おまとめローンはノンバンクがおすすめ!?銀行との違いも紹介

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

おまとめローンを借りるときに、銀行と一緒によく聞くワードにノンバンクというものがあります。

余り聞きなれない単語ですが、実はおまとめローンはノンバンクの方がおすすめなのです。

今回は、ノンバンクのおまとめローンがおすすめの理由や、おすすめおまとめローンの商品の紹介をしていきます。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

ノンバンクと銀行の違いとは

ノンバンクはよく銀行と比較される言葉です。

銀行の業務は、お金の預かりと貸出しという大きなふたつの業務があります。

この内、お金の預かりは行わずに、貸出し業務のみを行っている金融機関をノンバンクと呼びます。

ノンバンクは貸金業法に基づいて登録されている貸金業者です。

例えば、カードローンでお金の借入れができる消費者金融や、クレジットカードの発行を行っている信販会社などが代表的なノンバンクといえます。

関連記事をチェック!

368view

貸金業者とは?リースや銀行とは違う?

貸金業者と銀行の違いはどこにあるのか、急に質問されても出てくる答えは預金業務を行えるかどうかの違いじゃないの?となるのが精一杯ですよね。 しかし貸金業者と銀行の違いは預金関係だけでなく、貸金業者も銀...

おまとめローンはノンバンクがおすすめ

代表的なおまとめローンの方法は3種類あります。

ひとつ目は銀行系カードローンでおまとめローンを行う方法、ふたつ目は銀行のおまとめ専用ローンを利用する方法、最後がノンバンクのおまとめ専用ローンを利用する方法です。

一昔前は、おまとめローンの主流は、銀行系のカードローンを利用することでした。

しかし、今ではノンバンクのおまとめローンを利用する方が、手軽でおすすめとなっています。

そこで、ノンバンクのおまとめローンが、おすすめな理由について詳しく見ていきましょう。

銀行カードローンでおまとめは逆風

銀行カードローンでおまとめローンを行うことは、2017年以前は普通に行われてきました。

しかし、銀行からの高額な借入れが原因で、返済ができない人がかなり増えてきました。

結果として、銀行は高額な貸付けを自主規制するようになったのです。

銀行系のカードローンは、ノンバンクと違い2017年以前には貸付金額を規制する法律や制度はありませんでした。

したがって、借入れができるかどうかは、銀行側の判断にゆだねられることが多かったのです。

しかし、2017年以降に銀行の自主規制が始まり、ノンバンクのカードローンと同じように年収の3分の1以上の金額を貸し出さないように規制しだしました。

このことから、高額な貸付けを銀行は余り行わないようになり高額な商品になりがちなおまとめローンにとっては逆風となったのです。

現在でも、銀行によってはカードローンをおまとめに利用することは可能ですが、ホームページなどでも積極的に宣伝はしていません。

銀行カードローンでおまとめしたい場合は、利用できるかどうかを事前に金融機関へ確認をしてみることをおすすめします。

ノンバンクのおまとめ専用商品がおすすめ

2018年現在では、銀行カードローンで借金の一本化を行うよりも、ノンバンクのおまとめ専用商品で一本化を行う方がおすすめになります。

銀行カードローンが自主規制を行って以降も、ノンバンクのおまとめ専用商品の借りやすさは変わりません。

さらに、ノンバンクのおまとめ専用商品は、銀行のおまとめ専用商品よりも比較的審査に通りやすくなっています。

また、ノンバンクのおまとめ専用商品の魅力は、申込みから借入れまでの期間の短さです。

おまとめローンの利用となると、高額な商品となり銀行での取引は申込みから借入れまで1か月ほど時間がかかることもあります。

ノンバンクのおまとめローンも商品によりますが、1週間以内、早ければ2、3日で借入れができることもあります。

時間がなく急ぎで借金を一本化したい人には、ノンバンクのおまとめ専用商品がおすすめです。

ノンバンクならアイフルのおまとめ専用商品がおすすめ

アイフルは消費者金融の中でも特におまとめローンに力を入れており、「かりかえMAX」と「おまとめMAX」というふたつの種類の商品があります。

「かりかえMAX」は、誰でも申込みのできるおまとめローンで、「おまとめMAX」はアイフル利用者限定の商品です。

ふたつのおまとめローンにほとんど違いはありませんが、「おまとめMAX」の方が上限金利は低くなります。

したがって、既にアイフルで借入れがある人は「おまとめMAX」がおすすめです。

アイフルのおまとめローンについて詳しく見ていきましょう。

関連記事をチェック!

203view

アイフルのおまとめローン、おまとめMAXとかりかえMAXとでは条件や審査はどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。 ...

銀行やクレジットカードもおまとめできる

ノンバンクで借金の一本化をするときに、問題となりやすいことが銀行やクレジットカードのショッピング枠をおまとめできるかどうかという点です。

ノンバンクのおまとめ専用商品は、多くのものが銀行やクレジットカードのショッピング枠の借入れをおまとめすることができません。

しかも、どこのおまとめローンを見ても、銀行などからおまとめができないことは小さくしか表示されていないため見逃しやすいです。

しかし、アイフルのおまとめ専用商品であれば、どちらでも銀行やクレジットカードの借入れを一本化することができます。

おまとめの条件に左右されにくく申込みが行いやすいことが、アイフルのおまとめ商品のおすすめポイントでもあります。

おまとめ上限金額が高い

おまとめローンで借り入れることができる限度額が比較的高めなことも、アイフルのおまとめ専用商品が売りとしているメリットのひとつです。

おまとめ専用の商品は、総量規制という年収に対して3分の1以上借入れを行うことができない法律は適応されません。

ただし、借金の一本化ができる借入れ限度額は、それぞれの金融機に決まっており限度額以上を借り入れることはできません。

つまり、4,500万円のような高額の借入れは、ノンバンクによっては対応してくれないケースがあります。

このような中、アイフルのおまとめローンは800万円まで借金を一本化することができます。

800万円まで借入れができれば、多くの人の借金の一本化に対応しているでしょう。

幅広い人に対応していることが、アイフルのおまとめローンの魅力です。

関連記事をチェック!

126view

非公開: (統合)アイフルのおまとめローンの審査は厳しい?審査落ちと他社比較

複数の借入を一本化できる「おまとめローン」。利用しているローンが多すぎて、いつも返済に追われているような感覚に陥っている方は、おまとめローンを使ってローンを1つにまとめておきたいですよね。 では、お...

まとめ

おまとめローンは、銀行から高額な借入れができないため逆風気味となっています。

このような中、ノンバンクのおまとめローンは、以前と審査の通りやすさが変わらないためおまとめローンを利用したい場合にはおすすめとなります。

ノンバンクの中でもいろいろなおまとめ商品があるので、自分にあった商品を選択してください。

関連記事をチェック!

59view

おすすめ消費者金融のおまとめローンランキングと審査のポイント

複数の業者から借入をしている人や、多額の借金をしている人にとって、おまとめローンは最後の砦と言っても過言ではありません。 しかし、おまとめローンは多くの消費者金融で取り扱っていますので、正直どこに申...

関連記事をチェック!

145view

銀行・消費者金融のおまとめローン最新口コミランキング!

さまざまな銀行や消費者金融でおまとめローンを取り扱っていますが、選択肢が多すぎてどこを選べばいいのか分からない人も多いでしょう。 そこで役に立つのが実際に利用した人の口コミです。 口コミには利用し...

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談