カードローン審査が甘い口コミの業者はどこ?

カードローンは申し込めば誰でも審査に通るわけではありません。審査基準が金融業者によって違い、口コミで審査が厳しいと言われる銀行カードローンや比較的審査が甘いと言われる消費者金融があります。

審査に通らなければお金は借りれないとなると、やはり気になるのが審査が甘いと口コミで噂になっている金融業者ですね。審査基準が業者によって違うと言っても審査が甘いということはあるのでしょうか。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

カードローン審査が甘い業者とは

カードローンに申し込むには、年齢が20歳以上で安定継続した収入がなければならないことが必ず商品説明欄に書いてありますね。

それに審査に通るには信用情報機関に登録されている個人信用情報にキズがついていないことが条件です。

ではカードローン審査が甘い業者とはどのような業者を言うのか、それは正社員でなくても借りられるとか、年収が低くても借りられる、に尽きるのではないでしょうか。

派遣社員や契約社員は雇用期間が安定せず、正社員のように無期限ではありません。正社員よりも年収は低く、返済能力という点でも劣りますね。

さらにパート従業員やアルバイト従業員ともなると、ますます仕事に安定性がないことから返済能力はかなり低く見られがちです。

銀行カードローンになると、年齢条件や安定継続した収入があることはもちろんのこと、保証会社の審査に通らなければ借りれません。

申込条件が厳しくなるほどカードローンの審査は厳しいとも言えますね。

それに比べて消費者金融は保証会社の審査はありません。

また年収が低い派遣社員や契約社員、パート収入やアルバイト収入でも借りられるため、少なくとも銀行カードローンよりは審査が甘いとなりますね。

しかし消費者金融は借入申込みを受ければ必ず信用情報機関にアクセスしますので、過去に金融事故を起こした人や、他社借入がある場合はお金の借りすぎ、返済に遅れがあるなどの情報があれば審査に通るには難しいでしょう。

口コミや噂通り消費者金融は銀行カードローンに比べれば審査ハードルは低いかもしれませんが、決して審査が甘いというわけではありません。

関連記事をチェック!

審査の甘い借入先はどこ?

審査の甘い借入先はどこなのか探しているということは、審査に通りにくい理由でもあるのでしょうか。 銀行カードローンよりは消費者金融の方が審査が甘いと言うのが通り相場です。しかしいくら審査の甘い消費...

審査が甘い業者には注意したい

カードローンの審査に落ちたくないのは誰でも同じですね。

どこの金融業者に申し込みをするか、インターネットで審査が甘い業者をランキングしているサイトを参考にするか、ヤフー知恵袋やSNSの口コミや噂を参考にしながら選ぶと思います。

インターネットで検索する場合に、「審査が甘いカードローン」や「誰でも借りれるカードローン」のキーワードで検索すると、審査が甘い消費者金融を見つけることもできるでしょう。

でも注意したいのは審査が甘い消費者金融のなかに、無登録で貸付をしている闇金が含まれている場合があることです。

闇金は審査が甘いキャッチコピーの他に、ブラックでも借りれますや、100%完全融資、他社で断られた人でも審査に通るような、いかにも誰でも借りれるかのような宣伝文句を使っています。

審査が甘いというキーワードならまだしも、多重債務者でも借りれますのような他の消費者金融サイトでは見られないようなキャッチコピーを使っている業者には近づかないようにしましょう。

誤って契約してしまうと、とんでもない高金利で利息を取られてしまうことや、暴力的に取り立てされることになってしまいます。

いくら審査が甘いと言っても、ブラックでも借りれるとか、誰でも借りれるなんていうことはありません。くれぐれも闇金には注意してください。

関連記事をチェック!

審査が激甘の消費者金融は闇金しかないのが現実

どこの消費者金融に申し込んでも審査に落ちてしまうと、審査が激甘とか審査なしとか、ブラック大歓迎などの広告が目に入ってしまいます。まず審査激甘をメインに宣伝している消費者金融は闇金です。 闇金は信...

審査が激甘の消費者金融は闇金しかないのが現実

審査が甘いかどうかは審査透過率でもわかる

大手消費者金融は決算資料として公表している項目の中に「契約率」や「成約率」があります。

一般的にはわかりやすく審査透過率とも言われていますが、審査透過率とは何人申し込んで何人契約できたのかパーセンテージで表示したものです。

例えば審査透過率100%なら、申し込んだ全員が審査に通ったとなりますね。審査が甘いかどうか見極める基準として、審査透過率の高い消費者金融に申込むと良いかもしれません。

公表されている消費者金融の審査透過率をご紹介しましょう。

・アコム:平均48%
・アイフル:平均47%
・プロミス:平均46%

審査透過率は月ごとに公表しているため、月によって数値が異なってきます。平均すると大手消費者金融の審査透過率は46%から48%くらいだということがわかりますね。

ほぼ2人に1人が審査に通過しているのです。銀行カードローンの審査透過率が20%前後であることから比べれば、消費者金融の審査透過率はかなり高い数値です。

できるだけカードローンの審査に通りたいなら、銀行カードローンよりは消費者金融に申し込んだ方が確率的には高いわけです。

関連記事をチェック!

大手消費者金融の審査通過率

カードローンの利用を検討する時に最も気になることは、「審査に通過できるかどうか」ということではないでしょうか。 そんな場合は消費者金融で公開している「審査通過率」をチェックすると、参考になる場合...

口コミで審査が甘いと言われているアイフル

最近になってアイフルは審査が甘いと口コミで評判になっています。

その理由として考えられるのが、アイフルが公表している決算資料です。公式サイトを見れば決算資料を確認できますので、気になる人はぜひご覧ください。

ではなぜアイフルの審査が甘いと口コミが増えているのか、それは審査透過率が急に上がったわけではありません。

顧客の伸び率が前年に比べて10%以上なのです。アコムやプロミスの顧客の伸び率は1%から2%程度ですから、アイフルの伸び率は異常なまでに高いですね。

確かにヤフー知恵袋を調べてみると口コミで多いのが、自己破産をしてまだ7年しか経っていないのに審査に通ったとか、他社借入件数が4件目でも審査に通ったとの口コミです。

それに加えて派遣社員だけれども利用限度額が50万円で可決した、とかパート収入なのに利用限度額が30万円もついたと利用限度額が思ったよりも多かったという口コミも件数的には多かったですね。

それなら審査透過率が平均47%じゃなくてもっと高くても良いような気もしますが、アイフルは総量規制対象貸付ですから年収の1/3を借りている人はアイフルでも審査には通りません。

審査透過率では見えない審査基準が少しだけ下がったのではないか、と噂になっています。

新規申込者数もここ1年アコムやプロミスと肩を並べるくらいに増えていますので、審査が甘い、審査に通りやすいとの口コミが影響している可能性が高いですね。

もしかしたらアイフルの審査方法に変更があったのかもしれません。

中小消費者金融は独自審査と言われておりかなり審査に柔軟ですが、アイフルも新規貸付を積極的に行い、アコムやプロミスのように銀行グループ企業でない分だけ、自由度の高い審査ができているとも推測できますね。

関連記事をチェック!

アイフルの借入方法まとめ

アイフルは大手消費者金融の中でも審査に柔軟さがあり人気があります。消費者金融業界の中では5本の指に入るくらい会員数が多いですね。 即日融資はもちろんのこと、場合によっては在籍確認を書類で済ますこ...

消費者金融はフリーターでも借りられる口コミも多い

やはり審査が甘いかどうか判断する基準としては、非正規雇用者やフリーターでも借りられるか、が重要なポイントですね。

口コミではみなさん、フリーターで仕事が安定していないのに消費者金融で借りれた、他社借入があっても消費者金融で借りれた口コミが多かったのも付け加えておきましょう。

派遣社員でもアコムでACマスターカードが作れた、これでクレジットカードが使えると喜んでいる人も少なくありません。

ただし審査に通るためには借金が他にあったとしても、総量規制の範囲内に収まっていることは絶対に譲れません。

借金総額が年収の1/3以内であれば、たとえ年収が少なくても審査に通ったとの口コミがあることからも、パート収入だから審査に通らないとかアルバイト収入は審査に落ちるのではないかと、必要以上に不安になることはないようです。

関連記事をチェック!

フリーターでも即日お金を借りることはできるの?

フリーターでも即日お金を借りれるのか気にしている人も多いでしょう。結論から言えばフリーターが即日お金を借りるのは可能です。 しかしフリーターは印象が悪くてお金を借りるのは難しいのではないかと卑下...

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...