馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

アコムを収入証明書不要で利用する方法

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

運転免許証などの本人確認書類は気軽に提出できても、収入証明書類はちょっと気軽には出せないという人も多いのではないでしょうか。

給与明細書がどこに行ったのか分からない人もいますし、自営業の人なら確定申告書などを探さなくてはなりません。

アコムを収入証明書不要で利用する方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

アコムを収入証明書不要で利用する条件

アコムを収入証明書不要で利用するためには、次の条件をすべて満たさなくてはいけません。

アコムに収入証明書類を提出したくないひとは、申し込む前にかならずチェックするようにしてください。

融資希望額が50万円以下であること

融資希望額が50万円を超えるときは、収入を証明する書類を提出しなくてはいけません。

収入証明書類を提出したくない人は、アコムの利用限度額を50万円以下に設定しておきましょう。

他社の融資額との合計額が100万円以下であること

アコムへの融資希望額が50万円以下でも、すでにアコム以外の業者で借入をしている人は、アコムから収入証明書類を提出するように求められることがあります。

例えば、他の消費者金融から70万円の融資を受けている場合、アコムに申し込む融資希望額が30万円を超えると、他社の融資額との総額が100万円を超えてしまいますので、アコムへ収入証明書類を提出しなくてはいけません。

アコムの融資希望額を決定する前に、他の金融機関からどの程度の融資を受けているか、一度確認するようにしてください。

アコムの「融資希望額」+他社の「借入額」

融資額の総額が100万円を超えているかどうかを計算する際、アコムの金額は「融資希望額」ですが、他の融資額はすでに融資を実施している金額であるという点に注意して下さい。

例えば、Aという金融業者のカードローンをすでに利用しているとしましょう。

Aの融資限度額は50万円ですが、あなたが実際に利用しているのは30万円だけだとします。

この場合は、70万円以下の融資限度額をアコムに希望するなら、収入証明書類を提出しなくてもOKとなるのです。

住宅ローンやマイカーローンの借入額は含めない

「他のカードローンは利用していないけれども、100万円を超える住宅ローンを組んでいるから、アコムに申し込むときには収入証明書類を提出しなくてはならないの?」といった疑問を持つ人もいるでしょう。

答えはNOです。

住宅ローンやつなぎローン、自動車ローンなどの借入額は計算に含めませんので、住宅ローンで何千万円という借金を抱えている人もアコムにカードローンを申し込めますし、アコムの融資限度額を100万円以下に設定するなら、収入証明書類を提出しなくても良いのです!

アコム利用中にも収入証明書が必要になる!

アコムに申し込むときに「50万円以下の利用限度額であること」と「他社の借入額との合計が100万円以下であること」さえ注意していれば、アコムを収入証明書不要で利用することができます。

しかし、申し込みの際に収入証明書が不要でも、次の条件を満たすと、利用中にアコムから収入証明書の提出を求められることもあるのです。

融資限度額が50万円を超えるとき

アコムを継続的に利用し、返済が滞ることもない場合は、アコムの融資限度額を引き上げてもらうことが可能です。

ただし、アコムの融資限度額が50万円を超える額に設定されてしまうと、利用者に「収入証明書類の提出のお願い」と題したメールや郵便が届くことになります。

今後も収入証明書類を提出せずにアコムを利用したい人は、アコムの融資限度額が50万円を超えないように注意し、アコムから「融資限度額を上げませんか?」というお誘いがあってもきっぱりと断るようにしましょう。

関連記事をチェック!

アコムから収入証明書提出のお願いが!未提出で放置するとどうなる?

アコムから収入証明書を提出するようにと連絡が来ることがあります。 この連絡を無視して未提出で放置するとどうなってしまうのでしょうか。 アコムの3つの収入証明書提出基準 アコムでは、新...

他社からの借入額が増えたとき

他社からの借入額が増え、その結果、アコムとの融資総額が100万円を超えるようになってしまったときも、アコムから収入証明書類の提出を求められることがあります。

「他社からの借入額なんて、アコムにバレないでしょ?」と安心してはいけません。

アコムでは定期的に個人信用情報をチェックしますので、他の金融機関での借入が増えたことも分かってしまうのです。

収入証明書類を提出せずにアコムを利用し続けたい人は、他の金融機関からの借入額も徒に増やさないように注意して下さい。

収入証明書類を提出してから3年が経過するとき

過去にアコムに収入証明書類を提出したことがある人なら、融資額が増えなくても再度収入証明書類を提出するように要請されることがあります。

アコムでは3年に一度は収入証明書を提出するように定めていますので、以前、アコムに収入証明書類を提出してから3年が過ぎそうな人は、いつ要請されても応じられるように、収入証明書類を準備しておく方が良いでしょう。

アコムで提出可能な収入証明書類とは?

収入証明書類を提出したくはないけれど、上記に説明したような事情から、どうしても収入証明書類を提出しなくてはならないという状況に陥ることもあるでしょう。

そのようなときは、次の書類のいずれかを提出するようにしてください。

  • 最新年度の源泉徴収票
  • 直近の給与明細書1ヶ月分(利用者の氏名と発行年月、勤務先名、月収のすべてが記載されているもの)
  • 最新年度の住民税額決定通知票
  • 最新年度の所得証明書
  • 最新年度の確定申告書(第一表)

ACマスターカードは収入証明書不要で利用可能?

アコムで利用できるのは、カードローンだけではありません。

アコムでは、海外でも利用可能なクレジットカード「ACマスターカード」も提供しています。

ACマスターカードは、収入証明書不要で申し込みをすることができるのでしょうか?

収入証明書提出の条件はカードローンと同じ!

ACマスターカードも、利用限度額が50万円を超えるときや他社の借入額との合計が100万円を超えるときは、収入証明書類を提出しなくてはいけません。

収入証明書不要の条件はカードローンとまったく同じですので、条件にかかりそうな場合は、申し込む前に上記で説明した書類のいずれかを準備しておくようにしましょう。

次の記事では、ACマスターカードの支払いに遅れたときの対処法や処分を解説しています。

すでにACマスターカードを利用している人は、ぜひご覧になって下さい。

関連記事をチェック!

ACマスターカードの支払いに遅れたとき

審査に通りやすい代名詞のクレジットカードといえるのがアコムのACマスターカードです。比較的、属性の悪い人にも発行しているカードですので、利用者の中には支払いに遅れる人も少なくないようです。 その...

収入証明書不要でアコムは利用できるが…

条件さえ満たせば、収入証明書不要でアコムのカードローンやクレジットカードを利用することができます。

しかし、いずれも利用限度額が低く設定されてしまいますので、便利に利用できるとは言えません。

大きな利用限度額で自由度の高い使い方をしたい人は、アコムに収入証明書類を提出するようにしましょう。

収入証明書が不要のカードローンは?

では、そんな煩わしい書類を提出しなくてもいいカードローンはないのでしょうか?

いくつかのケースで考えてみます。

銀行カードローンでも規制強化の傾向

一つ目は銀行カードローンです。

銀行カードローンは総量規制の対象外の為、以前までは収入証明書の提出条件は比較的緩い傾向にありました。

しかし、昨今銀行カードローンの過剰融資などが社会問題となり、金融庁の指導などが行われた結果、今は消費者金融とほぼ同じレベルで収入証明書の提出が求められます。

収入証明書不要のカードローンは逆に怪しい

二つ目は正規に登録されていないような貸金業者の場合です。

このような業者の場合、収入証明書の提出は特に求められず、運転免許証やパスポートなどの身分証明書の提出だけでお金を貸してくれます。

しかし、そもそもそのような業者は法律の事など気にもしていませんので、本人に返済能力がないとわかった時点で、勤務先・親・兄弟なども追い込みをかけてきます。

又、利用者が返済しようとしているのに、故意にそれを拒み、利息を膨らませるという方法で、暴利をむさぼります。

したがって、「提出書類が簡単だから…」という理由だけで、安易に無登録の貸金業者などは利用しないようにしましょう。

収入証明書で高評価を得る為には

ここまで、アコムに必要な書類や、特に収入証明書の詳細について、いくつかの情報をお届けしました。

最後に、収入証明書でチェックされる項目において、少しでも信用度をアップし、審査に通りやすくする為の秘訣などもお伝えしておこうと思います。

収入と会社の安定性が重要

アコムの審査の際に、収入証明書でチェックされる事…、それは主に「年収」と「勤務先」についてです。

特に年収についてはその「額」よりも、「安定している事」が重要となります。

給与明細などは直近1ヶ月のものではなく、2ヶ月分の提出を求められるのは、収入が安定しているかどうかを確認する為です。

ちなみに、理想の年収額と返済額の関係は、年収に対する年間の借金返済額が35%以内におさまっている事…と言われています。

例えば、年収が500万円の人なら、その35%ですから、毎月の借金返済額は14万5千円までという感じになります。

ただ、この返済額には「住宅ローン※なければ家賃」「マイカーローン」「教育ローン」などの各種ローンの返済額も含まれますので、カードローンの返済額に充当できるのは、おそらく2~3万円までという事になると思います。

また、勤務先の内容についても確認されます。

特に勤務先が安定しているかどうかは重要なポイントです。

その前に、勤続年数もチェックされるのですが、本人申告の勤務先名と、収入証明書に記載されている会社名が一致するかどうかを確認し、その業態・企業規模などが主にチェックされます。

したがって、公務員や上場企業などに勤めている場合は、比較的審査にも通りやすい傾向にあります。

出来るだけ収入を上げるには

では、アコムでの審査で重要なポイントとなる「年収の額」を少しでも上げるには、どうすればいいのでしょうか?

「トータルの収入を上げるには副業を…」とアドバイスしたいところですが、本業の収入を上げるには会社での業務スキルを上げる・上司との人間関係を築く・個人の利益ではなく会社の利益を常に考えて行動する…といったスタンスが必要になります。

とはいっても、常に上司のご機嫌をとっているようなサラリーマンは、いずれ頭打ちする事になりますので、まずは自分に任された仕事で120%以上の結果を出す事に集中するようにしてください。

それを繰り返す事で、きっと3~5年後には今よりも年収もアップする事間違いなしです。

副業で月10万稼ぐ!その具体的方法と注意点を徹底解説

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談