馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

みずほ銀行カードローンで融資を受ける、借入・返済方法

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

皆さんこんにちは、馬三郎です。

今回はみずほ銀行カードローンについて説明したいと思います。

みずほ銀行カードローンについて

みずほ銀行は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行と併せて日本3大メガバンクと呼ばれる都市銀行です。

東京都千代田区に本店を置き、全国に約420の支店を構えています。

みずほ銀行では、個人に向けてカードローンでの融資も提供しています。

消費者金融よりも金利が低く、利用しやすいカードローンだとも言えます。

カードローンを利用したことがない方も、大手都市銀行のカードローンなら安心して申込むことができるのではないでしょうか。

金利(実質年率)※年2.0~14.0%
対象者満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、オリコの保証を受けられる方
使用目的自由(事業性資金は除く)
最高限度額10万円~800万円
返済日毎月10日
遅延損害金(実質年率) 19.9%
収入証明書原則不要額

利用するための条件

みずほ銀行カードロ-ンを利用するためには、次の条件を満たしている必要があります。

  1. みずほ銀行のキャッシュカードを持っている、あるいはみずほ銀行のインターネットサービス『みずほダイレクト』を利用している人

オススメしたい人

みずほ銀行カードローンは以下のような方にオススメです。

  • 金利を低く抑えたい方

みずほ銀行カードローンは、消費者金融のカードローンより金利が低く設定されている方です。

金利を低く抑えたいという方は検討してみましょう。

属性別に見る

正社員専業主婦パート、アルバイト、派遣社員
フリーター自営業、個人事業主学生

特徴別に見る

年収の1/3以上借りられるか借入をおまとめできるか年齢条件
満20歳以上66歳未満
最短振込審査時間収入証明書原則不要額
 振り込み融資には非対応
無利息期間担保・保証人金利
なし不要※年2.0~14.0%
同店舗で住宅ローンを利用している場合は金利が年0.5%引き下げられる。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

地域別に見る

住所か勤務地がみずほ銀行の営業区域内住所と勤務地共にみずほ銀行の営業区域外
みずほ銀行の口座を持っている ○
みずほ銀行の口座を持っていない××

審査の通りやすさをチェック

審査の通りやすさをチェック

みずほ銀行カードローンは審査に通りやすいカードローンなのでしょうか。

みずほ銀行カードローンを、スペックから審査の通りやすさを判断してみます。

チェックポイント通りやすさ
保証会社はオリエントコーポレーション1
属性に関わらず申し込み可能5
対象年齢は満20歳以上~満66歳未満4
みずほ銀行の口座保有が必須3
金利の上限は年14.0%3.5

どうしてこの6項目から審査の通りやすさが判断できるのか知りたい方は、こちらのページで詳しく説明しています

審査の通りやすさを考えるうえで、上記の6つの項目を見てください。

特に保証会社と対象属性が最も重要になります。

  • みずほ銀行カードローンの保証会社は審査が厳しい

みずほ銀行カードローンの保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションです。

大手信販会社ですので、審査が厳しいと言えます。

  • 属性に関わらず申し込み可能

みずほ銀行カードローンは、属性に対しては広いと言えますので、審査の通りやすさは易しくなると言えます。

  • 年齢上限は平均的

みずほ銀行カードローンの年齢上限は満65歳までとなっています。

銀行カードローンとしては、対象年齢は平均的と言うことができます。

  • みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座が必須

みずほ銀行カードローンは、日本全国どこに居住していても申し込むことができますが、最低限、みずほ銀行の口座を持っていることが求められます。

居住地による制限がない分、審査はやや厳しくなると見ることができます。

  • 上限金利年14.0%は、銀行カードローンとして低い方

みずほ銀行カードローンの上限金利年14.0%は、銀行カードローンとして低い方と言えます。

そのため、金利による通りやすさはやや厳しくなると見ることができます。

総合的にみると、みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中では通りにくい部類に入ると言えるでしょう。

▲当サイトで1番人気はやっぱり▲

審査に通る人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

みずほ銀行カードローンの融資審査は厳しい?

みずほ銀行カードローンの融資審査は厳しい?

みずほ銀行カードローンの審査は保証会社であるオリエントコーポレーションが行います。

オリエントコーポレーションは「オリコ」の名前でよく知られたクレジットカード会社ですね。

カードローン業界の常識として貸出金利が高ければ審査基準が比較的ゆるく、貸出金利が低ければ審査基準が比較的厳しいと言われています。

しかしオリコが審査するからといって特別審査が厳しいわけではありません。

普通に働いているサラリーマンで安定した収入があり、信用情報に問題がなければ審査に落ちることはまずありません。

みずほ銀行カードローンの金利が低いといっても上限金利が年14.0%なのですから、それほど心配する必要はないでしょう。

もちろん信用情報に金融事故情報などをキズがあれば審査には通りませんね。

保証会社はみずほ銀行カードローンの会員の借金が焦げ付いた場合に借金を肩代わりしなければならないのです。

たとえ保証料をもらっていたとしても、それ以上に借金を支払わなければならないとなると赤字ですよね。

オリコはCICとJICCの二つの信用情報機関に加盟しています。

カードローンの返済だけでなく、クレジットカードの利用状況やクレジットカード会社による自動車ローン、ショッピングローン、携帯端末機器代を含んだ電話料金などの支払い状況も審査の対象です。

携帯電話料金の支払いを1日くらい遅れても平気さ、と思うのは審査に落ちる原因になりますよ。

できるだけみずほ銀行カードローンの審査に通るためには、他社借入はない方が良いですね。たとえクレジットカードのキャッシングでも使っていない方が審査には有利です。

なぜなら銀行カードローンは返済能力を見るからです。他に借金払いがあると返済能力が分散されてしまいますよね。

キャッシングに関しては他に借入が全くないのが理想です。

なおクレジットカードのショッピング利用料金やその他のローンについては、返済遅れがない限り心配は要りません。

在籍確認は本人が出なければならない

カードローンの審査に欠かせない在籍確認は、本人が電話口に出なくても在籍していることが確認できればOKです。

ただし在籍確認をしようと思ったら会社が休みだったという場合は、翌日以降に改めて在籍確認が行われます。

在籍確認は保証会社であるオリエントコーポレーションが行いますが、みずほ銀行の名前を出すことはなく個人名で勤務先に電話をかけてきます。

オリコの担当者は個人名で「〇〇さんに電話のお取次ぎをお願いします」と言ってきます。その際に「〇〇は現在席を外しております」と会社の人が答えても在籍確認は成功です。

在籍確認は仕事していることを調べるだけですから、勤続年数は何年あるのかとか年収はどのくらいあるのかなとのような個人情報まで聞き出されることはありません。

代わりに極甘審査ファイナンスを利用

みずほ銀行は審査がかなり厳しめに行われることがわかります。

もっと審査の甘い銀行カードローンを探してみると、「極甘審査ファイナンス」を紹介しているページがあります。

そこでは三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や楽天銀行スーパーローンなどが紹介されていることが多く、みずほ銀行の名前はありません。

このことから、それらの銀行カードローンはみずほ銀行カードローンと比べて審査が極甘なのかと思われます。

確かにみずほ銀行は銀行カードローンの中でも審査が厳しめなので、みずほ銀行では審査落ちしたけど楽天銀行には通ったということもあります。

しかし、銀行カードローンはすべてしっかりと審査を行うため、極甘ということはなく、誰でも審査に通るというわけではありません。

このように、みずほ銀行はダメだったけど極甘審査ファイナンスとして紹介されている銀行なら大丈夫という考えで申し込むのはやめておきましょう。

街中で見かける極甘審査ファイナンスは利用厳禁

カードローンを紹介する極甘審査ファイナンスの他に、消費者金融が自分で極甘審査ファイナンスという言葉で広告や宣伝を行っている場合もあります。

この場合、その業者は利用しないようにしましょう。

審査の通りやすさで宣伝することは法律で禁じられているため、自分で極甘審査と言っている業者は闇金と考えて間違いありません。

関連記事をチェック!

審査なしで即借り入れ、は闇金でもありえません

どうも馬太郎です。今回は即日借入できるところで審査なし、が存在するか調査しました。 結論から言うと、即日借入できるところは存在しますが、審査なし、というのは存在しませんでした。 審査なし、が存...

職場や家族にばれないか

職場や家族にばれないか

通帳と勤務先への電話に注意

みずほ銀行カードローンでも、職場や家族にばれずに借りることは可能です。

ローンカードとキャッシュカードが一体型の場合なら、カードを郵送してもらう必要もありませんし、利用明細書も自宅には郵送されません。

ですが、次のタイミングでばれてしまうかもしれません。

  • 在籍確認が電話で行われる

みずほ銀行カードローンでは、職場への電話によって在籍確認が行われます。

書類提出等で代替できませんので、ほとんどの方の職場に電話がかかってきます。

  • 通帳に「カードローンご返済」と記帳される

口座から返済金が引き落とされる度に、通帳の摘要欄に「カードローンご返済」と記入されます。

家族が通帳を見るなら、カードローンを利用していることに気付かれてしまうでしょう。

  • ローンカードには「カードローンカード」と記載されている

ローン専用のカードを発行してもらう場合には、カードにはっきりと『カードローンカード』と記載されたカードが自宅に郵送されます。

郵送されますので家族に何かに申し込んだことがバレてしまうだけでなく、カード自体に分かりやすく『ローン』の文字が書かれていますので、何のカードなのか誰が見ても一目瞭然です。

▲身分証のみで最大300万円まで借入可▲

会社や家族に内緒で借りたい人向け

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

即日現金が手元に入るか

即日現金が手元に入るか

みずほ銀行カードローンは、すでにみずほ銀行のキャッシュカードを持っている人でも即日融資を受けることは難しくなっています。

ローン専用のカードを希望する場合や、みずほ銀行のキャッシュカードを持っていない場合は、さらに手続きには時間がかかると言えるでしょう。

▲当サイトで1番人気はやっぱり▲

最短借入日数と方法

みずほ銀行カードローンを最短で利用するために必要なものや方法、条件を表にまとめました。

最短借入日数2週間程度
最短借入の申込期限特になし
最短借入に必要な銀行口座みずほ銀行の口座
収入証明不要額
自動契約機の有無なし
現金の入手方法インターネットバンキングで借入

みずほ銀行のキャッシュカードを使って借入

出金の対応場所みずほ銀行・提携金融機関・コンビニATM(Enet,ローソンATM,セブン銀行マークのあるATM)
在籍確認勤務先への電話
土日申込の最短借入日数2週間程度

どこなら早く借りられるか

みずほ銀行カードローンと周辺の銀行や消費者金融、メガバンクで融資のスピードと方法を比較しましたので、融資を急ぎの方はこの表を参考にしてください。

金融機関最短借入日数
みずほ銀行カードローン2週間程度
アイフル即日
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム即日
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス即日
レイク ALSA即日
レディースアイフル即日

※振込依頼は申込期限より遅くても対応しています。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

申込みをしてから利用できる時期

即日現金が手元に入るか

はじめに、申し込みをしてからいつ利用できるのかを知っておきましょう。

申込みをしてからいつ利用できるかは、以下のように申込方法によって審査にかかる時間が違うため、申込方法によってことなってきます。

申込方法審査時間
インターネット翌営業日以降
店 頭翌々営業日以降
郵 送申込書到着後、翌々営業日以降
電 話翌々営業日以降

また、みずほ銀行の口座ありかなしかによっても違います。

口座ありなら、契約後すぐに手元の「キャッシュカード」で利用可能です。

それに対して、口座なしの場合ですと利用できるのは、「ローンカード」が郵送されてからですので、1週間~2週間程度かかります。

関連記事をチェック!

みずほ銀行カードローンで融資を受ける、借入・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はみずほ銀行カードローンについて説明したいと思います。 みずほ銀行カードローンについて みずほ銀行は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行と併せて日本3大メガバン...

最短で利用できる方法は?

最短で利用できるのは、みずほ銀行の口座を開設済みで「インターネット」から申込みをする場合です。

この場合ですと、審査は早ければ申込日の翌営業日に終了し、その日のうちにすぐ借り入れができますので、最短翌日に利用することも可能です。

みずほ銀行カードローンの審査時間

みずほ銀行カードローンの審査時間

2018年1月から銀行カードローン全般が即日審査ができなくなってしまいましたね。

みずほ銀行カードローンの金利は上限でも年14.0%と低い部類に入ります。

同じ銀行カードローンで融資を受ける場合でも、みずほ銀行カードローンは十分に借りやすいカードローンとして選択肢に入りますね。

だからこそを早くみずほ銀行カードローンで融資を受けたいと考えたいところですね。

しかしインターネット経由で申し込んでも審査時間を短縮させることはできません。

基本的にみずほ銀行カードローンの審査時間は通常で3、4日かかります。しかしこの審査時間は保証会社であるオリエントコーポレーションの審査時間です。

オリエントコーポレーションの審査が終わったら今度は反社会勢力との関係がないか、警察のデータベースと照合する必要があるため、最終的に融資を受けられるか結果が出るまで一週間から10日はかかってしまいます。

みずほ銀行に普通預金口座を持っている人でも、インターネット経由での申し込みや、みずほ銀行窓口でのカードローン申し込みに最大でも10日かかってしまうのです。

ましてみずほ銀行に普通預金口座がないと、さらに14日から20日程度かかってしまい、みずほ銀行カードローンで融資を受けられるまで最大で30日程度かかってしまうようですね。

裏技というわけでもありませんが、みずほ銀行に普通口座がない場合は、直接みずほ銀行の窓口で申し込みすると融資までの時間を短縮できますよ。

まずみずほ銀行の窓口に行って普通預金口座を開設し、口座を開設してから銀行窓口でカードローンに申し込みをするのです。

そうすればみずほ銀行に口座がある人と同じように最大でも10日程度で融資を受けられますよ。

なおみずほ銀行にはカードローンの自動契約機がありません。従って三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行(2018年4月1日から社名変更)カードローンバンクイックのように土日の審査ができません。

たとえ土日に審査ができたとしても銀行カードローンは即日融資ができませんので、自動契約機がないことのデメリットはありませんね。

さすがにみずほ銀行カードローンで融資を受けるまで10日もかかってしまうのはちょっと困る、という場合は即日審査即日融資が可能なみずほフィナンシャルグループのJ.Score(ジェイスコア)を利用するか、アコムやプロミス、アイフル、SMBCモビットのような大手消費者金融に申し込みましょう。

みずほ銀行カードローンはWEB完結申し込みすると審査が早い?

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行に来店することなくインターネット経由で申し込みできる「WEB完結」での申し込みができます。

しかしみずほ銀行に口座が持っている人がみずほダイレクトから申し込みできるわけではありません。

以前のみずほ銀行カードローンはみずほダイレクトからカードローンの申し込みができましたが、現在のシステムは全て統一され、公式サイトから「口座を持っている人」、「口座を持っていない人」のどちらかで申し込む方法です。

ただしみずほ銀行カードローンで融資を受けるには、みずほ銀行ダイレクトに加入していることが条件です。

みずほ銀行ダイレクトとはいわゆるインターネットバンキングのことですから、加入するにあたって費用が発生することはありません。

ちなみにWEB完結による申し込みは、みずほ銀行に口座がない人でもできますので、実際的にみずほ銀行カードローンで融資を受けれるようになるまでは、どう頑張っても最大で10日程度かかるのです。

もちろん審査の内容によっては最短一週間程度で、ということもありますが、それはWEB完結の申し込みとは全く関係がありません。

みずほ銀行カードローンのWEB完結申し込みとは、すなわちインターネット経由でパソコンやスマホから申し込むことに他ならないのです。

他社と比べて金利はお得か

みずほ銀行カードローンの金利は、他社と比べてどうなっているのか比べてみました。

みずほ銀行カードローンの金利は審査結果を待つしかありません。

なお、カードローンを申し込んだ店舗で住宅ローンを利用している場合は、適用金利からさらに年0.5%低い金利を利用することができます。

そのため、みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、非常にお得な金利で借入できることになるでしょう。

▲期間内に返せば金利0円。最短即日▲

利用限度額ごとの金利

みずほ銀行カードローンの金利が各限度額毎にいくつに設定されているのかは下の表をご覧ください。

最高限度額金利(実質年率)
10万円以上100万円未満14.0%
100万円以上200万円未満12.0%
200万円以上300万円未満9.0%
300万円以上400万円未満7.0%
400万円以上500万円未満6.0%
 500万円以上600万円未満5.0%
 600万円以上800万円未満4.5%
800万円2.0%

他社と金利の比較

各機関の金利や手数料を表にまとめたので参考にしてください。

業者名金利(実質年率)無利息期間
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%なし
アイフル3.0%~18.0%30日間無利息
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム3.0%~18.0%30日間無利息
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス4.5%~17.8%30日間無利息※
レイク ALSA4.5%~18.0%30日間無利息or5万円までなら180日間無利息
レディースアイフル3.0%~18.0%30日間無利息

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

審査通る?無利息カードローン3社

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
業者名借入できない属性
みずほ銀行カードローン無職、専業主婦
アイフル*無職、専業主婦
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム*無職、専業主婦
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス*無職、専業主婦
レイク ALSA無職、専業主婦* 1
レディースアイフル無職、専業主婦

※属性は、正社員、自営業、派遣社員、パート・アルバイト(安定した収入がある場合)、専業主婦、学生(満20歳以上)、無職に分類しています。

みずほ銀行カードローンの融資利率で利息はいくらになる?

みずほ銀行カードローンの融資利率で利息はいくらになる?

みずほ銀行カードローンの金利については8コースあり、それぞれのコースによって借入金利が違うことはご説明の通りです。

しかし借入金利が年14.0%と言われてもいまいちピンときませんよね。融資利率によってどれだけ利息を支払わなければならないのか知っておいても損はありません。

利息の計算方法はそれほどを難しくはありませんよ。

◆利息の計算式
・利息額=借入額(借入残高)x利率/365日x借入日数

たったこれだけの計算式で利息が計算できます。みずほ銀行カードローンでお金を借りても、ATMから任意に返済することも可能です。

普通預金からの引き落としを待つまでもなく、お金に余裕ができたら素早く返済すればそれだけ利息の負担もを軽くなるというものです。

例えばみずほ銀行カードローンで50万円を借りて、5日間で返済したとしましょう。

そうすると利息の計算式は次のようになります。

・利息額=50万円x0.14/365日x5日=958円

さらに年12.0%で借りた場合は、利息額は821円です。借入利率が下がれば下がるほど利息の負担が軽くなるのがわかりますね。

みずほ銀行カードローンの融資利率を下げるコツ

みずほ銀行カードローンの融資利率を下げるコツ

みずほ銀行カードローンの融資利率はコースによって分かれており、借入限度額が上がれば上がるほど融資利率が下がります。

100万円コースだと融資利率は年14.0%ですが、200万円コースになれば年12.0%、300万円コースなら年9.0%です。

みずほ銀行カードローンは契約途中で融資枠を増額させることもできます。

もちろん審査によって駄目な場合もありますが、返済能力が十分にあり信用情報に全く問題がないと言うのであれば、みずほ銀行カードローンの利用実績を1年程度返済に遅れることなくしっかり返済することで、融資枠増額の審査に通る可能性が出てきますよ。

そのためにも他社借入をしないようにし、できれば完全に他社借入はなくしてしまいましょう。

借入、返済のしやすさ

借りやすさや返済のしやすさについて調べてみました。

①借入のしやすさ

借入可能な場所 みずほ銀行・提携金融機関・コンビニATM

インターネットバンキング

借入時間 24時間対応のATMあり
口座振り込み融資振り込み融資は行っていない
当日振込可能時間 振り込み融資は行っていない

みずほ銀行カードローンは振り込みによる融資に対応していないので、借入には必ずみずほ銀行のキャッシュカードもしくはローンカードが必要になります。

②返済方法、返済額、返済日

返済方法口座引き落とし

随時、ATM入金による返済も可能

返済日選択毎月10日
毎月の返済額(融資限度額が200万円未満のとき)借入残高最低返済額
1万円未満前月10日までの借入残高
1万円以上50万円以下1万円
50万円超100万円以下2万円
 100万円超50万円増えるごとに1万円追加
毎月の返済額(融資限度額が200万円以上のとき)借入残高最低返済額
1万円未満前月10日までの借入残高
1万円以上100万円以下1万円
100万円超200万円以下2万円
 200万円超100万円増えるごとに1万円追加

自動引き落としによって返済されますので、返済のし忘れがありません。

オペレーターの質、対応レベル

カードローンを利用中、もしくは利用しようか考えているとき、オペレーターに電話で問い合わせをすることもあります。

今回、みずほ銀行に電話をして色々質問しましたので、そのとき対応してくれたオペレーターの感想を書きたいと思います。

オペレーターの質、対応レベル

オペレーターに電話してみて

20代と思われる女性オペレーターに担当してもらいました。

  • 待たされずに詳しく答えられるか

みずほ銀行のキャッシュカードがないときは即日融資ができないのかについて質問すると、すぐさま、「お借り入れはみずほ銀行のキャッシュカードかローン専用のカード、もしくはみずほ銀行のインターネットサービス『みずほダイレクト』を通してとなりますので、口座をお持ちでなく、キャッシュカードもお持ちでないときは、即日融資は難しいと言えます。」と答えてくれました。

過不足ない答え方が印象的で、非常に熟練したオペレーターだと感じました。

他の質問も同様に、明晰な答え方で一度も待たされることはありませんでした。

  • 対応が親切、丁寧か

言葉遣いは丁寧で、はきはきとした話し方で好感が持てました。

  • 断っても申込を勧めてくるか

最後に、「ぜひご検討ください」とおっしゃいましたが、一度きりでしたので、特にしつこく勧められた印象はありませんでした。

女性専用ダイアルがあるか

みずほ銀行では女性専用ダイアルは用意されていません。

みずほ銀行カードローンまとめ

今回はみずほ銀行カードローンについて解説しました。

みずほ銀行の口座を持っていることが条件となりますが、キャッシュカードがそのまま利用できたり、インターネットバンキングで融資を受けることができたりと、非常に便利かつスピーディに利用できるカードローンです。

銀行カードローンの中でも低金利になっていますので、みずほ銀行の口座をお持ちの方は検討してみるのはいかがでしょうか。

▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲

みずほ銀行カードローン一覧表

最後にみずほ銀行カードローンのスペックが一目でわかるように表にまとめました。

みずほ銀行カードローン一覧表

対象者満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、オリコの保証を受けられる方
借入可能な属性 正社員、自営業・個人事業主、派遣社員、フリーター、年金受給者
年収の3分の1以上の借入可能
おまとめ不可(借り換えは可能)
申込に必要な口座みずほ銀行の口座
使用目的自由(事業性資金は除く)
金利(実質年率)年2.0~14.0%
※同店舗で住宅ローンを利用している場合は金利が年0.5%引き下げられる。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%
無利息期間なし
借入までの最短日数2週間程度
審査時間
在籍確認の方法勤務先への電話
借入可能時間 24時間借入可能なATMあり
収入証明書原則不要額
土日申込可能
利用限度額800万円
借入方法キャッシュカードかローンカードでみずほ銀行・提携金融機関・コンビニATMから借入

インターネットバンキング

返済方法口座引き落とし

随時、ローンカードを使ってATM入金返済も可能

返済日 毎月10日
必要書類身分証明書、収入証明書
保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談