バンクイックの申し込みに収入証明書は必要?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンを申し込む際にはいろいろな書類が必要になりますが、その中の1つに収入証明書があります。

収入証明書として必要な書類は準備が大変なものが多いため、できれば提出せずに済ませたいと考えている人も多いでしょう。

そこで今回は、バンクイックの申し込みには収入証明書が必要かどうかということに関して、説明を行っていきたいと思います。

限度額50万円超希望の場合は必要

結論から申し上げておくと、バンクイックに申し込む際には収入証明書が必要になる人と必要ではない人に分けられます。

両者を分ける境界線は「利用限度額50万円」で、利用限度額50万円以下で借り入れを希望している場合は収入証明書は必要ありませんが、利用限度額50万円超で借り入れを希望している場合は収入証明書の提出が必要となります。

利用限度額50万円を収入証明書必要・不要の基準としているカードローンは多いので、バンクイックに限らず他のカードローンを利用する場合でも、利用限度額が50万円を超すかどうかで収入証明書を準備すべきかどうかを判断するといいでしょう。

収入証明書として利用できる書類

バンクイックで収入証明書として利用できる書類は、以下の書類となっています。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書第1表・第2表
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者のかたの場合)

これらの書類のうちいずれか1つを、テレビ窓口で提出するなりFAXで提出するなりする必要があります。

関連記事をチェック!

2646view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

給与明細が利用できない点は要注意

なお、収入証明書に関して注意しておいていただきたいのは、多くの金融機関で収入証明書として利用できる給与明細書がバンクイックでは利用できないということです。

過去に別のカードローンを利用したことがある人だと、「収入証明書?給与明細書を準備しとけばオッケーだね」と思ってしまいがちですが、バンクイックを利用する場合には利用可能な書類をきちんと確認しておく必要があります。

収入証明書以外に本人確認書類が必要

バンクイックで必要になる書類に関しては、収入証明書以外に本人確認書類が挙げられます。

収入証明書は利用限度額50万円超の人のみの提出でOKでしたが、本人確認書類はすべての申し込み者が提出しなければなりません。

バンクイックで本人確認書類として利用できる書類は、以下の書類となっています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード

収入証明書同様に、提出を求められたらすぐに提出できるようにあらかじめ準備しておくといいでしょう。

本人確認書類に関する注意点

本人確認書類を提出するにあたっては、いくつか気を付けておかなければならない点があります。

まず1つ目は、有効期限内のもので現住所の記載があるものに限るということです。

有効期限内のものであることに関しては誤って昔のものを持っていくことは考えにくいと思いますが、現住所の記載に関しては特に引っ越し直後などは引っかかりやすいので注意しておきましょう。

2つめは、それぞれの書類で必要となるページが決められているということです。

たとえば健康保険証を利用する場合だと、本人の氏名・生年月日・住所が記載されているページが必要なので、そのページが提出されてないなければ本人確認書類としての役目を果たさないことになります。

そして3つ目は、特にテレビ窓口を利用してバンクイックカードを即日で受け取ろうと思っている場合には、本人確認書類として運転免許証を利用しなければならないということです。

他の書類を利用しても手続きを進めることは可能ですが、その場でバンクイックカードを受け取ることはできずに後日郵送での発送となってしまいますので、カードの即日発行を希望している場合には特に注意しておく必要があります。

関連記事をチェック!

444view

消費者金融等で必要な本人確認書類とは

消費者金融などからお金を借りる際に、必ず必要となるのが「本人確認書類」です。 当然、本人確認書類を提出しなければ借りることができませんが、一口に「本人確認書類」と言われても、どのような書類を提出すれ...

事前申告と書類の内容が異なる場合

バンクイックに申し込む際に必要となる書類の種類に関しては分かりましたが、こういった書類というものはたいていの場合、自己申告による申し込みを終えた後に提出を求められます。

その際に、自己申告した内容と提出された書類から判断される内容が異なる場合はどうなるのでしょうか。

単なるミスなら確認されて終わり

異なっている内容が恐らく単なるミスが原因だろうと推測されるようなものであれば、バンクイックから申し込み者側に事実確認をして、それで終わりとなるケースが大半です。

申込書では住所が「2-3-5」となっているが、本人確認書類に記載されている住所は「2-3-6」となっているような場合ですね。

このようなミスは審査結果を大きく左右するものではないため、バンクイックとしてもミスであるということが確認できさえすればお咎めなしという姿勢です。

悪質な場合は審査結果変更の可能性も

住所のような審査通過可否に大きな影響を及ぼさないような内容であればいいですが、審査通過可否に影響を与えそうな内容でなおかつ故意に間違えているのではと判断されるような場合は、審査結果そのものが覆る可能性もあります。

審査通過に影響を与えそうな内容としてはたとえば年収が挙げられますが、事前申告では500万円と伝えていた年収がフタを開ければ400万円だったというようなことになれば、限度額が減ってしまう可能性も十分あるでしょう。

もちろんそういった情報に関しても単なるミスの可能性はあるため、バンクイック側から何らかの形で確認はされると思いますが、審査通過を狙って意図的に間違えたと判断されてしまえば「社内ブラックリスト」のようなものに載ってしまいます。

そうなってしまうと、今後バンクイックに申し込んだ際に例え虚偽の内容なく申し込み、十分審査通過可能な属性・信用情報であったとしても、問答無用で審査落ちになってしまいます。

属性等を誤魔化して申請するのは絶対にやめておきましょう。

関連記事をチェック!

1001view

借入申込みの虚偽記載は詐欺!?他人事でない融資詐欺とは

カードローンなどの借入申込書の虚偽記載は詐欺になるかもしれないってご存知ですか?借入申込書には正確な情報を記入しましょう。 詐欺であることを立証するには難しい面もあって、虚偽記載はすべて詐欺行為にな...

正確な情報での申し込みを心がけよう

意図的に間違えたことがバレてしまえば重いペナルティを課されることになってしまいますが、たまたま間違えただけであれば確認される程度で済むためウソをつきさえしなければOK、と考える考え方もありでしょう。

しかし、記入ミスや記入漏れのせいでバンクイックからこちらに連絡をしなければならない事態が発生すれば、そのぶんだけ審査にかかる時間は長引くことになってしまいます。

早めの融資を希望している場合にはそのタイムロスは致命的になりますし、融資はゆっくりでいいという人でも審査結果が分かるまで長い時間待たされるのは本意ではないでしょう。

このように様々な理由から、申し込み書類はその後に提出する本人確認書類・収入証明書の内容と相違ないように正確な情報で申し込むことを心がけるべきである、ということが言えるでしょう。

まとめ

以上、バンクイックの申し込みには収入証明書が必要かどうかということに関しての説明を行ってきました。

「利用限度額50万円」という目安があることで、申し込みの段階で今後収入証明書が必要になるかどうかが分かるのはありがたいですね。

収入証明書と本人確認書類、2つの必要書類の不備が原因で審査の足止めを食らうのは申し込み者にとって本位ではないでしょうから、準備・提出を滞りなく行ってスムーズに審査過程を終えられるようにしたいですね。

関連記事をチェック!

815view

バンクイックの借入方法まとめ【振込入金とATM】

バンクイックは三菱UFJ銀行が行っているカードローン商品です。銀行カードローンならではの低金利、安心感などから人気があります。 バンクイック はメガバンクである三菱UFJ銀行のカードローンですので、...

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談