馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

SMBCモビットのWEB完結申込で即日借りる~口コミもチェック~

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンの借入申込をWEBからできる方法はもはやスタンダードですが、SMBCモビットのWEB完結借入申込はホンモノのWEB完結です。でもSMBCモビットのWEB完結のメリットや申込方法、WEB完結を利用するにはどうすれば良いのかなどわからない点も多いと思います。

そこで今回はSMBCモビットのWEB完結申込のパーフェクトガイドとして、申込の流れや審査にかかる時間、誰でも利用できるのかも含めて、「SMBCモビットWEB完結のすべて」をご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

WEB完結とは?

カードローンの借入申込をパソコンやスマホからできるインターネットからの申込方法はもはやスタンダードですね。

インターネットの「お借入申込」ボタンをクリックして申込フォームに記入し、借入審査を行う方法を一部では「WEB完結」と言っていますが、SMBCモビットのWEB完結借入申込はひと味もふた味も違います。

他の金融機関で言うところのWEB完結は、単にインターネットから借入申込ができるというだけです。

しかしSMBCモビットのWEB完結申込とは本人確認の電話や職場への電話がない、及びカードが発行されないため自宅への郵送物が全くない契約方法のことを言います。

借入申込から審査、融資実行まで全てインターネット上で完結し、SMBCモビットのオペレーターとさえ会話する必要がありません。

お金の借入に本人確認の電話連絡や在籍確認があると家族バレや会社バレが心配ですよね。

自宅にSMBCモビットから郵送物があると、さらに家族バレしてしまうのではないかとなりますが、SMBCモビットのWEB完結借入申込なら誰にも気づかれることなく、完全に内緒でキャッシング可能なのです。

なるほどそれは便利だな、と思ってもどうすればWEB完結で申込ができるのか公式サイトを見てもよくわからない、さらに情報も足りないこともあって、せっかく画期的な借入申込方法があるのに利用していない人も少なくありません。

SMBCモビットのWEB完結の概要がわかったところで、どうすればWEB完結で借入申込ができるのか順を追ってご説明していきます。

SMBCモビットは通常の方法で借入申込もできる

先にご説明しておきますがSMBCモビットは他の消費者金融と同じように、WEB完結による借入申込だけではなく、パソコンやスマホ、無人契約機を利用した方法で借入申込ができます。

SMBCモビットはWEB完結でなければキャッシングできないということではありません。

カードローン申込顧客満足度1位が示すように、10秒簡易審査が行われるカード発行申込もできますのでWEB完結で申し込みができない場合でも便利良く申込みが可能です。

SMBCモビットのローン契約機の設置台数が少ないデメリットをなくすために、三井住友銀行のローン契約機でもSMBCモビットの借入申込ができますので、そちらも合わせてご利用ください。

申込条件

SMBCモビットのWEB完結借入申込にはいくつか条件があり、誰でも利用できる契約方法ではないのです。

まずWEB完結で申込むにあたって、SMBCモビットの契約書面や同意書の確認がインターネット上で行うことに承諾し、交付された書面をパソコンやスマホなどに保存できる環境であることが必要です。

この条件の指し示すところは、SMBCモビットと契約しても自宅へ契約書の書面を郵送しないための承諾ですので、とくに気にする必要はありません。

そしてWEB完結のメリットを活かす契約ができるのは次の条件を全て満たしている場合に限られます。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に普通預金口座があること
・以上の口座を利用してSMBCモビットからの振込キャッシングを受けること
・SMBCモビットへの返済を以上の口座から自動振替によって行うこと
※なお銀行の口座はSMBCモビットに申込む本人名義でなければなりません。

・本人確認書類を提出できること
・会社に勤務していることを証明できる書類を用意できること
・収入証明書類を提出できること
・社会保険証又は組合保険証を持っていること

それぞれの条件についての詳細の説明は後述するとして、以上の条件を満たしていることがWEB完結申込の条件です。

必要書類について

前項でご説明した本人確認書類や収入証明書類などについて詳細をご説明します。

いくらWEB完結できる口座条件を満たしていても、必要書類条件を満たしていなければWEB完結で申込みできません。

書類についてのご説明は次項以降に順を追って行いますので注意深くご覧ください。

WEB完結に必要書類は?

WEB完結に必要な書類は本人確認書類や、健康保険証、収入証明書類や会社に勤務していることがわかる書類が必要です。

これは提出する書類ではありませんが、SMBCモビットへの毎月の支払いは銀行口座からの自動引き落としが条件となりますので、WEB完結で申し込みをする前に銀行名や口座番号、暗証番号も含めてわかるようにしておきましょう。

WEB完結の本人確認書類は2種類のみ

SMBCモビットのWEB完結に使用できる本人確認書類は、運転免許証かパスポートの2種類です。健康保険証やマイナンバーカード、住民票などでは本人確認書類として使えません。

本人確認書類は書類上の住所と現住所が一致していなければなりませんので、引っ越しなどで住所変更している場合は、事前に運転免許証やパスポートの住所を変更しておきましょう。

当然ながら運転免許証やパスポート有効期限内でなければなりません。運転経歴証明書や住民基本カード、外国人登録証や特別永住者証などは利用できません。

WEB完結は本人確認の電話がありません。

そのため運転免許証やパスポートは番号が付されていることから、万が一「なりすまし」で申し込まれた場合の防止対策として未然に防ぐことができるメリットがあるのです。

WEB完結の健康保険証も2種類のみ

SMBCモビットのWEB完結で使用できる健康保険証は、協会けんぽなどの社会保険証と、大企業に勤めている人が加盟している組合保険証の2種類のみが有効です。

WEB完結申し込みは電話連絡をしません。そのため勤務先を確認するために必要な書類として利用することから、前述の2種類の保険証が必要です。

WEB完結には国民健康保険証は使用できない

たとえ会社に勤務していたとしても国民健康保険証では、確実に会社に勤務していることを証明できません。

勤務先の都合によっては社会保険や組合保険に加入していない場合もありますね。SMBCモビットはWEB完結によって本人確認もしなければ職場への電話連絡もしないのです。

国民保険証だけではもしかしたら個人事業主の可能性もあることから、勤務している実態を証明する書類として使用できません。それに国民健康保険証には勤務先名が書いてありません。

用意しなければならない収入証明書類

SMBCモビットのWEB完結申し込みに必要な収入証明書類も限定されており、以下の書類のうち1点を事前に用意しておきましょう。

◆現在の収入を証明できる書類
・源泉徴収票
・個人住民税課税通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(直近2カ月分)

いずれの収入証明書類も最新のものでなければなりません。また給与明細書については直近2カ月分を用意しなければなりませんが、用意できる場合はボーナス時1年分の明細書も提出すると良いでしょう。

源泉徴収票や給与明細書は必要がないとすぐに捨ててしまうものです。

勤務先に再発行を依頼しても断られる場合が多く、その場合は役場から所得証明書を事前に取得しておくとWEB完結申込がスムーズに実行できます。

勤務先を証明できる書類

SMBCモビットのWEB完結申込は電話連絡がありませんので、間違いなく勤務していることを証明できる書類として、既にご説明した社会保険証又は組合保険証が必要です。

また給与明細書直近1カ月分を提出しなければなりませんが、収入証明書類として給与明細書を提出している場合は不要です。

収入証明書類として給与明細書以外の所得証明書や個人住民税課税通知書などを提出した場合は、必ず給与明細書直近1カ月分を用意してください。

電話連絡は不要

SMBCモビットのWEB完結の大きなメリットは、勤務先に電話が入らないことです。

銀行カードローンや消費者金融に申し込む場合は、勤務していることを確認するために在籍確認を行うことが普通です。

しかしWEB完結申込によって様々な書類を提出しているため、わざわざSMBCモビットのオペレーターが職場に電話をする必要はないのです。

在籍確認の電話は意外と会社バレする原因となり、消費者金融からお金を借りたということが社内の噂になったのではたまりませんね。

そのために社会保険証や組合保険証、給与明細書を用意するのです。給与明細書は直近1カ月分提出するのですから、間違いなく収入があることを証明できますね。

社会保険証や組合保険証なら勤務先名が印字されている、被保険者となった日にちがはっきりしているなどいろいろ確認できるわけです。

組合保険は大手企業が独自に立ち上げている社会保険組合で、JTやパナソニック、NTTなどがよく知られています。

健康保険証に勤務先名が印字されていればそれは組合保険ですから、この保険証は使えるかどうかなど迷う必要はありませんよ。

また公務員が加盟している共済組合も保険証として利用できますので、SMBCモビットのWEB完結申込に利用できます。

共済組合保険証には勤務先名が印字されていませんが、給与明細書でどこに勤務しているのか判明しますので心配いりません。

ただし給与明細書で注意したいのは手書きの給与明細書で、しかも経理担当者の印鑑のみという場合です。

給与明細書は経理的な知識があればパソコンひとつで簡単に偽造できてしまいます。

給与明細書には会社の名前や住所が入ったゴム印が押してあることや社印が押してあることを確認しておきましょう。

なお給与明細書の作成がコンピューターによるものであったとしても、会社名が入っていることや社印が押してあれば問題なく使用可能です。

申込の流れや審査方法

条件が揃えばSMBCモビットでWEB完結申込ができます。

公式サイトのトップページにある「WEB完結申込」をクリックしましょう。クリックするとWEB完結申込の条件にクリアしているかどうかの確認画面が出ますが、「条件を確認の上、次へ進む」をクリックします。

クリックするとさらにWEB完結申込の条件が提示されますが、ページ上部にあるチェックボックスにチェックを入れて、ページ下部の「WEB完結申込画面へ」をクリックします。

これでようやく申込みフォームが表示され、必要項目が入力できるようになります。

各項目はすべて入力しなければならない必須項目となっていますので、間違いのないように慎重に入力していきましょう。

とくに判断が難しい項目はありませんが、契約希望金額については総量規制を考え、年収の1/3以下の金額にチェックを入れます。

他社借入がある場合は総量規制枠から他社借入額を差し引いた金額を入力しましょう。

全て入力が終わったらページ下部にある「会員審査結果を確認」ボタンをクリックすると10秒簡易審査が行われます。

10秒簡易審査で融資可能となった場合は、必要書類をデジカメやスマホで画像に撮りパソコンに転送させた後WEB上でアップロードします。

もちろんパソコンでなくてもスマホから申し込むこともできます。そうすればパソコンに画像を転送することなくそのままアップロードできますので便利に使えますね。

審査が完了すれば最短で60分から1、2時間程度でメール宛に審査結果が通知されますのでそれまで待ちましょう。

審査方法はコンピュータによる自動スコアリングです。WEB完結で申し込みができるということは会社に勤務しているわけですから、継続安定した収入があることでしょう。

即日借入するために審査時間に気をつける

SMBCモビットのWEB完結申込は即日借入に対応しています。WEB完結申込はカードレスでの借入になりますので基本的に振込キャッシングです。

振込銀行先はSMBCモビットが指定してある三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のどれかです。

借入ができるようになるのは審査が終わり、その後の契約手続きが済んでからですので遅くとも平日14時30分までには契約完了させておきたいですね。

なお契約手続きといってもパソコンやスマホに表示される画面に従って、「確認する」や「同意する」と言った作業だけですから、ゆっくり操作しても10分もあれば会員登録まで終わるでしょう。

本審査は最短で60分から2時間程度見ておくと安心です。何しろSMBCモビットはカードローン部門の顧客満足度第1位にランキングされるくらいです。

申し込む時間帯や曜日によっては混雑することもありますね。

平日14時30分までに契約手続きを完了させることを目標に、できれば時間的余裕を見て平日12時頃から申込みを始めると即日借入もスムーズに行くでしょう。

会員登録が終われば自動的に5分程度で銀行口座にお金が振り込まれますので、口座に着金したらすぐに現金を引き出し即日借入完了です。

土日でも申込できる?

WEB完結申込は土日でも可能です。そもそもパソコンやスマホから申し込むわけですから時間には曜日に関係なく24時間いつでも申し込み可能です。

しかし即日借入するためには土日の申し込みでは不可能です。なぜなら銀行休業日だからです。

銀行が休みだと振込みができませんね。

即日借入希望なら平日に申し込むことです。即日借入でなければ事前に申し込みを済ませておけば、翌銀行営業日の午前中の早い時間帯にお金が振り込まれます。

返済方法

SMBCモビットにWEB完結で申込みした場合は、通常のカードによる返済方法と異なります。

WEB完結申込はカードレスで振込キャッシングの利用となるため、WEB完結申込の条件にある通り口座振替による自動引落しの返済です。

返済日は毎月5日、15日、25日、末日から自由に選ぶことができますので、給料日に合わせた日にちを選ぶと良いでしょう。

後でご説明するスマホアプリによるATM返済も可能ですが、それはあくまでも随時返済となり口座引き落としは継続されますのでご注意ください。

毎月の返済金額について

SMBCモビットは借入後残高スライド元利定額返済方式と言って、毎月の借入残高で返済額が変わるのではなく、途中で追加借入した場合の残高で次回の返済額が決定されます。

もちろん最初に借入したまま追加借入することなく返済を続けた場合は、返済額に変更はありませんが返済途中で追加借入してしまうと返済額が変わりますので注意が必要です。

毎月の最低支払い金額についてご紹介します。

・借入後残高10万円以下:4,000円
・借入後残高20万円以下:8,000円
・借入後残高30万円以下:1万1,000円
・借入後残高40万円以下:1万1,000円
・借入後残高50万円以下:1万3,000円

例えば利用限度額が50万円で、そのまま追加借入することなく返済を続けた場合の返済額は毎月1万3,000円です。

しかし借入残高が20万円になり、あと10万円追加借り入れしたいな、となった場合は借入後残高は40万円となるため毎月の返済額は1万1,000円に変化します。

その後返済を続け借入残高が10万円になり、あと10万円借りたいと借入後残高が20万円になった場合は毎月の返済額は8,000円です。

以上のように追加借入した後の残高によって毎月の返済額が変わっていきますので、一般的な残高スライドリボルビング方式ではありません。

借入残高が50万円以上の返済額についてはモビットの公式サイトを以下のリンクで参照できますのでご覧ください。

SMBCモビット 返済日・返済額

全額一括返済もできる

SMBCモビットから借入して毎月の返済を口座振替にしていても、お金に余裕があるときやボーナスなど臨時収入が入ったときは全額返済が可能です。

全額返済する場合は返済するまでの利息を計算しなければなりませんので、確実な金額を知るためにも必ずSMBCモビットのコールセンターへ電話しましょう。

全額返済したい旨を伝え、いつなら一括返済できるのか確実な日を指定することで元金と利息の合計金額を教えてくれます。

この場合口座振替で全額返済はできませんので、銀行窓口かATM、インターネットバンキングを利用して直接SMBCモビットの口座へ入金します。

返済手数料は全額返済額から差し引いてはいけません。手数料は自己負担ですよ。

また一括返済額に端数があったとしても、面倒だからといって切り上げて返済するのではなく、1円単位までの正確な金額を振込しましょう。

増額は本人電話確認や在籍確認があるの?

SMBCモビットで最低6カ月から1年程度利用実績を作っておくと、利用限度額を増額できるようになります。

利用限度額が増額すればさらにお金を借りられますので、急にお金が必要になった場合でも余裕を持って借入できますね。

通常のカードローンは増額する場合審査を行う一環として在籍確認が行われることが普通です。

しかしSMBCモビットのWEB完結申込は、利用限度額の増額で信用情報によって審査することは当然ながら、本人確認や職場への電話連絡までは基本的に行われていません。

ただしあくまでも基本的ということであって絶対に本人確認や在籍確認がないということではありません。

審査の内容によっては本当に勤務しているのか、返済能力は間違いなくあるのかなど怪しまれた場合は、再度収入証明書類の提出や健康保険証の提出を求められることがあります。

でもWEB完結申込のメリットは電話確認がないことです。よほどのことがない限り書類の提出だけで増額審査が行われ、在籍確認まではされないと考えておいてよいでしょう。

唯一心配な点は信用情報を取得した結果、勤務先が変わっていることや年収に変化があったことがわかった場合です。

SMBCモビットが持っている会員情報に変更された記録がなく、明らかに情報が古い場合は本人電話確認や在籍確認が行われる可能性があります。

家族バレや会社バレしたくないのであれば、会員情報に変更があったら直ちに会員サイトから登録情報を変更するなどこまめに、自分の情報をメンテナンスしておきましょう。

そうすれば本人確認や在籍確認が行われる前に、SMBCモビット側からメールによって「電話連絡ください」のようなメッセージを受け取ることができます。

カード発行はなくてもスマホでATM借入できる

振込キャッシングだけではちょっと物足りないという意見が多かったのか、SMBCモビットはWEB完結で申し込んでも、スマホに専用アプリをダウンロードするとATM借入が可能になります。

現在のところセブン銀行ATM専用ではありますが、スマホに表示されたQRコードを読み取らせることによってカードがなくてもATMからの借入や返済が可能です。

土日は振込みキャッシングが利用できません。

そのような場合はセブン銀行ATMで借入ができますので、WEB完結はますます便利になっています。

メリット

SMBCモビットのWEB完結のメリットは、カードレスでの契約になるため自宅へ契約書やカードが郵送されないために家族バレしないことです。

たとえ差出人名がSMBCモビットでなくても、ちょっと厚めの封筒が届けばなんの郵便物なのか家族が不審に思うかもしれませんよね。

もしかしたら家族が勝手に封筒を開封してしまうこともないとは言えません。家族バレしないためにはWEB完結は非常に有効なのです。

本人確認の電話もない

カードローンの申し込みをすれば「なりすまし」での申し込みなのか確認するために、カードローン会社のオペレーターが本人に電話し、本人確認の電話や申し込み内容の確認をするのが普通です。

しかしSMBCモビットは、本人でなければ用意できないような書類を提出しなければWEB完結で申込みができないため、本人確認の電話を省略しています。

万が一家族がいる前でSMBCモビットのオペレーターから本人電話確認がかかってきたのは、慌ててしまい、その結果家族から「どこからの電話だったのか」と聞かれてしまうことでしょう。

場合によったら家族バレする原因になりますね。本人確認の電話がないのはWEB完結ならではのメリットですね。

デメリットは学生やアルバイトでは利用できないこと

SMBCモビットのWEB完結申込みは、必ず勤務先の社会保険や組合保険が必要です。

そのため安定した収入があるアルバイト学生、及びアルバイト専門で働いている人はWEB完結申込みができません。

アルバイト学生やアルバイト専門で働いている人が社会保険に加入することはまずありませんよね。

学生なら親の扶養に入っているでしょうし、アルバイト専門で働いていればおそらく健康保険証は国民健康保険です。

もちろんSMBCモビットはWEB完結でなければ、アルバイト学生やアルバイト専門で働いている人でもカード発行による申込みが可能です。

返済方法が口座振替に限定される

WEB完結のデメリットを返済方法に問題があるとする人もいますが、そもそもWEB完結はカードレスでの契約ですから、返済方法が口座振替に限定されるのはある意味仕方がないことです。

銀行口座の自動引落しをデメリットと感じるのであれば、WEB完結ではなくカード発行の申し込みにすれば良いだけの話ですね。

口コミや評判は?

SMBCモビットのWEB完結の口コミや評判はなかなか上々です。

ヤフー知恵袋に書き込まれた評判を総合すると、最短で30分で審査が終わることや、本当にWEB完結だと本人確認の電話や職場への電話が全くないのは大変便利、平日12時までに申し込むと即日借入ができたなど、確かに顧客満足度第1位だけのことはあるようです。

・他社借入があっても借りれた
・増額審査も即日できた
・年収の1/3まで借りることができた

以上のような口コミもとても多かったですね。

他社ご利用の方でも審査可能ですが、利用者の状況によって利用できない場合もあります。

さらにセブン銀行をよく利用する人にとっても、スマホでキャッシングできるとの口コミが多いですね。

提出する書類は確かに多いものの、誰にも内緒で借りれるのは最大のメリットであるとする評判が多く、何かわからないことがあってもオペレーターに聞けば丁寧に教えてくれるとのことです。

口コミとして、これでもう少し借入金利が安かったらもっと使いやすいのに、という意見も多かったことを付け加えておきましょう。

WEB完結についての良い口コミ

カードローンを利用したいという時は、結構焦っている場合が多く手続きに手間をかけたくないと思っている人が多くいます。

それに、カードローンの利用は借金になりますので、できれば誰にも借金の事はばれたくないと思っている人も多いですよね。

これらの要望に応えるためにSMBCモビットではWEB完結での申し込みが用意されています。

ここでは、WEB完済についての良い口コミをご紹介します。

必要書類は多いがすぐに借り入れできた

  • 会社に電話連絡があるとキャッシングなどを疑われてしまいますので、どうしても電話連絡が無いところを探していました。
    申し込みをする条件は満たしていたので良かったのですが、提出する書類が多くてちょっと苦労しました。
    契約できるまで1時間と短時間でした。
  • 三井住友銀行に口座を持っていたので、電話連絡もなく郵便物もないWEB完結で申し込みました。
    提出する書類は少し多めですが、この書類で在籍確認や本人確認をするのだと思えば、苦にはなりませんでした。
    審査結果はメールにて受け取ったのですが、非常に早く30分もたっていなかったように思えます。

インターネットだけで契約ができた

  • すぐにでも銀行口座に入金しなければならない事があったのですが、その日は外出することが難しく振り込み融資をしてくれるところを探していました。
    郵送物があるのも家族にばれる心配があったので、郵送物が無いSMBCモビットのWEB完結での申し込みをしました。
    申し込みも書類の提出もすべてPCで行うことができて、審査結果もメールで受け取れて、本当にPCの前にいるだけで契約ができました。
  • 出張先でどうしても欲しいものを見つけてしまったのですが、それを購入すると帰りの新幹線代がなくなってしまうので悩んでいました。
    会社からもらう給料明細や源泉徴収票はカバンの中にいつも入っているので、WEB完結での申し込みが可能という事でSMBCモビットを選びました。
    出張先ですので色々と制限があり、同僚にもばれたくなかったので、インターネットだけで契約ができるのは非常に助かりました。

契約が手間がかからなく良かった

  • とにかく仕事が忙しくて、外出してカードを受け取ったりATMでお金を出す事は難しい状況でした。
    WEB完結の申し込みには揃えないといけない書類が多いですが、揃えてしまえば画像ファイルとしてインターネットで簡単に提出できました。
    申し込みから利用できるまで電話や書類へのサインなど必要なく、すべてWEBとメールで対応できて、本当に手間がかからなかったです。
  • 出張先で急にお金が必要な事態になってしまって、インターネット上で申し込めるWEB完結で申し込みました。
    出張中という事もあり、何かと行動に制限がかかってしまいますので、契約まで特別な手間がかからなかったのは非常にうれしかったです。

関連記事をチェック!

SMBCモビットのWEB完結申込で即日借りる~口コミもチェック~

カードローンの借入申込をWEBからできる方法はもはやスタンダードですが、SMBCモビットのWEB完結借入申込はホンモノのWEB完結です。でもSMBCモビットのWEB完結のメリットや申込方法、WEB完結...

WEB完結についての悪い口コミ

PCの前にいるだけで契約までできる、電話連絡が無いので便利という口コミが多いですが、WEB完結での申し込みには悪い口コミはないのでしょうか。

ここでは、WEB完済についての悪い口コミをご紹介します。

必要書類が多くて時間が掛かった

  • 電話連絡もなく、カードレスで利用できるのに魅力を感じてWEB完結での申し込みをしました。
    申込時には、銀行口座と社会保険証があれば良いと思っていたのですが、提出する書類が多くてそろえるのに時間がかかってしまいました。
    一応、期限内に契約までできて問題はなかったのですが、もう少し簡単に申し込めるようにしてほしかったです。
  • 給与明細書や賞与明細書等の会社からもらう書類などは、紛失したり誰かに見られるのも嫌なのでもらってすぐにシュレッダーで破棄するようにしていました。
    申込時に改めて会社に再発行してもらう手続きに時間がかかってしまいました。

関連記事をチェック!

SMBCモビットの申込の流れと必要書類

SMBCモビットは様々な申込み方法があり、申込み方法によって借入のスムーズさが違ってきます。即日借入するにはいつまでに申し込めば良いのか、必要な書類は何なのかあらかじめ知っておく必要があるでしょう。 ...

条件に合わず利用できなかった

  • 自営業をしていて仕事の都合で急にお金が必要になり、手持ちのお金で何とかなるのですが、それでは生活ができなくなるのでキャッシングを考えました。
    忙しくてすぐにでもお金を用意したいし、家族にはキャッシングすることはばれたくなかったのでSMBCモビットのWEB完結で申し込もうと思いました。
    ですが、WEB申し込みには条件があって、社会保険や組合保険ではなく国民健康保険に加入しているので利用することができませんでした。
  • 欲しいものがあるとどうしても手に入れてしまう癖があって、そのせいで生活費がなくなってしまいました。
    お金を借りる必要があったのですが、家族にはばれたくなかったのでWEB完結での申し込みをしようとしました。
    条件自体はクリアしていたのですが、提出しなければならない書類をその日のうちに用意できなかったので結局はWEB申し込みは利用することができませんでした。
    通常のカード申し込みで事なきを得ましたが、郵送物をごまかすのに少し苦労しました。

関連記事をチェック!

SMBCモビットは郵送なしでローンカードを作成できる!内緒にしたい人におすすめ

カードローンの申込みを考えているけれど、カードなどの郵便物が自宅に送られてきてしまう悩む人もいるでしょう。 特に家族に内緒でカードローンの利用を考えているときは、バレたくない思いが強いものです。...

WEB完結では審査が厳しめ

  • 電話連絡が無いという事で、WEB完結での申し込みを決意したのですが、審査で落とされてしまいました。
    どうしてもお金が必要なので、他のカードローンに申し込むとすんなり希望額を借りる事ができました。
    WEB完結では審査が厳しめだと思いました。

審査落ちしないために

WEB完結での申し込みは、他人に利用していることがバレることもありませんし、申込から契約までインターネット環境があれば完結できるので便利です。

ですが、審査は行われますので、ここでは審査落ちしないためのコツをご紹介します。

総量規制以上の借り入れをしない

借入金額を設定するようになっているのですが、申し込みをする金額は総量規制に抵触しない金額にしておきましょう。

総量規制では、借り入れできる金額が年収の1/3までになっています。

他社のカードローンで借り入れがある場合には、その金額も加算して算出してください。

ただ、総量規制いっぱいまでの借り入れを行う場合には、総量規制に抵触する危険性があるとみなされて審査落ちする危険性があります。

できれば、必要最小限の金額で申請をするようにすると良いですね。

関連記事をチェック!

年収3分の1の計算方法とは?総量規制だけを鵜呑みにしない!

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行さ...

信用情報には要注意

カードローンを申し込んだ場合には、必ず信用情報機関にある信用情報を確認されます。

過去に返済の延滞や債務整理などの経験がある場合には、審査落ちする危険性が高いです。

返済の延滞、強制解約や任意整理の場合は最長で5年間、自己破産などの場合には最長で10年間保存されています。

この期間が過ぎれば信用情報の記録はなくなりますので、信用情報によって審査落ちする危険性は少なくなります。

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は時効期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

収入と借入額は正確に申告する

カードローンの契約ができる様に、収入を多く見せたり、借入金を少なく申告する方も中にはいらっしゃいますが、これはやめておきましょう。

WEB完結の場合には収入が証明できる書類を提出することになっていますので、収入に関してはごまかしようがありません。

借入金に関しては、自己申告になるのですが信用情報機関には他社の契約や借入金の情報は記録されています。

ですので、審査の時にすぐにばれてしまいます。

忘れている場合もあるとは思いますが、故意に記入していないのか忘れていただけなのかは審査をする側で判断することはできません。

記入されていない場合には、故意に記入していないものと判断されてしまいますので、心証も悪くなり、審査落ちする危険性が非常に高くなります。

関連記事をチェック!

借入申込書の書き方とは?知っておきたい7つの注意点

金融機関に融資を申込むときは、審査に通過できるか不安になります。 借入申込書の書き方に自信が持てず、不備があって審査に落ちたらどうしようと悩むこともあるでしょう。 この記事は、日本政策金融...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談