キャッシングに審査不安を感じている人が審査に通るコツ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

多かれ少なかれキャッシングに審査を不安に感じている人はいるものです。キャッシングしたいけれども審査に通るのだろうか、学生でも審査に通るのか年収が低いパート主婦でも審査に通るのかなど審査にまつわる不安は絶えません。

しかしカードローンに申し込む際に注意したい点に気をつければ、それほど審査に不安を抱く必要はありません。なおかつ審査に通るコツさえつかんでしまえば鬼に金棒という感じですね。

この記事はこんなひとにおすすめ
  • 審査に不安を感じて悩んでいる
  • 審査に落ちる理由にはどんな理由があるのか知りたい
  • 審査に落ちやすい条件はあるのか知りたい

以上のような悩みや疑問を解消してくれる記事です。なお記事を読み終えるまでの時間はおよそ5分から10分です。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

キャッシングに審査不安を感じる理由

銀行カードローンや消費者金融など、キャッシングする際に行われる審査は大げさなものではなく、はっきり言って心配するには及びません。

身辺調査をされるわけでもありませんし、家族にブラックの人がいるかどうかまで調べられることもありません。

ごく普通に働いていて安定した収入があり、年齢が20歳以上で65歳から69歳未満であれば、よほど信用情報に問題がない限り審査に落ちることは滅多なことではありません。

キャッシングの審査に不安を感じている人は、大きく分けて次の3項目に分類できるでしょう。

・収入が低くても借りることができるか
・学生や主婦でも借りることができるのか
・正社員じゃなくても審査に通るのか

初めて銀行カードローンや消費者金融からキャッシングする人にとって、審査に通るかどうか不安でたまらないのが正直なところだろうと思います。

その中でも審査に通りやすいところはどこなのか、どこの金融機関に申し込めばなるべく審査に通りやすいのかということもキャッシングの審査不安となる要素ですね。

どこの金融機関なら審査に通りやすいかなんて、どうすれば事前にわかるの? となるかもしれません。

口コミや評判から調べても悪くはありませんが口コミや評判は申し込んだ人の主観的要素が強く、客観的に判断するにはあまり参考になりません。

そこで目をつけたいのは、審査の通りやすさを数値化した審査透過率です。

審査透過率は何人申し込んで何年審査に通過したのか、パーセンテージで表したもので高ければ高いほど審査に通りやすいと考えることができるでしょう。

審査に不安を持っているなら審査透過率を見る

そもそも審査に通りやすいのか判断する材料は審査透過率です。

成約率または契約率とも言いますが、審査透過率が高いほど審査に通りやすいと考えて良いでしょう。

審査透過率が低ければ審査が厳しい、審査透過率が高ければ審査が比較的緩やか、となりますので金融機関の公式サイトで公表されている審査透過率を見比べてみるのも良い方法です。

審査に不安を感じているならアコムを第一候補にあげたい

銀行カードローンは審査透過率を公表していないことが多く、客観的な数字を示すことはかなり難しいですが、大手消費者金融を中心に審査透過率をご紹介してみたいと思います。

・アコム:47.8%
・プロミス:45.5%
・アイフル :45.8%
・レイクALSA:36.7%
・ノーローン:29.7%

いずれも各公式サイトで公表されている直近のデータです。以上の数字を見てもわかるとおり、わずかな差ではありますがアコムの審査透過率が比較的高いですね。

なお審査透過率は集計する月によって変動があり、またどこの金融機関に最初に申し込むのかによっても数値が変動します。

概ねアコム、プロミス、アイフルであれば、2人申し込んで1人審査に通過する数字です。

貸付金利は消費者金融の標準金利である年18.0%、貸付残高および会員数は消費者金融業界トップクラスであることを考えても、人気があることがわかりますね。

逆から考えれば人気があるということはそれだけ、審査に通りやすいとの口コミや評判があるからではないでしょうか。

人気が高いからこそ一番最初に申し込む消費者金融の候補になることからも、アコムの審査透過率は審査に通りやすいことを如実に表しています。

関連記事をチェック!

606view

アコムとは~キャッシングの特徴や注意点を徹底解説!~

大手消費者金融の中でも最大の会員数と貸付残高を誇るアコム。 アコムは利用者の側に立った視点で、審査時間のスピードや、どうしても今日中にお金を借りたいという希望に応えてくれます。 しかし初めてアコム...

関連記事をチェック!

497view

アコム審査は簡単で誰でも借りれるの?

アコムは誰でも借りれるのか。 正社員でなくてもパートやアルバイト、学生でもアコムから借りることができるのか。 アコムに初めて申し込む人にとっては気になるポイントです。 消費者金融大手のアコムだか...

アイフルは積極融資で審査不安を解消してくれる

審査透過率の第2位はプロミスとアイフルになりますが、どちらに申し込んだら良いのか迷ったら会員数の増減率を見ればある程度判断できます。

会員数が順調に増えているということは、それだけ申し込み数が多いということです。なぜ申し込み数が多いのか、それは審査透過率の高さと積極的な融資の2本立てが受け入れられているからです。

アコムやプロミスの会員増加率は対前年比1%から2%程度です。それに対してアイフルの会員増加率は直近で対前年比23.4%と言うものすごい数字です。

アイフルの申し込み件数は毎月およそ3万5,000件と申し込み件数自体はそれほど増えていませんが、会員数の増減が対前年比23.4%は、新規融資に積極的な姿勢を見せていると考えることが可能ですね。

キャッシング審査に不安を感じている人がアコムに申し込むことも悪くはありませんが、同じような審査透過率でありながら、積極的に融資を行っているアイフルに申し込むことも、審査の通りやすさを考えるとなかなかどうして魅力的ですね。

もちろん消費者金融各社は女性キャッシングサービスを充実させていますが、なかでもアイフルは女性専用カードローンを商品化するなど、他社に比べて女性に対するキャッシングを推し進めていることが見て取れます。

関連記事をチェック!

61view

【徹底解説】アイフルの審査に馬三郎が通った理由は○○だったww

カードローン会社にとって審査内容というは極秘情報なので、直接問い合わせても教えてもらうことはできません。 もちろんそれは大手消費者金融のアイフルにも同様です。 しかし、馬三郎は実際にアイフルと契約...

【徹底解説】アイフルの審査に馬三郎が通った理由は○○だったww

キャッシングの申し込みで審査落ちする主な5つの理由

カードローンの審査基準は公表されていないため、審査基準についてはある程度推測するしかありません。

しかしながら審査基準にそれほど違いがないため、これからご紹介する審査落ちする理由をチェックしておけば、審査に通るのか落ちるのかある程度自己判断もできるでしょう。

  • ①年収の低さ
  • ②安定した収入が見込めない
  • ③借入希望額が多い
  • ④虚偽の申請をしている
  • ⑤過去に金融事故を起こしてしまっている

上記に当てはまると審査に通りにくくなります。

それぞれの項目について順を追ってご説明していきましょう。

①年収の低さ

お金を借りたら返済しなければなりませんね。借金を返済していくにはそれなりの年収がなければなりません。

毎月の収入によって生活し、収入から生活費を差し引いていくら残るのか計算してみましょう。

当然ながらマイナスになったのでは年収が低すぎます。

たとえプラスになったとしても、健全な借金返済額というのは収入の20%程度と言われています。

具体的に言えば手取り金額が20万円であれば、返済額を4万円までに抑えなければならないということですね。

この4万円の中にはクレジットカードの支払額や、自動車ローンも含めて考えなければなりません。それらのローンを差し引いても、お金が十分にあると言うなら申し込んでみるのも良いでしょう。

②安定した収入が見込めない

消費者金融でも銀行カードローンでも、申し込み条件の中には安定継続した収入があること、と書いてありますね。

つまり毎月きちんと給料が入ってくること安定継続した収入ということです。

借金返済は毎月しなければなりませんから、今月は返済できない、とカードローン会社に対して言っても納得してもらうことはできません。

歩合制の高い仕事をしてる場合や、日雇いの仕事をしていると安定した収入とみなされずに審査に落ちてしまいますね。

また、勤続年数が1年未満だと、安定した収入とみなされないことが多いです。

③借入希望額が多い

消費者金融や銀行カードローンは、借入申込者からの希望金額をそのまま貸すわけではありません。

信用力と返済能力が重要です。

年収に対してあまりにも借入希望金額が多いと、無理な返済計画を立てているのではないかと判断されてしまい審査に落ちやすくなります。

一般的にカードローンの初回利用限度額は、年収の10%から15%程度です。例えば年収が300万円なら30万円以下の金額で申し込むようにしましょう。

もちろん借入希望金額は、消費者金融なら総量規制に関係します。すでに借金がある状態で申し込むなら今回借りる金額と合わせて年収の1/3までにしなければなりません。

初めて申し込む場合でも年収の1/3以下で借入希望金額を希望しなければなりません。

審査は信用情報に登録されているクレジットヒストリーも関係しています。

携帯電話料金の支払い遅れや、クレジットカードの支払い遅れなどがあったのでは、たとえ借入希望金額を必要最低限にしても審査に通るのは難しいですね。

④虚偽の申請をしている

審査に通りたい一心で、年収を多く書いてしまうことや勤続年数を長く書いてしまうことがあります。

しかしそれらの情報は信用情報機関から個人信用情報を取得すれば、嘘であるということがすぐにバレてしまいます。

嘘をついてまでお金を借りようとする人と、契約したいと思う金融機関はありません。虚偽申告がばれてしまえば審査に落ちると考えて良いですね。

⑤過去に金融事故を起こしてしまっている

当然ながら信用情報に過去の金融事故情報が載っていれば審査には通りません。

債務整理四万十を最低でも5年から10年はブラックリスト入りです。

ブラック情報が登録されている間は借入申し込みをしても無駄ですね。ブラック情報が消えてから申し込むようにしましょう。

なお、信用情報機関についての詳しい説明は後述します。

関連記事をチェック!

6125view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

関連記事をチェック!

6944view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

キャッシングの審査落ちしないための6つの対応策

審査に落ちやすい理由が分かったところで、今度は審査落ちしないための対策をご紹介したいと思います。

なんといってもカードローンは無担保無保証である、というのが大きなミソですね。だからこそ信用が重要になることと、今までのお金の付き合い方はどうだったのか、が重要になるのです。

金融機関だってお金を貸したら、きちんと最後まで払ってもらえないと企業として成り立ちませんからね。

確実に貸してくれる人だけにお金を貸したい、のは銀行に限らず消費者金融も同じなのです。

審査落ちしないための傾向と対策としては、次の6つす。

  • ①年収構成比をチェックしてカード会社を検討
  • ②初めてキャッシングする場合は借入希望額を少なくする
  • ③借入申込金額は総量規制に注意する
  • ④WEBフォームなどの申し込みで虚偽申告をしない
  • ⑤借入件数を減らす
  • ⑥正規雇用の会社員でも勤続年数を長くすること

それぞれ順を追ってご説明していきましょう。

①年収構成比をチェックしてカード会社を検討

年収は返済能力を図る上で必要な項目であり、年収が高ければ高いほど返済能力があると判断することができますね。

しかし年収が十分にあればお金を借りる必要はないはずです。生活費に十分な年収がないからこそキャッシングしたいと考えるわけですから、年収が低くても貸付対象者とみてくれるのかが重要です。

そこで各キャッシング会社の会員の年収構成比を調べてみました。

◆アコム
・年収200万円以下:22.8%
・年収200万円超500万円以下:60.3%

◆プロミス
・年収200万円未満:21.2%
・年収200万円以上500万円未満:66.7%

◆レイク
・年収200万円未満:12.0%
・年収200万円以上500万円未満:61.0%

◆新生銀行パーソナルローン
・年収200万円未満:9.5%
・年収200万円以上500万円未満58.6%

◆ノーローン
・年収200万円未満:5.9%
・年収200万円以上500万円未満:47.6%

残念ながらアイフルのデータはありませんでしたが、アコムとプロミスは年収が200万円以下でもおよそ2割強の顧客がいることがおわかりだと思います。

それに比べて新生銀行系列のカードローン会社は、年収200万円未満の会員構成比はアコムやプロミスの半分未満ですよね。

パート収入やアルバイト収入となると年収200万円未満になることは当然のようになるわけで、年収が低くて審査に通るか不安だと思う場合はやはりアコムやプロミス、アイフルに申し込んだ方が審査に通りやすいコツとなりますね。

②初めてキャッシングする場合は借入希望額を少なくする

初めてキャッシングする場合は、借入希望する金額を少なくすると審査に不安を感じていても割合審査に通りやすくなります。

各カードローン会社の借入口座の構成率で少額融資の口座数の割合が多いところほど、少額融資に対して積極的に融資を行っていることがわかります。

◆アコム
・10万円以下:12.6%
・10万円超30万円以下:22.9%

◆プロミス
・10万円以下:18.8%
・10万円超30万円以下:18.9%

◆レイク
・10万円以下:3.3%
・10万円超30万円以下:13.4%

◆ノーローン
・10万円未満:1.7%
・10万円以上30万円未満:6.6%

◆新生銀行パーソナルローン
・10万円以下:1.0%
・10万円超30万円以下:7.4%

今回もアイフルのデータを見つけることができませんでしたが、アコムやプロミスは10万円以下の貸付にも積極的に行っていることが数字でもはっきり示されていますね。

同じ消費者金融でもノーローンは、30万円未満の貸付に対しては積極的に行なっていないことが数字になって現れています。

逆から考えればあまり少ない希望金額だと審査に通りにくいとも言えますよね。その点アコムやプロミスなら、10万円以下または30万円以下でも審査に通りやすいことがわかります。

一般的な考え方として、少額融資は貸し倒れリスクが少ないと言うデータをカードローン会社は持っていますので、審査に不安を感じているのであれば借入希望金額は必要最小限にしておきましょう。

まずは審査に通ることを第一に考え、徐々に利用限度額を上げていく作戦を練るのも審査に通るために必要なコツですよ。

希望する金額は年収の10%程度を目安にしましょう。年収が200万円なら20万円、年収が300万円なら30万円を限度にすることです。

③借入申込金額は総量規制に注意する

消費者金融の貸付は総量規制対象ですから、いくら借入希望金額を低くしても借金総額が年収の1/3を超えてしまっては審査には通りません。

年収が300万円なら100万円まで、年収が200万円なら66万円までが借金総額の限度額です。

いくら審査透過率が高くても総量規制を超えてまでお金を貸してくれるわけがありません。

借入希望金額は現在いくら借りているのか借金を確認し、その上で総量規制オーバーとならないように注意することは言うまでもありません。

関連記事をチェック!

6437view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

➃WEBフォームの申込で虚偽申告をしない

最近のカードローンの申し込みはインターネット経由でパソコンやスマホから申し込むのが一般的になっていますよね。

そこで注意したいのがWEBフォームに入力する各項目です。

カードローンの審査に通りたい、できるだけお金を多く借りたいと思ってしまうとつい年収を多く書いてしまうことや、勤続年数を水増しすること、他社借入金額や件数を少なく書いてしまうことがあります。

虚偽申告は審査に落ちる原因となりますので、絶対に虚偽申告はいけません。

ちょっとでも申し込みフォームに怪しい点があれば、必ず収入証明書の提出や保険証の提出を求められてしまいます。

年収を多く書いてしまっても収入証明書を提出すれば嘘だということがすぐにバレますね。勤続年数を長く書いても保険証を提出すれば被保険者となった年数を見ればすぐに嘘だということがわかってしまいます。

他社借入件数や金額については言うまでもなく、信用情報機関から取得する個人信用情報を見れば一目瞭然で嘘だということがバレます。

たとえ故意に記入したのでないとしても、カードローン会社は判断できません。

記入ミスは致命的な審査に落ちる原因となりますので、WEBフォームに記入したら送信する前に再確認することが審査に落ちないためのコツです。

関連記事をチェック!

1594view

借入申込みの虚偽記載は詐欺!?他人事でない融資詐欺とは

カードローンなどの借入申込書の虚偽記載は詐欺になるかもしれないってご存知ですか? 借入申込書には正確な情報を記入しましょう。 詐欺であることを立証するには難しい面もあって、虚偽記載はすべて詐欺行為...

⑤借入件数を減らす

借入件数が3件以上あると審査に不利に働きます。

なぜかと言うと年収300万円で、3件借入していると利用限度額はおよそ30万円ずつになることが多いです。つまり借入件数3件で借金額が90万円になるわけですね。

そうなると年収300万円の総量規制近くまで借入していることになります。

さて4件目に申し込んだ場合、総量規制に10万円の枠があったとしても、借入件数4件は多重債務に陥っている兆候であると判断されてしまうからです。

多重債務者は最終的に債務整理することが多く、たとえ現在きちんと支払っていても徐々に生活が苦しくなり、少なからず近い将来債務整理することになると審査されてしまうのです。

借入件数を減らす目的でおまとめローンを選択する方法もありますが、おまとめローンをして借入件数を減らしても総量規制に枠がなければ、おまとめローンを契約する意味がありません。

おまとめローンによりもWワークや生活の見直しによって、借金残高の少ないところから借金完済を目指すのが最も効果的です。

⑥正規雇用の会社員でも勤続年数を長くすること

キャッシングの審査不安になる材料として学生だと借りれないのではないか、パート主婦では借りれないのではないかと感じることでしょう。

しかしすでにご説明の通り年収が低くてもアコムやプロミス、アイフルであれば十分に審査に通りやすいのです。

ただし気をつけたいのは安定継続した収入があることを示すことです。

安定継続した収入は最低1年以上同じところで勤務していることで証明するしかありません。

学生やパート主婦でも年齢が20歳以上で、1年以上継続して同じところで勤務していれば信用情報に問題がない限り審査にそれほど不安を感じる必要はありません。

たとえ正規雇用の会社員だとしても、十分に安定継続した収入があることを証明するには、できるだけ長い勤続年数でなければなりません。

正規雇用、非正規雇用に関わらず1年以上の勤続年数は必要ですね。

関連記事をチェック!

803view

勤続年数が短くてもお金を借りるには?転職するとローン審査は不利になる?

カードローンの審査項目には勤続年数の長さも無視することのできない重要な項目です。しかし終身雇用制が崩壊している状態で勤続年数を語るのはナンセンスなような気もします。 勤続年数が長ければそれだけきちん...

キャッシングの審査で重要なのは返済能力

キャッシングの審査で重要となるのは返済能力です。返済能力は収入と既存借入額とのバランスです。

もちろん収入がきちんとあって借金が全然ないのは最も良い状態ですが、たとえ他社借入があったとしてもバランスが取れていれば審査に影響を及ぼすことはありません。

審査に通りやすい返済能力のバランスは、他社借入があっても総量規制の1/3であることです。

例えば年収が300万円なら総量規制は100万円ですよね。その1/3となると30万円です。つまり他社借入は1件ということです。

それと毎月の返済額が手取り収入の20%以内になっているかどうかです。既存の借入ですでに返済額が手取り収入の20%になっていたのでは、新規に借入した場合に返済額が20%を超えてしまいます。

例えば上記の例で言うと30万円の借入返済なら、毎月の返済額は1万円をちょっと超えるくらいですよね。手取り給料額が20万円なら返済率は10%未満です。

新規に借入しても毎月の返済額が1万円程度ならそれほど生活に負担なく返済していくことができるでしょう。

キャッシング審査で避けられない信用情報機関

キャッシング審査にちょっと不安があるんだよね、という人は自分の信用情報がどのようになっているのか各信用情報機関に個人信用情報開示請求をしてみると良いです。

・全国銀行個人信用情報センター
・日本信用情報機構
・シー・アイー・シー

以上三つの信用情報機関があります。

個人信用情報開示請求は各信用情報機関によって異なりますので、公式サイトでよく確認し自分の信用情報がどのようになっているのか事前に調べるのも良い方法です。

ちなみに最近カードローンの審査に落ちる原因で多いのが携帯端末機器代を含んだ電話料金の支払い遅れです。

携帯端末機器代の分割払いは少額ローンとしてCICに随時登録されています。しょっちゅう携帯電話が止まるような状態では、カードローンの審査に影響を与えてしまいます。

もちろん他のカードローンの返済状況も同じです。できるだけ審査に通るには返済状況に遅れがないように十分注意を払うことが必要ですね。

関連記事をチェック!

11673view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

関連記事をチェック!

18627view

CIC、JICC、全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

業者ごとに加盟する信用情報機関が違う 一部の情報は3つの機関で共有している 信用情報機関に登録されている情報は個人で照会できる 日本で「信用情報機関」というと、CICとJI...

キャッシングの審査に関してよくある質問

最後にキャッシング審査についてよくある質問と回答をご説明しておきます。審査に落ちて後悔しないためにも前もって確認しておいて、これから審査に受ける際に役立てるよう選んでくださいね。

住宅ローンや自動車ローンを利用していると審査は厳しいですか?
カードローン審査やクレジットカードの審査とは無関係です。そもそも住宅ローンや自動車ローンは担保貸付となるため、無担保無保証で借りるカードローンの審査とは性質が違うのです。ただし住宅ローンや自動車ローンの返済を遅れることなくきちんと支払っていることが審査に通るためには必要ですね。
銀行系カードローンは総量規制は気にしなくていいのですか?
確かに銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。しかし最近になって銀行カードローンの過剰貸付が社会問題化になっています。そのため銀行独自の自主規制によって、銀行によっては年収の1/3までと定めているところもありますし、年収の1/2までと定めているところもあります。大事なのはいくらまで借りられるのかではなく、無理なく返済していける借金額はいくらなのかを見極めることですね。
キャッシングをしているとマイカーローンの審査に影響しますか?
カードローンやクレジットカードでキャッシングしていても、きちんと支払っていればマイカーローンの審査には影響しません。ただしマイカーローンを契約しても十分に返済していけるだけの年収がないと厳しいかもしれませんね。収入から支出を差し引き、残った金額でマイカーローンを支払っていけるかどうかシミュレーションしましょう。
主人のクレジットカードのリボ残高は私のキャッシング審査に関係しますか?
たとえ夫婦間であっても、お互いに審査に影響を与えてしまうということはありません。極端なことを言えば主人がお金を借りていても、その他の家族がお金を借りていることを金融機関が知らないのが普通です。ですから主人のクレジットカードの返済状況が例え悪くても、あなたのキャッシング審査には全く影響がないと考えてよいです。
ディーラーローンの返済の為にキャッシングを考えていますが他に良い方法はありますか?
ディーラーローンは比較的金利が安いために、わざわざキャッシングで返済する必要もないのではないでしょうか。カードローンでキャッシングしてしまうと、おそらく借入金利は現在よりも上がってしまうでしょう。それにカードローンの悪い所は、利用枠ができてしまうといつでも借りられる状況にあることです。もちろん他にお金の入り用があって、ディーラーローンも含めて借金を一本化したいと言うなら話は違いますね。
ヤフーカードのショッピング枠が増額できたのですがキャッシング枠を増額できませんか?
キャッシング枠を増額できるかどうかについては、総量規制と関係があります。総量規制によって借金の総額が1/3までと定められていますので、年収が十分にあり他に借金がなければ、 Yahoo カードのキャッシング限度額を増額することもできるでしょう。増額できるかどうかについては直接申し込みてみないとわかりません。
ローンだらけで返済に困っていますがおまとめローンを利用できますか?
複数ある借金を一本化するにはおまとめローンが有効です。しかしおまとめローンの審査は厳しいですから、借金返済に遅れがあると審査には通りません。おまとめローンを組むなら返済滞納する状況になる前に申し込むことです。そして何より信用力と返済能力がどの程度あるのかによって審査に通るかどうかが決まります。
NCカードでキャッシングの審査は厳しいですか?
NC カードは地方の多く加盟していることで有名ですね。審査の厳しさについてはイオンカードや楽天カードなどの流通系カードと同じと考えているでしょう。普通に会社に勤務していて、信用情報に問題がなければ審査に通るくらいです。年収がいくら以上とか条件がありませんので、思い切って申し込んでみてください。
入居予定の物件の住宅ローンの審査でキャッシングしていることは影響しますか?
住宅ローンを組む前のキャッシング審査ということでしたら、たとえキャッシングがあってもきちんと毎月返済していれば審査には影響しません。重要なのは収入に対して年間いくら借金を返済するのか、返済負担率です。住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの利用料金やキャッシング返済も含めて、年間の返済額が年収の25%以内に収まっていれば十分に住宅ローンの審査に通るでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。審査というものは甘いものではないということがご理解いただけたと思います。

審査に通るためには継続し安定した収入があることが必要ですし、何と言っても信用情報が最も重要であることは言うまでもありません。

過去において債務整理などの金銭的なトラブルを起こしていると、最低でも5年から10年の間は審査には通りません。

お金を借りるということは、信用力と返済能力がなければならないのです。

そしてお金を借りたら契約通りにきちんと返済するようにしておけば、信用に傷をつけることもないのです。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談