プロパー融資とは

会社や個人事業主が銀行から商売のお金を借りる事業資金融資には、プロパー融資と保証協会付融資の2種類の融資があります。

「銀行からプロパー融資を借りられるようになったら1人前だ」などという言葉を聞いたことがある人も少なくないのではないでしょうか?

プロパー融資は銀行にとってリスクが高い融資ですので、銀行にとって信用できる会社に対してしか行いません。

数百万円程度の少額の融資であれば利用者にとってはプロパーでも保証協会付の融資でもほとんど違いはありません。

では、プロパーと保証協会付融資の利用者にとっての違いとはどのような点になるのでしょうか?

この記事ではプロパー融資のメリットとデメリット、プロパー融資の審査などについて徹底解説を行なっていきます。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(仮名)
年齢:33歳
性別:男性
職歴:2007年~2014年地方銀行の貸付業務に従事

銀行の事業資金融資には2種類ある

企業や個人事業主が銀行からお金を借りる際には、大きく分けて2つの融資があります。

まずは信用保証協会付の融資とプロパー融資の違いについて簡単に解説していきます。

信用保証協会付融資

信用保証協会の保証付融資とは、その名の通り、融資に信用保証協会の保証をつけて行う事業性融資です。

信用保証協会とは、中小企業の融資を保証するための公的な保証期間で、信用保証協会の保証を得た融資の返済が焦げ付くと、信用保証協会は銀行の融資残金を立て替えて返済を行なってくれます。

このため、信用保証協会の保証付融資は銀行にとってリスクはありません。

バブル崩壊以降、融資金の不良債権化を恐れる銀行にとって保証協会の保証が付くことによって、中小企業に対して積極的に融資を行うことができるようになりました。

保証協会の保証を得るには保証協会の審査に通過しなければならず、保証協会に保証料を支払わなければなりません。

関連記事をチェック!

信用保証協会の保証付融資とは

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 保証協会保証付融資とは 法人や事業を営む個人事業主が銀行などの金融機関...

プロパー融資

プロパー融資とは、保証協会も民間の保証会社の保証も何もつかない融資です。

このため、もしも融資の返済が焦げ付いた際には銀行は全ての責任を負わなければなりません。

バブル崩壊期には、このプロパー融資が不良債権化し、多くの銀行が経営破綻や経営悪化となりました。

したがって、銀行にとってはリスクの低いと判断できる企業に対してしかプロパー融資を行いません。(後述)

関連記事をチェック!

銀行のプロパー融資と保証付き融資の違い

銀行から事業資金を借りようとした場合には、信用保証協会付き融資とプロパー融資という融資があります。 2つの融資制度の違いはどのような点にあるのでしょうか?また、プロパー融資のメリットとデメリット...

プロパー融資のメリットデメリット

プロパー融資は利用者にとって保証協会付の融資よりもいくつかメリットがありますが、デメリットがないわけではないため、メリットとデメリットを理解した上で利用した方がよいでしょう。

メリット①保証料がかからない

最も分かりやすいメリットは、保証料が全くかからないという点です。

先ほど述べたように信用保証協会に保証をしてもらうためには、年0.5~2.0%弱程度の保証料が必要になります。

プロパー融資でお金を借りる場合にはこの費用は全く発生しないため、この点がまず最初のメリットと言えます。

メリット②保証協会とは別枠

保証協会には1つの企業につき「◯◯万円まで保証する」という枠があり、この枠を使い切ってしまうと、申込金融機関を変えてもそれ以上の金額を保証協会付で借りることはできません。

しかし、プロパー融資は保証協会付の融資とは別枠ですので、最初にプロパー融資でお金を借りておけば保証協会の枠は残しておくことができるため、いざという時の資金繰りに寄与できます。

メリット③社会的な信用になる

冒頭述べたように「プロパー融資を借りることができるようにうなったら一人前」などとおいうことはベテランの経営者の中では当たり前のように言われていることです。

この理由は、プロパー融資は銀行が全責任を負う融資であるため、銀行にとってよほど信用ができる取引先に対してしか融資を行わないためです。

審査の詳細については後述しますが、プロパー融資は銀行から認められて初めて受けられる融資ですので、銀行からプロパー融資を借りることができる企業は社会的に信用力のある企業であると言えるかもしれません。

メリット④高額融資も対応

信用保証協会は中小企業の資金繰りを円滑にするために存在しています。

このため、融資金額が数億円になるような案件では信用保証協会は保証をしません。

一方、プロパー融資では、融資金額が数億円になるような高額融資にも対応できるため、ある程度の規模になり、借入額が高額になるような会社ではプロパー融資が重宝しますし、むしろプロパー融資でしか対応できないということになるのです。

デメリット①審査に時間がかかる

プロパー融資は審査に時間がかかることが珍しくありません。

信用保証協会付の融資は銀行にはリスクがないため、支店内の決済だけで終了することが多いですが、プロパー融資は銀行が全責任を負う融資であるため、支店だけではなく本部の審査部や金額によっては役員や頭取などの決済になることも少なくありません。

このような稟議の場合には、資料を多くつけてできる限り銀行内部の上司を納得させる必要があるため、稟議の作成時間も稟議の回覧時間もプロパー融資の方が長くなります。

デメリット②担保や保証人が必要かも

繰り返し述べていますが、プロパー融資は銀行が全責任を負う融資です。

そのため、銀行も担保や連帯保証人などによって、何からの返済が滞った際の補填となるものを要求してくる場合があります。

プロパー融資は保証料は必要ありませんが、不動産を担保とする場合には、銀行から不動産担保調査手数料を要求されたり、登記費用が発生しますので、保証料よりも高額になってしまうことも少なくありません。

また、連帯保証人になってくれる人に精神的な負担を負わせることや担保を取られることは保証協会付の融資よりも気が重いものです。

この点もプロパー融資のデメリットです。

関連記事をチェック!

銀行のプロパー融資と保証付き融資の違い

銀行から事業資金を借りようとした場合には、信用保証協会付き融資とプロパー融資という融資があります。 2つの融資制度の違いはどのような点にあるのでしょうか?また、プロパー融資のメリットとデメリット...

プロパー融資の審査

プロパー融資の審査は保証協会付の融資と同じように、安全性、返済能力、収益性、成長性、資金使途の妥当性などを審査し、銀行が問題ないと判断すれば融資を受けることができます。

しかし、プロパー融資は保証協会付の融資に加えて以下の点が審査で重要になります。

格付けが最も重要

銀行は事業資金の融資先の格付けを行なっています。

リスクが高い融資であるプロパー融資は銀行の格付けは一定以上でないと基本的に融資を行いません。

格付けは上からA、B、C1、C2、C3、E1、E2、E3、E4などと10〜13段階と決まっていますが、プロパー融資を受けることができるのはC1もしくはB以上の格付けがないと一般的には不可能です。

新規でプロパー融資は難しい

初めてお金を借りる銀行からプロパー融資を受けることはよほど地元で名前が通った有力企業でないと不可能です。

いくら決算書の内容が良くても、初めて取引をする企業の決算書が本当かどうかも、経営者や従業員がどんな人なのかも分かりません。

数字からは見えない会社の力を銀行が理解して初めて銀行からプロパー融資を受けることができるのです。

このため、決算書の内容に関係なく、初めて融資取引を行う銀行からの融資は基本的に保証協会付の融資になると覚えておきましょう。

自己資本あり3期以上黒字は必須

プロパー融資は格付けが重要になると述べましたが、格付けがC1以上になるためには、債務超過がないこと、営業利益を継続的に出し続けていることが必須になります。

この条件を満たしていても、総資産の回転率が悪いとか、収益力が低いなどという場合には格付けがC2以下になることがありますので、最低限3期以上営業黒字を続け、内部留保も充実しているような企業だけがプロパー融資を受けることができるのです。

関連記事をチェック!

銀行からの借入は条件が厳しい?融資を受けるためのポイントとは?

銀行は低金利で借入できることから、事業資金は銀行で借りたいと思う経営者も多いでしょう。しかし、銀行は審査が厳しく、融資を受けるためには様々な条件をクリアしなくてはなりません。 銀行から融資を受け...

銀行にとってのプロパー融資

それでは銀行はプロパー融資についてどのように考えているのでしょうか?

リスクが高い

まず、保証してくれる機関が何もないため、プロパー融資は銀行にとってリスクが高いと認識されています。

このため、先ほどから述べているように、銀行にとって信用力のある保証協会付の融資の審査に余裕で通過できるような企業でない限りはプロパー融資は行いません。

貸倒引当金計上の必要

銀行は融資先が突然倒産して大きな損失を被らないためにプロパー融資先に対して融資金額の一定の引当金を積み立てておかなければなりません。

通常の融資であれば融資金額の3〜5%程度を積み立てればよいのですが、返済に遅れが生じたり債務超過になった企業に対しては融資金額の50%以上もの引当金を計上する必要があります。

1,000万円の融資をしている企業が要注意先などに転落してしまった場合には500万円もの費用を引当金として費用化する必要があります。

これは利息収入と比較してもマイナスになります。

このため、例え貸したお金が不良債権にならなかったとしても企業の経営状態によっては銀行は引当金の計上によって損失を被る可能性があるため、やはりプロパー融資はリスクが高いのです。

関連記事をチェック!

銀行融資を左右する企業の格付けやランキングはどうやって決まる?

銀行は企業の格付けというものを決定し、格付けに基づいて融資方針や、金利などが決定します。 格付けが高い企業ほど銀行にとって優良な顧客ということができ、融資が出やすくなりますし、低い金利でお金を借...

融資先の管理が大変

融資先の業況がどのようになっているかの変化を銀行はプロパー融資の場合にはいち早く掴む必要があります。

プロパーの融資先が突然経営悪化した場合には担当の銀行員は「管理はどうなっていたんだ」とひどく上司から叱られます。

このため、融資先の管理には保証協会付の融資よりも精緻に行う必要があり、銀行員は最低月1回以上はプロパー融資先に訪問し、会社に変化はないか、忙しく働いているか、経営者との話から変化の兆候を掴む必要があります。

銀行はプロパー融資に消極的

このような理由から、プロパー融資は銀行にとって収益面でも時間面でも負担になります。

また、銀行員にとっても稟議作成や本部との折衝に時間がかかります。

このため銀行はできればプロパー融資はやりたくないと考えていることが一般的です。

プロパー融資を行うのは、プロパー融資商品のノルマがある時か、相手先企業との関係上「この会社の融資を断ることができない」とか、プロパー融資しか借りない優良企業向けという場合が多くなります。

プロパー融資のリスク

プロパー融資を借りることができるということは銀行から一定の評価を得ている会社であることは間違いありません。

しかし、プロパー融資は返済が難しくなった場合には保証協会付の融資よりも対応が厳しくなります。

返済困難になった際の対応が厳しい

返済が困難になった場合には、銀行はいつまでも不良債権を不良債権のままにはしておきません。

条件変更などを行っても返済が正常化しない場合には、資産の差し押さえなどの強制執行手続きを取られてしまう可能性があります。

保証協会付融資の場合には、保証協会が銀行に代位弁済を行い、その後は保証会社と話し合いを行い少しずつ返済を行っていくことが一般的ですが、プロパー融資の場合にはこのような融通はあまりききません。

貸し剥がしの可能性もある

先ほど述べたように、プロパー融資先には貸倒引当金を計上しており、貸倒引当金は融資先の業況が悪ければ悪いほど高額を計上します。

しかし、貸倒引当金は融資金が返済されれば取り崩すことができ、この取り崩し分は収益になります。

このため、銀行にとって業況の悪い企業への融資は早く返済をしてもらった方がリスクの減少にもなるうえ、収益まで望めますので、業況の悪い企業は銀行から貸し剥がしを要求される可能性もあります。

関連記事をチェック!

銀行の儲けは融資だけではない!銀行の儲けの仕組みを徹底解説

銀行はどうやって儲けているのかご存知でしょうか? 「口座を作ってくれ」と銀行は言いますが、口座を作っても我々な何もお金を取られません。 では、なぜ銀行は口座を作ってくれというのか、それは銀...

まとめ

プロパー融資は銀行にとってリスクが高い融資ですので、銀行にとってよほど信用できる会社に対してのみ行う融資です。

このため、銀行から「プロパーでお金を借りませんか?」と提案を受けた企業はそれなりに社会的な評価があると認識することができます。

プロパー融資を受けると銀行との関係はこれまで以上に深くなりますが、返済が困難になった際のリスクは信用保証協会の保証付融資よりも高くなります。

経営者とすれば、銀行からプロパー融資の打診があれば嬉しいものですが、必要でもない融資を受けることはやめておいた方がよいでしょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談