短期融資で消費者金融を使いこなそう

消費者金融の賢い使い方は短期融資です。必要最低限のお金を借りて短期で返済することが何よりお得な方法です。消費者金融のデメリットは銀行カードローンに比べて金利が高いことですが、少額短期の借入ならそれほど金利の差を気にすることはありません。

30日間無利息サービスや何度でも一週間無利息サービスを提供している消費者金融もありますので、できるだけ利息を支払わずに借りたいですね。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

消費者金融は短期融資でもいいの?

消費者金融からお金を借りるのに長期にわたって返済していくことは、それだけ利息の負担をすることになりますので経済的ではありませんね。

しかし消費者金融でお金を借りてもすぐ返してしまうお客は嫌われてしまうのではないか、次にお金を借りる際に審査で落とされてしまうのではないかなど、気にする人も少なくありません。

本当は1万円だけあればいいのだけれど、そんな少額だと貸してもらえないのではないか、せめて10万円以上借りなければならないのではないかなど、なぜか消費者金融に気を使ってしまう人がいるのですね。

結論から言えば消費者金融はお金を貸して利息をもらうことが商売です。

もちろん多くの金額を借りてもらってたくさんの利息を支払ってもらえれば会社収益を伸ばすことができますが、だからといって少額短期の顧客をないがしろにはできません。

消費者金融は短期融資にも快くお金を貸してくれますし、返済期間が短くても全く気にしていません。

消費者金融にとって最初の顧客は、再び借りてくれるかもしれない将来性を持っている重要な顧客として認識しています。

その証拠に大手消費者金融は初回会員限定サービスとして、30日間無利息期間を提供しているではありませんか。

お金を借りても30日以内に返済すれば利息はかからないのです。利息をもらうことができなければ消費者金融は何のメリットもありませんよね。

でも30日間無利息サービスを提供しているということは、まず顧客獲得することを第一に目標としているからに違いないのです。

関連記事をチェック!

消費者金融から見た借金をすぐ返す客はどう映る?

消費者金融は金利が高いからお金を借りてもすぐ返すのが基本ですね。しかし消費者金融から見たらすぐ返すお客はどう見えるのでしょうか。 消費者金融といっても大手消費者金融もあれば中小消費者金融もありま...

関連記事をチェック!

30日間無利息サービスのカードローンでお得に借りる

金融機関からお金を借りると利息が発生します。 今回は30日間無利息サービスによって利息をお得に利用する方法を紹介します。 30日間無利息サービスなら金利0% 商品によって異なりますが、カード...

消費者金融は1万円からでも借入可能

銀行カードローンの最低貸付金額は10万円以上となっていますが、消費者金融は1万円からでも借入可能です。

大手消費者金融のアイフルになると1,000円からでも借りることができますので、給料前になってどうしても5,000円足りない場合でも、友達や親に迷惑をかけることなくお金を借りることができるのです。

不必要なお金を借りる必要はありませんよ。

本当は1万円だけあればいいのに、何かあったときのために10万円借りておこうと考える必要はありません。

多額の金額を借りてしまえばそれだけ利息負担が増えてしまうのです。消費者金融は短期融資だけでなく少額借入することが賢い使い方ですね。

関連記事をチェック!

少額のお金を借りる際の手段と注意点は?

月末付近、支払いにお金がどうしても足りない。そんな経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか? 光熱費以外にも急な出費はどうしてもあるので、決して恥ずかしいことではありません。そこで今回は...

短期返済で利息の負担を少なくする

消費者金融で短期融資を利用するメリットは何と言っても利息負担を少なくすることができることですね。

消費者金融の金利は利息制限法の金利内に収まっているとはいえ、銀行カードローンに比べたら貸付金利が高いのは否めません。

消費者金融からお金を借りて長期返済してしまうと、それだけ利息の負担をしなければなりませんので、決して経済的とは言えませんね。

しかしいくら金利がいい銀行カードローンより高くても、お金を借りて短期で返済すればそれほどを金利負担は気にならないはずです。

前項でもご説明してあるように、消費者金融は少額融資にも対応しているのですから、少額融資と短期融資を合体させればかなり利息負担を少なくすることができますね。

初回会員限定とはなりますがお金を借りても30日以内に返済すれば利息負担が全くありません。

気の弱い人はお金を借りても利息を支払わないのは、次にお金を借りようと思ったときに借りにくい、と感じてしまうことでしょうね。

でもそれはアナタが勝手に感じていることで、消費者金融は何とも思っていません。

それよりも気持ちよくお金を借りてもらって、次回お金が必要になったときには利息を支払ってね、の将来性を見込んでいるのです。

短期融資のメリットを利息で実感しよう

いくら言葉で短期融資は利息負担を少なくすることができます、少額融資は銀行カードローンとの金利の差を考える必要はありません、と説明しても実感できませんね。

それは利息計算することができないからです。

いくら借りて金利がいくらだと利息がいくらになるのか計算できれば、短期融資がどれだけ経済的なのか、少額融資がどれだけ金利差をなくしてくれるのか具体的にわかりませんよね。

利息額は借入額と金利、借入期間で決まるのです。

いくら銀行カードローンの金利が低くても長期融資を受けていたのでは利息負担は多くなってしまいますし、金利が低いからといってたくさんお金を借りてしまっては同じように金利負担が増えてしまいます。

では次項で短期融資や少額借入が利息とどのように関係してくるのか実際に計算してみましょう。

短期融資と少額借入で利息計算をしてみる

計算例として消費者金融の借り入れ金利を年18.0%、銀行カードローンの借入金利を年14.5%と設定してみます。なお消費者金融の30日間無利息サービスは考えないものとします。

◆50万円を30日借りた場合と10日借りた場合の利息額
・金利年18.0%で借りた場合
:30日間の借入期間:利息額7,397円
:10日間の借入期間:利息額2,465円

・金利年14.5%で借りた場合
:30日間の借入期間:利息額5,958円
:10日間の借入期間:利息額1,986円

いかがですか。借入期間が長いと金利の差はそのまま利息の差となって、やっぱり消費者金融の金利は高いよねとなりますよね。

しかし借入期間が10日になるとどうでしょう。

確かにそれでも銀行カードローンの方が利息は安いですが、実感的にはそれほど金利の負担の差を感じることは少なくなっているのではないでしょうか。

次は少額借入した場合の利息負担を比べてみましょう。

◆10万円を30日借りた場合と10日借りた場合の利息額
・金利年18.0%で借りた場合
:30日間の借入期間:利息額1,479円
:10日間の借入期間:利息額493円

・金利年14.5%で借りた場合
:30日間の借入期間:利息額1,191円
:10日間の借入期間:利息額397円

いかがですか。消費者金融の金利が高くても、少額借入だとますます借入金利の差は感じなくなってきていませんか。

短期融資で返済リスクを少なくできる

長期返済計画でお金を借りてしまうとその途中に病気やケガ、会社が倒産、リストラなど何があるかわかりません。

返済計画をどれだけ入念に練っても、収入が途絶えてしまったら返済していくことができません。返済リスクは長期になればなるほど高くなります。

そこで利用したいのが短期返済です。短期融資を受けることで短期間に返済すれば前述のような返済リスクを回避することが可能です。

短期間に返済する方法は、最初から計画的に短期返済することも必要ですが、たとえ長期返済の契約でもお金に余裕があったときは繰り上げ返済するようにすれば返済期間を短くすることができますね。

お金を借りてもリボ払いは避けて返済サイクルを短くし、お金が必要になったらまた借りるようにすれば長期返済のリスクを軽減させることができるでしょう。

関連記事をチェック!

短期間お金を借りるなら!お得に借りて早めに返済

短期間なら消費者金融もおすすめ 主に大手消費者金融が行っているサービスに、無利息サービスがあります。 これは、条件を満たす方は、決められた期間内であれば無利息で借り入れをすることができ...

関連記事をチェック!

本当に怖いリボ払いのデメリット

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 リボ払いのデメリット リボ払いはクレジットカードで買い物をした...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談