キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

楽天カードリボ払いは支払いが多いから怖い?内容を知って賢く利用!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ネットショッピングの普及や、またCM広告などの影響により、多くの所有者数がいるのが楽天カードです。

ポイント付与のキャンペーンなどで、返済方法を知らずにリボ払いにしてしまったという人もいるのではないでしょうか。

リボ払いは本当に怖いのか、メリットは何もないのかを知って賢く利用すると安心です。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

楽天カードのリボ払いと

クレジットカードはキャッシングでも、ショッピングでも使用した分だけあとで請求が入ります。

その返済方法のひとつがリボ払いですが、カード利用に詳しい人ではなくても「リボ払いは恐ろしいものだ」というイメージがあるようです。

リボ払いは返済する金額が少額な分、完済までの年月が長く借金総額が多くなってしまったなどのデメリットも確かに存在しますが、月の返済額がほぼ一定なので返済管理がしやすいというメリットもあるので、賢く利用をすると便利なものです。

またカード会社によって返済方法や金額も異なりますので、楽天カードでリボ払いを利用した場合の契約内容から確認してみましょう。

楽天カードリボ払いの特徴

楽天リボ払いの商品概要は以下のとおりです。

  • 利用上限…申込者によって異なる
  • リボ払い金利…15.0%
  • 月の返済額…利用金額20万円以下であれば月5,000円、20万円超であれば月10,000円
  • リボ払いの種類…買物リボ、あとからリボ、自動リボの3種類から選択可能
  • 返済方法…元金定額方式

上記が楽天カードでリボ払いを選択したときの基本的な契約内容になっていますので、しっかりと頭に入れて認識しておくことが重要になってきます。

リボ払いが3種類?

一言にリボ払いといっても、楽天カードの場合は3種類の中から選ぶことができます。

「買物リボ」はその名のとおり、カードを使用して買物を行った場合に行うリボ払いのことです。

「あとからリボ」はカード使用のときに一括若しくは分割でカードを利用したものの、返済額が少し大きすぎる場合などであとからリボ払いに変更するサービスになっています。

ここまでは他社のカードを利用した場合のリボ払いと余り遜色ないのですが、最後の「自動リボ」が良くも悪くも楽天リボ払いの大きな特徴です。

最初の設定で「自動リボ」を選択していれば、仮にカード使用の店舗で一回を選択したとしてもリボ払いにしかならないようになっています。

その月1回しかカード利用をしていないのであれば、請求額で気が付くこともありますが、複数回利用していた場合にはよほど前もって、自分自身が請求金額を確認していないと分からない場合もありますので注意をしてください。

常に1回払いにしていたつもりでカードを利用していっても、返済額はリボ払いの請求になりますので、元金が残ったままになり積もり積もって気が付けば利用上限いっぱいになっていたという、ケースもありますので注意する必要があるでしょう。

自動リボを選択してしまった場合には一括返済できないのか

自動リボ払いしているつもりではないものが、自動リボに設定してしまっていた場合は変更することが可能です。

しかし自動リボ払いは登録時に、勝手についてくるサービスではありません。

自分自身で自動リボのコースを選択しない限りなりませんので、返済方法を変更する場合は手続を行う必要があります。

変更手続は楽天イーナビからログインをして、トップページの「支払額の調整」という項目を選択します。

するとお支払方法の中で「リボ残高のおまとめ払い」が表示されますので、ボタンをクリックして全額払いを選べば手続が完了します。

支払月の10日22時までであれば受付可能です。

楽天カードリボ払いの仕組みとは

リボ払いは利用した金額に応じて毎月の返済額がほぼ同じになるのですが、必ずしもどこのカード会社でも同じ条件ではありません。

リボ払いという種類の中でも「定額方式」と、「残高スライド方式」と大きく2種類に分かれています。

定額方式は幾ら利用しても返済額は変わらないのですが、その分元金に充当される金額が少ないので完済までの期間が長くなります。

一方の残高スライド方式は利用する金額が増えれば、その分は返済金額も大きくなるという仕組みです。

それでは楽天リボ払いがどのような方式なのか見ていきましょう。

楽天リボ払いは「元金定額方式」

楽天カードでのリボ払いは元金定額方式になっています。

「定額方式でも残高スライド方式以外は分かりにくい」のですが、実際にはよほど金融関係に詳しい人ではない限り、リボ払いというものは理解がしにくいものです。

しかし毎月の返済金額に直結して、返済総額に関係する大事な契約内容ですので、事前にしっかりと理解しておかないと、トラブルのもとにもなってしまうような重要な箇所です。

この元金定額方式は元金の返済する設定金額が毎月同じで、そして利息が加算されるものです。

この元金を幾らに設定するのかは、利用した金額で異なります。

つまり必ず毎月同じ金額が、請求額として発生するわけではありません。

自動リボになっていたとしても、気を付けて明細を確認しない限りなかなかすぐには判明しないケースもありますので注意をしてください。

リボ払いと分割払の違いは何?

返済方法は一括以外であれば、リボ払いそして分割払を選ぶことができます。

返済を複数回に分けるという意味では同じようにも感じてしまいますが、実際はどのような違いがあるのか見ていきましょう。

分割払は回数を利用した人が決めることができますが、リボ払いは利用者が決めることができません。

分かりやすくいえば、自分自身で返済回数を決めることができるのが分割払で、カード会社が決めた契約内容に沿って支払っていくのがリボ払いです。

分割は自分で回数を決められる分、ある程度は先をみとおせる場合に利用することが多いのですが、リボ払いですとカードを使った時点での残高ですべてが決まるので、あと何回支払えば完済になるのかがよく分からなくなっています。

そのためリボ払いにするときには、必ず幾ら分カードを使ったのかを自分自身が覚えておかないと、いつまで経(た)ってもカードの利用残高が減りません。

関連記事をチェック!

305view

楽天カードの支払いは分割にしてもポイントでお得?

発行手数料と年会費が無料で、ポイントがたくさん貯まる、楽天カードを利用している人も多いようです。 楽天市場をよく利用する人なら、なおさらポイントが貯まりやすいというメリットがある反面、ポイントにつら...

関連記事をチェック!

154view

リボ払いの支払いはいつ終わる?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 リボ払い手数料の計算方法 リボ払いを利用したものの、その支払をいつまですればいいのか、総額でど...

返済金額は幾らからOKなのか

リボ払いは元金均等返済や元利均等返済と比較すると、低い返済金額であることが魅力なのですが、その返済金額は各カード会社によってマチマチです。

楽天カードリボ払いの返済金額は幾らで設定されているのでしょうか。

利用金額に応じて2種類存在する

楽天カードリボ払いは、利用した金額に応じて返済する元金金額が設定されています。

20万円以下であれば5,000円、20万円超であれば10,000円となっています。

それでは仮に30万円利用し、金利が15.0%と仮定しましょう。

その場合の初回返済額は元金の10,000円に「金利手数料(15.0%)」が加算されて、12,500円が請求額になります。

総返済額で考えれば、30万円を利用した場合の金利手数料は375,000円という計算です。

元金設定を変えることは可能なのか

金額に応じて元金の設定金額は決まっていますが、指定金額よりも多く元金を支払っても問題がないということであれば、返済額の設定は変更できます。

変更方法は楽天イーネットにログインし、トップページの「支払額の調整」という項目を選択します。

その後「リボ払いお支払コースの変更」を選択すると、元金設定を変えることができます。

ただし変更するには条件があり、ショッピングでの変更金額は5,000円から、キャッシングでの変更金額は8,000円からとなっています。

この条件以下は申込みをすることはできません。

飽くまで現在の元金設定よりも多く支払いたいという場合に有効になります。

楽天カードリボ払いの金利手数料とは

同じリボ払いを扱うカード会社でも、中には金利手数料なしという金融機関も存在しますが、多くの金融機関はリボ払いでも金利手数料は発生します。

楽天リボ払いの場合は15.0%となっていますので、他社と同じ程度の設定金額となっています。

一括ではない分、手数料が発生するのは仕方ないものですが、できる限り安く抑えていきたいというのが本音なのではないでしょうか。

同じく複数にわたり支払う分割払と、どちらがお得になるのか見ていきましょう。

金額によっては分割払でもリボ払いと変わらないことも

リボ払いの金利手数料が15.0%であるのに対して、分割払の場合は支払回数によって異なります。

手数料が発生するのは3回払いにしたときからです。

3回払いは12.25%、5回払いは13.50%と変わっていきます。

分割に関しては支払回数が多くなるほど金利負担が大きくなるという特徴があり、最大の36回ですと金利手数料は15.0%になります。

15.0%となればリボ払いと同じ数字ですが、分割払でリボ払いと同じ金利手数料になるのは15回支払以降になってからです。

つまり分割であっても15回以上組むのであれば、実質リボ払いと変わらない金利手数料が発生します。

ただし金利は同じでも、支払回数が分かっているのと、分からないのでは精神的不安が変わってきます。

リボ払いで金利手数料負担が同じだったとしても、必ず回数や完済までどの程度かかるのかは自分自身で把握しておく必要はあるでしょう。

楽天カード支払いの分割変更。方法,手数料,できない理由とは

楽天カードリボ払いでの返済方法はどうしたらいいのか

楽天カードリボ払いの締め日は毎月月末で、請求は翌月の27日です。

通常は利用した分の返済方法は、口座からの引き落としになっています。

しかし返済日に入金をし忘れた等で引き落としができなかった場合には、再振替などの対応はしてくれたり、連絡があったりするのか見ていきましょう。

口座再振替も可能

もし入金し忘れた場合、再振替も可能です。

しかしすべての銀行に対応していませんので、まず引き落とし用で指定している銀行が、再振替指定の銀行なのかを確認しておくといいでしょう。

再振替対象の銀行は「楽天銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「北海道銀行」「北陸銀行」「横浜銀行」「千葉銀行」「広島銀行」「福岡銀行」「熊本銀行」「親和銀行」「常陽銀行」「肥後銀行」「八十二銀行」「ゆうちょ銀行」の18銀行です。

指定以外の銀行だった場合には、楽天銀行カードの指定口座に振り込む必要があります。

振込先口座や振込金額については、電話若しくは楽天イーネットから確認することができます。

また振込手数料は、別途負担になってしまいますので注意しましょう。

電話にて確認する場合には、自動音声専用ダイヤル(0120-30-6910)で24時間対応可能です。

音声ガイダンスに沿って「3 各種照会」を押し、カード番号と生年月日を入力します。

その後は「2請求額の照会」を押すと、該当する月の請求金額が分かるようになっています。

メニューを案内するガイダンスが流れたあとに、「3200」を押しても同様に確認することができるようになっています。

振込先口座番号などは、契約者によって異なりますので、必ず確認をしてから振り込みするようにしましょう。

インターネットからでも確認可能

引き落とし日の最短2営業日~最大5営業日までの間に、楽天イーナビにログインをすると、トップ画像の一番上に青色のバナーで「至急こちらのお知らせをご確認お願いいたします」という文字が表示されます。

その青いバナーをクリックすると、振込先口座などが記載されているページになりますので、確認した上で入金の手続を行うといいしょう。

もし青いバナーが確認できないとき、楽天イーナビにログインできない場合には、楽天カードコレクトセンター(0570-66-6910若しくは092-474-6287)へ営業時間内(9時30分~17時30分)に問合せを行う必要があります。

コンビニ払いも可能

引き落とし口座手続が完了していなかった場合などは、コンビニエンスストアでも支払が可能な支払用紙が郵送されてきますので期限までに返済を行う必要があります。

コンビニエンスストア払いをすると、返済金額に別途手数料が発生(1万円未満64円、1万円以上5万円未満108円、5万円以上30万未満324円)しますので、できる限り返済を遅れないようにするか、早めに指定銀行口座へ登録をしておくことをおすすめします。

延滞督促の連絡はくるのか

返済が遅れるとコンビニ払いの用紙が送られてきますので、電話連絡は基本的にはありません。

もちろんそのハガキに記載されている返済日を何の連絡もなく延滞した場合には、電話連絡が入ってくる可能性は高くなってきますので気を付けてください。

関連記事をチェック!

567view

楽天カードに支払い遅れ発生!無視できない5大デメリットとは?

5000ポイントプレゼントなど入会特典も魅力的で、比較的審査もとおりやすいと言われている楽天カードですが、支払い遅れには実にシビアな対応をすることでも有名です。 キチンと支払いできる人なら気にする必...

楽天銀行リボ払いを一括返済したい

「よくリボ払いというものが何なのかが分かっていなかった」「金銭的に余裕ができた」のように、今までリボ払いにしていたものを一括返済したい場合にどのようにするといいのか見ていきましょう。

返済日前に一括返済したい

一括完済する場合には楽天カードに連絡をする必要があります。

返済日前に完済できる余力があるのであれば、すぐに電話で連絡を行うようにしましょう。

24時間対応可能の自動音声ダイヤル(0120-30-6910)に電話をして、あとは音声ガイダンスに沿って番号を押していけば完了です。

また返済日以外の返済をしたい場合は、指定の口座に振り込みをする必要があります。そのときの振込手数料は負担する必要があります。

手続可能な期間は、引き落とし反映後~翌月9日の14時45分までになっていますので気を付けてください。

それ以降の場合は楽天カードコレクトセンター0570-66-6910、若しくは092-474-628へ営業時間内(9時30分~17時30分)に問合せを行いましょう。

リボ払いにしていた分を1回払いに変更したい

リボ払いで組んでいたけれども、やはり1回払いに変更したいという場合、リボ払いを1回払いにすることは楽天カードリボ払いではできないようになっています。

しかし次回請求分を先に話したような方法で一括返済したり、返済額を増額したりすることはインターネットから行えますので、そこで調整してみるといいでしょう。

楽天カードリボ払いの変更・解除はできるのか

特に新規入会キャンペーン時に「自動リボに設定するだけで7,000ポイント付与」などで、深く考えず返済方法を自動リボにしてしまっている人もいるようです。

自動リボを選択している限りは、どんなに店頭で「一括で」「分割で」と伝えたとしても、リボ払いにしかならないように設定されています。

毎月の返済額は確かに抑えることができますが、もしその返済方法を望んでいなかったり、望んでいたけれども不要になったりという場合には、どのような手続を行えば変更・解除ができるのか確認していきましょう。

まずは契約内容の確認を

最初に本当に自動リボになっているのかを、確認しておく必要があります。

楽天イーナビにログインしたあとに、「支払額の調整」の中にある「自動リボの登録・解除」という項目を選びます。

選択をすると自動リボを利用していれば「登録済み」、利用していなければ「未登録」と表示されますので、そこで契約内容が本当に自動リボ払いになっているかを確認することができます。

解除方法はどうしたらいいのか

現在間違いなく自動リボ払いになっていて、なおかつそれを解除したいということであれば、そのままログインした状態で「解除する」というボタンを押して解除します。

手続完了後にもう一度トップ画面に戻り、ステータスが「未登録」になっているかを必ず確認するようにしましょう。

海外でのキャッシングには要注意

楽天カードを海外でキャッシングした場合には、リボ払いでも分割払でも適用ができません。

一括払いのみとなっています。

もし帰宅後「やはりリボ払いにしたい」という場合には、あとからリボで変更は可能です。

引き落とし日はいつ?事前にお知らせメールはくるの?

楽天カードリボ払いの返済は毎月10日締めの翌月27日支払いになっています。

しかし日々忙しくしていると、つい口座に入金をし忘れたという場合も珍しいことではありません。

返済日が近くなると請求金額や返済日が記載されたメール案内が届く金融機関も存在しますが、楽天カードリボ払いの場合でもそのようなサービスは実施されるのか確認していきましょう。

請求確定の案内メールサービスはある

月の請求金額が確定したら、毎付き案内メールは送られてきます。

タイミングとしては毎月12日以降となります。

時間に余裕があれば、メールが来たその日に口座に入金ができて慌てずに済みますし、残高不足で引き落とし不可ということも回避できます。

入金して利用可能枠が復活するのはいつ?

既に利用限度額がいっぱいで新しい借入れができない場合には、返済すればその返済した分の元金までは追加で再び借りることが可能です。

毎月引き落とし日が27日ですので、利用可能枠があればその日からでも使いたいという気持ちもあるかと思いますが、実際間違いなく返済しましたと反映されるまで、楽天銀行であれば当日から翌営業日、楽天銀行以外ならば2~4営業日時間を要します。

そのためどんなに早くても、返済したその日からまた利用可能枠が復活する可能性はあるものの、極めて低いと思っておいた方がいいでしょう。

たまたまタイミングがあえば、返済した日に利用することは可能です。

ポイントが付与されるタイミングは?

利用したらその分たまっていくのがポイントです。

できれば利用可能枠同様に、カードの利用したその日からポイントが反映させてほしいものですが、実際はどのタイミングで付与されるのでしょうか。

翌月15日以降

前月の1日から月末まで利用した分のポイントは、翌月の15日以降に反映されます。

ポイント数はWEB明細からでも確認可能ですので、請求金額との締め日が異なる分、少しポイントが反映されるタイミングも異なってきます。

新規入会ポイントはいつポイントが反映されるのか

「楽天カードも申込みをした理由はポイント付与が大きいから」という人も多いのではないでしょうか。

せっかくお目当てのポイントですので、できる限り早く付与してもらいたいというのが本音でしょう。

単純に新規入会だけのポイントであれば、カードが届き次第、楽天イーナビに登録・ログインをしたら一番上にオレンジ色のバナーで「2,000ポイントを受け取る」とありますので、選択してください。

その後「ポイントの受け取りを申請する」を続けて選択すると完了します。

新規入会特典ポイントとは別にカード利用特典がある場合には、期間内に利用得点対象の商品を購入すれば自動的に付与されます。

またキャンペーンごとにポイントが付与される条件は異なりますので、事前にしっかりと確認しておくといいでしょう。

リボ払いでのトラブルを防ぐ方法

以上でご紹介したトラブルを防ぐ方法をご紹介します。

毎月の利用明細を確認する

まずは、使用履歴と支払い金額を必ず確認するようにします。

これによって利用した物の支払いが一括払いなのかリボルビング払いになっているのかを確認できますし、リボルビング払いの支払金額も確認できます。

楽天カードの場合には、紙でのお知らせを希望すると料金もかかってしまうのでネットで確認するようにしてある人が多いと思います。

ネットで確認ができるのは非常に便利なのですが、確認しようという気が起きないと確認する機会も失われることになります。

ですので確認する機会がなかなかないのですが、できれば楽天からの利用通知や支払金額の決定通知が来たときに確認するようにすると良いですね。

これをするだけでも、大きなトラブルを避けることができます。

口座には十分余裕を持たせて置く

支払いの時に口座に十分なお金が用意できていない時には、引き落としができなくて結果的に滞納してしまいます。

楽天カードの場合には指定日に引き落としがされなくても、4営業日以内に引き落とし口座にお金を用意すれば何の手続きも必要なく引き落としがされます。

ただ、この引き落としができなかった情報も楽天の中では保持される記録になりますので、何度も繰り返しているとカードの契約が途中で解約される結果になってしまいます。

自動リボ払いは解約しておく

リボ払いにしていて利用限度額いっぱいになるには、通常使っている範囲であれば、数年間かかることになります。

ですので、その間に支払金額に差異があると気が付いて利用明細を確認することもあると思います。

ただ、確認する機会が無い場合には使えなくなってからこの事実が確認されるようになります。

これを解消する方法は、「楽天e-NAVI」にログイン後、「リボ・キャッシング」の「自動リボの登録・解除」をクリックすると確認することができます。

ここで設定されていた場合には、「解除する」のボタンを押すだけで解約ができます。

ただ、毎月10日22:00~11日18:00は当月分の変更、毎月10日22:00~11日6:00は翌月分の変更が利用することができません。

◆楽天カード公式サイト:「楽天e-NAVIログイン」

まとめ

リボ払いが怖いと思うのは間違いではありません。

しかしリボ払いといっても様々な返済方法があるということを熟知しておけば、便利に利用ができるでしょう。

カードを利用しても1回払いが理想ですが、自身の懐事情とよく向き合い、無理のない返済計画を立てることをおすすめします。

楽天カードのメリットとカード払いの注意点を解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談