北洋銀行から法人が融資を受けるための方法は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

中小法人や個人事業主は、大企業に比べて利用できる融資商品が少なく、資金調達力が低くなりがちです。

資金調達は経営の生命線ともなる問題であり、資金調達の安定は中小法人にとって重要な経営課題です。

中小法人が北洋銀行から融資を受ける方法を説明します。

執筆者の情報
名前: 芦田春馬(39歳)
職歴: 銀行と消費者金融,計15年勤務

北洋銀行ってどんな銀行?

北洋銀行というのは、北海道札幌市に本店を置く第二地方銀行です。

一般的に第二地方銀行というのは、規模が小さい銀行というイメージがあります。

特に大都市圏では、都市銀行、第一地方銀行が企業のメインバンクとなり、第二地方銀行は補完的な位置づけや、サブ銀行になる傾向にあります。

しかし、北洋銀行はこのイメージにあてはまらない特殊な銀行です。

北洋銀行は、北海道にある第一地方銀行の北海道銀行よりも規模が大きく、北海道最大の銀行となっています。

そして北海道内の企業の中で、メイン行となっているシェアが最も高い銀行になっているのです。

北洋銀行の驚くべきところはそれだけでなく、全国にある第二地方銀行のなかで最大、地方銀行全てと比べても6位に位置する資産規模の銀行なのです。

北洋銀行が北海道内で最大規模を誇る第二地方銀行となったのには理由があります。

過去、北海道内で経営破たんした都市銀行に、「北海道拓殖銀行」がありました。

北海道拓殖銀行が破たんした後、北海道拓殖銀行の営業基盤や融資を引き継いだのが、第二地方銀行であった北洋銀行であり、それを契機として、北海道最大の銀行となったのです。

その後、さらに地方銀行の「札幌銀行」とも合併し、規模が増大しています。

そして、札幌銀行と合併した後の北洋銀行は、リテール部門(中小法人、個人事業主向けの融資など)を強化する経営方針を打ち出しており、人員増強を図っています。

保証協会/制度融資

北洋銀行が中小法人向けの融資として行っているメイン商品は、北海道信用保証協会の保証付融資や、制度融資となります。

北洋銀行は北海道内でメイン銀行としてのシェアが最も高い銀行です。

一般的に銀行は、中小法人向けの融資を行う場合、信用保証協会の保証付融資や、制度融資を利用して融資を行います。

それらの公的融資で調達できる限度額を超える場合や、事業規模が大きくなって、公的融資が利用できなくなった場合などに、銀行のプロパー融資を利用するようになります。

北洋銀行は道内の中小法人のメイン銀行としての位置づけから、法人が初めて融資を受ける場合などの相談も多くなります。

そのため、信用保証協会の保証付融資や、制度融資を重点的に利用する傾向にあります。

こういった融資制度を活用するメリットは、中小法人にもあります。

公的融資制度は、一般的な銀行のプロパー融資に比べて審査に通りやすく、さらに、「低利」・「借入期間長め」の安定資金を借入できる可能性が高くなります。

経営力強化ローン

しかし、法人企業が北洋銀行で借入できる融資商品は、保証付融資や、制度融資だけではありません。

北洋銀行で利用できる融資商品をご紹介していきましょう。

1つ目の融資商品として、北洋銀行には、「ほくよう中小会計要領活用型経営力強化ローン」という名称の法人系ローンがあります。

利用できる方の条件は?

ほくよう中小会計要領活用型経営力強化ローンを利用するためには、「中小企業の会計に関する基本要領」に準拠した会計処理を行っているかを、税理士や公認会計士がチェックリストで確認し、そのチェックリストを提出する必要があります。

北洋銀行としても、正しい会計基準に基づいた会計処理を行っている法人の方が、審査のために提出を受ける決算書などの信頼性が高く、融資のリスクは低くなります。

そのため、通常の融資に比べて、金利優遇を受けることができ、低金利の融資を受けられます。

なお、提出するチェックリストは、全ての項目において、「中小企業の会計に関する基本要領」を満たしている(チェック項目全てが「Yes」となる)場合以外でも申込が可能です。

内容に応じて、チェックリストの「No」が含まれていても利用できる場合がありますので、全ての項目を満たしていなくても、北洋銀行に相談してみるのが良いでしょう。

融資条件は?

ほくよう中小会計要領活用型経営力強化ローンでは、最大1億円までの借入が可能です。

融資の資金使途は、運転資金、設備資金、他の金融機関からの借り換えなど、幅広い用途に使用することができます。

借入期間は運転資金の場合で最長7年間、設備資金の場合は最長10年間となります。

一般的な銀行のビジネスローンを利用する場合、借入可能期間は3~5年となるものが多く、「ほくよう中小会計要領活用型経営力強化ローン」はかなり長めの期間で借入できるのが特徴です。

借入期間が長いため、毎月の返済負担も低く抑えることができます。

関連記事をチェック!

7477view

短期借入金と長期借入金の違いとは

金融機関からの借入は、大きく分けると下記の2つに分類できます。 短期借入金 長期借入金 会社経営に携わる人ならば、十分に理解していることでしょうが、個人の場合にはあまり意識することも...

ABL(動産・売掛債権担保融資)

北洋銀行には、法人が融資を受けるための商品として、ABL(動産・売掛債権担保融資)があります。

ABLというのは、「Asset Based Lending(アセット ベースド レンディング)」のことであり、借入を希望する法人が保有する「在庫」や「売掛金」などを活用する融資となります。

事業開始後間もない法人や、規模が小さい法人の場合、担保にできる「不動産」を保有していないことも少なくありません。

担保不動産が無い場合、中小法人ではプロパー融資などの審査に通りにくく、保証協会付融資以外借入できないということもあります。

そういった法人であっても、ABLを活用できれば、新たな資金調達余力を確保できる可能性があります。

不動産は保有していないけども、商取引で発生した「売掛債権」なら持っているという法人は多いでしょう。

ABLでは、商取引上の「在庫」・「売掛債権」を担保として、北洋銀行から融資をうけることができます。

融資を受けた法人は、定期的に在庫や、売掛債権の状況について、北洋銀行に報告する義務を負います。

市場系ファイナンス

さらに、北洋銀行には、「市場系ファイナンス」と呼ばれる融資もあります。

融資の手法や、手続きに手間のかかるものも多くなりますので、市場系ファイナンスを利用できるのは、ある程度の規模がある法人に限定されたり、調達金額の大きい場合に限定されて利用する商品となります。

市場系ファイナンスには、様々なものがありますが、具体例をあげれば、「債権流動化」、「シンジケートローン」といったものがあります。

債権流動化というのは、資金調達を希望する法人が保有する債権(売掛債権など)を、売却することによる資金調達方法です。

借入ではなく、債権の売却になりますので、法人にとっても借入だけに依存しない、新たな資金調達方法を確保できる可能性があります。

また、「シンジケートローン」とは、特定の1銀行だけで融資を行うには、「金額が大きすぎる」という場合に利用される融資方法です。

複数の銀行をまとめて、協同で融資を行うのがシンジケートローンの特徴です。

北洋銀行でシンジケートローンを利用する場合、北洋銀行が、協同で融資してくれる銀行を募ったり、条件が公平になるように金融機関を調整し、契約内容を取りまとめてくれます。

まとめ

北洋銀行は北海道札幌市に本店を置く第二地方銀行です。

第二地方銀行でありながら、銀行としての規模や、北海道内におけるメイン銀行としてのシェアが道内で最大となる、珍しいタイプの銀行です。

北洋銀行では、信用保証協会の保証付融資や、制度融資以外にも、「ほくよう中小会計要領活用型経営力強化ローン」や、ABLなど、様々な融資商品を用意しています。

北洋銀行の融資商品を良く理解して活用すれば、中小法人も資金調達手段を多様化でき、経営を安定化できる可能性が高まります。

是非、上手に活用していただくため、参考にしていただければ幸いです。

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談