オリックス銀行カードローンで自宅に届く郵送物はあるのか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンを申込するのに「家族に内緒」で作りたいという場合があります。

こんな時、自宅に郵送物が送られてこないカードローンが良いですよね。

オリックス銀行カードローンを例に自宅への郵送物の有無を説明します。

執筆者の情報
名前: 芦田春馬(39歳)
職歴: 銀行と消費者金融,計15年勤務

オリックス銀行カードローンとは?

オリックス銀行カードローンは、ネット専業銀行であるオリックス銀行の個人向け融資商品です。

オリックス銀行は、ネット専業銀行であり、独自の店舗や、ATMを持っていません。

そのため、カードローンの申込は、インターネット上から行います。

契約後の借入は、提携ATMから出金したり、インターネット上の会員専用ページから依頼して、振込みで融資してもらうことになります。

オリックス銀行カードローンの特徴は、借入限度額(最大)が800万円と大きめの金額を借入できることです。

借入時の適用金利は、1.7~17.8%の範囲内となり、実際の適用金利は審査結果に応じて契約者事に個別で決定されます。

契約時にカードが届く

オリックス銀行から自宅への「郵送物」はあります。

オリックス銀行から郵送されるものの中でも、特に重要なものを確認しましょう。

自宅への郵送が必要なもの

特に重要なものは、オリックス銀行に対して、カードローンの借入申込を行って、審査に通過した後に送られてくる「借入専用カード」です。

こちらの借入専用カードが無いと、融資を受けることができませんので、カードローン契約では、非常に重要な郵送物となります。

消費者金融や、大手都市銀行では、店頭に設置されている無人契約機から、借入専用カードを受け取ることができるものもありますが、オリックス銀行には店頭受取の制度はありません。

そのため、借入専用カードは、自宅に郵送されてきます。

この郵送先は、送付先を勤務先などの自宅以外に変更することはできず、「自宅」が必須となります。

オリックス銀行では、借入専用カードの送付を通じて、申込人が申告した住所に、実際に居住していることも確認していますので、ご自宅以外の場所への送付はできませんし、郵送での受取が必須条件となっています。

関連記事をチェック!

226view

本人限定受取郵便なら家族に内緒でカードローンが利用できる?

家族に内緒でカードローンを使ってやりくりしたいときに、どうすれば家族にバレずにカードを作ることができるでしょう? やり方のひとつとして、本人限定受取郵便を利用したカードローンがありますので、ご紹介し...

受領するまで借入出来ない

なお、自宅に送付されてくる借入専用カードを受け取るまで、オリックス銀行カードローンでの借入は利用できません。

オリックス銀行では、インターネット上の会員専用ページから依頼すると、「振込」による融資を依頼することもできますが、会員専用ページを利用するには、専用のID/パスワードが必要です。

このID/パスワードは、借入専用カードに同封されて、自宅に郵送されてきますので、カードの郵送を受け取るまで、振込み融資の利用もできません。

オリックス銀行カードローンを利用するためには、最初の借入専用カードの郵送が非常に重要となります。

そして、どうしても自宅への「郵送物は嫌」、「自宅への郵送が無いカードローンしか嫌だ」という方には、適さないカードローンであるとも言えます。

なお、オリックス銀行からの郵送物が届いた際には、「お手続き完了のご連絡」、「ご利用ガイド」も同封されてきます。

また、郵送物に関しては、外見から「カードローン」の申込・借入に関するものといった表示はなく、、ご家族が受け取った場合でも、開封して内容を確認されない限りは、「ばれる」という心配はないと考えられます。

契約後も不定期に郵送がある

オリックス銀行カードローンでは、最初の借入専用カードの後も、不定期に郵送物が送付されてきます。

毎月の利用明細などは、インターネット上の会員専用ページから確認できますので、こういった取引状況に関する明細は送付されてきません。

契約後に送付されてくる郵送物としては、「契約に関わる重要なお知らせ」や、キャンペーンの案内などが該当しますが、これらは必要に応じて送付されるものであり、定期的に送付されるものではありません。

特に送付される可能性の高いもので言えば、借入後の返済を延滞した場合の「催促状」や、「入金依頼」があげられます。

自宅への郵送物を避けるためには、毎月の支払をきっちりと行って、入金の依頼を書面で受けないようにすることが大切です。

契約後の郵送物は勤務先も可

なお、契約後に送付されてくるキャンペーン情報などの郵送物に関しては、勤務先への送付を指定することができます。

「自宅への居住確認」という目的であれば、初回の借入用カードの郵送で終了しており、その後の郵送物に関しては、自宅への送付が必須ではありません。

カードローンでの借入をご家族にばれたくないので、郵送物を送付されるのが嫌と言う方は、契約後の郵送物を、勤務先に送付するように指定しておくのが良いでしょう。

なお、初回のカードに関しては、送付先を勤務先に指定したとしても、自宅に郵送されますのでご注意ください。

また、前述のように、返済を延滞した場合の入金依頼や、督促状などの「重要な書類」に関しても、自宅へ送付されることがありますのでご注意下さい。

重要な書類に関しては、むしろ勤務先に送付するほうが情報漏えいの危険性が考えられます。

さらに、重要な書類は、確実にご本人に到着させる必要がある書類であり、勤務先に限定することができなくなってしまいます。

郵送物が原因で家族にばれる?

最後にオリックス銀行カードローンの郵送物が原因で、家族にカードローンでの借入がばれてしまう危険性がどの程度あるのかについて説明しておきます。

実際、オリックス銀行に限らず、カードローンの利用が家族にばれてしまう原因としては、やはり郵送物が多いでしょう。

家族が受け取る場合は注意

日中就業されているご主人がカードローンを申込して、ご自宅に主婦をされている奥さんがいるようなケースでは、どうしても郵送物は最初に奥さんの目に留まってしまいます。

オリックス銀行カードローンの借入専用カードは、「簡易書留」で送付されてきますので、郵送物が届いた時に、ご自宅にいる方に対して受取が求められます。

「郵送物は勝手に見ない」約束が出来ている家庭であれば良いかも知れません。

オリックス銀行からの郵送物の外見からはカードローンに関する郵送と解りませんので、ばれる危険性は低いと言えます。

しかし、奥さんが先に郵送物の中身を見てしまうとばれる危険性は高くなります。

こういったケースでは、事前に、「オリックス銀行から郵送物が届く」ということを説明しておき、口座開設や、仕事で使用する必要のあるクレジットカードなど、言い訳をしておく必要があるでしょう。

郵送物受取後のミスを無くす

もし、共働きなどで、日中はご自宅に誰もいない家庭であれば、郵便ポストなどに「不在票」が残されますので、直接奥さんに見られなくて済むかもしれません。

また、パート・アルバイトを行っている主婦の方がカードローンを申込する場合には、ご自宅にいる時間は奥さんが長く、ご自身で郵送物を受け取ることができるかもしれません。

こういったケースであれば、郵送物を原因として、借入がばれるという危険は少ないでしょう。

但し、受け取った郵送物を、テーブルの上などに置きっぱなしにしてしまい、ご主人の目に留まってしまえば意味がありません。

受け取った郵便物を、ばれないようにしっかりとしまっておく必要があります。

まとめ

オリックス銀行カードローンは自宅への郵送物があるカードローン商品です。

契約後に送付されてくる借入専用カードや、重要書類の一部については、自宅への郵送が必須条件であり、避けることはできません。

但し、それ以外の契約期間中に送付されてくるものは、勤務先に送付してもらうことも可能です。

借入専用カードの郵送物など、外見からはカードローン関連の郵送とは解りませんが、それでも自宅への郵送は一切嫌という方には、適さないカードローンとなってしまいます。

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談