絶対借りれるおまとめローンはないかも…

複数借金を抱えてしまい多重債務状態。このままでは返済できなくなると思ったときに考えるのがえるのがおまとめローンです。しかしおまとめローンの審査は甘くありません。借金をまとめたいけれども絶対借りれるおまとめローンはないかと探しても無理かもしれませんね。

なぜなら絶対借りれるおまとめローンを探している人は、すでに借金が滞納している可能性が高いからです。借金を滞納している状態なのに借金をまとめたとしてもきちんと返済してくれるか金融機関は心配しますよね。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

おまとめローンは借金状態が正常でないと契約できない

よく金融関係の情報サイトではブラックでも借金をまとめることができる消費者金融はここだ、とか多重債務者でもおまとめローン可能な業者はここだ、のように紹介していますが、その情報は鵜呑みにはできません。

なぜならおまとめローンは複数借金を一本化するものです。複数借金あるということは普通に考えると少なくとも150万円程度の借金を抱えているのではないかと推測できますね。

なぜ150万円なのかと言うと、消費者金融が貸付ける平均額がおよそ50万円で、150万円の借金をするには総量規制によって年収450万円以上なければならないからです。

年収450万円と言うとほぼサラリーマンの平均年収ですね。

年収が450万円あっても必ずしも総量規制いっぱいまで借りれるとは限りませんので、場合によっては150万円の借金を作るには年収が500万円程度なければならない場合もあります。

総量規制が導入される前から借金を抱えている人のなかには、借金総額が200万円を超える人もいるかもしれませんが、いずれにしてもおまとめローンを契約する金融機関にとって、一気に150万円や200万円の金額を貸すことはリスクだけが増大してしまい、審査に慎重にならざるを得ないのです。

一般的に銀行カードローンや消費者金融からお金を借りるには、年収の10%程度を利用限度額として与えられ、利用実績や返済状況によって利用限度額を増額する方法を取ります。

したがって年収500万円の人でも利用限度額ははじめのうちは50万円となり、総量規制該当額は細かく計算すると166万円となりますが、ほぼ借入件数3件で150万円が妥当なラインです。

利用限度額を50万円とするのと150万円とするのでは、審査が厳しくなるのも当然ですよね。

しかもおまとめローンは十分な返済能力がなければなりませんし、まとめたい借金が滞納している状態だと不良債権だとみなされ審査には通らないのです。

まして多重債務者になると毎月の返済が厳しく、3社から借入れしていても他社から借金して返済することが多くなるため、返済状況を見ると2、3回返済してはすぐに利用限度額まで借入れする状態が長く続くようになります。

これではさすがに正常な借金とは言えませんね。

関連記事をチェック!

借金返済が苦しい!おまとめローンで金利を抑えよう

カードローンは借入本数が多ければ多いほど毎月の返済金額が多くなる傾向にあります。 そのような時におまとめローンを利用すれば、毎月の返済額が少なくなる場合もありますし、何よりも1本あたりの借入額の...

銀行のおまとめローンはかなり審査が厳しい

銀行のおまとめローンはかなり審査が厳しいです。その理由は銀行のおまとめローンには必ず保証会社がついているからですね。

保証会社はおまとめローンの契約者が返済不能になった場合に、契約者に代わって借金を全額銀行に支払わなければなりません。

そのため銀行のおまとめローンを契約する際は必ず保証会社の審査を受け、審査に通った人だけが借金をまとめられるのです。

銀行は審査と保証を保証会社に任せていますので、絶対損することはありませんが保証会社は万が一の場合は借金を立て替え払いしなければならないリスクがあるため、かなり審査は慎重です。

収入証明書の提出はもちろんのこと、どこの会社に勤務しているのか、勤続年数は何年なのか、持ち家かどうか家族構成はどうなっているのかなど、普通のカードローン審査では審査対象にしない項目もしっかり調査しなければなりません。

50万円のカードローンを保証するのと、200万円のおまとめローンの保証をするのではリスク管理が違って当然ですね。

ちょっと信用情報が心配だなという場合は、連帯保証人を立ててくださいと言われる可能性がかなり高いです。

今のご時世、借金の連帯保証人になってくれる人はまず見つかりませんね。

かといって不動産を担保にしようと思っても、そもそも不動産があるなら銀行から不動産担保で借入れし借金返済することを一番に考えますよね。

関連記事をチェック!

おまとめローンの審査は厳しい?審査基準を徹底解説

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめることです。申込の段階からすでに複数の借入があるため、審査は決して簡単ではありません。 しかし、どのローンに申し込むかによって、審査の結果が大きく異なるこ...

消費者金融のおまとめローンは審査が甘い?

銀行のおまとめローンに比べれば消費者金融のおまとめローンの審査は若干甘いかもしれませんが、絶対借りれるおまとめローンを探している人が契約できるとはなりません。

絶対借りれるというよりも借りやすいおまとめローンと言うなら、消費者金融のおまとめローンは契約しやすい部類に入りますが、消費者金融のおまとめローンには最大の弱点があります。

それは消費者金融のおまとめローンの金利よりも安い銀行カードローンや、クレジットカードのショッピングリボ払いの借金はまとめられないことです。

法律によって消費者金融がおまとめローンを契約できるのは、借入申込者が一方的に有利な条件になることが必須です。

しかも毎月の返済額が確実に減ることと、将来にわたって借金完済を目指すことができること、並びに総支払金額がおまとめローンによって確実に減ることが条件なのです。

消費者金融のおまとめローンは、まとめる借金額が100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%の金利です。

貸し倒れリスクが高いため貸出金額が多くなっても金利をあまり下げることができないのです。

年15%の金利と言うと銀行カードローンはまとめられませんね。クレジットカードのショッピングリボ払いの金利は年15.0%よりも低く設定されているためやはりまとめられません。

関連記事をチェック!

審査が通りやすいおまとめローンは?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 おまとめ先で審査結果は異なる おまとめローンは複数社にあるカー...

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」は結構使える

唯一消費者金融で銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボ払いもをまとめることができるおまとめローンは、アイフルが商品化しているおまとめMAXです。

おまとめMAXは現在アイフルを利用しているか、過去にアイフルを利用したことがある人が利用できるおまとめローンです。

金利は年12%から年15%で最大まとめられる金額は800万円までと融資枠が大きいのも魅力的です。

しかしまとめる金額が少ない場合はやはり上限金利である年15%が適用され、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボ払いの借金もをまとめたいとなると、借金総額は少なくとも200万円以上でなければならないでしょう。

でもまとめる借金が消費者金融だけと言うなら、アイフルのおまとめMAXの上限金利は年15%ですから、たとえまとめる借金が100万円未満でも他の消費者金融のおまとめローンよりも金利は割安で契約可能です。

現在の借金が返済滞納することなく正常な範囲に収まっていれば、銀行のおまとめローンよりも審査に通りやすくなるだろうと考えることもできますね。

ただし条件によっては連帯保証人や不動産担保を必要とする場合も出てきますので、やはり絶対借りれるおまとめローンとまでは言えません。

関連記事をチェック!

おまとめローンの審査は厳しい?アイフルがおすすめな理由はこれ!

複数の借入を一本化できる「おまとめローン」を検討している人は、どこの銀行や消費者金融で借り換えても同じと思っていませんか。 しかし、消費者金融のアイフルは、おまとめローンの商品として「おまとめM...

絶対借りれるおまとめローンよりも債務整理を検討しよう

すでに多重債務で返済に困っている状態であれば、たとえおまとめローンを契約できたとしても近いうちに返済が破綻してしまうことは目に見えています。

おまとめローンは返済能力がある人が、バラバラに借金を支払っているよりも一本化した方がお得になることで契約できるローンです。

返済能力がないのにおまとめローンを無理に契約しても、途中で返済に行き詰まり最終的には債務整理をせざるを得なくなるのが普通ですね。

それくらいなら最初から債務整理を検討した方がはるかに有意義でしょう。任意整理によって借金を減額できれば返済しやすくなりますし、自己破産なら借金をゼロにできます。

もちろん信用情報にはキズがつきブラック状態になってしまいますが、借金問題で頭を抱えているよりも債務整理で頭をスッキリさせて、充実した現金主義生活を送るほうがはるかに精神的にもラクですね。

関連記事をチェック!

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びよう...