じぶん銀行カードローンは個人事業主でも借りれる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

個人事業主もじぶん銀行カードローンに申込める?

会社員と違って、個人事業主はカードローンを利用しにくいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、個人事業主も申込可能なカードローンはたくさんあります。

その中でも今回は、三菱UFJ銀行とKDDIが出資して設立されたじぶん銀行のカードローンを紹介します。

じぶん銀行カードローンは個人事業主でも申込可能

じぶん銀行カードローンのホームページを確認すると、申込条件は次の通りとなっています。

  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満であること
  • 安定継続した収入があること(自営、パート、アルバイトを含む)
  • 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられること

このように、安定継続した収入があれば、個人事業主でも申込可能とはっきり書いてあります。

また、借入限度額が50万円以下の場合、収入証明書の提出も必要ありません。

じぶん銀行ローンセンターに確認したところ、50万円以下の借入限度額は個人事業主の場合も収入証明書の提出不要とのことでした。

じぶん銀行カードローンはよく審査が甘いと言われますが、このあたりが原因なのかもしれませんね。

関連記事をチェック!

293view

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の借入・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の詳細や借入・返済方法や審査について説明したいと思います。 この記事はこんな方におすすめです この記事は以下のような人...

安定継続した収入って?

会社員のカードローン審査では、勤務先の企業規模や業歴などから、申込者が給料をもらっている会社自体がこの先存続可能かを検討します。

そして、申込者がその企業にどのくらいの期間務めていて、どういった役職にあるかで、この先もその会社から安定して収入を得られるかどうかを判断します。

つまり、会社員の場合は、勤務先である会社が将来的に安定継続できるかどうかと、申込者がその会社に安定継続して勤め続けられるかが審査されます。

一方、個人事業主の場合は、申込者の営んでいる事業自体の安定継続性を見極めるのが難しいのです。

なぜなら、会社という入れ物の評価を行うのではなく、事業自体の評価を行わなければならないからです。

じぶん銀行カードローンで、特に50万円を超える借入限度額の設定を希望する場合、申込者が営んでいる事業が安定継続しているかが重要なポイントとなります。

関連記事をチェック!

1591view

安定した収入とは?借入申込の収入条件

カードローンでお金を借り入れする場合、借り入れ申し込みの収入条件に「継続安定した収入」と書いてあるのを見たことがあるでしょうか。 お金を借りるには、返済することを考えて収入がなければなりませんが、お...

個人事業主の審査のポイントは?

じぶん銀行カードローンの場合、借入限度額が50万円以下と50万円超とで審査のポイントが異なります。

借入限度額50万円以下の場合

先程説明した通り、じぶん銀行カードローンでは借入限度額50万円以下の場合、収入証明書を提出する必要はありません。

このことから、借入限度額50万円以下の場合は、他社借入状況や過去の延滞情報などを中心に審査が行われると考えられます。

もちろん、申込にあたっては年収記載箇所がありますので、収入が全く関係ないとは言えません。

しかし、借入限度額50万円以下は、申込者の申告した年収を信じますよということですから、他社借入状況と、過去にクレジットカードなども含めて支払遅延を起こしていないかを中心に審査が行われると考えてよいでしょう。

他社借入については、件数と金額に審査基準が存在します。

はっきりした審査基準はさすがに教えてもらえませんが、じぶん銀行を含めて他社借入件数3~4社、他社借入金額が年収の1/3までがひとつの目安になります。

関連記事をチェック!

5467view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

借入限度額50万円以上では確定申告書の提出が必要

個人事業主がじぶん銀行カードローン借入限度額50万円超を希望する場合、収入証明書(住民税決定通知書の写し)と、税務署受付印のある確定申告書控え(コピー)が必要となります。

個人事業主の場合、銀行は、申込者が営んでいる事業による収入が、これまで安定継続していたかと、これからも安定継続していくのかを判断しなければなりません。

これを判断する資料として、確定申告書が必要になるのです。

したがって、事業開始から1年未満で、確定申告書を提出できない場合、審査に落ちる可能性が高くなります。

じぶん銀行カードローンの審査で有利に働くポイントは?

個人事業主がじぶん銀行カードローン申込みをする際、審査を有利にする方法をまとめてみました。

事業計画書

事業計画書を作成している場合、確定申告書と併せて提出すれば審査に有利に働きます。

あくまでもしっかりした事業計画であることが大前提ですが、確定申告書は過去の事業の結果なのに対して、事業計画書は将来の事業見通しです。

特に、今後事業の伸びが期待できるのであれば、事業計画書の提出を検討してみましょう。

関連記事をチェック!

394view

銀行融資を受けるための事業計画書!!

事業主の皆さん、事業計画書を作成されていますか。そんなの手間がかかって面倒臭い、どうせ作っても役に立たないとか、どう作って良いのか解らないなんて思っていませんか。 事業計画書は銀行から融資を受けるに...

専用事務所

自宅兼事務所ではなく、事業用の事務所を借りて(持って)いるということは、少なからず審査に有利に働きます。

このような場合は、申込みの際に、自宅と勤務先の住所を分けて申告するほうがよいでしょう。

申込で注意が必要な点

ここでは、じぶん銀行カードローン申込みの際に、審査以外で注意すべき点を申し上げておきます。

じぶん銀行カードローンでは在籍確認必須

じぶん銀行カードローンの審査において、在籍確認は必須となっています。

ここで気になるのが固定電話の存在ではないでしょうか?

自宅兼事務所となっている場合、自宅への在籍確認の電話は避けたいという方も多いと思います。

また、事務所は構えているけど固定電話は設置していないという方もいらっしゃるでしょう。

他社のカードローンでは、固定電話を持たない個人事業主の場合、申込み自体お断りというケースもあります。

しかし、じぶん銀行カードローンの場合、固定電話なしでも大丈夫。

じぶん銀行カードローンセンターに電話で確認したところ、「携帯電話があればそちらに在籍確認させて頂きますので、固定電話なしでも申込可能です。」とのことでした。

関連記事をチェック!

1026view

じぶん銀行カードローンの在籍確認!電話で会社バレしないマル秘テク

みなさんお元気ですか?馬太郎です。 今回私は、じぶん銀行カードローン「じぶんローン」を利用しました。 実体験を交え、在籍確認方法から審査難易度までたっぷり説明していきます。 この記事はこんな方に...

じぶん銀行カードローンは事業性資金には使えない

じぶん銀行カードローンホームページには、使いみちの欄に「原則として、自由にお使いいただけます(事業性資金は除きます)。」との記載があります。

じぶん銀行に対して、カードローンで借りたお金をどのような用途に使ったのかいちいち報告する義務はありません。

しかし、カードローンの審査に通過して契約をする際、契約書には事業性資金に使ってはならない旨の記載があります。

したがって、事業性資金に使ってしまうことは契約違反になります。

事業性資金に使ったからといって、すぐにばれてしまうようなことは無いでしょう。

でも、もしバレたら、カードローンの契約解除と一括返済を迫られる可能性が高いといえます。

関連記事をチェック!

2105view

低金利で事業資金借入!信金、銀行、公庫の違い【個人事業主や企業(法人)の融資制度】

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 この記事はこんな人におすすめ 今回紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。 自営...

まとめ

銀行カードローンは敷居が高いと、申込みをためらっている個人事業主の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

じぶん銀行カードローンは、50万円以下の借入限度額なら収入証明書を提出する必要はありません。

まずは50万円の借入限度額で申込んでみるのも手ではないでしょうか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談