借入は1万単位で、返済は千円単位で利用することができます。

またローソンにはロッピーも設置されているので、ATMのほかにロッピーを使用しても支払いができます。

◇E-net
ファミリーマートを中心に設置されている、E-net ATMで利用できるサービスは借入と返済で、どこでも千円単位からとなっています。

◇ロッピー
ミニストップに設置されている、ロッピーを使用して返済をすることが可能です。

ロッピーで返済をする手順はまずロッピーで申込券を発行し、それをレジに持っていき支払うようになります。

◇イオン銀行
ミニストップを中心に設置されています。

千円単位で借入と返済ができます。

上記ATMが設置されたコンビニと、提携銀行が使用できれば利用が可能です。

なおコンビニでの返済は「リボ払いのみ」というものが多いものの、一部のコンビニでは1回払いの対応をしているところもあります。

もしリボ払いではなく1回払いを希望するのであれば、利用予定のコンビニATMが対応しているかどうかあらかじめ確認しておくといいでしょう。

2.借りるときも返すときもATM手数料0円

クレジットカードのキャッシングを利用するときは、一般的に手数料がかかります。

しかしエポスカードではコンビニATMから借入や返済をするときも、手数料はかかりません。

借りるときも返すときも手数料が無しということで、とても利用しやすいと言えるでしょう。

また海外でキャッシングを利用するときも、手数料がかかってしまうため注意が必要です。

どの国でも955円(手数料216円利息+739円)で、利用可能です。

手数料がかかってしまっても現地通貨でキャッシングができるので、海外旅行へよく行く人におすすめです。

3.初回利用は最大30日間金利0円

エポスカードのキャッシングは、実質年率18.0%となっています。

しかしキャッシングを初めて利用する場合は、最大30日間金利が0円になるサービスがあります。

少額だけの利用で、30日の間にしっかり返済ができれば金利がかからないので、キャッシングが初めて言う人でも安心して利用できるのではないでしょうか。

もちろん初めてキャッシングを利用する場合に適用となるサービスなので、過去に1度でもエポスカードのキャッシングを利用したことがある人には適用されません。

関連記事をチェック!

739view

マルイカードでキャッシングする時の条件と注意点

今回は、マルイカードに関する詳しい情報をお届けしたいと思います。 流通系カードの中でも比較的知名度の高いこのカードですが、特にキャッシングの条件などについても、詳しくお伝えしていきます。 マルイカ...

エポスカードのスペックを紹介

エポスカードにはキャッシングのほかにも、様々なサービスが付いています。

利用するにはどのように行うのか合わせて紹介します。

1.エポスカードの基本情報

エポスカードのスペックと、ポイントサービスなどについて詳しく見ていきましょう。

利用するごとにエポスポイントが貯まる!

エポスカードはVISAが使えるお店であれば利用でき、貯まったエポスポイントをマルイでのショッピングや商品券に使えます。

年会費は永久に無料で、全国10,000店で割引、舞台やイベントも優待特典があります。

このほかに海外旅行傷害保険が自動的に付くので、海外旅行のおともにもエポスカードはおすすめです。

金利や利息はどのくらい?

エポスカードの金利は年率18.0%となっていますが、実際にどのくらいの利息が付くのか見てみましょう。

仮に30,000円をキャッシングリボ払いで借入をし、3日後に返済する場合と支払期日に返済する場合で比較してみます。

3日後に返済をすると、30,000円×18.0%×3日÷365日=44円となり、1日あたり44円の利息がかかります。

これに対して期日に支払う場合は2,096円の利息がかかるため、2,096円-44円=2,052円です。

つまり支払期日に支払う場合は、3日後に返済するより2,052円の利息を多く支払わなければなりません。

余裕があるときは早めに返済をすると、余計な利息を払わずに済みます。

ただしリボ払い増額では、支払期日にまた支払わなければなりませんので、気を付けてください。

2.限度額はどのくらいある?

ショッピング枠とともにキャッシング限度額は、利用者の職業形態や収入などによって異なります。

申し込み後にエポスカードが送られてきたとき、又は店舗窓口で受け取るときに利用可能枠の案内がありますので、そのときに確認しておきましょう。

なおクレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象です。

そのため年収の3分の1までが限度額となります。

その人の年齢や返済能力など、またほかにキャッシング機能付きのクレジットカードを持っていると、エポスカードのキャッシング限度額は変わってきます。

キャッシングの利用限度額の変更は、エポスNetから申込みが可能です。

エポスカードセンターではできませんので注意してください。

3.申込方法と必要書類

エポスカードに申し込む方法と、申込時に必要な書類について紹介します。

申込方法を紹介

申込対象者は高校生を除く18歳以上の人で、未成年者は親権者の了解が必要となっています。

WEBやアプリからなら24時間申込みを受け付けており、申込完了後すぐに審査結果のメールがあります。

このほかにマルイ店舗にある、エポスカードセンターでも受け付けています。

カードの受け取り方法を選べる

エポスカードセンターで受け取りの場合は、最短30分でカードを発行してもらえます。

郵送の場合は1~2週間で送付されますので、急いでいる人はエポスカードセンターでの受け取りを希望するといいでしょう。

必要書類は何を用意すればいい?

マルイ店舗で申し込むときに必要な書類は、本人を確認できるものとして「パスポート」「運転免許証」「社会保険証」「国民健康保険証」「在留カード」「特別区永住者証明書」があります。

また店舗で申込をする場合は口座引き落とし手続きをするために、銀行のキャッシュカードが必要です。

関連記事をチェック!

489view

消費者金融等で必要な本人確認書類とは

消費者金融などからお金を借りる際に、必ず必要となるのが「本人確認書類」です。 当然、本人確認書類を提出しなければ借りることができませんが、一口に「本人確認書類」と言われても、どのような書類を提出すれ...

4.審査ではどのようなことを見る?

一般的にクレジットカードの審査は、「収入」「個人信用情報」「雇用形態」などを見て判断します。

エポスカードも同様に他社での借入の有無と借入額を確認します。

18歳から持てるカードですので、審査内容は他のクレジットカードと異なるかも知れません。

5.契約と借入方法

審査に通過しエポスカードを受け取り後、すぐに利用ができます。

審査に通過後に新たに契約する必要はありません。

ただしエポスカードを作っても全ての人がキャッシング利用できません。

専業主婦で収入のない人は、残念ながらキャッシングを利用できません。

アルバイトやパートをしている人は、エポスNetにてキャッシング利用可能枠設定を行うと使えるようになります。

キャッシングの最低借入額は幾らから?

キャッシングをしたいときに、少額でいい場合もあるでしょう。

キャッシングは最低幾らからできるのかと言うと、ATMによって違いますが1,000円単位となっています。

1,000円単位で借り入れできるATMはいかのところとなり、その他は10,000円単位での借り入れとなります。

  • エポスATM
  • セブン銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 横浜銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 北海道銀行ATM
  • 北洋銀行ATM
  • 鹿児島銀行ATM

キャッシング時の利息や手数料について

エポスカードのキャッシングを利用するときは、借りるときも返済も手数料は無料のため、元金と利息分で済みます。

また、手数料はATM利用手数料のほかに、繰り上げ返済時の手数料もかかりません。

増額申請をするにはどうする?

キャッシング枠を増やしたいときは増額申請をして、借入限度額を上げることが可能です。

増額申請はエポスネットからの手続きです。

申し込む時間によって、確認と審査時間が異なります。

申込時間
8:00~21:50は通常10分
21:50~翌8:00は翌日8:00~9:00

また、審査の状況によっては審査回答までに1時間かかることもあるようです。

審査終了後はメールにて結果が通知されます。

そして、審査で利用状況などから、減額となる場合もあることを忘れないでおきましょう。

返済方法は2通りある!

キャッシングの返済方法は、「キャッシングリボ払い」「キャッシング1回払い」があります。

リボ払いは毎月一定の金額を返済するやり方で、1回払いは利用金額と利息分全てを1回で支払う方法です。

キャッシングのリボ払いやリボ払い増額の支払をコンビニで返済できます。

エポスカードの分割変更ができない理由は?~2回払いからボーナス払いまで徹底解説

リボ払い

キャッシングを何度か繰り返しても、一定の支払金額となる返済方法です。また、余裕があるときに多めに返済することもできます。

一回払い

借入れした金額を支払日に利息を付けて利用分を返済する方法です。1回払いが利用できる借入れ方法は、エポスネットと電話キャッシング、ATM、海外キャッシングです。

コンビニATMを利用するときの注意点

コンビニごとに利用サービスの内容が異なる

最寄りのコンビニなどで利用できるエポスカードですが、コンビニによって返済金額単位が異なっています。

ローソンでは1万円単位から、セブンイレブンやファミリーマートでは千円単位で支払えます。

また同じコンビニでも店舗によっては、1回払いもリボ払いも可能なところもありますので、利用前に確認しておくことをおすすめします。

ミニストップ(ロッピー)の支払いは手数料が必要

ミニストップやローソンにも設置されているロッピーでも利用できますが、入金1回ごとに手数料が108円(税込み)かかってしまいます。

一方でコンビニATMは利用手数料がかからないため、コンビニ店舗内にロッピーのほかATMがある場合は、ロッピーを使わない方がお得でしょう。

エポスカードに関するよくある質問

エポスカードを利用する人が気になる質問をまとめてみましたので、是非参考にしてください。

カードが破損して使えない

エポスカードが破損して使えないときは、エポスネットにてカードの再発行の手続きをする必要があります。

およそ1週間で新しいカードが郵送されます。

また、急いでいるといは店頭にて本人確認書類を提示して再発行してもらうことも可能です。

なお、店頭で再発行できるカードは、「エポスカードVISA」「エポスゴールドカード」「エポスプラチナカード(シルバー・赤)」です。

一回払いを後から分割払いに変更できる?

キャッシング一回払いで借り入れしたけど、返済が難しそうだから分割払いに変更することはできます。

エポスネットのリボ変更画面にて手続きできます。

ただし、変更締切日が設けられているので、変更締切り前日までに変更しましょう。

まとめ

エポスカードは年会費が永久に無料で、特典も多くある便利なカードです。

コンビニ利用でお金を借りるときは、ロッピーを除いて手数料がかかりません。

また初回キャッシング利用時は最大30日まで金利が0円ということも大きなポイントです。

海外キャッシングもどこでも955円で利用できるところも、うれしいサービスと言えるでしょう。

また18歳から申し込みができるので、初めて持つクレジットカードとしてもおすすめの1枚です。

関連記事をチェック!

16440view

エポスカードの支払いに遅れたらどうなる?【滞納時のリスク】

エポスカードは年会費無料で、マルイ系列の買物がお得になることで知られているクレジットカードです。 マルイで買い物すると「エポスカードの入会で、いますぐ10%オフになります」と勧誘されたことがある人も...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談