三井住友銀行カードローンは電話で在籍確認なし,郵送なしで借りられる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンを申し込むと、在籍確認が行われるのですが、電話連絡はできるだけ避けたいと思っている人は多いですよね。

そこで今回は、三井住友銀行のカードローンに申し込んだときの電話での在籍確認に関して、調べました。

この記事はこんな方におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 三井住友銀行カードローンの利用を考えている人
  • 在籍確認を回避できるかが気になる人
  • 三井住友銀行カードローンを利用するまでの流れが知りたい人

電話での在籍確認はあるのか


一般的に、カードローンを申し込むとほとんどの場合電話での在籍確認が行われるようになっていますが、中には電話以外での在籍確認が行われる場合もあるようです。

三井住友銀行のカードローンの場合には、どのようになっているのでしょうか?

三井住友銀行カードローンの在籍確認に関してご紹介します。

絶対に避けることはできない

申し込みを行った後、申し込み内容に問題が無ければすぐに電話での在籍確認が行われます。

銀行のカードローンの申し込みでは、間違いなく在籍確認は行われることになっておりますので、三井住友銀行の場合でも必ず在籍確認は行われます。

在籍確認を行う方法としては勤務先への電話になりますので、基本的には電話での在籍確認を避けることは絶対にできません。

ほとんどの場合には在籍確認が行えない場合には、審査に通ることはありません。

ただし、ある特別な理由があるような場合には、別の方法での在籍確認で審査が通る場合もあるようですが、その場合には利用限度額は最小の金額になります。

カードローンは、お金が必要な時に申し込むことが多いので、利用限度額は少しでも多いほうがいいですよね。

ですので、電話での在籍確認には応じる方法を考えたほうがいいですよ。

在籍確認される意味

カードローンを申し込むと在籍確認が行われます。

これは、申し込み者が安定した収入を得ていることが、返済を行えるかどうかの判断をするときに重要となるからです。

安定した収入を得る源となるのが、「どこで何年くらい働いているのか」という情報です。

申し込み情報から、氏名や住所・電話番号等の個人情報と、勤務先や勤務期間・年収などをみて、間違いがないのかを確認します。

ですが、この情報はすべて自己申告ですよね。

そのため、収入の源である在籍している企業に実際に勤めているのかを確かめるために、在籍確認が行われます。

在籍確認を電話で行うことで、実際にそこで働いていることが分かります。

勤務先の企業規模や連絡先などは事前に調べてありますので、在籍確認が取れればその勤務先で勤務していて、どのくらいの年収があるのかを判断できることになります。

在籍を確認するだけならば、給与明細などの書類があれば良いのではないかと思うかもしれないですが、書類の場合には退職した日に揃えておくこともできます。

ですので、在籍確認の材料としては少し確実性に欠けることになります。

在籍確認の電話内容

電話での在籍確認と聞くとなんだか重々しい雰囲気ですが、実際の在籍確認は非常に簡単な電話連絡だけです。

申し込み時に記入した勤務先の電話番号に、三井住友銀行から電話があるだけです。

その内容は、普通に申し込み者に電話があるときと同じで、以下の様になります。

「お忙しい時に申し訳ありませんが、○○さんはいらっしゃいますか?」

この時、実際に電話に出る必要はありません。

席を外しているなり外出をしているなり、在籍していることが分かる返事があるようであれば、問題ありません。

在籍していないときに要件を伺ったり、こちらから掛けなおすように申し出たとしても、再度掛けなおしますと答えるだけです。

ですので、カードローンに申し込んだということがばれることはありません。

在籍確認の時の名前

三井住友銀行が在籍確認を行う場合は、担当者の個人名で電話をかけてくる場合も、「三井住友銀行」という銀行名を出して電話をかけてくる場合もどちらもあるようです。

担当者の個人名で電話をかけられた場合は、もちろんそれがカードローンの在籍確認であることがバレるはずはありません。

銀行名を出されたとしても、三井住友銀行ではいろいろな金融商品を取り扱っているので、「三井住友銀行=カードローン」と、即とらえられる心配はありませんよね。

いずれの形で電話がかかってくるにせよ、三井住友銀行からの電話によって、カードローンに申し込んでいることがバレてしまう可能性は低いと言えるでしょう。

在籍確認ができない時の対処方法


ここまでは電話での在籍確認に関してみてきましたが、実際に電話での在籍確認が難しいという場合もあります。

これらの場合の対処方法をご紹介します。

職場が対応を断る場合

最近では、個人で携帯電話を持っていることが当たり前となってきていますので、個人あての電話は取り次がない方針の企業も増えてきました。

このような場合には、普通であれば電話で在籍確認を行っても在籍しているかどうかはわかりません。

対策方法としては、会社側に申し出る方法と三井住友銀行に申し出る方法の2つの対処方法があります。

会社側に申し出る場合には、三井住友銀行からの在籍確認があるので、その電話だけ対応をしてもらえるようにお願いすることになります。

カードローンの申し込みと言う必要はなく、口座を作ったのでとかクレジットカードを作ったのでという理由で、問題ありません。

この時には、在籍確認の時に三井住友銀行からの電話ということが分かるようにしてほしいと、申し込み時に三井住友銀行のカードローンプラザ(0120-923-923)に伝えておくと良いですね。

もし、会社側が対応してもらえない場合には、申し込み時に会社では在籍確認が行えないことを、三井住友銀行のカードローンプラザに申し出ておきましょう。

他の方法での在籍確認に、変更してもらえる可能性もあります。

ただし、申し出によっては申し込みを取り消し等の処理をされる場合があります。

関連記事をチェック!

589view

カードローンで会社に在籍確認の電話される?言い訳はどうする?

カードローンの申し込みは、会社にばれる可能性があります。 それは、在籍確認があるからです。 在籍確認は、金融機関が申し込み人の勤務先に電話をすることで行われます。 この在籍確認について対策するこ...

派遣社員の場合

派遣社員として働いている場合、派遣元の会社が派遣社員の数が多く確認に時間がかかるためや、個人情報の観点から在籍確認に応じていないところもあります。

そのような場合には、申し込みを行った後すぐに、電話で三井住友銀行のカードローンプラザに連絡をしましょう。

派遣先での勤務形態などにもよりますが、派遣先で確認に応じてもらえる場合には、派遣先での確認が取れればいい場合もあります。

もし、派遣元でも派遣先でも在籍確認が取れない場合には、他の方法での在籍確認をしてもらえることもあります。

在籍確認で審査が通らないケース


在籍確認を行われるのはわかりましたが、在籍確認がもとで審査が通らないケースもあります。

ここでは、審査が通らないケースとその時の対処方法をご紹介します。

虚偽の申請をしている場合

カードローン申し込み後の在籍確認で、記入してある勤務先の電話番号が違っていたり、勤務先を間違って記入したりしている場合には、審査に通りません。

正しく記載されていないのが故意である場合でも、過失である場合でも、銀行側としては在籍確認ができないことになります。

その間違った内容を記入した原因が、故意なのか過失なのかを銀行では判断できません。

そのため、記載内容が違っている場合には、故意に虚偽の申請をしたと判断されることが多くなります。

申請内容が違っている場合には、在籍確認が取れないことにもなりますので、審査に通ることはほぼないといっていいです。

つながらない場合

在籍確認の電話連絡をしても、その電話がつながらないような場合には、在籍確認が取れないので審査に通ることはありません。

もし、勤務先で電話対応する人が居ない場合には、その旨を申し込み時に三井住友銀行のカードローンプラザに、連絡をするようにしておきましょう。

その時には、電話対応できる時間帯等がある場合には、その事を伝えるようにしておくと良いですね。

その時間内で対応してもらえることもありますし、難しいようであれば電話以外での在籍確認の方法を、提示してもらえる可能性もあります。

その他の在籍確認方法で対応してもらえる場合には、契約時の利用限度額は低く設定されることになります。

限度額を大きくしたい場合には、契約後に利用実績を作ってから増額申請を行うことで対応することを、考えると良いですね。

休職している場合

電話での在籍確認を行うことができたとしても、その時に休職中等の場合には、審査に落とされることがあります。

休職中の場合には収入がないわけですので、返済能力が無いと判断されるからです。

ただし、すぐにでも復職することが決まっているような場合には、審査に通ることもあるようです。

もし、復職することが決定している場合には、それが分かる書類を提出するようにすると良いですね。

在籍確認は何のため?


三井住友銀行カードローンに限らず、銀行や消費者金融は利用者の在籍確認を行っています。

これは、申し込みのときに申告された勤務先で、間違いなく働いているかを確認するためなのです。

働いていることを確認することで、借りたお金を返す収入があるのかをチェックしています。

収入の有無を確認するために行うことがある

カードローンに申し込みをするには、安定した収入があることが条件となっています。

「安定収入=働いている」という位置づけのため、どこで何年くらい働いているのかも踏まえ、確認をします。

また、申し込み時の勤務先は自己申告でもあるため、「本当に働いているのか」と確認するのに、勤務先への連絡を行うことがあります。

在籍確認では何を聞かれるのか

金融機関から勤務先に連絡があると、不安になることも多いかと思います。

しかし、在籍確認は必ずしも、本人が対応しなければならないわけではありません。

大きな会社の場合、外からかかってきた電話は誰が出るか分かりません。

そのため、プライバシー保護の観点から、カード会社は会社名を名乗らないこともあります。

三井住友銀行の場合は、個人名か銀行名か選択が可能となっています。

そのため、会社に金融機関から連絡があったとしても、バレる心配はさほどする必要はないでしょう。

また、申し込み者が離席や休みなどで、不在でも心配はする必要はないでしょう。

その場合は、電話に出た人が「離席中です」や、「今日は休みです」と答えると思います。

金融機関からすれば「そんな人はいません」といわれない限りは、申し込み者が在籍していると判断できるため、在籍確認は終了します。

在籍確認は単に、「○○さんいらっしゃいますか?」と聞かれるだけですので、それほど身構える必要はないでしょう。

在籍確認があったら審査に通る可能性が高い?

在籍確認の連絡があった場合、審査に通る可能性はあるのでしょうか。

結論をいうと正式な結果が出るまで、安心はできないでしょう。

在籍確認はあくまで審査のひとつとして行っていることが多いため、虚偽の記載をした場合は、在籍確認後に審査に落ちてしまう場合もあります。

虚偽の記載があった場合とは?

カードローンに申し込みするときの、勤務先は自己申告です。

そのため、退職したにもかかわらず、つい最近まで勤めていた会社を記入してしまう人もいるようです。

この場合は、在籍していないと分かったときに、嘘の申告があったとして審査がストップします。

正社員でない場合の在籍確認はどうなる?


パートやアルバイト・派遣社員でも、在籍確認がある場合があります。

連絡先は自分が記入した電話番号にされますが、特に派遣社員の場合は派遣元なのか派遣先なのか、どちらの連絡先を書けばいいのか迷うこともあるでしょう。

そこで、このような場合にどうしたらいいのか見ていきましょう。

パートやアルバイトの場合

支店などが何店かあるチェーン店の場合は、自分が働いている店舗の電話番号を記入しましょう。

大きな会社の場合、本社などの連絡先だとパート・アルバイトまでは把握していない可能性があり、在籍確認が取れないこともありますので注意をしてください。

派遣社員の場合

カードローンの申し込みでは、基本的に派遣会社の連絡先を記入しますが、派遣先の電話番号を記入しても問題はありません。

しかし、派遣先の電話番号を書いた場合、退職後などに何かあったとき(たとえば督促など)関係のない派遣先に連絡が行く可能性がありますので、注意が必要です。

在籍確認で会社にバレない方法は?

三井住友銀行から電話がかかってきても、それが在籍確認であることはバレにくいでしょう。

しかし、それでも心配だという気持ちももちろん分かります。

在籍確認の電話がよりバレにくくなるための方法について、説明していきましょう。

なるべく自分で電話を取る

在籍確認の電話に自分が最初に対応してしまえば、その電話を人に聞かれる心配はないため、在籍確認がバレる可能性はほぼなくなるでしょう。

職種によってできる・できないは変わりますが、普段から電話対応を行っているかたの場合はチャンスです。

三井住友銀行から「在籍確認を行います」と連絡があった後は、すべての電話に一番に対応するぐらいの体制でいるといいですね。

クレジットカードを作ったという

在籍確認がバレてしまうことを恐れている人は、厳密に言えば「在籍確認」を恐れているのではなく、「カードローンの在籍確認」であることがバレてしまうのを恐れているのでしょう。

そのため、考えかたを変えて、在籍確認が来ることをあらかじめ周囲に伝えてしまったうえで、それが「クレジットカードの在籍確認」であるというようにすればいいのです。

クレジットカードであれば多くの人が利用していますし、在籍確認で電話がかかってきたとしても、それを不審に思う人はいませんよね。

このように先手を打っておくことで、「カードローンの在籍確認」であることを疑う人は、いなくなるでしょう。

郵送物を失くすことはできる?


カードローンの申し込みにあたり心配なこととして、カードなどが自宅に送られてくることによって、家族に借金がバレてしまうのではないか、という点を不安に思う人もいるでしょう。

しかし、三井住友銀行に口座を持っていれば、カードの郵送を失くすことができますので安心をしてください。

手持ちのキャッシュカードがそのまま使える

三井住友銀行に口座を持っている場合、審査後にキャッシュカードでそのまま借り入れが可能です。

この場合は全てWEBで完結するため、来店の必要がなく忙しくても便利に利用できます。

また、身分証などの提出も必要ありません。

ただし、ローン専用のカードが必要な場合は、郵送またはローン契約機で受け取ることができます。

関連記事をチェック!

33view

三井住友銀行カードローンのWEB完結はこんなに便利!メリットを徹底解説

テレビCMでおなじみの3大メガバンクの1つ、三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンとしては珍しく完全なWEB完結契約を行うことができます。 銀行カードローンの中には「WEB完結」と謳っては...

利用明細は基本的にはオンライン上で

カードローンによっては、毎月の利用明細が書類で郵送されてくる場合もありますが、三井住友銀行カードローンの場合は利用明細は基本的にマイページ上で確認する形になっており、書類等の郵送はありません。

そのため、デフォルトの設定では心配する必要はありませんが、申し込み者から申請することで、利用明細を書類で郵送してもらうようにもできます。

その場合には、自分よりも先に家族が利用明細を確認することのないように、率先して郵便物を確認しにいくなどの努力が必要となるでしょう。

返済を遅延すると督促状等が来る

三井住友銀行カードローンを利用する場合に郵送されてくるものは、上述したローンカードと利用明細だけであることがほとんどですが、返済を遅延してしまった場合は話は変わります。

返済を遅延すると、督促状や催告書といった返済を行うように迫るような書類が発行されますが、これらはさすがにオンラインで閲覧するというわけにはいきません。

今までカードローンの利用を、うまいことバレないようにしていたとしても、督促状などが送られてきてしまえば一発でバレてしまいます。

倫理的な観点からも返済遅延はもちろんアウトですが、周囲にバレないようにカードローンを利用するという実務的な観点からも、返済遅延は決して行わないようにしましょう。

郵送物をなくすためには?


三井住友銀行カードローンを利用した場合に自宅に郵送されてくる可能性があるものとしては、ローンカードと督促の書類であることが分かりましたが、こういった郵送物をなくすためにはどうすればいいでしょうか。

契約を自動契約機で行う

ローンカードの郵送を防ぐためには、カードローンの契約を自動契約機で行う必要があります。

自動契約機で契約を行えば、その場でローンカードが発行されるため、ローンカードを郵送で受け取る必要がなくなるのです。

自動契約機は、三井住友銀行の本支店に設置されていますので、お住まいの家の近くにある三井住友銀行で契約を行うといいでしょう。

銀行に設置されている自動契約機を利用するのは人の目があってちょっと…というのであれば、消費者金融のプロミスの自動契約機でも、三井住友銀行カードローンの契約を行うことが可能です。

三井住友銀行とプロミスは、共にSMBCグループという金融グループの傘下企業なので、自動契約機の相互利用が可能なんですね。

消費者金融に出入りしているのを見られるほうがイヤだと思われるかもしれませんが、プロミスの店舗は雑居ビルの中など人目につきにくいところにあるものも多いので、場所を選べばコッソリ利用できます。

関連記事をチェック!

55view

三井住友銀行カードローンの無人契約機でできる事

カードローンを申し込むときに便利に使えるのが無人契約機です。 今回は三井住友銀行カードローンの無人契約機でできる事に関して調べました。 無人契約機でできる事 三井住友銀行カードローンを申し込...

返済遅延だけは絶対に避ける

督促の書類をなくすための方法はただ一点、「返済を遅延しないようにする」というだけです。

三井住友銀行カードローンの返済日は、毎月決まったタイミングに訪れますので、「返済日を忘れてしまった・勘違いしていた」ということは起きにくいはずです。

返済しなければならない金額に関しても、マイページにログインすることで確認できますので、返済日が近くなってきたら、早めに返済金額を準備するために動き出しましょう。

余剰分のお金だけで返済を行うのが難しそうであれば、食費を削ってお金を浮かすなり私物を売ってお金を作るなりして、何としてでも返済遅延だけは起こさないようにしましょうね。

収入証明書類の提出を求められる場合がある


三井住友銀行カードローンで50万円以上の借り入れを行う場合は、収入証明書類を求められる可能性があります。

また、金額が50万円以下でも他社からの借り入れと併せて100万円を超えている場合は、提出が必要になりますので、事前に自分の借り入れ残高をしっかりと把握しておきましょう。

関連記事をチェック!

5305view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

なぜ100万円以上の借り入れがあると分かる?

金融機関は審査のときに、必ず信用情報機関へ利用者の照会をかけます。

信用情報機関には、利用者の氏名、住所、生年月日はもちろんのこと、過去の借り入れから現在の返済状況まで登録されています。

そして、過去に延滞・遅延があった場合には、「事故情報」として登録されています。

このことを、一般的にブラックリストと言っています。

そして、信用情報にキズが付いた状態では、ローンの審査には通りません。

このように、金融機関では他社の借り入れ状況を確認しますので、100万円を超える借り入れがあるのかを把握できるようになっているのです。

三井住友銀行カードローンの審査通過条件は?

ここまでは、「三井住友銀行カードローンを利用できる」という前提のもとで話を進めてきていますが、実際に利用するためには審査に通過しなければなりません。

三井住友銀行カードローンの審査に通過するための条件について、考えていきましょう。

個人信用情報が大切

先ほど少し触れたように、三井住友銀行カードローンの審査では信用情報がチェックされます。

信用情報には、これまでの金融取引に関する情報がまとめられているので、信用情報の状態が審査の合否を大きく左右することになります。

各種ローンの返済やクレジットカードの支払いを、延滞なく行っているという情報があれば、審査においてはプラス材料となるでしょう。

逆に、ローンの返済等を頻繁に延滞しているというような情報が記録されているとすれば、それが審査の足を引っ張る可能性は十分あります。

個人信用情報は、これまでの金融取引の履歴であり、改善のために今からどうこうできるわけではありませんので、常日頃から返済や支払いは延滞なく行うことを心がけるようにしましょう。

返済能力が重要視される

審査において個人信用情報と同じぐらい重要なことに、「返済能力」があります。

融資を行う以上は、返済してもらわなければ困りますから、申し込み者の返済能力をきちんとチェックするのは当然のことですよね。

返済能力に関わってくる要素としては、年収・勤続年数・雇用形態・他社借り入れ金額などがあります。

これらの要素が優秀であり、返済能力が十分あると判断されれば、三井住友銀行カードローンの審査に通過できる可能性は高いでしょう。

カードローンの保証会社

銀行カードローンの審査では、保証会社と呼ばれる会社が審査に大きく関与し、三井住友銀行カードローンではSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を務めています。

SMBCコンシューマーファイナンスは、消費者金融のプロミスを取り扱っている会社なので、これまでにプロミスを利用して返済を延滞したことがあるような人は、三井住友銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。

信用情報機関で管理されている個人信用情報は、一定期間が経過すれば消え去ってしまいますが、各金融機関が独自に管理している個人信用情報は、年数経過で消えることはありません。

そのため、一度SMBCコンシューマーファイナンスに悪い情報を持たれてしまった場合は、今後永続的にその情報が影響してくることになるでしょう。

三井住友銀行カードローンの基本情報

三井住友銀行カードローンの基本的なスペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
4.0%~14.5%
対象者満20歳以上69歳以下のかた
原則安定した収入のあるかた
保証会社の保証を受けられるかた
使用目的原則自由
(事業性資金は除く)
契約極度額10万円~800万円
返済日毎月5日or15日or25日or末日
遅延損害金
(実質年率)
19.94%
担保・保証人不要

金利は低めに設定されており、最大で800万円までの融資が可能と、銀行カードローンの長所を見事に体現しているカードローンと言えます。

毎月の返済額は借り入れ残高に応じて決まりますが、2,000円~となっているので、家計に負担を与えすぎることなく返済を継続していけるでしょう。

毎月の返済日も4パターンから選べるので、給料日の日程に合わせてもっとも返済しやすい日程を、約定返済日として設定できますね。

三井住友銀行カードローンの増額方法

三井住友銀行カードローンの契約極度額は、電話またはローン契約機にて増額申し込みが可能です。

電話で申し込みたい場合は、「三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)」に電話をかけて、増額を希望している旨を伝えましょう。

三井住友銀行カードローンプラザの受付時間は、9時~21時(1/1を除く)で土日祝日も営業しているので、平日は仕事が忙しく電話をかけられない人でも安心です。

ローン契約機で申し込みたい場合は、ローン契約機に行って増額申請を行えばいいですし、手続きが分からない場合は備え付けの電話でオペレーターの人に確認もできます。

なお、いずれの方法で申し込む場合でも、新規申し込み時と同じように審査を受けなければなりません。

新規申し込み時にチェックされた内容に加えて、「これまでの三井住友銀行カードローンの利用実績」も審査対象になります。

契約したはいいもののほとんど利用していないような場合は、「増額の必要性なし」と判断されてしまう可能性もあります。

定期的に三井住友銀行カードローンを利用して、利用実績を積んだうえで申し込むようにしましょう。

三井住友銀行から借りるまでの流れ

では実際に、三井住友銀行カードローンに申し込んで借り入れを行うまでの流れについて、説明していきましょう。

普通預金口座を持っていればウェブで申し込み可能

三井住友銀行カードローンへはいろいろな方法で申し込みができますが、三井住友銀行の普通預金口座を持っていれば、WEB完結での申し込みが可能です。

申し込みから必要書類の提出・契約手続きまですべてインターネット上で行えるので、非常に手続きが楽です。

他にも、ローン契約機や電話での申し込みが可能なので、自分なりにもっとも便利だと思う方法で申し込みを行うといいでしょう。

ローン契約機で借り入れ

審査通過後はローン契約を行うことになりますが、契約をローン契約機で行えばその場でローンカードを発行してもらえるので、契約手続き後にすぐ借り入れを行えます。

また、三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの場合は、お手持ちのキャッシュカードにローンカードの機能を付与させることも可能です。

ローンカードとキャッシュカードを一体化することで、お手持ちのカードの枚数を増やさずに済むので、管理の面でも楽ですね。

申し込みに必要な書類

三井住友銀行カードローンに申し込みを行う場合は、必ず本人確認書類を提出しなければなりません。

本人確認書類として利用できる書類としては、以下のようなものがあります。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード

また、これらの書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には、現住所が記載されている以下のような書類も併せて必要となります。

・国税、地方税の領収書もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金(電気・水道・ガスなど)の領収書

借り入れ希望金額が50万円を超える場合には、本人確認書類に加えて収入証明書類も提出する必要があり、収入証明書類としては以下のような書類が利用できます。

・給与明細書
・源泉徴収票
・税額通知書
・納税証明書
・所得証明書
・確定申告書

これらの書類をあらかじめ準備したうえで申し込むようにすると、手続きをスムーズに進められるでしょう。

在籍確認をしない会社は無いの?

三井住友銀行カードローンではほぼ必ず在籍確認が行われますが、これは他の銀行や大手消費者金融などでも同じです。

在籍確認なしで利用できるカードローンはないのでしょうか。

SMBCモビットは在籍確認の可能性が低い

結論からお伝えしておくと、在籍確認が絶対にないと言い切れるカードローンは存在しません。

在籍確認は、審査における非常に重要な過程なので、申し込み者に応じて在籍確認をなしにしてくれるようなケースはあるにしても、100%在籍確認なしというところはないからです。

しかし、「電話連絡なし」という条件であれば、SMBCモビットの「WEB完結申込」を利用することで、職場への電話連絡なしで融資を受けられるでしょう。

SMBCモビットのWEB完結申込では、職場への電話をパスできるようにしてくれているからです。

SMBCモビットのWEB完結申込は、以下の条件を満たす人であれば利用できるので、条件を満たしている人は利用を検討していただくといいでしょう。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
・社会保険証もしくは組合保険証を持っている

まとめ

三井住友銀行のカードローンを申し込むときには、電話での在籍確認は必ず行われると考えておきましょう。

しかし、三井住友銀行カードローンでは在籍確認の電話であるとバレないように配慮をしてくれているので、電話がかかってくることに対して必要以上にびくびくすることはありません。

郵送物に関しても、極力なくせるようにしてくれているので、周囲に内緒で利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談