消費者金融の個人事業主の審査は甘い?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

個人事業主はサラリーマンと違って、毎月の収入が決まっていません。

一時的な資金不足になり、消費者金融から資金調達をしようと考えることもあるでしょう。

しかし、収入が安定しない個人事業主に対しての審査が甘いのか気になります。

個人事業主は小規模経営ということもあって、なかなか銀行からの融資はハードルが高いでしょう。

商品や資材の仕入れにお金が足りないとなった場合に、消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営
この記事はこんな人におすすめ
  • 銀行からの融資を断られてしまった個人事業主
  • 消費者金融からの融資を検討している人

個人事業主でも借りられる


消費者金融の貸付対象者はサラリーマンや、パート主婦などの給与所得者だけでなく、個人事業主も貸付対象者となっています。

決まった収入がない自営業だからと言って、特別審査が厳しくなることはありません。

もちろん安定した収入がある正社員と比較すると、個人事業主の方が審査に不利となります。しかし、収入に見合った金額を借りることはそれほど難しいことではないのです。

安定継続した収入があるとは言えない自営業であっても、確定申告した所得金額が赤字でなければ審査に通過できる可能性は十分にあります。

ただし、黒字経営であればいいわけではなく、個人事業主であっても信用情報機関から個人信用情報を取得して審査を行います。

他社の利用状況が審査落ちの原因となることもあるので、ふだんから返済日に遅れないように心がけましょう。

消費者金融の借入金は事業性資金に使える

個人向けの銀行カードローンは事業性資金に使うことはできませんが、消費者金融カードローンの使い道は自由です。

大手消費者金融のアコムの公式ホームページでは、アコムから借りたお金の、使い道に関するデータが公開されています。

最も多いのは趣味や娯楽ですが、ギャンブルに掛ける費用など様々です。

自由に使うことはできますが、無計画に利用するのは危険です。

しっかりとした返済計画を立てた上で、利用することを心がけましょう。

消費者金融の個人事業主への審査は甘い?

銀行カードローンより通りやすい

銀行は個人事業主への融資には、積極的とは言えません。

銀行カードローンの金利が低いのは、貸倒れリスクをできる限り排除しているからです。

収入が安定している人を融資対象としているからこそ金利が低いので、毎月の収入が安定しにくい自営業者は審査に通りにくいと考えられます。

消費者金融は銀行よりも金利を高く設定しているため、多少は安定性に欠ける個人事業主でも審査に通過しやすいのです。

審査通過率を優先する場合は、銀行よりも消費者金融のカードローンに申し込むことをおすすめします。

大手よりも中小消費者金融の方が通りやすい

大手消費者金融は知名度が高く、全国各地からの審査申込が期待できます。

一方で、中小消費者金融は県内などの、狭い範囲に住んでいる人だけを対象としているケースがほとんどです。

したがって、大手消費者金融から融資を断られた人であっても、中小消費者金融では融資を受けられる可能性は十分にあります。

また、金利の面でも中小消費者金融の方が高く設定されていることが多いため、融資対象者が広いと言えるでしょう。

収入証明書不要な金額なら通りやすい?

一般的に、希望額が少ない方が、審査に通過しやすいと言われています。

収入証明不要とされる50万円以下の金額で、審査に申し込んだ方が審査に通過しやすいでしょう。

ただし、50万円以下の希望額であっても、収入証明書の提出を求められることがあります。

審査に通過したいからと言って、年収を多めに申告することは避けましょう。

噓がばれた時点で審査に落ちてしまいますので、正直に対応しましょう。

関連記事をチェック!

5972view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

個人事業主が消費者金融の審査に通る6つのコツ

1:審査希望額は低く抑える

少しでも多く借りた方が安心と考える人もいますが、最小限の融資額に抑えることが審査通過のコツとなります。

返済することを考えても少ない金額に抑えた方が有利と言えるので、審査に申し込む前に必要以上に借りようとしていないか確認してみましょう。

なお、クレジットカードのキャッシング枠と、消費者金融からの借入は総量規制の対象となります。

使っていないカード会社があれば、解約することをおすすめします。

2:収入証明書を提出する

特に提出を求められなくても、収入証明を提出した方が審査に通過しやすくなります。

ただし、サラリーマンと違って給与明細はありません。

個人事業主の場合は、給与明細の変わりに、確定申告書を提出することが一般的です。

なお、確定申告書の他にも、市役所などで発行できる所得証明書や、税務署が発行する納税証明書も利用できます。

ただし、利用できる書類は、金融機関によって異なります。

申込予定の金融機関のホームページなどで、事前に確認しておくことをおすすめします。

3:固定電話番号があれば記入

携帯番号よりも固定電話番号を記入した方が、審査に通過しやすくなります。

給与所得者の審査では、勤務先に電話をすることで在籍確認が行われます。

在籍確認は本当に収入があるかどうか、判断する上で欠かせない重要な項目です。

携帯番号は誰もが持っているため、本当に事業を行っているかを証明することは難しいと言えます。

事業用の固定電話番号の方が実態を把握しやすいので、固定電話を記入するとよいでしょう。

4:他社の借金を整理する

借金なしの状態が最も審査に通過しやすいことは間違いありません。

完済できそうな借入があれば、返済してから審査に申し込むようにしましょう。

また、他社からの借入件数は、少ない方が審査に有利となります。

おまとめローンを活用して、1社にまとめてしまうこともおすすめです。

なお、法人と違って、個人名義での審査を申し込むことになります。

屋号を登録していたとしても、個人事業主は個人として扱われるので注意しましょう。

5:信用情報に問題がないかを確認する

審査に申し込む前に、信用情報を開示しておくこともおすすめです。

返済日に遅れているなどの情報は、審査に悪影響を及ぼします。

なお、長期延滞や債務整理などの金融事故の情報が登録されている場合は、審査通過はかなり難しくなるでしょう。

信用情報には身に覚えのない情報が、登録されていることもあるようです。

間違った情報が登録されている場合は、情報を登録した金融機関に問い合わせることで情報を消去できます。審査前に不利な情報がないか確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

11558view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べて...

6:複数の同時申し込みは避ける

複数社への同時申込を行うと、申込ブラックとなり審査に通過しにくくなります。

お金が借りられるならどの金融機関でもいいと、考える気持ちもわかりますが、金融機関からは相当にお金に困っていると判断されかねません。

金融機関ごとに様々な特徴があるので、自分にぴったりの金融機関を探した上で申込を行うようにしましょう。

個人事業主が借りられる限度額

消費者金融は総量規制の対象となるため、通常のカードローンに申し込んだ場合には年収の3分の1までしか融資できません。

ただし、ビジネスローンに申し込んだ場合は、個人事業主への貸付けは総量規制の例外となるため、年収の3分の1以上の融資も可能となります。

ただし、確定申告の所得金額が少ない場合は、借りられる金額がパート収入やアルバイト収入と同じように年収の10%前後となる場合もあるため過度な期待は避けましょう。

また、個人事業主は規模が小さくても、経営者であることに変わりはありません。

総量規制に関係なく借りられるとしても、しっかりとした返済計画を立てることは当然です。

ここで代表的な消費者金融の限度額を大手・中小ともに紹介しますので、カードローン選びの参考にしてください。

金融機関名通常カードローン限度額
アコム800万円
プロミス500万円
アイフル800万円
フクホー200万円
キャレント500万円
セントラル300万円

信用を得られれば増額も可能

はじめての利用の場合は、限度額が少額となることが多いでしょう。

しかし、返済日に遅れることなく利用を続けていれば、増額も可能となります。

すぐに限度額を増やしたいと思う気持ちはわかりますが、最低でも半年、できれば1年以上の返済実績を積んでから増額申請を行うようにしましょう。

契約後、数か月で増額を申し込んでしまうと、お金に困っていると判断されても仕方がありません。

資金管理が苦手な面をアピールすることになりますので、まずは返済に集中することがおすすめです。

事業性資金なら個人事業主専用カードローンがおすすめ


大手消費者金融のアコムやプロミス、アイフルでは、事業者専用のカードローンも販売しています。

こちらは、総量規制の例外となり、年収の3分の1以上の貸付けも可能です。

ただし、誰でも最大限度額まで借りられるわけではありませんので、期待し過ぎてはいけません。

それでは、限度額や金利を一覧表にして紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

金融機関名限度額金利
アコム300万円12.0%~18.0%
プロミス300万円6.3%~17.8%
アイフル500万円3.0%%~18.0%

申込条件や必要書類

個人事業主専用カードローンは、満20歳以上の自営業者であれば、申し込むことができます。

年齢上限については金融機関ごとに違いがありますが、65歳や69歳未満となっていることが多いようです。

ただし、1年以上など一定期間の業歴が必要になるので、事前に金融機関に問い合わせるなどして確認しておきましょう。

借入に必要な提出書類は、「本人確認書類」と、「確定申告書の写し(税務署の受付印が押印されたものです。

また、事業内容確認書の提出が必要な場合もあります。

上記以外にも、借入希望金額が100万円を超える場合は青色申告決算書の写しか、白色申告の場合は収支内訳書の写しを別途添付しなければなりません。

なお、状況に応じてここで紹介した書類以外にも、提出を求められることがあります。

すぐに対応できるように事業に関係する書類は、日頃から整理しておくとよいでしょう。

審査に通りやすいビジネスローンはある?

一般的に上限金利が高いビジネスローンの方が、審査に通りやすいとされています。

消費者金融の方が銀行ビジネスローンと比べると金利が高く、審査に通りやすいと言えるでしょう。

また、消費者金融の他にクレジットカードで有名なオリコも、ビジネスローンを販売しています。

ただし、オリコのビジネスローンは上限金利が15.0%ですので、大手消費者金融よりも金利は低く設定されていることがわかります。

銀行と比較するとオリコの金利の方が少し高い程度です。

したがって、審査に通りやすいのは、消費者金融の販売しているビジネスローンと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

436view

個人事業主・自営業も即日融資なビジネスローン

個人事業主は安定した収入を証明するのが難しく、銀行から事業性融資を受けるのに苦労します。 そこで検討したいのが、ビジネスローンと事業者用カードローンです。 ビジネスローンはカードローンのように必要...

個人事業主の審査は厳しいと言われる理由

属性はアルバイトと同じ

個人事業主はアルバイトと同じ属性と判断されるため、審査に通過することが難しくなります。

公務員や正社員は職を失うリスクが低いため、条件さえ整っていればほとんど審査に落ちることはありません。

しかし、個人事業主に関しては、いつ業績が傾くか予想ができません。

職を失うリスクという点では、アルバイトと同様と言えます。

個人事業主が審査に通過するために、仕事の種類と業歴が重要です。

1年間を通して収入が変動しない仕事の方が審査には有利になり、反対に季節によっては収入が激減するような仕事は審査に不利になってしまいます。

また、業歴は長いほど審査に有利です。

開業してすぐに資金不足に悩むようでは、計画性がないと判断されても仕方がありません。

資金管理が苦手な人にお金を貸したくないと思うのは当然でしょう。

収入が不安定

カードローンは年収の大小よりも、毎月安定した収入が入ってくるのかを、審査の重要な項目としているため、収入が不安定な個人事業主は審査に不利です。

会社員は、給料日が来れば間違いなく、お金が口座に入金されます。

しかし、個人事業主には給料日がないばかりか、決まった金額を確保できるわけでありません。

あてにしていた売掛金が回収できない場合、今月は全く収入がないという可能性すらあるのです。

収入が不安定だと、毎月の返済が滞る可能性が高くなります。

数日の遅れくらいであれば大きな問題にはなりませんが、返済できなくなって債務整理をされては大きな損失となってしまいます。

したがって、安定した収入を確保できない、自営業者が審査に通過するのは難しいのです。

個人事業主が銀行から借りるのは審査が厳しい


事業性資金を借りるとなると、銀行を真っ先に思い付く人も多いでしょう。

銀行は借入金利も低く、比較的大きな金額を借りることができます。

銀行の中には、個人事業主向けのビジネスローンを用意しているので、できれば銀行から借りたいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、銀行融資を個人事業主が、受けることは簡単ではありません。

銀行から直接融資を受けることをプロパー融資と言いますが、プロパー融資は貸倒れリスクを引き受けるのは銀行です。

銀行としては、できるだけ貸倒れリスクを下げたいはずですから、審査が厳しくなるのは当然です。

個人事業主は事業規模があまり大きくはなく、ひとりで経営をしているか、家族経営の場合もあります。

事業規模が小さければ、ちょっとした社会情勢の変化で業績が大きく変わりやすいと言えます。

銀行の審査基準をクリアすることは難しいと考えられるでしょう。

銀行から事業資金を借りるためには、個人事業主として何年経営しているのか、営業規模はどのくらいか、年間の売上げはどのくらいあるのかなどある程度の実績が求められます。

事業を始めて間もない内は、銀行からの融資は特に厳しいと考えておきましょう。

関連記事をチェック!

1266view

銀行のプロパー融資と保証付き融資(マル保融資)の違い

銀行から事業資金を借りる場合には、信用保証協会付き融資とプロパー融資と言う融資があります。 ふたつの融資制度の違いはどのような点にあるのでしょうか? また、プロパー融資のメリットとデメリットはどの...

まとめ:個人事業主が消費者金融から借りるなら少額短期

個人事業主が銀行から、融資を受けることは困難です。

したがって、個人事業主の資金調達先として、消費者金融を検討することになるでしょう。

ただし、消費者金融からお金を借りる場合は、少額短期にすることが理想的です。

銀行に比べて消費者金融は、金利が高く設定されています。

せっかく利益を出しても利息分の支払いが重くのしかかってしまうので、早期完済を目指す必要があります。

また、借入希望額をできるだけ少額にすることで、審査にも通過しやすくなります。

二重のメリットが期待できるので、消費者金融から借入をする場合は、本当に必要な資金かどうかを検討してから申し込むことをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)