イオン銀行カードローンは総量規制対象外!専業主婦や無収入でも借りれる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になり、年収の1/3を超えての借り入れは出来ない…というのは皆さんご存知の通りです。

一方で銀行のカードローンは総量規制の対象外となる訳ですが、いくら総量規制の対象外とはいえ最近では銀行カードローンの規制も厳しくなり、過剰な融資も行われないようになっています。

そこで今回は、イオン銀行のカードローンを例に総量規制の内容をおさらいし、無収入の人がイオン銀行カードローンを利用できるのか…と言う点や、さらにはイオン銀行カードローンで年収以外に審査されるポイントなどについても、詳しく解説していきたいと思います。

総量規制の対象になるローンとは?

総量規制の基本的なルールについては、ご存知の方も多いと思いますので、ここでは「総量規制の対象になるローン」と「対象にならないローン」について、おさらいしておきたいと思います。

総量規制の対象になるローン

まず、総量規制の対象になるローンからですが、総量規制とは貸金業法のルールとなりますので、対象になるのは「貸金業者のみ」という事になります。

この貸金業者の定義としては、お金を貸す業務を行っており、財務局又は都道府県に登録をしている業者という事になり、具体的には「消費者金融」「クレジットカード会社」がそれに該当します。

銀行や信用金庫などもお金を貸す業務を行っていますが、これらの業者は貸金業としての登録はしておらず、貸金業法の規制下にはありません。

これら銀行を規制するのは「銀行法」という法律になります。

総量規制の対象外になるローン

銀行のカードローンの他にも、総量規制の対象にならないローンや貸付がありますので、ポイントのみお伝えしておきたいと思います。

尚、総量規制の対象外の貸付には「例外」と「除外」がありますが、各々「総量規制の残高に算入されるかどうか…」という点が違いとなります。

ちなみに「例外」は総量規制の残高としてカウントされ、「除外」は総量規制の残高にはカウントされない借り入れとなります。

以下に具体例をまとめていますが、例えば借り換えローンやおまとめローンは、総量規制としての残高として計算されるものの、返済能力に問題なしと判断された場合は、年収の1/3を超えても融資が行われます。

総量規制の例外 or 除外例外や除外の対象となる貸付
例 外借換えローン
緊急医療費貸付け
特定緊急貸付け
個人事業者への貸付け
配偶者と合算して年収合計の3分の1を超えない貸付け
除 外住宅ローン
自動車ローン
高額療養費の貸付け
有価証券担保貸付け
不動産担保貸付け(居宅以外)

おまとめローンとしても使える

gahag-0043187735

イオン銀行のカードローンは最大融資額が800万円となっています。

そのため、高額融資が可能で、複数の金融機関からの借入をまとめることにも向いています。

なお、一般的なおまとめローンでは、追加の借入ができません。

したがって、カードローンを利用しておまとめローンとする場合は、返済が終わるまで再びお金を借りずにすむように計画的に資金を使う必要があります。

カードローンでまとめるメリットのひとつとして、月々の返済額が少額になる可能性があることです。

また、複数ある借金の返済日を、1日にすることもできるなどのメリットもあります。

しかしこのようなメリットがある反面、返済の長期化がデメリットとして考えられます。

このデメリットを解消するためには、繰上げ返済を利用するなど返済計画を、しっかりと立てて利用することをおすすめします。

ただし、収入がない専業主婦の場合は、イオン銀行のカードローンの利用限度額は50万円です。

20万円程度の借入が2社ある場合や、15万円程度の借入が3社ある場合などは、月々の返済額を少なくできますが、50万円以上の借入があるときは、おまとめローンとしては利用できないでしょう。

ここでひとつ注意点があります。

2017年3月に日弁連から、銀行のカードローンが消費者金融の受皿となり、多重債務者を作っていると指摘を受け、銀行業界で申合せ事項がされました。

その申合せに基づいて、各銀行は総量規制に準じたカードローンの取扱いをすると発表しています。

そのため、イオン銀行のカードローンも、専業主婦の申し込みは審査が厳しくなると考えられます。

関連記事をチェック!

1371view

イオン銀行カードローンで借り換え,おまとめ。口コミのおすすめは?

イオン銀行のカードローンは、上限金利が13.8%となっていますので、「借り換えにも検討したい」という方も多いのではないでしょうか? そこで、今回はこのカードローンのスペックをおさらいし、借り換えに適...

イオン銀行カードローンは無収入OK?

少し前置きが長くなりましたが、イオン銀行カードローンは総量規制対象外とはいえ、無収入でも利用可能なのか…?と言う点について、いくつかのポイントをお伝えしておきたいと思います。

専業主婦でも配偶者に収入があれば申し込み可能

イオン銀行カードローンの利用条件は、本人(本人に収入がない場合は配偶者)に、安定した収入がある事、というのが条件となっています。

したがって、無収入の専業主婦でも配偶者に収入がある場合は、申し込みは可能という事になります。

配偶者の収入証明書は必要か?

ちなみに、専業主婦などで配偶者の収入を申告して申し込む場合は、特に配偶者の収入証明書などの提出も必要なく、配偶者の勤務先にも在籍確認の電話は入りません。

しかし、専業主婦が配偶者の年収を申告してカードローンを申し込む場合、限度額は「50万円まで」と決められていますので、その点は覚えておく必要があります。

学生は申し込み可能?

次に、同じ無収入でも学生の場合は親の収入で申し込みは出来るのでしょうか?

結論から申し上げると、無収入の学生は申し込みNGという事になります。

専業主婦の場合は、同一の家計を営む配偶者に収入があるから融資が可能になる訳であって、親子の場合は例え血がつながっていても同一の家計でない場合がある…というのが、その理由となります。

専業主婦も利用可能で家族にばれにくい?

gahag-0036061946

イオン銀行のカードローンは、専業主婦でも利用可能です。

配偶者に安定かつ、継続した収入があれば申し込み可能となっています。

しかし、必ず審査に通過できるということではありません。

なお、審査では配偶者へ確認を行うのではないかと心配な人もいるでしょう。

しかし、配偶者の同意や、配偶者の職場に連絡されることはありませんので安心をしてください。

また、申し込みから契約まで、完全にWEBで行うことができます。

したがって、カードローンの申し込みを、誰かに知られる可能性は低くなります。

そのため、イオン銀行カードローンは家族に内緒で、お金を借りたいという人におすすめです。

更にローンカードは受取人確認サポートを利用して、確実に自分が受け取ることができます。

受取人確認サポートとは、送り状に記載された受取人の名前と住所を、配達した場所で免許証などの公的証明書を提示してもらい、受取人が申込者本人か確認する佐川急便株式会社で提供する宅配サービスです。

そのため、家族に開封されてしまうこともなく、他の家族に知られることなく安心してカードローンを利用できるでしょう。

関連記事をチェック!

253view

家族に内緒で借りれる銀行系カードローンの条件

お小遣いが足りない、少し使いすぎてしまった、家計に穴が開いてしまったなどの家族には言いにくい入り用の際に、カードローンは重宝します。 1枚持っておけば、お金が少し足りないときにはとても便利です。 ...

収入があっても審査に通らない理由

イオン銀行カードローンでもその他のカードローンでも、利用できる人の条件として「安定且つ継続した収入」というのは最も重要な条件となります。

しかし、いくら収入があったとしても、イオン銀行カードローンの審査に落ちてしまう場合もあり得ます。

ここからは、その審査落ちの理由についていくつかのケースをご紹介します。

収入があってもイオン銀行の審査に通らないケース

以下が収入があっても審査に落ちてしまうケースの一例です。

返済比率が高すぎる

イオン銀行は総量規制の対象外ですので、年収の1/3まで…という決まりはありません。

しかし、総量規制の対象外だからといって、過剰な融資は行われません。

そこで重要視されるのが「返済比率」です。

返済比率とは、収入のうちで借金返済に使われるお金が何%占めているか?という事を指す指標です。

例えば、年収300万円の人が、住宅ローン・マイカーローン・カードローンの返済に毎月10万円を支払っているとすれば、年間120万円を借金返済に充てている事になりますので、返済比率は120万円÷年収300万円=40%という事になります。

理想的な返済比率は25%~35%と言われていますので、これを超える場合はイオン銀行カードローンの融資も厳しくなるという事になります。

他社で延滞している

イオン銀行カードローンは、申込時に信用情報機関へ照会が行われます。

信用情報機関には、申込者が契約しているカードローンやクレジットカード、住宅ローンなどの情報が全て記録されていますが、いくら収入があったとしても、他社ローンで延滞しているような情報が残っている場合は、イオン銀行のカードローン審査も通らないケースがあります。

在籍確認が取れない

在籍確認がきちんと取れない場合も、審査落ちするケースがあります。

イオン銀行の場合、収入証明書の提出と在籍確認をもって勤務先で仕事をしているか?収入があるか?という確認が行われますが、在籍確認が完了しない場合、最悪のケースとしては審査が保留される場合もあり得ます。

(※借り入れ希望額によっては収入証明書の提出が不要の場合もあります。)

イオン銀行のメリットは?

328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s

口座を持っていれば即時振り込みしてくれる

イオン銀行のメリットは、24時間365日対応してくれる即時振り込みです。

このサービスを利用するためには、イオン銀行の口座を開設する必要があります。

このサービスの利点は、明日がクレジットカードの自動引き落とし日であることに気がつき、更に口座の残高不足である場合などはとても便利なものでしょう。

ただし、イオン銀行のカードローンの申し込みに、イオン銀行の口座は必要ありません。

口座の開設に時間がかかると、融資を受けるまでの時間も長くなりますので、その点ではイオン銀行は利用のしやすいカードローンといえるでしょう。

しかし、カードローンの契約時に即時振り込みのメリットを活用するには、イオン銀行の口座開設を検討しておくことをおすすめします。

イオン銀行って何?メリット・デメリットを徹底解説!

振込融資をしてくれる

お金を借りることに急いでいない場合は、カードローンの契約に時間がかかってもいいという人もいるでしょう。

その場合は口座開設とカードローンの申し込みを、同時に行うことをおすすめします。

イオン銀行のカードローンは、ローンカードが届くまでの期間に一度だけ振込融資をしてくれます。

このときの振込先は、イオン銀行だけになりますので注意をしてください。

イオン銀行はローンカードが届いていなくても、お金を借りることができるため、審査が終わってから融資を受けるまでの時間が短いため便利でしょう。

また、イオン銀行の口座開設には、様々なメリットがありますので、カードローンを利用する場合は一緒に銀行口座の開設をすることもおすすめです。

関連記事をチェック!

206view

【今日中に】振込キャッシングの条件を知って即日借入

カードローンでお金を借りるのにATMまで行かなくても借りることができる振込キャッシングをご存知ですか? ただし振込キャッシングを利用するには条件があります。条件を知っておかないと急にお金が必要になっ...

残額スライド方式で返済になる

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

残額スライド方式は完済までに、返済が長期化する可能性があります。

これは、借入残高が減ることによって、月々の最低返済額も減っていくタイプの返済方法だからです。

月に2万円の返済が行える能力があっても、最低返済額が8,000円であれば、何もしないと8,000円しか返済されることがありません。

そこで、繰上げ返済を利用するなどをして、早めの返済を心がけるようにしてください。

随時返済を利用して、繰り上げ返済をすれば最終返済額を減らすことができます。

しっかりと返済計画を立てた上で、随時返済を上手に利用するとよいでしょう。

関連記事をチェック!

77view

カードローン返済方法の代名詞!元利定額方式とは?

カードローンの最小返済額を決定する方法はいくつもありますが、最もポピュラーな返済方法が元利定額方式という返済方法です。 「カードローンは毎月の支払いが同額」と当たり前のように考えている人も多いですが...

総量規制対象のカードローンの利点

最後にイオン銀行カードローンにはなくて、他社カードローン(総量規制対象のローン)にはある特徴についても、いくつかご紹介しておきたいと思います。

即日キャッシング

イオン銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日キャッシングは出来ないようになっています。

しかし、アコムやプロミスなどの消費者金融は、審査次第で即日キャッシングが可能です。

又、アコムやプロミスで指定の銀行口座(例:アコムなら楽天銀行)を持っている場合は、夜間や土日でも瞬時に振込み融資を受ける事も可能です。

無利息キャッシング

イオン銀行でキャッシングした場合、1日目から利息がかかってきますが、アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融のほとんどは、カード契約が初めての場合に限り、30日間の無利息キャッシングが利用可能です。

例えば金利18%のカードローンで50万円を借りた場合、1ヶ月の利息は約7,500円となりますので、それがかからないとなれば利息負担も少なくなり、借り手にとってはとても大きなメリットと言えます。

多彩な借り入れ・返済方法

イオン銀行カードローンは、初回を除きATMでもキャッシングがメインとなりますが、総量規制対象となる消費者金融カードローンには多彩な借り入れ方法を用意してくれているところがあります。

例えば、プロミスの場合は振込みキャッシングで、三井住友VISAプリペイドへのチャージをしてもらう事も可能です。

又返済についてもインターネット返済で、24時間手数料無料で返済が可能ですので、イオン銀行カードローンのようにわざわざATMに返済に行ったり、返済用口座に入金する手間も省けます。

関連記事をチェック!

904view

借入の返済方法の種類

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入返済方法とは 銀行などから融資を受けるときに、その融資の返済方法についてあらかじめ契約書におい...

銀行カードローンの自主規制について

ATMDSC04616_TP_V

2010年6月から導入された多重債務による自己破産を未然に防ぐため、総量規制によって消費者金融のカードローンは年収の3分の1までしか融資することができなくなりました。

これに対して、総量規制の対象外である、銀行カードローンの利用者が増加しました。

そのため、先のも話したとおり銀行カードローンは、多重債務や自己破産の温床になっているという指摘があります。

そこで、消費者金融と同じように、年収の3分の1までしか融資しない銀行もでてきたのです。

また、即日融資に対しても、規制が行われることが決定しています。

2018年1月から銀行カードローンの新規申込者に関しては金融庁をとおして、警察庁のデータベースを参照することが決定されています。

したがって、カードローンの審査には数日かかることになり、即日融資が不可能になります。

関連記事をチェック!

126view

イオン銀行カードローンは総量規制対象外!専業主婦や無収入でも借りれる?

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になり、年収の1/3を超えての借り入れは出来ない…というのは皆さんご存知の通りです。 一方で銀行のカードローンは総量規制の対象外となる訳ですが、いくら総量規制...

まとめ

イオン銀行カードローンのように、総量規制対象外のカードローンと聞くと、限度額の規制が甘く大きな限度額が設定されるようなイメージを持ってしまいます。

しかし、実際にはこの記事でもご紹介した通り、返済比率や本人の信用度に基づき限度額が設定されますので、年収の1/3を超えて融資が行われるケースなどはほぼありません。

さらに、銀行カードローンの過剰な融資は、最近社会問題ともなっていますので、各銀行も自主規制をはじめています。

カードローンを利用する場合、限度額のほかにも利便性など重要視するポイントがありますので、それらも総合的に判断したうえで、カードローンを選ぶ事をおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談