三井住友銀行カードローンプラザでは何ができる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

三井住友銀行のカードローンを利用するときの問い合わせ窓口として、三井住友銀行カードローンプラザがあります。

電話をして相談などができるのですが、実際にはどんなことができるのでしょうか?

今回は、三井住友銀行カードローンプラザに関して調べました。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 三井住友銀行カードローンプラザでできることが知りたい人
  • 三井住友銀行カードローンのことが知りたい人

カードローンプラザでできること

※三井住友銀行公式WEBサイトより引用
三井住友銀行カードローンプラザには、2つの番号が存在します。

それぞれの番号によって、相談できる内容も少し違っているようです。

カードローンプラザでできることと連絡先を、ご紹介します。

カードローンの申し込み

三井住友銀行カードローンの申し込みは、三井住友銀行の口座を持っている場合と口座を持っていない場合で、違った申し込み方法があります。

それぞれWEB上で申し込む方法、ローン契約機で申し込む方法、電話で申し込む方法の3種類がありますので、合計で6つの申し込み方法があります。

この中の電話での申し込みを行うときの連絡先が、三井住友銀行カードローンプラザになります。

電話番号は、フリーダイヤルの0120-923-923で、受付時間は1月1日を除く毎日9:00~21:00となっています。

電話での申し込みは、担当者と話しながら行えますので、申し込みの疑問点などを確認でき申請する事項を間違えることもありませんので、安心です。

WEB上での申し込みには少し抵抗がある場合や、長時間の外出が難しい場合などに利用すると良いですね。

自宅から電話をするだけですので、ローン契約機を操作して長時間外出しなくてもいいですし、必要事項を記入するときに間違えてしまう危険性もありません。

ただ、カードローンのカードを受け取るためには、郵送を利用するかローン契約機での操作が必要になります。

急いでいる場合には、どうしてもローン契約機まで外出する必要がありますね。

関連記事をチェック!

261view

三井住友銀行カードローンに申し込み!審査難易度は?

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は三井住友銀行カードローンについて説明したいと思います。 三井住友銀行カードローンは、便利でお得なカードローンですが、そもそも審査に通過しなければ、利用ができず...


関連記事をチェック!

34view

三井住友銀行カードローンの無人契約機でできる事

カードローンを申し込むときに便利に使えるのが無人契約機です。 今回は三井住友銀行カードローンの無人契約機でできる事に関して調べました。 無人契約機でできる事 三井住友銀行カードローンを申し込...

カードローン利用に関する問い合わせ

申し込みができ契約までできれば、カードを利用してATMで限度額までなら借り入れができるようになります。

ただ、カードローンを利用したことがない場合などでは、借り入れの方法や返済の方法が分からないということもあります。

カードローンプラザでは、カードローンに関して分かりやすく回答するノウハウが蓄積されていますので、手続き等に関しては分かりやすく回答してもらえるようになっています。

またカードローンを利用するにあたって、ユーザーが困ることや間違えやすいことも熟知していますので、適切な回答をしてもらえるでしょう。

疑問や不安を抱えたままカードローンの利用をするのは、ユーザーにとっては危険なことでもありますので、わからないことや不安に思うことがあれば、積極的に連絡をすると良いですね。

金利引き下げ

カードローンでは、契約を行う際に利用者ごとに金利が適用されますが、カードローンプラザに電話をすることで、金利の引き下げ交渉も行えます。

金利は低ければ低いほど返済負担が少なくなるので、できるだけ低い金利で利用したいところですよね。

ただ、金利引き下げには審査が必要になりますので、希望すれば誰でも金利を引き下げてもらえるというわけではありません。

これまでのカードローンの利用実績などを客観的に判断して、引き下げてもらえそうな余地があると判断した場合に、電話をかけてみるといいでしょう。

増額

カードローンの契約極度額を増額してほしいという場合も、カードローンプラザに電話をすればOKです。

利用可能額が大きいほうが、いろいろな場合に対応できますからね。

ただし、金利を引き下げてもらう場合と同様に、契約極度額を増額してほしい場合も審査が発生しますので、審査に通りそうだという自信がある場合のみ電話をかけるのがおすすめです。

計画的な返済に関する相談

カードローンを利用することになると、返済をしていくことが大事になってきます。

特に、計画的に返済ができることがどうしても必要となってきます。

契約さえできてしまえば簡単に借りられますので、借りすぎてしまうようなこともあります。

口座振替で、約定返済日までに返済金額を用意できなくて困るようなこともあると思いますが、そのような時には黙っていないで、早急にカードローンプラザに相談をすると良いですよ。

また、返済する金額を多く用意できる場合、どのように返済を行っていけばいいのかを悩んでいる場合にも相談すると良いですね。

計画的な返済に関しては、カードローン相談窓口がカードローンプラザの中にあります。

連絡する電話番号も違ったものになり、担当者もよく理解しているオペレーターになりますので、安心して相談できます。

電話番号は、フリーダイヤルの0120-200-442で、受付時間は12月31日~3日、5月3日~5日を除く平日9:00~17:00となっています。

相談内容によっては、知識豊富な専門の担当者と話せますよ。

関連記事をチェック!

259view

カードローンの返済金を払えない場合の対処法

カードローンを利用されている方の中には、返済日にお金を払えない方もおられるでしょう。 約束通り返済できないことは、皆様の想像以上に重い事態です。 ここでは、返済日にお金を払えない場合の対処法を示し...

解約に関する事務手続き

三井住友銀行カードローンを解約したい場合も、カードローンプラザに電話をかけて解約したい旨を伝えれば、解約の事務手続きを行ってもらえます。

ただし、解約するためには事前に借り入れ金を完済しておかなければなりません。

完済した後に解約すべきか解約せずに契約を残しておくべきかは、人によって異なりますので、解約の是非で迷っている場合も、カードローンプラザで相談してみてもいいかもしれませんね。

カードローンプラザ以外の連絡先


三井住友銀行はメガバンクの一つでもありますので、受け付けているサービスも多く、また利用者も多いことから様々な連絡先があります。

対象となる連絡先も、専門的な知識を持った担当員が配置されていますので、素早く正確に処理を行ってもらえます。

ここでは、カードローンを使う上でカードローンプラザ以外に連絡する可能性がある連絡先を、ご紹介します。

カードを紛失した場合

カードローンを利用していて一番困るのが、カードの紛失になります。

使うことができないばかりか、悪意のある人が手にした場合には大きな被害を受けることだってあります。

そのためにもカードを紛失した場合には、いち早くカードの利用を停止することが重要となってきます。

カードの利用を停止するためには、取引店舗に連絡をするか時間帯によって連絡先は違いますが、以下のところに連絡をすると良いですね。

受付時間連絡先
1月1日~3日と5月3日~5日を
除く毎日9:00~21:00
0120-56-3143
フリーダイヤルを利用できない場合は、
東京:03-5745-5051
大阪:06-6258-0012
※サービス番号「4#」「1#」を選択してください。
上記以外の時間帯0120-956-999
フリーダイヤルが利用できない場合は03-6847-0298

カード紛失した場合には、これ以外に警察にも遺失届出書を提出するようにしてください。

これらの処置を早くすることで、被害にあう危険性を最小限にできます。

また、キャッシュカードにカードローンの機能を追加している場合には、インターネットバンキングを使って不正出金されている可能性もあります。

もし不正出金されているような場合には、不正出金ホットライン(0120-322-775)に連絡をして相談すると良いですね。

関連記事をチェック!

746view

三井住友銀行カードローンを紛失した後の手続きと再発行のしかた

カードローンは便利に利用できるのですが、カードを持ち歩いている以上紛失する危険性があります。 今回は三井住友銀行カードローンのカードを紛失した時の対処方法を調べました。 カードローンを紛失した...

インターネットバンキング操作方法

カードローンを利用するときに、インターネットバンキングを利用することもありますね。

インターネットバンキングにはいろいろなメニューが存在しますので、目的のサービスをどうすれば受けられるのかわからないこともあります。

そんな時には、操作のサポートをしてくれるヘルプデスクを利用すると良いですね。

連絡先は0120-28-6079で、受付時間は1月1日~3日と5月3日~5日を除く毎日9:00~21:00です。

フリーダイヤルがつながらない場合には、東京:03-5745-6353もしくは大阪:06-6258-0044に電話をするようにしてください。

関連記事をチェック!

28view

WEB上でログインして三井住友カードローンを利用する方法

三井住友銀行のカードローンは、IDを設定することで、SMBCダイレクトにログインして様々な処理を行うことができます。 三井住友銀行カードローンが使えるATMは多くありますが、外出できない時などはイン...

絶対に連絡をすべきこと


連絡先などを紹介してきましたが、上で紹介した以外にも絶対に連絡をしなければならない場合があります。

ここでは、絶対に連絡をしなければならないケースと連絡先をご紹介します。

返済が遅れそうな場合

返済をする計画を立てていても、急な出費があり約定返済期日までにお金が準備できない場合や、仕事の都合で返済できない場合があるかもしれません。

そんな時には、必ず連絡をしましょう。

連絡先は、カードローンプラザ(0120-923-923)です。

何も連絡がない場合には、信用情報に傷がつく可能性もありますし、家族や勤務先に連絡がある場合もあります。

まずは連絡して、今後の対応を相談するようにしましょう。

契約内容を変更したい場合

最初に契約してから利用期間が長くなってくると、住所の変更や勤務先の変更など、契約内容を変更したい場合が出てきます。

また、利用限度額を増額したいという場合もあります。

このように現在の契約内容を変更したい場合には、カードローンプラザに連絡するようにしましょう。

カードローンを利用するには、契約内容は重要になってきます。

変更しなければならないことを変更しないでおくと、不利益を招くことにもなりかねません。

関連記事をチェック!

137view

カードローンの増額審査に通るコツは?

使っているうちにカードローンの利用限度額を増額したいということも出てきますよね。そんなときは増額審査を受けましょう。 カードローンの利用限度額は申し込み当初は少なく設定されることが一般的です。継続的...

三井住友銀行カードローンの商品説明

三井住友銀行は規模の大きなしっかりとした金融機関なので、そこで取り扱われているカードローンもきちんとしたものだろうと、漠然と考えている人もいるかもしれません。

最後に、三井住友銀行カードローンの商品詳細に関して、詳しく説明していきましょう。

商品概要

三井住友銀行カードローンの商品概要は、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
4.0%~14.5%
対象者満20歳以上69歳以下のかた
原則安定した収入のあるかた
保証会社の保証を受けられるかた
使用目的原則自由
(ただし事業資金は除く)
融資限度額10万円~800万円
返済日毎月5日or15日or25日or末日
遅延損害金
(実質年率)
19.94%
担保・保証人不要

適用金利が低く最大融資限度額が高いという、銀行カードローンの特徴をしっかりおさえたカードローンと言えるでしょう。

返済日も4つの候補から選択できるので、返済期間を自分の都合のいいように設定できますね。

申し込み方法

三井住友銀行カードローンへは、インターネット経由・ローン契約機・電話で申し込みが可能です。

申し込み時には、年収や勤続年数・借り入れ希望額といった必要事項を申告する必要があるので、間違いの内容に気をつけましょう。

借り入れ希望額を大きくしすぎると、普段の生活にも影響を及ぼしてしまう可能性があるので、実行可能な返済計画を立てたうえで申し込みを行うようにしましょう。

必要書類

申し込みに必要な書類は本人確認書類であり、申し込み金額が50万円を超える場合は、「現在の収入が確認できる書類」もあわせて必要になります。

本人確認書類としては運転免許証等が利用でき、「現在の収入が確認できる書類」としては源泉徴収票等が利用できます。

審査難易度と審査スピード

三井住友銀行カードローンの審査難易度は、決して低いわけではありません。

そもそも銀行カードローンは消費者金融と比較すると審査難易度が高めなうえに、三井住友銀行が日本を代表するメガバンクであることを考えると、しっかりとした審査を行っていることは間違いありません。

属性や信用情報に自信がない場合は、審査落ちになってしまう可能性も十分あるでしょう。

審査スピードも早めですが、銀行カードローンでは申し込み者の情報を警察庁のデータベースに照会する必要がある関係で、即日では審査結果は分かりません。

そのため、審査結果が分かるのは最短でも申し込み日の翌日ですが、それでも銀行カードローンとしては十分早い審査スピードと言えるでしょう。

在籍確認

カードローンでは、審査の過程で申し込み者の勤務先に電話をかけて在籍確認を行うのが一般的ですが、もちろん三井住友銀行カードローンでも在籍確認は行われます。

在籍確認の電話には申し込み者自身が対応できれば話が早いのですが、仕事の都合などで申し込み者自身が対応できない場合もあるでしょう。

そのような場合は、あらかじめ会社の人に自分あての電話がかかってくることを伝えておくことで、在籍確認をスムーズに乗り切れるでしょう。

カードローン利用と返済方法

契約手続きを終えて、契約書類と一緒にローンカードが郵送されてくれば、カードローンが利用できるようになります(キャッシュカード一体型を選んだ場合はローンカードは郵送されてきません)。

ローンカードもしくはキャッシュカードをATMで利用することで、利用限度額の範囲内での借り入れが可能です。

返済は、ATM・振込・返済用預金口座からの口座振替のいずれかで行えます。

利用明細を確認すれば、毎回の返済の約定返済金額が確認できるので、約定返済金額以上のお金を返済するようにしましょう。

スマホアプリとの連携でより便利に

三井住友銀行カードローンでは、専用のスマホアプリをリリースしているので、そちらを利用することでより利便性が増します。

アプリで返済シミュレーションを行ったりできますので、返済計画を立てる際の参考にしていただくといいでしょう。

提携ATMについて

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行のATMで利用できるのはもちろんですが、それ以外にもたくさんの提携ATMで利用できます。

イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATMなどのコンビニATMや、ゆうちょ銀行ATM、その他提携金融機関のATMなどが利用できるので、利便性は申し分ないでしょう。

提携金融機関のATM以外のATMを利用する場合は、ATM利用手数料無料なのも、利用者にとってはありがたいポイントですね。

まとめ

三井住友銀行のカードローンを利用するときには、カードローンプラザだけではなく多くのところにに連絡することがあります。

連絡先と対応時間は、しっかりと把握しておくようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談