WEB上でログインして三井住友カードローンを利用する方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

三井住友銀行のカードローンは、IDを設定することで、SMBCダイレクトにログインして様々な処理を行うことができます。

三井住友銀行カードローンが使えるATMは多くありますが、外出できない時などはインターネットバンキングのSMBCダイレクトを使う事ができれば便利ですよね。

今回はSMBCダイレクトにログインしてできる事を調べました。

この記事はこんな人におすすめ

この記事は以下の人におすすめですので、ぜひ参考にして下さい。

  • 銀行のカードローンに申込みをしたいけど、時間がなくて来店できない人
  • インターネットからカードローンの申込みをしたい人

三井住友銀行はログインでカードローン申込がスムーズ!

SMBCダイレクトは、三井住友銀行に普通預金口座を持っていれば利用することができるサービスです。

WEBだけでなくスマートフォンアプリもありますので、まさに24時間いつでも、カードローンの申込みを行うことが可能です。

では、SMBCダイレクトでのカードローン申込方法を確認してみましょう。

申込方法

SMBCダイレクトでのカードローン申込方法は以下の通りです。

  1. SMBCダイレクトへログインする
  2. カードローン申込フォームで必要事項を入力する
  3. 本人確認書類をアップロードする
  4. 申込み完了

カードローンの申込みには、運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、住民基本台帳(顔写真付き)等の本人確認書類のアップロードを求められますので、手元に用意しておくとスムーズに申込みできますよ。

在籍確認や借入審査は本人確認書類の提出後から行われ、最短で翌日には電話や登録したメールアドレスへ審査結果の連絡がきます。

ただし、申込みの時間帯や審査の内容によっては審査時間が長くなる可能性もあり、結果の連絡が翌営業日以降になる場合もあります。

なお、申込み金額が50万円以上の場合は、審査の時に給与明細などの収入証明書を求められる可能性もあるので、準備しておきましょう。

アプリから申込可能

SMBCダイレクトはスマートフォン版アプリもあり、アプリからもカードローンの申込みも可能です。

スマホアプリもログインをすることで、申込フォームから申し込みができ、来店不要で借入することができます。アプリを利用するには、三井住友銀行のホームページからダウンロードをしましょう。

ログインして使える機能

三井住友銀行のカードローンを利用していて、SMBCダイレクトに申し込んでいればカードローンの利用もWEBで簡単にできるようになります。

ここでは、SMBCダイレクトにログインして利用できる、カードローンの機能に関してご紹介します。

残高確認・入出金確認

借り入れや返済を行った履歴は、SMBCダイレクトにログイン後、「各種変更/商品・サービス」 「カードローン」 「カードローン残高・出入明細」の順にクリックすると確認できます。

照会期間を指定することで、目的の期間の取引内容を確認することができ、残高照会では現在の借入残高や利用限度額も確認することができます。

借り入れや返済を行った後に、必ず確認をするようにしましょう。

関連記事をチェック!

30view

三井住友銀行カードローンのWEB完結はこんなに便利!メリットを徹底解説

テレビCMでおなじみの3大メガバンクの1つ、三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンとしては珍しく完全なWEB完結契約を行うことができます。 銀行カードローンの中には「WEB完結」と謳っては...

借り入れ

SMBCダイレクトを利用して借り入れを行うには、以下の手順で操作を行います。

1.カードローンのお借入れ・ご返済を選択

SMBCダイレクトにログインをした後、「各種変更/商品・サービス」 「カードローン」 「カードローンのお借入・返済」 をクリックします。

2.振替の設定

出金口座と入金口座を選択します。

出金口座をCLと表示のあるカードローン口座、入金口座を三井住友銀行の総合口座を選択します。

3.借入金の入力

借入金額を入力し、「次へ」のボタンをクリックすると確認画面になりますので、「振替実施」のボタンをクリックします。

借り入れを行う手順は以上で完了ですので、処理が終わった後に口座に実際にお金が振り込まれているのかを確認します。

返済

SMBCダイレクトを利用して返済を行うには、以下の手順で操作します。

1.カードローンのお借入れ・ご返済を選択

SMBCダイレクトにログインをした後、「各種変更/商品・サービス」 「カードローン」 「カードローンのお借入・返済」 をクリックします。

2.振替の設定

出金口座と入金口座を選択します。

CLと表示のあるのがカードローン口座ですので、こちらを入金口座とします。

出金口座をを三井住友銀行の総合口座を選択します。

3.返済する金額の入力

返済する金額を振替金額のところに入力し、「次へ」のボタンをクリックすると確認画面になりますので、「振替実施」のボタンをクリックします。

返済を行う手順は以上で完了ですので、処理が終わった後に実際に返済が行われているのかを残高・入出金明細を確認します。

また、SMBCダイレクトでは約定返済金額以上の金額を、随時返済できる返済方法もあります。 その返済方法は臨時返済と言い、入金時に最低返済額以上の金額を入金することで行えます。

ただし、利息金額以上の返済が必要になりますので、気を付けましょう。

臨時返済を利用すれば、返済期間や総返済額を短くすることも可能ですので、お金に余裕のある時は積極的に利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

17view

三井住友銀行カードローンの返済について

三大メガバンクの一つである三井住友銀行を使っている人は多くいます。 また、テレビCMなどでもおなじみの三井住友銀行のカードローンは銀行カードローンの中で非常に多くの契約数を獲得しているカードローンで...

三井住友銀行カードローンの返済について

SMBCダイレクトを利用するには

カードローンを利用するときにSMBCダイレクトが利用できると便利ですよね。

ここでは、SMBCダイレクトを利用できるようにする方法をご紹介します。

SMBCダイレクトの申し込み方法

SMBCダイレクトに申し込むには、以下のページから申し込み方法を選ぶことができます。

◆三井住友銀行公式サイト:「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)お申込方法」

口座もキャッシュカードも持っている場合、口座は持っているけどキャッシュカードは持っていない場合、口座を持っていない場合の3つで申し込方法が変わってきます。

キャッシュカードを持っている場合には、「インターネットで振込を行いたい」を選択して申し込みを行うようにしましょう。

キャッシュカードを持っていない場合には、申込書を郵送することになりますが、利用できるまでの時間を短縮するためには、申込書を自宅で印刷することをオススメします。

また、口座を持っていない場合には、三井住友銀行の口座を作成する事になります。

口座の開設は、スマホのアプリでの申し込み、店頭での申し込み、申込書を郵送する事で開設することが可能です。

早く口座を作成したい場合には、近くに三井住友銀行の窓口があるならその窓口に行き、近くに無いようであればスマホアプリから申し込みを行うのが良いですね。

パスワードカードの発行

すでにSMBCダイレクトやSMBCダイレクトライトを利用中の場合や、新しくSMBCダイレクトを申し込むとパスワードカードが郵送されます。

パスワードカードは、実際にカード型のデバイスとスマホで使えるアプリがありますので、どちらかを選択するのです。

デバイスが送られてくるには郵送の時間がかかってしまいますので、スマホのアプリを利用するほうが早く使えるようになります。

アンドロイド端末を利用している場合には、Google Play Storeアプリから「パスワードカード」で検索し、ダウンロードしてください。

iPhone端末を利用している場合には、App Storeアプリから「パスワードカード」で検索しダウンロードしましょう。

パスワードカードを有効にする

パスワードカード、パスワードカードのアプリはともに登録を行わないと利用できません。

アプリは、SMBCダイレクトにログインし、パスワードカードの登録を行うと利用できるようになります。

パスワードカードが利用できるようになると、SMBCダイレクトのすべての機能が使えるようになります。

パスワードカードに関して分からないことがある場合には、パスワードカード切替案内ダイヤル(0120-274-217)もしくは、ヘルプディスク(0120-28-6079)に連絡しましょう。

SMBCダイレクトのログイン方法

SMBCダイレクトへログインするにはキャッシュカードの暗証番号、支店番号、口座番号あるいは契約者番号が必要です。

契約者番号は、SMBCダイレクトにログイン後でなければ確認することができないので、初めて利用する際は、支店番号と口座番号からログインする必要があります。

ログイン後、画面情報の登録情報から確認することが可能です。 また、暗証番号キャッシュカードの暗証番号ですが、ログイン後に変更することができます。

変更はログイン後、メニューの「セキュリティ設定」、「インターネットバンキングのセキュリティ設定」から行いましょう。

キャッシュカードの暗証番号は変わりませんので、セキュリティを強化したいという人は、SMBCダイレクトの暗証番号を変更することをおすすめします。

ログインできないときは

口座番号や支店番号、暗証番号を間違いなく入力したのに、ログインできないという場合は、閲覧環境に問題がある場合もあります。

利用しているパソコンや、スマートフォンのOSやブラウザなどのバージョン、設定を確認してみましょう。

インターネットバンキングの注意点

インターネットバンキングは非常に便利に使えるのですが、利用するときに注意することがあります。

ここでは、インターネットバンキングで注意しなければならない事をご紹介します。

ログインで連続でミスをしない

ログインをするときには、入力する項目が複数ありますので、入力を間違ってしまうことがあります。

特に暗証番号入力時のパスワードは、入力した文字が確認できないために、間違う可能性が高くなってしまいます。

このためにログインできない事も良くあるのですが、気を付けたいのが連続で間違ってしまわないようにすることです。

何度も連続でパスワードを間違えると、ロックアップされてしまい利用できなくなってしまいます。

ログインの為に必要なIDとパスワードは慎重に入力するようにしましょう。

最後はヘルプデスクに相談

SMBCダイレクトの操作で分からない事や、操作方法を勘違いしていて目的の操作ができない事もあります。

そんな場合には、インターネットバンキングのヘルプページを自分で確認するか、サイトコンシェルジェサービスを利用しましょう。

インターネットバンキングのヘルプページは以下のページになります。

◆三井住友銀行公式サイト:「ヘルプ」

サイトコンシェルジェサービスの利用は以下のページで「サイトコンシェルジュサービスによるお問い合わせ 」のボタンをクリックします。

◆三井住友銀行公式サイト:「お問い合わせ先」

以上の方法でもわからない場合には、ヘルプデスク(0120-28-6079)に電話をして質問をしましょう。

受付時間は、1月1日~3日と5月3日~5日は除く毎日9:00~21:00になります。

三井住友銀行カードローンのログインに関するQ&A

ここでは、三井住友銀行のカードローンをWEBで利用する際の疑問を解決していきます。

増額審査はログインしてネットで申し込める?
増額の申し込みは「三井住友銀行カードローンプラザ」へ電話するかローン契約機でのみ受け付けており、ネットからは申し込むことができません。 三井住友銀行 カードローンプラザ 電話番号:0120-923-923 受付時間:9:00~21:00(元旦を除く土日祝日も受付可) ちなみに増額審査は、決して甘いものではありませんが、利用限度額が増額されると金利が下がる可能性があるので、審査に通る自身のある人は検討してみましょう。
解約はログインしてできる?
三井住友銀行のカードローンを解約するには、解約届を提出する必要がありますので、ネットから手続きをすることができません。 カードローンの解約は、三井住友銀行の店舗窓口もしくは、三井住友銀行カードローンプラザへ電話することで行うことができます。
カードローン口座に通帳は発行される?それともWEB通帳のみ?
三井住友銀行のカードローンは、新たに通帳の発行はされず、借入返済はカードのみになります。 また、WEB通帳は既存の通帳をSMBCダイレクトから切り替えを行うか、インターネットから新規口座開設を行った場合のみ利用可能なサービスですので、カードローンのために発行される通帳ではありません。
ログインして返済する場合、約定返済期日のいつまでに手続きすればいい?
SMBCダイレクトから返済を行う場合は、約定返済期日内であればいつでも可能です。 ただし、メンテナンス時間にあたってしまったり、手続きに時間がかかったりして日付が変わってしまう恐れもありますので、余裕をもって行う方がいいでしょう。
返済に遅れたときでもネットで返済できる?
返済に遅れてしまった場合、ネットで延滞した分の支払い手続きをするサービスはありません。 まずは三井住友銀行カードローンプラザへ連絡し、返済方法を確認が必要です。 返済方法について指示されますので、指示に従い返済するようにしましょう。
口座開設せずにネットで申し込むことは可能?
三井住友銀行のカードローンは、同行に口座を開設しなくてもネットから申し込むことが可能です。 ただし、カードローンを利用するにはローンカードの発行を待つ必要があります。 ローンカードは審査終了後、ローン契約機、もしくは郵送で受取り可能です。

まとめ

三井住友銀行のカードローンをネットで利用するときには、SMBCダイレクトが利用できると非常に便利です。

口座を作成してSMBCダイレクトが利用できるようにしておくと良いですよ。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談