馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

【馬太郎が】三井住友銀行カードローンに申し込み!意外な結末が・・・

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

こんにちは、馬三郎です。カードローンに申し込むとき、何を重視しますか?金利の低さ、申込から融資までのスピード、借入できる場所の多さなどを重視する方が多いかと思います。

三井住友銀行カードローンはこれら3つの要素をすべて高いレベルで兼ね備えていますので皆さんにお勧めできるカードローンだといえます。

今回は馬三郎が実際に三井住友銀行カードローンに申込んだので、その内容を詳しく紹介します。

三大メガバンクの1つ三井住友銀行

三大メガバンクの1つ三井住友銀行

三井住友銀行は、三菱UFJ銀行、みずほ銀行と並んで三大メガバンクの1つに数えられています。

おそらく誰でも名前を知っているというメガバンクならではの知名度がありますのでカードローンを利用する場合も安心して利用できるのではないでしょうか。

当然日本各地にATMを設置していますので、「カードはあるのに借入する場所がない」という状況になることもありません。

三井住友銀行カードローンに申込むには

三井住友銀行カードローンへの申込は以下の方法で行うことができます。

  1. インターネット
  2. 自動契約機
  3. 電話
  4. 郵送
  5. 窓口

三井住友銀行では自動契約機を使って契約、カード発行を行うことができます。

大手消費者金融では珍しくありませんが、銀行カードローンでは自動契約機を利用できるところはほとんどありませんから、さすがメガバンクと言えるでしょう。

自動契約機以外にも、インターネットや電話、郵送など、もし近くに三井住友銀行の店舗がなくても申し込む方法は様々あります。

もし自動契約機が近くにあれば、インターネットや銀行で申込んだ後で自動契約機を使ってその日のうちにカードを発行することが可能です。

スマホでの申し込みを選択

今回はスマホで申込を行ってみようと思います。

まずは三井住友銀行カードローンの公式サイトから申込ページへと移動します。

三井住友銀行カードローンに申込むには

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っていなくても利用することができ、最短30分で審査が完了しますので急な場合でも利用することができます。

三井住友銀行カードローンに申込むには

三井住友銀行カードローンには、「かんたん申込」と「通常申込」の2種類の申込方法があります。

かんたん申込は30万円までしか借り入れができませんが、最終学歴の卒業年月など、合計7項目を記入する必要がなく、申込時間を通常申込よりも短縮することができます。

私は800万円まで借入できる通常申込を選びました。

まずは同意事項や確認事項が表示されますので、よく目を通して同意すると個人情報の入力です。

三井住友銀行カードローンに申込むには

三井住友銀行カードローンの通常申込では以下の項目を申告します。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 三井住友銀行との取引有無
  • 自宅住所
  • 住まいの種類
  • 固定電話の有無
  • 電話番号
  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 業種
  • 社員数
  • 勤務形態
  • 職種
  • 役職
  • 入社年月
  • 年収
  • 保険証種別
  • 給料日
  • 他社借入件数
  • 希望額
  • 利用目的
  • カードの受取方法
  • 希望連絡先
  • 好きな言葉
  • アンケート

※すべて必須項目

以上の項目を入力し、最後にもう一度確認したら申し込みは完了となります。

三井住友銀行カードローンに申込むには

30分で審査結果が出ると書かれていた通り、すぐに審査結果の連絡と思われる電話がかかってきました。

三井住友銀行から予想しない提案が

はい、もしもし

もしもし、私◇◇(担当者の名前)と申しますが、馬三郎様の携帯電話でお間違えございませんか?

はい、そうです。

現在お電話口にいらっしゃいますのは馬三郎様ご本人様でしょうか?

はい

確認のために生年月日と干支をお願いします。

1990年4月3日生まれの午年です。

カードローン申込の審査結果についてご連絡いたしました。残念ながら今回はご希望に希望に添えかねる結果となってしまいました。

そうですか・・・。

ただ、当行と同じグループ会社のSMBCコンシューマーファイナンスに紹介してお申し込みいただくことができますがいかがでしょうか。

なんと、三井住友銀行と同じ系列のプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)への申込を提案されてしまいました。

驚きましたが、とりあえず提案された通りにプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)へ申込んでみようと思います。

じゃあお願いします。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)オペレーターへ引継ぎ後、申込中・・・

お近くの契約機に免許証と収入証明書をご持参いただければ100万円での融資が可能と思われます。

分かりました。

ということでなぜかプロミスから借り入れをすることになってしまいました。

まとめ

残念ながら三井住友銀行カードローンの審査に通過することができませんでした。

やはり銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しく行われているということなのでしょうか。

まさか審査結果の連絡で同じグループ会社の消費者金融であるプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)への申込を提案されるとは思いませんでした。

まさかこういうパターンもあるんですね。プロミスでは100万円借入可能というのは、両者の審査の厳しさがそれだけ異なるということなのでしょうか。

今回はプロミスに電話で申込を行いましたので、次回は自動契約機行って残りの手続きを行いたいと思います。

無事に契約することができるのでしょうか。

関連記事をチェック!

三井住友銀行カードローンで借りる

三井住友銀行カードローンで借りる CMでおなじみ!三井住友銀行カードローン! 圧倒的な低金利で初心者でも安心 web契約で来店不要。 メガバンクの本格的カードローン ...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    1

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談