馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

【馬太郎が】ビジネクストに申し込みしてみた

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

個人事業主や中小企業が事業資金の借入をするときに候補に挙がることの多いビジネクスト。

今回は馬太郎がビジネクストの「事業者ローン」に申し込んだので、手続きの流れを紹介します。

ビジネクストは事業資金専用

まずは簡単にビジネクストについて説明します。

ビジネクストでは事業資金の借入のみを行うことができます。

個人事業主でも借り入れは可能ですが、使用目的は事業性資金に限定されており、生活費として使用することはできません。

ビジネクストの事業者ローンには、限度額内で自由に追加融資が受けられる「カードローン」と、借入後は返済だけを行う「ビジネスローン」の二種類が用意されており、審査によってどちらの形式になるかが決定されます。

ビジネクストの基本情報についてはこちらのページで詳しく説明しています。

関連記事をチェック!

ビジネクストの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はビジネクストについて説明したいと思います。 ▼資金用途は原則自由.総量規制対象外カードローン▼ ビジネクストについて ビジネクスト株式会社...

関連記事をチェック!

ビジネクストの金利は高いの?低いの?他社の金利と比較

法人や個人事業主の人がお金を借りる場合、借入金額も多額になってしまうことが多いと思います。 借入金額が大きくなると、金利が気になりますよね。 今回は、ビジネクストの金利について紹介していき...

申し込みはネットから

銀行で事業資金の融資を受けるには、事前に電話で予約をしたうえで窓口まで直接出向かなければなりませんが、ビジネクストの申込は公式サイトから行うことができます。

申込では以下の項目が必要になります。

  • 希望商品
  • 資金使途
  • 事業形態
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 申込者電話番号
  • 会社電話番号
  • 会社FAX番号(任意)
  • 希望連絡先
  • メールアドレス
  • 会社名
  • 会社所在地
  • 登記上住所(任意)
  • 創業年月日
  • 年商
  • 税込み年収
  • 自己所有不動産の有無
  • 会計ソフトの使用有無

※(任意)以外は必須項目です。

個人のカードローンと比べると申請する項目が少ないですね。その分、提出する書類が多くなります。

馬太郎が提出した書類は以下でした。(法人の場合、個人事業主だと異なります)多いです。

健康保険証のコピー、運転免許証のコピー、決算書一式コピー二期分、確定申告書第一式、製造原価報告書(製造業に関わる場合)、株主資本等変動計算書、個別注記表、勘定科目明細書、試算表(作成している場合)

申込後、担当者から電話

申込が完了すると、ビジネクストの担当者から電話があります。

ビジネクストの○○です。申込ありがとうございます。審査にあたり何点か質問させていただきたいです。

~質問に答えていく馬太郎~

伺った内容で審査を進めまして、結果を明日までに連絡します。途中、審査の方から電話がくるかもしれませんので、その際はお答えください。

カードローンであれば、携帯電話だとしてもまずは電話の相手が申込者本人なのかどうかを何度も確認するはずですが、今回は一切確認がありませんでした。

ビジネスローンはカードローンと異なり、周りに内緒にしたいという人が少ないからでしょうか。

ちなみに、質問されたのは以下の項目です。

  • 会社や自宅に固定電話番号はないのか
  • 結婚しているかどうか
  • 結婚経験の有無
  • 同居人の有無
  • 馬太郎の住所&契約形態(賃貸か、持ち家か)
  • アパートに住み始めた時期
  • 現在の会社は馬太郎が創業した会社かどうか
  • 創業年月日
  • 事業所の場所
  • 事業所は賃貸かどうか
  • 雇用人数
  • 事業内容

最初はビジネスローンで100万円融資

ビジネクストから審査結果の連絡が来ました。

審査結果がでました。初回お役に立てる金額が100万円。カードを発行せずにビジネスローンで元利均等返済の年率15%。6ヶ月以上期間がたつとカードローンへの切り替えができるようになります。

6ヶ月後にカードローンにできるということですか。

6か月後にできると明確には言えません。この商品で了承いただければ、契約書を送付しますので、その契約書に証明捺印と印鑑証明書を送付してください。

冒頭で説明した通り、ビジネクストの融資にはカードローンとビジネスローンの二種類があり、ビジネスローンの場合は自由に追加借入を行うことはできません。

私の場合は、まずはビジネスローンで融資を受け、最低でも6ヶ月以上返済実績を積めばカードローンに切り替えられるとのことでした。

書類到着

2日後、ビジネクストから書類が届きました。

電話のときと同様、封筒にはしっかりと「ビジネクスト」の名前が記載されています。

これは個人のカードローン会社とは異なる点です。

中には以下の書類が入っています。

  • 書類送付の案内
  • 契約の流れ
  • 金銭消費貸借契約証書兼保証契約証書
  • 預金口座振込依頼書
  • 申込書
  • 個人情報取扱規約
  • 返信用封筒
  • 貸金業法第16条の2に基づく書面
  • 保証契約概要説明書
  • 大切なお知らせ×2
  • ご利用説明

この内、ビジネクストに返送するのは以下の5つの書類です。

  1. 金銭消費貸借契約証書兼保証契約証書
  2. 預金口座振込依頼書
  3. 申込書
  4. 大切なお知らせ(主債務者用)
  5. 大切なお知らせ(代表者用)

金銭消費貸借契約証書兼保証契約証書

お金の貸し借りを行ったことを証明する用紙です。

貸し付けの条件や返済方式など、色々書かれています。

下の画像ではわかりにくいので、詳しく読みたい人は画像をタップすれば大きなサイズで確認できます。

預金口座振込依頼書

毎月の返済は希望の口座から引き落としされますので、引き落とし用の口座を指定するための用紙です。

こちらもタップすればサイズを大きくできます。

申込書

ネットから申込んだときと同じような項目を再度記入する用紙です。

項目についてはこの記事の冒頭を確認してください。

おそらくネットから申し込んだときと情報が異なると手続きがスムースに進まなくなってしまいます。

大切なお知らせ(主債務者、代表者用)

保証契約の必要性、借入の条件など、重要な情報の確認を促す説明とそれぞれのチェック欄が書かれています。

今回は法人としての申込なので、主債務者用と代表者用に分かれているのでしょう。

主債務者は私の会社、主債務者は私ということになるのだと思われます。

上記5種類に加えて以下の4点を問題なく郵送すれば後は振込で融資を受けることができます。

  • 会社印鑑証明
  • 個人印鑑証明
  • 登記簿謄本
  • 400円の収入印紙

ビジネクストから再び連絡が

書類の受取から数日後、書類を郵送せずにいるとビジネクストから電話がありました。

「書類は届いているかどうか」や「資料に分かりづらい部分は無いか」等を質問されました。

早い段階でぜひ書類を送って欲しいとのことで、どうしても契約して貰いたいのだと強く感じました。

追記:四度目の電話

さらに1週間後、またもビジネクストから電話がかかってきました。今度は今までの担当者とは違う女性の方でした。

この時点で最初の申込から2週間程経過しています。

印鑑証明書をまだとっていませんか?

はい、特に急いではいないので遅くなっているという感じです。

審査結果が出てから1ヶ月経つと新しい決算がまた見直しされるため、できれば1ヶ月中にお願いしたいです。金額があまり魅力的ではないのでしょうか?

その後も何とか契約してもらいたいという話を数分間聞かされました。

要点をまとめると以下のようになります。

  • 契約後、ビジネスの商品からカード商品への置き換えもできる
  • ビジネクストの決算が3月なので出来れば契約して欲しい

どうにか契約してもらいたいという思いを強く感じました。ビジネクストの親会社であるアイフルは銀行の傘下に入っていませんので、経営はそれほど楽ではないと考えられます。

それに加えて、個人のカードローンと比べると申込者の数も少ないでしょうから、貸付のチャンスを逃すわけにはいかないのでしょう。

一応「頑張ります」と伝えて電話を終えました。

まとめ

ビジネクストは銀行融資と比べると金利が高いですが、個人事業主でも申し込むことができます。

それに加えて、銀行窓口への訪問や担当者との面談も必要なく、手続きがすぐに完了します。

銀行からの融資が受けられない人、すぐに融資を受けてい人はビジネクストを利用しましょう。

関連記事をチェック!

ビジネクスト評判はどうなの?特徴や口コミから検証してみた

お金を借りたいのは、一般の人だけではありません。 会社を経営している人は、会社の運絵資金などを借りたい場合もありますよね。 今回は、ビジネスローンを中心に扱うビジネクトについての評判を考察...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談