馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

おすすめおまとめローン最新口コミランキング!~低金利なら銀行系~

おまとめローンは銀行や消費者金融で取り扱っている商品ですが、どこを選べばいいのか分からな人も多いでしょう。

そこで役に立つのが実際に利用した人の口コミです。

口コミには利用した人の、率直な意見が反映されています。

口コミをもとに最新のおまとめローンランキングを紹介したいと思います。

最新情報でおまとめローン先を選ぼう

以前はおまとめローンというと金利面を考え、銀行一択だったのですが2017年春ごろから銀行による自主規制の影響で情勢が変わってきました。

そのため現在は銀行のおまとめローンばかりではなく、消費者金融のおまとめローンも上手に利用して、借金の一本化をする人も増えてきています。

銀行おまとめローンの審査は厳しくなったの?

まとめる最大のメリットは低金利でおまとめすることにより支払利息を減らしたり、月の返済額を押さえたりすることができることです。

そのためには現在借りている金融機関の金利よりも低くないと意味が差ほどありません。

おまとめローンを利用する人は、消費者金融で借りた借金をまとめる人が多いため、それよりも低い金利となると銀行を利用するしかありません。

2018年前までは銀行もカードローンや、フリーローンを利用してどんどん新規顧客を増やしていました。

金利が低くても借り手が多ければ利益を多く得ることができます。

しかし2017年5月に日弁連から「過剰貸付けではないか」という通告があり、このことによりメガバンク(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行)が新規貸付けの自粛の方向を打ち出しました。

その流れで他の都市銀行や地方銀行も、同じように自粛の方向で動き始めています。

そのため、もともと審査基準が厳しかった銀行おまとめローンが、なおのこと審査が厳しくなってしまったのです。

関連記事をチェック!

おまとめローンは最終手段!積極的で審査に通りやすいのはどこ?

おまとめローンは他社借入を何件も抱えている人が、借金をひとつにまとめて返済の負担を減らすことができるものです。 しかしおまとめローンはどの金融機関で、取り扱っているのか分かりにくくなっています。...

台頭してきたのは消費者金融やネット銀行

全国展開しているような大手銀行が貸付けを自粛したときに、台頭してきたのが消費者金融のおまとめローンとネット銀行です。

消費者金融のおまとめローンは、銀行と比較するとさほど金利が低いとはいえないですが、審査結果がでるまでのスピードに定評があります。

銀行で融資を断られてしまった、しかし借金をまとめないと自己破産も検討しなくてはならないという人たちの受皿になっています。

またネット銀行は、まだメガバンクなどと比べると自粛するまでは至っていないという銀行もあるので、まとめたいと考えるのであればそういった金融機関になるでしょう。

審査が甘いおまとめローンはないの?

おまとめするということは、現在の借入先の借入残高を調べたり、申込みをしたり必要な書類を準備したりと手間が発生します。

それでも確実に審査に通るのであれば、いいのですが、金利や条件がいいおまとめローンは総じて審査が厳しいものです。

そういうことであれば初めから、審査が甘い金融機関に申込みをした方が時間の節約にもなりますが、結論からいうと審査が甘いおまとめローンは存在しません。

どの金融機関であったとしても、必ず審査は行われます。

その審査基準に合った人にしか融資は行われませんし、その審査基準も各金融機関によって若干の差は生じますが、大体どこも同じです。

審査では他社借入額や借入件数、職業や年収など様々なことが影響をします。

特に影響が大きいのは信用情報の内容です。

他社借入れで延滞をしていると審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

延滞をしているだけで、その人の信用度が下がってしまうのです。

おまとめしようと考えている人は、大抵は複数の金融機関から借入れをしているでしょう。

返済管理が大変ですが、延滞をしてしまうと信用情報に記録が残り、審査でバレてしまいます。

延滞は遅延損害金も発生し、良いことは何もありませんので、返済管理は徹底して行いましょう。

関連記事をチェック!

おまとめローンの審査は厳しい?審査基準と見られる条件

複数の借入がある方にとって、役にたつ借り換え商品に「おまとめローン」があります。 積極的に利用したいところですが、一般的なカードローンと比べ、審査は厳しいと言われています。 そんなおまとめ...

銀行おまとめローンおすすめランキング

銀行は自主規制などの理由により、おまとめローンに消極的な姿勢となりました。

それでもおまとめローンを利用できる銀行は存在します。

現在は地方銀行や一部の都市銀行、ネット銀行に人気が集まってきています。

その中でも特に口コミが良く、比較的申込み基準も緩やかなおすすめランキングで紹介されている商品を確認していきましょう。

方向性を変えなかったイオン銀行

イオン銀行といえば、イオングループの店舗に設置してあるATMで一度は目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

よくイオンに買物に行く人であれば、身近な銀行のひとつです。

大手銀行がおまとめローンの貸付けを自粛している中、イオン銀行は今まで通りのスタイルを貫いています。

イオン銀行ではカードローンそしてフリーローンの取扱いが行われています。

カードローンとフリーローンの大きな違いは、追加融資が審査なしでできるかどうかという点です。

カードローンであれば、限度額内ならばいつでも追加融資可能ですが、フリーローンは追加融資の場合には都度審査が発生します。

カードローンの金利は年3.8%~13.8%となっていて、銀行カードローンの中でもかなりの低金利で利用することが可能です。

また、気になる口コミですが、「審査結果がでるまでが早い」「ふだんからイオン銀行を利用している人には便利」などの声が多く上がっています。

関連記事をチェック!

イオン銀行おまとめローン審査で気を付けること【口コミをチェック】

消費者金融や銀行からすでに複数の借入をしている人は、おまとめローンで一本化することで、月々の返済額の軽減や、返済日管理を楽にしてくれます。 おまとめローンはこのように一見便利なものですが、高金利...

東京スター銀行

次に、同じく銀行系の商品で、東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」をご紹介します。

スターワン乗り換えローンは、最大1,000万円までの金額を、適用金利(年率) 12.5%で借入できるおまとめローン商品です。

スターワン乗り換えローンの借入金利は、一律12.5%となるのが特徴です。

上限は、銀行系のカードローンに比べてもかなり低い水準にありますが、一方で、審査結果が良くても、12.5%より低い金利は適用されません。

東京スター銀行の口コミ情報では、上限金利が低いので安心して利用できることや、おまとめローンとしての専用商品であるため、利用しやすいという評価が見られます。

関連記事をチェック!

東京スター銀行おまとめローンを上手に活用する方法

カードローンなどの借入件数が膨らんでいる方には、おまとめローンがおすすめです。 おまとめローンを活用すれば、既存借入の返済負担を軽減して、借金を完済しやすくなります。 今回は、人気の高い東...

バンクイック

既存借入の借り換えに利用できる「おまとめローン」は、おまとめ専用商品や、フリーローンだけではありません。

既存借入の額が少なければ、カードローンを利用する方法もあります。

既存借入額が年収の3分の1の半分以内であれば、カードローンを活用できる可能性があります。

カードロ―ンを活用される場合、低金利で、利便性が高い商品として、三菱UFJ銀行のバンクイックの口コミによる評判が良く、人気が高くなっています。

バンクイックは、金利(年率)1.8%~14.6%の範囲内で最大500万円までを借入可能です。

バンクイックは、借入金額(限度額)に応じた金利設定となっており、100万円以下の場合で13.6~14.6%、100万円超、200万円以下で10.6%~13.6%の範囲内となります。

インターネット経由での申込が可能であり、かなりの低金利も期待できることが口コミの評判の良さに繋がっているようです。

関連記事をチェック!

バンクイックをおまとめローンに利用したい!メリットはあるの?

複数の借金を抱えた場合、おまとめローンを検討する人もいますが、金利が低い銀行カードローンは審査が厳しく、結果がでるまでに時間を要するのがデメリットです。 しかし、三菱UFJ銀行カードローン「バン...

申し込み条件が緩いのはりそな銀行フリーローン

りそな銀行も都市銀行のひとつですが、フリーローン「プライベートローンJ」の申込み条件が他銀行と比べた場合、条件が緩やかなのが特徴です。

りそな銀行カードローンは継続安定した収入があれば、パートやアルバイトでも利用可能です。

またカードローンの種類は「プレミアムカードローン」「クイックカードローン」の2種類あるので、条件に合ったカードローンを選択することが可能になっています。

口コミは「上限金利が他行よりも低い」「大手銀行の割には敷居が低かった」「審査には時間がかかった」などが散見されました。

上限金利が14%というのは、銀行カードローンと比較しても低いため、少額利用の人やそれほど高額の借入れではない人には特におすすめです。

アルバイトやパート勤務でも審査に通ったという口コミも多かったので、銀行は審査に厳しいイメージですが、それでも「借入れするならば銀行がいい」という人にとっては見逃せない銀行カードローンのひとつです。

ただし、カードローンの場合は「健全な消費資金」という条件があるため、おまとめとして利用するにはおすすめできません。

関連記事をチェック!

りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」の借入、返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はりそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」について説明したいと思います。 りそな銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」について ...

銀 行商品名最高融資額金 利特 徴
住信SBIネット銀行ミスターカードローン(プレミアムコース)1,200万円1.59%~7.99%所定の条件を満たすことにより最大で0.6%金利引き下げ
三菱UFJ銀行バンクイック500万円1.8%~14.6%無人契約機「テレビ窓口」でカード発行まで可能
りそな銀行りそなプレミアムカードローン800万円3.5%~12.475%住宅ローンを利用中であれば0.5%金利引き下げ
イオン銀行イオン銀行カードローン800万円3.8%~13.8% 口座振替請求等による自動支払で残高が不足している場合の自動融資機能有
フリーローンランキング

フリーローンは必要となる書類が多く、借り換えしたものは解約することを条件とする銀行もありますが、返済のみに専念することができますのでカードローンよりも早く完済することができます。

フリーローンのランキングは「最高融資額」「金利」「金利引き下げの有・無」を基準に順位を付けています。

順 位銀 行商品名最高融資額金 利特 徴
1位住信SBIネット銀行ミスターフリーローン1,000万円変動金利
4.775%~12.000%
所定の条件を満たすことにより最大1.0%金利引き下げ
2位イオン銀行イオン銀行フリーローン700万円固定金利
3.8%~13.5%
インターネット限定商品
3位三井住友銀行フリーローン(無担保型)300万円変動金利
5.975%
住宅ローン利用中の場合3.0%金利引き下げ
4位三菱UFJ銀行ネットDE多目的ローン300万円変動金利
5.475%
インターネット限定商品
5位みずほ銀行みずほ銀行多目的ローン 300万円変動金利
5.875%
固定金利
6.650%
●みずほ銀行で証書貸付利用中または過去に利用していた場合0.1%金利引き下げ
●住宅ローン利用者専用の多目的ローンあり
6位りそな銀行りそなプレミアムフリーローン500万円固定金利6% 年収400万円以上が対象

消費者金融おまとめローンランキング

消費者金融でおまとめローンを利用する場合に気になるのが、貸付けに制限がある総量規制の存在です。

しかし、消費者金融のおまとめローンは総量規制の対象外となります。

金利も通常のキャッシングと比べると低めの設定になっているため、現在同じ消費者金融から既に借入れを行っている場合には、同じ流れで返済できて使い勝手がいいと評判です。

それでは消費者金融でのおまとめローンランキングで紹介されている商品を見ていきましょう。

ショッピングリボも対象!アイフルおまとめMAX

銀行カードローンと異なり、消費者金融でのおまとめローンは一部対象外になるものが存在します。

銀行カードローンやショッピングのリボ払いは対象外とする消費者金融が多い中、アイフルのおまとめMAXでは銀行カードローンも、クレジットカードの支払もおまとめの対象になっているので幅広くカバーすることが可能です。

また飽くまで返済専用のローンになりますので、今後は追加融資ができません。

その分返済に集中できるということも利点になっています。

口コミで多く見られたのが消費者金融にしては上限金利が低いことです。

他消費者金融でのおまとめローン金利の中でも最も低い15.0%が上限金利ですので、現在18.0%で借入れをしているのならば、消費者金融でのおまとめローンでも十分、金利を抑えることが可能です。

関連記事をチェック!

アイフルでの借り換えローン【おまとめMAXとかりかえMAXはどう違う】

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。...

審査の速さで定評!プロミスおまとめローン

プロミスおまとめローンも同じく、返済のみの商品になります。

またまとめることができる範囲は消費者金融からの借入れ、クレジットカードによる無担保での借入れに限り、ショッピングのリボ払いや銀行カードローンは含まれません。

しかし口コミで一定の支持を得ていたのが「審査の速さ」です。

インターネット受付はしておらず店頭若しくは自動契約機での申込みになりますが、条件によっては即日融資も可能です。

特に急ぎでおまとめをしたいという人には需要がある内容になるのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

 プロミス借り換え,おまとめローンで借金一本化!金利/口コミ/評判/デメリット

件数が膨らんでしまった借金は、返済の手間暇も増加させ、さらに毎月の返済額も大きく、負担になります。 借金を一本化してしまうと、これらの負担が減少し、完済に向けて返済しやすくなります。 今回...

消費者金融商品名最高融資額金 利特 徴
アコム借り換え専用ローン300万円7.7%~18.0%最長13年7ヶ月の返済が可能
ライフティ貸金業法に基づくおまとめローン300万円8.0%~18.0%インターネットからの申し込み限定
アイフルおまとめMAX800万円12.0%~15.0%アイフルを利用中または過去に利用していた人限定
アイフルかりかえMAX800万円12.0%~17.5%初めてアイフルを利用する人限定
プロミスおまとめローン300万円6.3%~17.8%実際に契約できる金額は借り換え対象とした契約額の範囲内でプロミスが決定した金額となる
フクホー貸金業法に基づく借換えローン200万円7.30%~20.00%融資額に応じて上限金利が変化
アロー貸金業法に基づく借換ローン200万円15.00%~19.94%最長15年の返済が可能

おまとめローン審査のポイント

9feb43e68a792e02671dfddd1d736b5b_t

おまとめローンの審査においては特に現在借入しているものの返済がきちんとされているかということが重要となります。

このことを返済実績といい、これまで1度も遅れたことがないという場合にはなにも問題はありませんが、たまに返済が遅れることがある場合には審査が厳しくなってしまいます。

いくらおまとめローンによって毎月の返済額が少なくなって返済していくことが楽になるからといっても返済実績が良くなければ信用が低くなり借り換えすることができません。

申し込みをする前の直近で返済が遅れたなどがある場合には1度おまとめローンの申し込みは控え、きちんとした返済実績を作ってから申し込みをすると審査に落ちる確率は少なくなります。

借り換えであることを明確に伝える

消費者金融のおまとめローンは借り換える専用のローンですので必要はありませんが、銀行のカードローンやフリーローンで借り換えをする場合には資金使途を「借り換え」であると明確に伝えなければなりません。

フリーローンの場合には申込書の資金使途欄に「借り換え」と記入し、借り入れしている金額などが分かる書類を提出しますが、カードローンの場合にはそれらの書類は提出しませんので、きちんと伝えるか記入しなければなりません。

借り換えであることをきちんと銀行や保証会社に対して伝えなければ新たな借り入れとして審査をされてしまいますので、こうなってしまうと審査に通りにくくなってしまいますので、申込書は正確に記入するようにしましょう。

関連記事をチェック!

おまとめローンの審査は厳しい?審査基準を徹底解説

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめることです。申込の段階からすでに複数の借入があるため、審査は決して簡単ではありません。 しかし、どのローンに申し込むかによって、審査の結果が大きく異なるこ...

おまとめローンを利用した場合のメリットはなに?

複数の借金を1本化できるおまとめローンには、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

低金利な金融機関でおまとめすることで支払利息が減る

現在の借入よりも低金利な金融機関で借金をおまとめすることで、支払利息も減り、借金の総額も減らせる可能性があります。

また、毎月の返済額も減らせるため、返済に余裕がなくなって下がっていたモチベーションが回復し、将来設計が立てやすくなることでふだんの生活にも余裕ができる可能性もあります。

バラバラな返済日がひとつになる

複数の借入先がある場合、毎月それぞれの返済日がバラバラでやってくるため、常に返済をしているような気分になり、いったいいつ返済が終わるのか、先が見えない状況に常に不安を抱える日々が続きます。

しかし、複数の借入先をおまとめローンで1社にまとめることで、当然返済日は月に1回になり、手間もかからず返済手数料の節約にもなります。

また、月に何度も返済しなければならないという精神的な負担も軽減することができます。

多重債務者というレッテルから開放される

最初はお金を借りることに抵抗があった人でも、気軽に借りられるカードローンを利用するうちに感覚が麻ひし、2社3社と借入先が増えるうちにあっという間に返済が困難な状態になった多重債務者と呼ばれる状態になります。

返済が困難になるまでお金を借りてしまうことで、取立ても厳しくなり、精神的にどんどん追い込まれていきます。

そんな多重債務者でもおまとめローンを利用することによって、借金を1本化することは可能です。

何社からも借金をして取立てに追われる毎日が、借金を1本化することでリセットされ、新たな気持ちで返済を続けていくことができます。

しかし、ここで安心して新たに借金をすると、あっという間に多重債務者へ逆戻りです。

絶対に新たな借金はしないという強い意志が必要です。

おまとめローンのここに注意!

おまとめローンは複数の借金を抱えた人にとっては、有り難い商品だといえるでしょう。

上手に利用すれば、支払利息を減らすことができるなど多くのメリットがあります。

しかし間違った利用の仕方をすると、借金を減らすつもりが借金が増えたという事態にもなりかねません。

そんなおまとめローンの注意すべきポイントについて見ていきましょう。

今より低金利な1社を選択しないと支払利息が増える!

おまとめローンは、現在の借入先よりも低金利な金融機関で借金をまとめることが大きなポイントです。

もし、現在よりも高い金利の金融機関で1本化してしまうと、支払利息が増えてしまい、もともとあった借金よりも多く返済しなければならなくなる可能性があります。

おまとめローンを利用する場合は、現在の借入よりも必ず低金利な1社でまとめることが大切です。

関連記事をチェック!

おまとめローンは金利に注意!得する場合と損する場合

借金が複数本あると毎月の返済が大変です。そのような時は借金のおまとめを行い、返済を楽にしたいと考えるものです。 しかし、おまとめが必ずしも得になるとは限らないとご存知でしたか? おまとめを...

長い返済期間にしてしまうと総支払額が増える?

低金利の1社で借金を1本化することができたとしても、返済期間を今よりも長く取ってしまうと支払利息が増え、結果として総支払額がおまとめ前よりも増えてしまう可能性があります。

返済期間を長く取ると月々の返済額を減らすことができるため、毎月の返済負担が少ない方がいいと考える人も多いでしょう。

しかし、余りに長い返済期間を取ってしまうと、びっくりするほど支払利息が増えてしまいますので注意が必要です。

おまとめローンをすることで借金がかえって増えてしまったということにならないように、十分にシミュレーションをしてから利用することをおすすめします。

借金を1本化したからといってまた借金を増やす危険性も!

多重債務者にありがちな話として、借金をおまとめローンにて1本化したことで安心してしまい、少しぐらい大丈夫だろうとまた新たな借入先で借金をしてしまうというケースです。

これではおまとめローンを利用した意味がなく、また新たな借金をしてしまうとあっという間に多重債務者に戻ってしまいます。

おまとめローンによって多重債務者から逃れたことを忘れてすぐに借金をしてしまう体質を根本的に変えなければ、何度も同じような失敗を繰り返すことになってしまうでしょう。

借金返済地獄はどうやって脱出する?

銀行のおまとめローンの特徴とは?

おまとめローンに利用できるものとして、銀行のおまとめローンがあります。

銀行のおまとめローンの特徴を見ていきましょう。

金利は低いが審査が厳しい!

銀行のおまとめローンは、消費者金融などよりも金利が低く、限度額も高めに設定されています。

そのため、借金総額が大きい人ほど、おまとめローンを利用することで支払利息を減らせる効果が期待できます。

しかし、低金利で高額融資をしているが故に、審査がどうしても厳しいものとなってしまいます。

おまとめローンは、借金をまとめるという目的であるために、そこまで借金が増えた人に対して高額の融資をするということに銀行もリスクを背負わなければなりません。

安定性のある職業で年収もそれなりに高く、延滞を1度もせずに現在も支払いを続けている人であれば審査に通る可能性は十分あります。

しかし、安定性のある職業であっても、現在の借入で何度も支払いを延滞している場合は審査に通らない可能性が高くなります。

低金利で借入できるという点は魅力的ですが、自分が審査に通る可能性があるかどうかをよく見極めてから申込みをしましょう。

関連記事をチェック!

おまとめローンの審査は厳しい?審査基準を徹底解説

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめることです。申込の段階からすでに複数の借入があるため、審査は決して簡単ではありません。 しかし、どのローンに申し込むかによって、審査の結果が大きく異なるこ...

銀行カードローンをおまとめローンとして利用できない?

おまとめローンの利用方法として、銀行のカードローンをおまとめに利用するという方法が以前は主流でした。

しかし、2017年以降、銀行カードローンの過剰融資による問題によって、銀行の自主規制が始まり、銀行カードローンをおまとめに利用するという方法は実質利用できないというのが現状となりました。

そのため、現在おまとめローンとして利用できるのは、銀行のおまとめ専用ローンか、消費者金融のおまとめ専用ローン、また銀行や信用組合などのフリーローンなどとなっています。

銀行系消費者金融って?おまとめローンは使える?

おまとめローンとして利用できるのは、銀行のおまとめ専用ローンだけでなく、消費者金融のおまとめ専用ローンも利用することができます。

銀行系消費者金融と呼ばれるのはどういった消費者金融なのか、また消費者金融のおまとめ専用ローンとはどういうものかについて見ていきましょう。

銀行系消費者金融ってなに?銀行ではないの?

かつての消費者金融は「銀行系」などと呼ばれずに、「サラ金」と呼ばれていました。

高金利での貸出しに厳しい取立てで批判が増え、2010年の貸金業法の改正によって、消費者金融は規定以上の高金利での貸出しができず、過払い金請求の支払いにより経営が悪化しました。

そんなときに、消費者金融のノウハウが欲しかった銀行と、総量規制により経営が悪化したのと同時にサラ金のイメージを変えたい消費者金融が手を組みました。

現在では大手消費者金融のアコム、プロミス、SMBCモビットが銀行の傘下に入り、銀行系消費者金融と呼ばれています。

消費者金融銀行グループ
プロミス
(SMBCコンシューマーファイナンス)
三井住友銀行グループ
アコム三菱UFJフィナンシャルグループ
SMBCモビット三井住友銀行グループ

地方銀行や信用組合などのフリーローンも狙い目?

おまとめローンとして利用できる商品の中に、フリーローンという選択肢もあります。

ただし、おまとめ利用可能という銀行に限られるため、どこでも利用できるわけではありません。

特におすすめなのは、地方銀行や信用組合、信用金庫など地域密着型の金融機関のフリーローンです。

かなり低金利で借りられるものや、限度額が高いものも多く、地方銀行だからと敬遠せずに利用してみることをおすすめします。

ただし、ほとんどの地方銀行や信用金庫では利用するためには営業エリア内に住んでいるか勤めている必要があるため、かなり利用者が限定されます。

それでも、低金利で利用できるというメリットがあるため、特にふだんから地方銀行などに口座があり、利用しているという人は審査にも通りやすいため、選択肢のひとつに考えてみることをおすすめします。

関連記事をチェック!

地方銀行のおまとめローン審査は甘い?

複数の借金に苦しんでいる人は、複数の借金を一本化するおまとめによって返済を楽にすることができます。 しかし、おまとめローンの審査はそれほど甘くはありません。 また、メガバンクなどの限度額の...

まとめ

おまとめローンの審査は厳しいといわれていますが、どこまでが合格ラインなのかはそれぞれの金融機関によって異なります。

まずは自分自身の条件にあった契約内容なのかをよく確認し、おまとめするメリットがあるかどうかをよく検討した上で申込みをすることをおすすめします。

コメントを投稿できます!

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要!

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

  4. 2社目,3社目キャッシングOK!他社借入/貸入ありでも借りれるカードローン 

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法【消費者金融と銀行の金利比較】

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談