馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

お借り入れとは

 4.0  (1)
この記事を評価する+ 評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

クレジットカードやカードローンを申し込もうとすると、入力画面の最後に「他社借入額」や「他社からのお借入金額」という欄が出てきます。

このページに来た方は「他の項目はわかるけど、お借り入れだけは何なのかわからない」という理由で、お借り入れとは何なのか知りたいのだと思います。そんな皆さんの疑問をすっきり解決しましょう。

お借り入れとは「借金」のこと

カードローンなどお申込時に記入するものは、皆さんが現在している借金の総額です。

ここでいう借金とは、例えば友人や家族から借りているお金は含まず、消費者金融や銀行といった金融機関から行っているお借り入れのことになります。

具体的にはお借り入れには以下のような種類があります。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • クレジットカードキャッシング
  • 事業性ローン
  • 奨学金

皆さんが申込もうとしているカードローンはもちろんお借り入れですし、フリーローンや自動車ローンといった、金融機関で利用できる「〇〇ローン」はすべてお借り入れになります。

もしかしたらクレジットカードキャッシングをご存じない人もいるかもしれません。

キャッシングとはATMからお金を引き出してお借り入れするサービスのことです。

クレジットカードには買い物のときに使用するショッピング枠とは別にキャッシング枠が付いており、これを利用してキャッシングを行うことをクレジットカードキャッシングと言います。

ローンとついていなくても、クレジットカードキャッシングはお借り入れですし、日本学生支援機構からの奨学金もお借り入れとなります。

しかし、ローンやクレジットカードを申し込むときにはお借り入れの欄に上のすべてを記入しなければならないわけではありません。

続いては、申込時に申告しなければならないお借り入れについて説明します。

カードローンの審査時に申告すべき「お借り入れ」とは

お借り入れの中でも、種類によって、申告しなければならない物と申告する必要のないものがあります。

例えば、カードローン以外に、カーローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシングを利用している方もいるでしょう。

そういった場合には他社からのお借り入れの欄に、件数と合計金額を記入してください。

しかし、住宅ローンや奨学金は申告しなくて良いのです。

一体何を他社からのお借り入れに記入しなければならず、何を記入する必要がないのか、表にまとめましたのでご覧ください。

お借り入れ欄に記入するものお借り入れ欄に記入しないもの
カードローン住宅ローン
フリーローンクレジットカードショッピング枠
自動車ローン奨学金
教育ローン事業性ローン
クレジットカードキャッシング枠携帯電話や家電の分割払い
ブライダルローン親族や知人からの個人的な借入

記入欄に特に説明がなければ左の列のお借り入れを記入し、右の列のお借り入れは記入する必要はありません。

上の表でお借り入れ欄に記入するものとして記載しているものでも、例えば消費者金融に申込むときには、銀行からのお借り入れは除くように注意書きが書かれていることがありますので、その場合は指示に従ってください。

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

お金を借りるためには、必ず申し込みと審査が必要になります。 審査に通るかどうかは、その人の信用が非常に重要となり、他社借入は少ないほうが通りやすくなります。 この時に、実際よりも他社借入を...

銀行カードローン借入時の審査で申告すべき他社借り入れとは?

銀行カードローンの借入時の審査は、どのような他社借入を申告すべきでしょうか?

楽天銀行カードローン審査条件、他社借り入れ条件

楽天銀行カードローンでは、他社借入との合計で年収の3分の1以内というのが融資限度額です。

この中に含まれる他社借入というのは、無担保のローンの合計です。

このため。一般の人は住宅ローン以外の全ての借入が該当します。

また、住宅ローンは住宅ローンで別途申告する必要があります。

住信SBIネット銀行Mrカードローンの審査条件、他社借り入れ条件

住信SBIネット銀行も楽天銀行カードローンと同じです。

審査で影響する他社借入はカードローンなどのような無担保ローンだけになります。

また、住宅ローンの借入残高は審査に影響しませんが、別途申告する欄がありますので正直に申告しましょう。

住信SBIネット銀行の審査は厳しいですので、カードローンなどの無担保の借入が多い場合には審査に通過できないことも珍しくありません。

じぶん銀行カードローンの審査条件、他社借り入れ条件

じぶん銀行カードローンも楽天銀行と住信SBIネット銀行カードローンと同じように、審査の対象となるのは、カードローンのような無担保ローンだけです。

じぶん銀行には、auユーザー限定の借り換えコースがありますので、この場合には他社借入が多少多くても審査で問題にならないことが一般的です。

なお、じぶん銀行カードローンも住宅ローンの借入残高は別に申告する必要がありますが、住宅ローン借入残高は審査には影響しません。

消費者金融カードローン借入時の審査で申告すべき他社借り入れとは?

消費者金融カードローンで借入をするときには、どのような他社借入を申告すべきでしょうか?

消費者金融で申告する他社借入は銀行とは異なります。

消費者金融は総量規制の対象ですので、審査で影響がある他社借入は銀行とは異なります。

プロミスの審査条件、他社借り入れ条件

プロミスの申込で申告する他社借入は、総量規制対象の借入だけです。

つまり、消費者金融や信販会社からの借入、またはクレジットカードのキャッシング枠の利用だけです。

銀行からの借入、自動車ローン、教育ローン、住宅ローン、クレジットカードのショッピング枠の利用残高などは一切記入する必要はありません。

また、審査で重要になるのは「総量規制の範囲内か否か」ということですので、申込の際には総量規制の対象となる借入残高を申告する必要があります。

なお、総量規制オーバーの場合にはもちろん借りることはできませんが、総量規制対象外の銀行カードローンでも、借入件数が多い場合には審査に通過することはできません。

なお、銀行カードローンなどの総量規制対象外の借入は申告する欄はありませんが、信用情報にはしっかりと記録されていますので、審査で借入残高は分かってしまいます。

アコムの審査条件、他社借り入れ条件

アコムも基本的にはプロミスと同じです。

申告する必要があるのは総量規制対象の借入だけで、審査でも最も重視されるのも貸金業者からの借入です。

また、やはり申告する必要のない銀行カードローンの借入件数が多いと審査に通過できないこともよくあります。

SMBCモビットの審査条件、他社借り入れ条件

SMBCモビットに関しても、申告内容や審査の条件は変わりません。

貸金業者からの借入が、総量規制の範囲内に収まっていたとしても、借入件数が多い場合や、返済状況が悪い場合などは審査に通過できないこともよくあります。

「他社お借り入れ」欄に入力すべきもの、入力しなくていいもの

ローンの申込をする際に、他社からのお借入欄には全ての借入を申告しなければならないのでしょうか?

そのようなことはありません。

先ほど説明した、カードローンの事例でもあるように、特段審査で問題にならない借入も「他社お借り入れ」の中には存在します。

ローンの申込の際には、どのような借入金を入力すべきでしょうか?

他社借り入れかどうかを見分けるポイント「総量規制対象外かどうか?」

申込の際に、申告すべき他社借入かどうかを見分けるポイントとして「総量規制対象外かどうか?」ということを挙げることができます。

総量規制対象の消費者金融のカードローンに申込をする場合には、申告すべき借入は総量規制対象のカードローンやクレジットカードのキャッシングだけになります。

なお、総量規制対象外のローンを借りる場合には、総量規制対象のローンも総量規制対象外のローンも全て申告する必要があります。

間違えやすいポイント「教育ローン」と「奨学金」

教育ローンは銀行などの金融機関からですが、奨学金は日本学生支援機構からなので記入する必要はありません。

教育ローンは総量規制対象外の借入ですので、銀行などの総量規制対象外の借入に申し込む際に申告するようにしましょう。

住宅ローンは他社借り入れには入らないが別項目で入力する必要あり

桁が1つ2つ違いますので基本的には申告する必要はなく、住宅ローンだけは別の記入欄が用意されている場合もあります。

住宅ローンの申告欄には、家賃を申告する欄も併設されていることがあります。

このため、審査で住宅ローンが占める役割とは、「いくらの借入額があるのか?」ということではなく、住居にかかる費用はいくらなのか?ということを知るために審査が行われるのです。

クレジットカードのキャッシングは他社借り入れに入る?ショッピングは?

キャッシング枠はお借り入れとして申告し、ショッピング枠であればリボ払いであってもお借り入れとして申告しません。

審査でも、キャッシング枠は他社借入として判断されますが、ショッピング枠はリボ払いの残高がたとえ数百万円になっていたとしても借入金があるとは判断されません。

審査時に他社お借り入れの申請が必要な3つのワケとは?

審査時に他社お借り入れの申請が必要な3つのワケとは?

では、なぜお借り入れを申告しなければならないのでしょうか。

答えは単純に、「お金を貸しても大丈夫な人かどうか判断するため」です。

皆さんが友人にお金を貸すことを想像してもらえれば分かると思いますが、その人がいろいろな知り合いから多額の借金をしているという話を聞いていたら、あまり貸したくありませんよね。

友人であればまだしも、金融機関は見ず知らずの人にお金を貸したりクレジットカードでの支払を立て替えるわけですから、当然その人が借金まみれになっていないかは絶対に確認したいと思うのはわかるでしょう。

ですので、他社からのお借り入れが多ければ多いほど、その分クレジットカードやカードローンでは審査に通りにくくなります。

関連記事をチェック!

2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良く...

①他社借り入れをきちんと把握できているかが見られている

まず一番の目的は、申込者がお借り入れの把握やお金の管理がちゃんとできる人なのかどうかを確かめるためです。

自分が今いくらお借り入れしているかをそもそも把握していない人は今後も借金を重ねて返済不可能に陥る可能性が高いため、そういった人にお金を貸すことを金融機関は躊躇します。

逆に、自分のお借り入れがいくらかちゃんとわかっている人は、お金の管理がちゃんとしているため、安心して融資を行うことができると考えるのです。

②正直度などの人間性もチェックされている

もう一つは正直な人間かどうかを試しているのです。

他社からのお借り入れを信用情報で確認することができるということを知らなければ、少なく申告して見栄えをよくしようとする人がいます。

しかし、そのことを知らなくても正確に申告する正直な人もいます。

言うまでもなく、嘘をつく人ではなく、正直にお借り入れ状況を申告する人の方にお金を貸したいと思うでしょう。

ですので、お借り入れの申告では嘘をついても無駄どころかかえってマイナスになってしまうので正直に申告しましょう。

③貸金業法では利用者の返済能力の調査が義務付けられている

特に消費者金融から借入をするときには他社からのお借り入れは非常に重要な意味を持ちます。

消費者金融のカードローンでは、他社からのお借り入れが年収の3分の1に達していると、それ以上消費者金融から借入することはできなくなるため、しっかり利用者のお借り入れを把握しておかなければならないのです。

この場合のお借り入れとは、主に消費者金融からのお借り入れや、クレジットカードのキャッシングの合計で計算され、銀行からのお借り入れは含まれません。

例えば年収300万円の方が消費者金融から1oo万円借入している場合は、返済しない限り消費者金融からは追加で借り入れできず、この決まりを総量規制と言います。

ただし、他社からのお借り入れに含まれるかどうかと総量規制に含まれるかどうかは別の問題です。

総量規制に含まれないお借り入れでも申告しなければならないことがありますので、申込時の注意書きをよく読んでください。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知ってい...


関連記事をチェック!

年収以上の借金!借入が年収を超えた場合借りれる?

今ではどこからお金を借りるにも、収入以上に借金をすることは難しいですね。 しかし、長くローンを利用しているなど、借入したタイミングによっては、年収以上の金額を借りることが出来てしまいます。 ...

他社お借り入れ欄で嘘をついでも絶対にバレます!

他社お借り入れ欄で嘘をついでも絶対にバレます!

お借り入れ額が多いと審査に不利と聞き、こう思った方もいるのではないでしょうか。「審査に通るためにお借り入れ額を少なく申告しようかな・・・」

審査には落ちたくないものですので、他社借入について少なめに申告する人は少なくありません。

しかし、このような行為は全く意味がないばかりか逆効果になりますので、他社借入は正確な数字を申告するようにしましょう。

「他社お借り入れ」欄は、信用情報機関の照会でバレる

確かにお借り入れ額が少なくなると審査に有利になるのは事実ですが、ここで嘘をついても間違いなくバレると断言できます。

実は、皆さんのお借り入れ状況や支払い状況などの金融取引に関する情報は、信用情報といって専用の機関に登録されているのです。

クレジットカードやカードローンに申込をすると、この登録されている情報を金融機関はチェックすることができます。

読んでいる人は少ないと思いますが、申込時の個人情報取り扱いに関する説明ではしっかりと信用情報の登録と照会について言及されています。

そのため、審査を有利にしようと思ってお借り入れを実際より少なく申告しても無意味どころかかえって心証が悪くなり、審査に不利になってしまいます。

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

お金を借りるためには、必ず申し込みと審査が必要になります。 審査に通るかどうかは、その人の信用が非常に重要となり、他社借入は少ないほうが通りやすくなります。 この時に、実際よりも他社借入を...

お借り入れとは正直度をテストするための質問

ここまで嘘をつかないほうが良い理由を説明しましたが、それでもまだ嘘をつこうと考えている方に、もし嘘をついた場合どうなるのかを説明しましょう。

お借り入れで嘘をついても金融機関は確認できるからどうせバレます。

そこで今度はこう思いませんでしたか。「それならわざわざ自分が記入する必要ないじゃん」

他社からのお借り入れをどのように申告しても相手にはわかってしまうのであれば、こちらが伝える必要はないと感じますよね。

しかし、金融機関が私たちに自ら申告させる事には別の目的があるのです。

それは、

  • お借り入れを把握できているか
  • 正直度のチェック

という2点です。

借入額や件数の嘘が原因で審査通過できなくなる事も

このページでも何度も説明しましたが、他社からのお借り入れに限らず申込時に嘘をついたのが審査でばれると、審査に通過することは非常に難しくなるでしょう。

嘘をつく理由の大半は審査に通りたいためでしょうから、それが原因で審査に通過できなくなったのでは本末転倒ですよね。

しかし、審査に通らないというのは実はまだましな方なのです。

後でバレると、一括返済を求められる事もあります!

嘘はほとんどバレますが、もし万が一バレないまま契約までたどり着いた場合でも、クレジットカードやカードローンでは、契約後も途上与信といって定期的に信用情報のチェックが行われます。

もしそこで申込時の嘘がバレた場合には、その時点で借り入れしている金額を一括で返済するように要求される場合があります。

利用額が数万円程度ならともかく、数十万円、数百万円の借入を行っていたらすぐに支払えるでしょうか。

最悪の場合は裁判にまでなってしまう危険姓すらあるのですから、むしろ審査に通過しないほうがいいくらいですよね。

ですから、申込時にお借り入れの嘘を付くのは絶対にやめましょう。

関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。 しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 ...

他社借り入れがある人がカードローンに申し込む時に気をつけたい事

他社借り入れがある人がカードローンに申し込む時に気をつけたい事

お借り入れが何なのか分からないということは、もしかしたらカードローンに申込むのが初めてなのかもしれません。

そんな方のために、最後に申込後に何が行われるのかを説明しましょう。

他社借り入れ4件以上、返済比率35%以上なら借りないほうが無難

他社借入件数が多い人や、収入のうちの35%以上が返済金をしめている人は、借りない方が無難です。

まず、借入の件数が多い人は、借金の返済を借金から行う可能性があります。

A社のカードローンの限度額が一杯になったら、B社のカードローンを契約し、A社のカードローンの返済金をB社カードローンの借入から行い、B社のカードローンが限度額に達するとC社のカードローンに契約し、C社カードローンからA、B社のカードローンの返済をして、やがてC社も限度額に達する…というように、複数のカードローンを持っている人は、借金が借金の返済のために増えて行く傾向があります。

いくら多くても4件が限度ですので、すでに4件以上の借入がある人は新規の借入を控えた方が無難です。

また、年収に対して一定の範囲内の返済額に留めるべきです。

たとえば、住宅ローンで許容される返済負担比率は35%が限度です。

このため、他社借入に関しても35%以上になるような借入はしない方が無難です。

実際に、返済負担率35%で住宅ローンを借りてしまった場合には返済は大変になりますので、住宅ローン以外の借入に関しても35%を超える借入は控えるようにしましょう。

他社借り入れで限度額いっぱいになっている人も要注意

他社借入でカードローンがあり、そのカードローンが限度額に達してしまっている人も新規の借入をすることには注意が必要です。

他社借入で限度額一杯になっているということは、新規で契約したローンから、限度額に達してしまっているローンの返済をする可能性があります。

「そのようなことはしない」と考えてみたところで、返済日当日になって手元にお金がなかったら、借金で借金の返済をしてしまう可能性は排除できません。

このようなことを予防するためにも、1つのカードローンが限度額に達したから新たなカードローンを契約するということも控えるようにしてくだだい。

返済目的で借りるなら弁護士に相談することをオススメします。

既存の借入金を返済する目的でローンを借りるということは、「借金しなければ返済するお金がない」ということです。

このような状況で、新たに借金をしたところでいいことなど絶対にありません。

自分の生活を見直しても、自分の収入の中から返済をしていくことができないのであれば、債務整理を考えた方がよいかもしれません。

このような場合には弁護士へ相談するようにしましょう。

関連記事をチェック!

信用情報機関が管理する情報~CRIN,FINEで情報共有~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 審査に落ちるということは自分...

関連記事をチェック!

借入における必要年収の基準

消費者金融や銀行から借入するにはある程度の年収がなければできないのでしょうか。 もしそうならどれだけの年収があれば希望額を借りられるのでしょう。 今回は借り入れのための必要年収について説明...

お借り入れとは…まとめ

今回はクレジットカード、カードローンの申込時に申告するお借り入れとは何なのかを説明しました。

  • お借り入れとは一般的には金融機関からの借金
  • 申込時にはそのうちのいくつかを申告
  • お借り入れで嘘をついてもバレる
  • お借り入れの質問には別の目的がある
  • 嘘をつくと借入残高を一括請求されることがある

以上が今回の大事な部分です。

お借り入れとは何なのかわからないまま適当に申し込むと、審査に通らなくなってしまうかもしれませんので、何に申告すべきなのかということを、しっかり確認してから申し込むようにしましょう。

関連記事をチェック!

他社借入があってもカードローン審査に通る状況

金融機関から借り入れを行うことを検討する場合、他社での借り入れが多いと審査落ちになってしまう、という話を聞いたことがある人は多いかもしれません。 他社での借り入れが多いと、必ずしも審査落ちになっ...


関連記事をチェック!

借入とローンの違いは何?

借入とローンの違い 「お金を借りる」という言葉を意味するものとして、借入という言葉とローンという言葉があります。 どちらも似たような使い方をされていますが、実は借入とローンには違いがありま...

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    1

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談