消費者金融で100万円の返済を行うときに注意しておきたいことは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

消費者金融で借り入れる金額は人によって様々だと思いますが、中には100万円近い大金を借り入れる人もいるでしょう。

しかしそれだけの大金を借り入れるとなると、当然返済のことが気になりますよね。

そこで今回は、消費者金融で100万円借り入れてその返済を行う際に注意しておきたいことについて、説明を行っていきたいと思います。

100万円借り入れた場合の金利は?

返済に大きな影響を与えるのは、契約時に設定される金利です。

この金利が高ければ高いほど返済負担は大きくなりますから、できるだけ適用金利が低いところで借り入れたいと思うのは当然のことですよね。

そこで以下に、大手消費者金融で100万円を借り入れた場合の適用金利をまとめてみました。

消費者金融適用金利
アコム7.7%~15.0%
プロミス4.5%~17.8%
(実際の上限は15.0%)
アイフル3.0%~18.0%
(実際の上限は15.0%)
SMBCモビット3.0%~18.0%
(実際の上限は15.0%)

利用限度額によって適用金利幅が決められているのはアコムだけであり、その他の消費者金融では「審査結果によって決定」という表現になっています。

ただし利息制限法の取り決めにより、限度額100万円以上の融資に関しては最高でも15.0%の金利しか適用されないようになっているため、プロミス・アイフル・SMBCモビットに関しては上表のような表現になっています。

関連記事をチェック!

79view

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がいいものであり...

大手であれば金利に大きな差はない

表を見ていただければ分かる通り上限金利はどこも15.0%ですが、下限金利に関してはアコムの7.7%だけ少し高めの設定になっているように思われます。

しかしこれは先ほどもお伝えした通り、アコムのみが利用限度額に応じた適用金利を明記しているがゆえです。

適用金利が「審査結果によって決定」される場合、属性が非の打ち所がないほど素晴らしいようなものでない限りは、限度額が高くなればなるほど金利も低くなるというある程度の傾向があります。

そのため、利用限度額が100万円の場合には適用金利が審査によって決定されるのであれば、利息制限法で定められた15.0%近くの金利が適用されるのが普通です。

そう考えると、アコムも含めて消費者金融大手4社で借り入れを行う場合は、どこを利用しても金利にそこまで大きな差はなさそうだということが分かりますね。

返済シミュレーションを行おう

では実際に100万円を借り入れたとして、返済を行っていくためには毎月どれぐらいの支払いが必要になるのでしょうか。

1年間で返済する場合、2年間で返済する場合で返済シミュレーションを行ってみましょう。

1年間で返済する場合

まずは1年間で返済する場合です。

なお今回の返済シミュレーションは、適用金利が15.0%、10.0%、5.0%の3つの場合を想定しています。

先ほどお伝えした通り、実際に借り入れる場合は15.0%近くの金利が適用されるケースが大半ですが、返済における金利の重要性を分かりやすく理解してもらうために3つのパターンでシミュレーションを行います。

以下が、シミュレーション結果です。

適用金利毎月返済額総返済額
15.0%90,258円1,083,094円
10.0%87,915円1,054,986円
5.0%85,607円1,027,284円

適用金利が15.0%の場合と5.0%の場合を比較してみると、100万円という同じ金額を借り入れているのに、総返済額が6万円近く変わってくるのがお分かりいただけると思います。

この違いだけでも金利がどれほど重要か分かりますよね。

2年間で返済する場合

続いて、2年間で返済する場合のシミュレーション結果は以下の通りです。

適用金利毎月返済額総返済額
15.0%48,486円1,163,668円
10.0%46,144円1,107,468円
5.0%43,871円1,052,901円

返済期間を2年にすると、金利の違いで返済総額が11万円近く変わってきます。

1年間で返済を行おうとすると毎月9万円近い返済が必要でしたが、2年間であれば5万円弱となりそこまで無理のある金額ではないように思われますね。

関連記事をチェック!

2158view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

返済時に注意しておくべきことは?

では先ほどのシミュレーション結果も踏まえて、返済時に注意しておきたいことをいくつか挙げていきましょう。

無理な計画を立てない

返済を行っていくうえでもっとも重要なことは、「確実に継続できる計画を立てること」です。

先ほどのシミュレーション結果を見て、「毎月9万円返済していけば1年間で返済できるんだな!頑張ろう!」と思われたかたもいらっしゃるかもしれませんが、その返済プランは無理のないものかどうかはよく考えたほうがいいでしょう。

返済を早く終わらせたいからと言って毎日の生活に支障が出るレベルの計画を立てていると、遅かれ早かれ返済が行き詰まってしまうことは間違いありません。

きちんと確実に遂行できる計画を立てるようにしましょう。

余裕がありそうなら返済を前倒して

また、余裕があるときには随時返済を行うなどして、返済を前倒ししていくことも重要です。

返済期間が延びれば延びるほど、金利の影響で支払い金額がかさんでいくのはシミュレーション結果からも明らかですからね。

ただし随時返済を行うのは、あくまで「余裕があるとき」限定です。

返済期間を繰り上げようと無理をして随時返済を行って、返済計画自体が破綻してしまったら本末転倒ですよ。

関連記事をチェック!

890view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

できる限り追加借り入れは行わない

先ほどのシミュレーション結果は、あくまでも追加借り入れを行わない前提のものです。

カードローンの便利なところは、利用限度額の範囲内であれば何度でも追加で借り入れが行えるというところではありますが、返済のことを考えるとこの特徴は非常に危険なものでもあります。

順調に返済を行えていたとしても、そこで追加借り入れを行ってしまえばもう一度返済計画を立て直さなければなりません。

そのため、カードローンの返済には非常に強い意志が求められます。

少し返済してはまた借り入れて、また少し返済しては再度借り入れてを繰り返していると、いつまで経っても返済が終わらずに利息だけがどんどんかさんでいって、アリ地獄にはまっているようになってしまいます。

生活が苦しいときに少し追加で借り入れるのは仕方のないことだと思いますが、それ以外での追加借り入れはできる限り行わないことが鉄則です。

まとめ

以上、消費者金融で100万円借り入れてその返済を行う際に注意しておきたいことについての説明を行ってきました。

今回は100万円という金額を設定させていただきましたが、基本的な考え方は借り入れ金額が10万円でも50万円でも500万円でも変わりません。

返済はしんどいものでありその道中にはたくさんの誘惑が待ち受けてもいますが、継続的に行っていけばいつかは必ずゴールが見えるものでもあります。

そのゴールにきちんと到達できるように、今回説明させていただいた内容を参考にしていただき、自分なりの返済シミュレーションを行って返済計画を立ててみてくださいね。

関連記事をチェック!

506view

誰か100万円ください・・・お金に困ったら試したい方法一覧

誰か100万円くれたらいいのに・・・ お金に困った際に、そんな言葉を呟いてしまうことがあるかもしれません。しかし、お金は仕事をするなどしない限り、簡単に増えていくことはなかなかありません。 そこで...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談