借金と手形は同じ?違いがどういうものか知りたい!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金にも様々な種類がありますが、期日にお金を払うという点では手形も借金といえます。

事業をしている人にとっては利用価値の高い手形ですが、取扱いには注意しなければ信用を失うことになります。

事業において信用は重要になりますので、手形メリット・デメリットを抑え、基礎知をしっかりと確認しておきましょう。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

手形を使う条件はある?

事業を営んでいる人は、手形を取り扱ったことがある人も多いでしょう。

自分で手形を発行するには普通預金ではなく、当座預金口座の開設が必要になります。

当座預金口座は普通預金のように、簡単には作れないため違いがピンとこない人もいるようです。

銀行は普通を始め様々な預金で集めた資金を運用して利益を出しており、運用した利益の一部を利子として預金者に還元しています。

また、普通預金に預けているお金は、銀行が倒産した場合に1,000万円までしか預金保険機構から補償されませんので注意をしましょう。

補償されないといっても銀行が倒産したときには、財産を計算して預金者に分配金を決定しますので、1,000万円以上の戻りがあることもあります。

このようなリスクがあることから、個人で1,000万円以上の預金がある場合は、複数の金融機関で管理するのが望ましいといえます。

普通預金や定期預金に対して当座預金で預かっている資金は、銀行は運用に使うことはないため利息も付きません。

また、銀行の倒産時に1,000万円以上の資金を当座預金に預けていても、普通預金や定期預金と違って預金保険機構が補償する金額には含まれません。

また、普通預金と当座預金の大きな違いで、手形を発行できるかどうかが蹴っていて差になります。

買掛金を利用せずに、手形を発行して仕入れなどができるため、手元に現金がなくても企業と取引ができるのがメリットです。

売掛金が入金されてくる期日に併せて、手形の期日を発行することで、収支のバランスが取れますので、仕入れをする事業をしている企業の経営には必要不可欠なものになっています。

当座預金口座には審査がある

当座預金口座はどこの銀行でも、開設することができます。

しかし、普通預金と違って、当座預金口座の開設には審査があります。

当座預金を開設すると、小切手や手形などの有価証券を発行できるため、期日になったら確実に入金をしてくれ企業しか保有ができないのです。

また、当座預金を開設したからといって、すぐに手形を振り出せるわけではありません。

過去の取引実績や手形を使った取引が必要かなど、銀行ごとに異なった審査基準が設けられています。

銀行での明確な審査基準を知ることはできませんが、健全に事業に取り組んで実績を残すことが当座預金口座を開設することにつながるでしょう。

手形の特徴を覚えておこう

手形は後でお金を払うことを約束したという、証明書だと考えてください。

個人の取引でいえば、クレジットカードを使って商品を購入することに似ています。

クレジットカードでは支払い日が毎月決まっていますが、手形の場合はお金を払う日を数か月後に設定することもできます。

なお、手形以外にもお金を後で払うと取引として、掛金があります。

わざわざ手形を使わなくても、買掛金で十分ではないかと思う人もいるかも知れません。

しかし、売掛金と手形には大きな違いがあり、銀行で審査をして始めて発行ができる手形の方が信用力は強くなります。

受け取った手形を期日までに銀行に持っていくと、当座預金口座から支払いが行われます。

相手が倒産をしなければ、期日になると確実に現金化できるため、過去の取引が少なく信用できるか分からない取引先でも取引に応じてくれる可能性が強くなります。

また、手形は有価証券のため、持っている人が利用できるようになっています。

現金と同じように、保有者が利用をしてものを買ったり、お金を手に入れたりできるのです。

関連記事をチェック!

214view

銀行から借入:手形貸付、証書貸付、割引手形、当座貸越

執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36歳) 職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当 銀行から借入を受ける!融資科目による違い 一口に「銀行からお金を借りる」と言っても融資の方...

関連記事をチェック!

540view

約束手形とは

約束手形という言葉だけを聞いたことがある人は多いかも知れませんが、商売をしている人でもない限り約束手形の意味をちゃんと理解している人は意外に少ないものです。 約束手形とは、〇月〇日にお金を支払う...

手形のメリットを覚えよう

手形を使うと支払いを先送りにできことがメリットです。

現金に余裕がない場合でも、手形を振り出して仕入れをするなどの対応ができます。

仕入れができれば十分な利益が見込めるときには、お金を借りることなく、手形を振り出すことで対応ができるか検討してみるとよいでしょう。

また、支払期日が未来の日であっても、金利がかからないことも大きなメリットです。

仕入れのための資金がない場合に、金融機関から融資を受けて仕入れすることも資金調達の方法のひとつです。

しかし、融資は金利がかかるため、利息の分だけ利益が減ることになります。

手形を振り出せば現金とどうようのあつかいになりますので、利息の支払いで利益が減るということはないのです。

ただし、金利はかからなくても、手形を振り出すには印税紙が必要です。

手形の額面が500万円の場合は1,000円の印紙が必要で、1,000万円では2,000円の印紙を貼り付けなければいけないなど額面金額に応じた税金がかかります。

このように、手形を利用したからといって、全くコストがかからないわけではないので注意しましょう。

手形のデメリットは?

手形を振り出すときは支払期日を明記しますが、この期日までにお金を準備できないと会社の信用を失うことになるでしょう。

支払期日に当座預金の残高が不足して支払いができないことを、不渡りを出すといいます。

不渡りを出したときは、手形交換所から金融機関に通知されるため、お金がない企業と思われて融資を受けられなくなってしまいます。

なお、6か月以内に2度の不渡りを出すと、事実上の倒産となり事業を続けることは困難になります。

2年間は当座預金を使った取引ができなくなり、金融機関からも融資を受けることもできません。

メリットが大きい手形ですが、不渡りを出したときのリスクも非常に大きいため慎重に取り扱う必要があります。

一度の不渡りでは倒産にはなりませんので、支払期日までに現金を準備できる見込みをしっかりと立ててから利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

3265view

手形貸付とは

銀行の融資には大きく分けて長期資金と短期資金の2つの融資があります。 長期資金とは借入期間が1年を超える融資で、主に証書貸付という融資方法で行わることが一般的です。 個人が借りる住宅ローンなどを連...

関連記事をチェック!

845view

約束手形の現金化!割引手形とは【不渡りのリスクをわかりやすく解説】

割引手形とは、受取手形を期日前に銀行で現金化することで、資金繰りを安定させるために用いる「借入」です。 昔からある借入方法であり、早期に資金化できるというメリットがある一方、デメリットも幾つかありま...

事業者カードローンの利用も検討しよう

手形の支払期日が迫っているのに、思ったように売上げが上がらないという状況も考えられます。

社会情勢の変化など企業努力ではどうにもできない要素で、売上げが下がることもあります。

そのような場合でも、手形の支払期日に現金を用意しなければなりません。

万が一、不渡りを出してしまうと会社の存続にも影響します。

そこで、手形の支払期日が間近に迫っているときは、事業者カードローンを使って乗り切ることも手段のひとつです。

なお、消費者金融の商品は、銀行の融資にくらべると審査も早いので、時間に余裕がないときでも対応しやすいでしょう。

金利はかかってしまいますが、不渡りのリスクを回避することの方が重要です。

関連記事をチェック!

531view

自営業,個人事業主のおすすめカードローン

開業したばかりの個人事業主は、カードローンを利用できるでしょうか? この記事では、開業後いつから申し込みの対象となるかの目安や、おすすめの金融機関について解説します。 個人事業主が審査に通...

まとめ

手形を使うには当座預金口座の開設など、条件を満たす必要があります。

支払を先送りできることや、金利がかからないなど大きなメリットがあります。

しかし、不渡りを出してしまったときに抱えるリスクも、非常に大きいので期日管理には注意が必要です。

支払期日が迫っているときに不渡りを回避するなら、事業者カードローンを利用して資金を準備するのもひとつの方法です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談