バンクイックの仮審査・本審査では何をするの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

バンクイックでは新規申し込み時に審査を行いますが、一般的に「審査」と呼ばれているものは「仮審査」と「本審査」の2つの工程に分けられています。

それぞれの工程で行うことが異なり、どちらも審査においては重要なステップです。

そこで今回は、バンクイックの仮審査と本審査ではそれぞれどのようなことを行っているのかに関して、詳しく説明していきたいと思います。

バンクィックの仮審査から本審査までの流れ

※三菱UFJ銀行公式WEBサイトより引用

まずはバンクイックでの申し込み~契約の流れを確認しておきましょう。

バンクイックでの申し込み~契約は、以下のようなフローに沿って行われます。

  • 申し込み → 仮審査 → 審査結果連絡 → 必要書類送付 → 本審査 → 契約手続き

一般的には仮審査から本審査の工程をすべてまとめて「審査」と言っていますが、細かく分けるとこのようになっているんですね。

ただし、利用者が申し込み時に仮審査と本審査を厳密に分けて考える必要はないでしょう。

バンクィックの仮審査で行われる3つのこととは?

では仮審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。

仮審査では、申し込み者が提出してきた個人情報から判断される属性と申し込み者の信用情報を基にして、融資可か融資不可かの判断が行われます。

一般的にカードローン申し込み時における「審査」と呼ばれる内容を、バンクイックでは仮審査の工程で行うということが分かります。

そのため、「仮」という枕詞がついてはいるものの、実質的にはこの仮審査で融資が受けられるかどうかがほぼ決まっていると言っても過言ではありません。

1.申し込み内容の基本的な確認

仮審査で最初に行われるのが、申込内容の基本的な確認です。

氏名や住所、勤務年数や年収など、要は申込時に記入もしくは入力した内容を一通りチェックします。

またバンクイックでの申込み条件に該当しているのかも、ここで確認します。

バンクイックの申込条件は以下のとおりです。

  • 満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人であること
  • 保証会社(アコム)の審査を受けられる人
  • 安定した収入があること
  • 外国人であれば永住許可をとっていること

この4点に該当していなければ、この時点で審査落ちになってしまいます。

また、勤務年数があまりにも短かったり、希望金額と年収が見合わない場合も同様です。

2.信用情報機関への照会

次に信用情報機関に申込者の信用情報を照合します。

そこで改めて申込時に申告した内容に偽りがないのか、旧姓で借入はしていないのか、他社借入総額や件数はどの程度なのか、金融事故を起こしていないのかを確認します。

どんなに収入が高くても、長期延滞や自己破産をしているなどの情報が確認できれば、審査に通過することは厳しいでしょう。

また申込時に申告した他社借入件数や金額も、大きく相違していないのかも重要視されます。

他社借入があるにも関わらず「他社借入なし」と申告があれば、虚偽の申告とみなされることもあるので、正直に記載するよう心がけましょう。

3.総合的な与信判断(融資金額の決定)

申込内容、信用情報機関で得た内容で特に問題がなければ、あとは「いくら融資を行うのか」という与信判断に入ります。

バンクイックでの最高融資金額は500万円ですが、初回借入で500万円を借りられることはほぼありません。

いくら他社への返済実績があったとしても今回初めてバンクイックと付き合うのですから、本当に返済能力があるのかこの時点で判断がつかないためです。

そのため最初から500万円の与信判断が出ることはありませんが、できる限り希望金額に近しい金額を貸しても本当に返済できるのかという点を、総合的に判断されます。

バンクィックの仮審査に落ちるケースとは??

仮審査に通過した場合には、電話やメールにてその旨が連絡されるので分かりやすいですが、仮審査に落ちてしまった場合にはどのようにしてそのことを判断すればいいのでしょうか。

仮審査に通過したかどうかを見分けるひとつの基準は、「申し込みから連絡までの時間」です。

仮審査に通過した場合には、その後に書類提出・本審査・契約という手続きが控えていますから、できるだけ早く申し込み者に連絡をする必要があります。

一方で審査落ちになってしまった場合には、その旨を伝えればそれですべて終わりですから、審査に通過した場合と比べると連絡が遅くなる傾向にあります。

そのため、バンクイックに申し込んで数日程度何も連絡がない場合には、「審査に落ちたのかな」と考えておいてよいかもしれないですね。

ケース①バンクィックの申し込み条件から外れている

先に話したようにバンクイックに申込をするには、年齢や安定継続した収入など最低限この条件を満たして欲しいという申込み条件が存在します。

年収や勤務年数に対しての条件はないので、さほど厳しい申込み条件ではありません。

しかし未成年であったり、収入が安定していない場合には他の属性が良くても審査に落ちる原因になってしまいます。

ケース②申し込み内容に嘘がある

これはバンクイックに限った話ではありませんが、最初に申込みをした情報を信用情報機関で得た情報、また提出された収入証明書類などで申告内容に大きなズレはないかを必ず確認します。

明らかに「悪意のある虚偽申告だ」とみなされれば、審査に落ちてしまうので注意しておきましょう。

ケース③信用情報機関の内容にキズがある

取得した信用情報機関の内容で何かしら問題があれば審査落ちの原因になります。

例えば他社返済を延滞している場合です。

3か月以上の長期延滞であれば、さすがに申込者も「支払っていない」という自覚があるのですが、短期延滞をよく繰り返しているという場合も注意が必要です。

スマートフォンの端末代金を分割払いにしているのなら、携帯料金の支払いが遅れると信用情報に記録されてしまい、結果として他社返済をしていない状態になってしまいます。

ケース④年収に対し他社借入額が多すぎる

バンクイックは総量規制の対象外なので、借入金額が必ずしも年収の3分の1以下でなくてはいけない、という規制はありません。

しかし、申込段階であまりにも年収に見合わない借入金額をすでにしているのであれば「今回貸付をすれば、また借入金額が増えてしまう」「本当に返済できるのだろうか」と懸念されてしまうのです。

そのため年収に対し他社借入金額が多すぎるのも、審査に大きな影響を与えると認識しておいた方がいいでしょう。

仮審査と本審査の間で行われること

審査自体は仮審査から本審査とそのまま移行して行われますが、バンクイックは仮審査と本審査の間に、ある依頼が行われます。

その指示に従わないと本審査にも入れず、結果として融資までの時間が長くなってしまうのです。

そのため「できる限り急ぎで融資をしてもらいたい」などの希望があるのならば、その依頼をスピーディーにこなさなくてはいけません。

それでは、バンクイックで仮審査から本審査の間に依頼されることを確認しておきましょう。

本人確認書類や収入証明書などの必要書類の提出

バンクイックで仮審査から本審査の間に依頼されるのは、必要書類の提出です。

まず「間違いなく申込をしたのは本人である」と証明する本人確認書類、そして年収を示す収入証明書類です。

本人確認書類は皆一律に提出を依頼されますが、収入証明書類に関しては原則として融資希望金額が50万円超の場合のみ依頼されます。

しかし50万円以下であってもバンクイックが必要だと認識した場合には依頼されることもあるので、念のため事前に準備しておいた方が安心です。

また急ぎの場合や土日祝日であれば「テレビ窓口」がおすすめです。

申込からカード受取までその場でできるので、時短にも繋がります。

ただしカード発行は最短で即日発行可能ですが、実際に利用できるのは、審査の結果が明確になってからです。

つまりカードを入手した=即キャッシングが可能ということではありません。

バンクィックの本審査で行われる2つのこと

では続いて本審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。

本審査は基本的に、申告内容と事実に相違がないのかを確認することがメインです。

まずは仮審査後に依頼した必要書類を確認し、申込時の申告内容と相違がないのかを確認します。

特に問題がなければ、次は在籍確認です。

在籍確認まで問題なく進めば、あとはいよいよ契約というのが一般的な流れです。

しかしこの段階でもし何かしらの問題が発生すれば融資には繋がりません。

そのため仮審査にとおっても、本審査で審査落ちになるという人も一定数存在するのです。

それでは、本審査では具体的にどのようなことが行われているのかを詳しく見てみましょう。

1.書類と審査結果の照合

仮審査と本審査の間に「必要書類送付」という工程が挟まっていることからも分かるように、バンクイックでは仮審査に通過するまでは本人確認書類や収入証明書類を提出する必要がありません。

そして、いざ必要書類が提出された後の本審査では、仮審査時に申請されていた個人情報と書類から判断される個人情報に齟齬がないかが確認されます。

2.勤務先への在籍確認

審査において申し込み者の頭を悩ませる要素のひとつである在籍確認も、この本審査で行われます。

もし申込み日に勤務先に誰も出社しておらず、在籍確認が取れなければ、確認が取れるまで契約はありません。

申込者が休みであっても、誰かしら電話対応をしてくれる人がいればいいのですが、誰も電話に出ない状態ですと、本当に勤務しているのか分からないためです。

問題なく確認が取れれば、契約に進める可能性が高くなってきます。

在籍確認の方法

在籍確認の方法

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認は、審査の段階で行われます。

在籍確認は申し込みのときに申告した電話番号にかかってきますので、部署が多い会社の場合はなるべく自分につながりやすい番号を申告するようにしてください。

自営業者の場合には、事務所を構えている人は事務所にかかってきますが、自宅を事務所としている人は自宅にかかってきます。

電話の内容は、本人確認のための簡単な質問をされる程度で2~3分で終了します。

三菱UFJ銀行は銀行名を名乗る

金融機関が在籍確認の電話をかけるときには、個人名か銀行名を名乗ります。

銀行の場合は銀行名を名乗ることが多いようです。

三菱UFJ銀行カードローンの場合は、銀行名を名乗りますので心配な人は事前に対策をとっておきましょう。

また、在籍確認の電話をかけたときに、本人が不在だった場合でも在籍確認は終了します。

代わりに出た人が「席を外しています」「本日は欠勤です」など、会社に在籍していることを証明してくれれば確認は完了します。

他の人に電話に出てほしくない場合は、事前に自分がとれるように準備をしておきましょう。

派遣社員の場合

派遣社員の場合、派遣元と派遣先のどちらに電話がかかってくるのでしょうか。

基本的には申し込みのときに、申告した電話番号に在籍確認の電話がかかってきます。

ただ、派遣社員の場合は情報が登録されている派遣元よりも、実際に働いている派遣先に電話をかけてもらった方が在籍確認を行いやすいです。

申し込みのときに派遣元の電話番号を申告した場合は、在籍確認を派遣先にかけてもらうように伝えておくと安心です。

ただし、銀行で一般的に在籍確認を行うのは派遣元になります。

それは、給料をどこからもらっているのかということを確認するためです。

したがって、勤務先にも派遣元の会社名を申告するのが望ましいでしょう。

関連記事をチェック!

158view

派遣社員が消費者金融カードローンで借金する際、在籍確認は派遣元?

昔と比べると勤務形態も変わってきて、派遣という働き方も増えてきました。 派遣という働き方を選んだ背景にはいろいろな事情があると思いますが、どのような事情であれお金が必要になることには変わりありません...

パートやアルバイトの場合

パートやアルバイトの場合にも、職場に在籍確認が行われます。

パートやアルバイトの場合は職場に電話がかかってくると、不自然に思われてしまうかもしれません。

したがって、なるべく自分で電話に出られるようにしておいた方がいいでしょう。

どうしても電話に出られない場合でも、本人以外が在籍を証明してくれれば問題ありません。

心配な人はあらかじめ電話がかかってくることを同僚に伝えておくといいでしょう。

なお、三菱UFJ銀行は、電話を時間指定でかけてもらうことができませんので注意が必要です。

関連記事をチェック!

297view

アルバイトでもアイフルの審査は通る!在籍確認の内容も紹介

アイフルはアルバイトでも、申し込むことができます。 ローンに申込みをすると審査を受けることになりますが、アルバイトでも審査には通過できるのでしょうか。 また、審査では在籍確認アルバイトの場合に在籍...

会社に知られる心配はあるのか

会社に知られる心配はあるのか

在籍確認で一番心配なことは、会社や家族にカードローンの利用を知られてしまうことです。

しかし、カードローンの在籍確認によって、会社や家族にカードローンの利用が知られる可能性はほとんどありません。

金融機関側も慎重に行動してくれますので、本人以外の人に用件を話すことは絶対にありません。

電話のときにカードローンをにおわせるような発言はしませんし、先に説明したように名乗る場合もほとんどの場合が個人名を名乗ります。

銀行の場合は銀行名を名乗ることもありますが、銀行からの電話であれば「キャッシュカードを作った」などの言い訳ができます。

関連記事をチェック!

495view

カードローンで会社に在籍確認の電話される?言い訳はどうする?

カードローンの申し込みは、会社にばれる可能性があります。 それは、在籍確認があるからです。 在籍確認は、金融機関が申し込み人の勤務先に電話をすることで行われます。 この在籍確認について対策するこ...

在籍確認で借金がバレる可能性は低い

職場に在籍確認の連絡をするときは、利用者のプライバシーを守るため、金融機関が在籍確認だといって確認をしてくることはありません。

なお、三菱UFJ銀行は銀行名でかけてきます。

したがって、事前にこのことを知っておくと、言い訳を考えておくことができるため覚えていくと便利です。

なお、必ず申込者本人が対応しなくても問題がありませんので安心をしてください。

例えば、本人が離席中や休みであった場合、別の社員が電話対応を行うことになります。

そのときに「今席を外しています」や「休みです」と答えた場合は、「会社に在籍している」という判断ができるため、在籍確認は終了します。

本人が出るまで何度も連絡があったり、後日電話が折り返されたりの心配がありません。

在籍確認は審査のひとつとして行っているため、在籍確認があったからといって必ず審査にとおるとは限りませんし、逆に在籍確認がなくても審査に通過することもあります。

関連記事をチェック!

495view

カードローンで会社に在籍確認の電話される?言い訳はどうする?

カードローンの申し込みは、会社にばれる可能性があります。 それは、在籍確認があるからです。 在籍確認は、金融機関が申し込み人の勤務先に電話をすることで行われます。 この在籍確認について対策するこ...

関連記事をチェック!

2409view

【悲報】キャッシングは会社にばれる…ばれたくないなら必読!

カードローンに代表されるキャッシングを行うとき、多くの人が気にするのは「会社にばれないかどうか」ではないでしょうか。 インターネット上では、会社に内緒でキャッシングは可能と説明されていますが、実際の...

在籍確認を省略することはできるのか

在籍確認を省略することはできるのか

三菱UFJ銀行カードローンでは、基本的に在籍確認を省略することはできません。

先に話をしたように、在籍確認は相手の返済能力と信用度を確認するためのものだからです。

これらは融資を行う上で重要なことですから、在籍確認を省略する金融機関は少ないのです。

ただし借入限度額が少ない場合は在籍確認を省略できる可能性がありますので、申し込みのときに確認してみましょう。

もちろん絶対に省略できるわけではありませんので、そこを理解した上で確認するようにしましょう。

どうしても在籍確認の電話を受けたくない場合は、在籍確認を行っていない金融機関を選ぶしかありません。

ただし、在籍確認の電話を行っていない金融機関は、書類提出が必要になることが多いので少し面倒に感じるかもしれません。

関連記事をチェック!

699view

銀行フリーローンは在籍確認なしで借入可能?カードローンと比較してみた!

お金を借りるときの不安要素として挙げられるのは、審査時の在籍確認ではないでしょうか。 融資を申し込みして、会社に電話が掛かってくると同僚に借金をしていることが知られてしまうと思う人もいるでしょう。 ...

バンクィックの仮審査通過後に本審査で落ちるケースとは?

先ほど「実質的には仮審査で融資が受けられるかどうかがほぼ決まっている」ということを説明しましたが、本審査は仮審査でチェックした内容を補佐するような意味合いが強い工程となっています。

そのため、仮審査通過の連絡が来た時点で融資に関しては9割方安心しておいて大丈夫だと言えます。

ケース①申込時に虚偽の申告をした場合

ただし、在籍確認以外の本審査の主な目的が「申し込み時に申請した内容と実際に書類から判断される内容の突き合わせ」である以上、申し込み時に虚偽の内容で申請してしまっている場合は本審査でほぼ確実に落とされます。

審査に通りたいからといって年収300万円なのに500万円と申請したり、派遣社員なのに正社員として申請したりしても、確かに仮審査には通過できるかもしれませんが本審査でダメになるのは目に見えていますよね。

むしろ、悪質な方法で審査を通過しようとしたとしてバンクイック内部にその記録が保管されてしまい、今後の申し込みに悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

属性が不安だからといって、属性を改ざんするようなやり方で審査通過を試みるのは絶対に避けておくべきでしょう。

ケース②在籍確認が完了しない場合

先に話したようにいくら他の審査項目に問題がなくても、在籍確認が取れなければ契約まで結びつくことはありません。

申込み条件でも挙げたように、バンクイックは安定した収入があることが最低条件なのです。

勤務先はいわば収入源ですからそこで本当に勤務しているのかが確認できないと、融資ができないのです。

ケース③必要書類と申告内容が相違する場合

ケース①の虚偽の申告と類似するのですが、提出した必要書類と申告内容に相違があれば、いくら仮審査に通っても本審査で落ちてしまうことがあります。

顔も素性も知らない人に融資をするのですから、申込者の口頭のみの申告を頭から信じるにはあまりにリスクが高くなってしまいます。

そこで必要書類を確認し、内容に相違がないのかを確認するのです。

あまりにも大きく事実と異なるようであれば信用に値しないと判断され、審査に落ちてしまいます。

単純な申し込み記入ミスだけなら審査落ちしない

ただし意図的に属性を改ざんしようとしたのではなく、ついうっかりとしたミスで個人情報の申請を間違えてしまうという可能性もあり得ます。

スマホやパソコンの入力操作に慣れていなかったり、本当に勘違いしていたりなどその原因は様々ですが、そういった場合でも申請内容と本当の情報が異なっているということで審査落ちになってしまうのでしょうか。

安心してもらいたいのは、ミスが悪意のあるものや故意でないだろうと判断されるものの場合は、バンクイックから「申請内容では~~となっており、書類には××とあるのですがどちらが正しいのでしょうか」といった形で確認を行ってくれます。

そのため、「ミス=即審査落ち」ということにはなりませんが、本来であれば不必要な確認作業が挟まることによって、審査完了までの時間が長引いてしまう可能性は否めません。

スムーズに審査手続きを終えるためにも、申請書類はミスなく入力・記入することを心がけましょう。

関連記事をチェック!

4744view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

バンクィックの審査で覚えておくべき4つのこと

24時間365日、いつでも簡単に申込ができるのが魅力であるバンクイックですが、申込をすれば必ず審査があります。

この審査にとおらなければ、キャッシングはできません。

そこでバンクイックの審査に対し、覚えておくべき項目が4つ存在します。

これらの注意事項やリスクを事前に知っておくことで、いらぬトラブルを回避できる可能性が出てきます。

それでは、バンクイックの審査に関して知っておくべき4つの項目を見てみましょう。

①バンクィックの保証会社「アコム」の審査が重要

バンクイックの審査をするのは、三菱UFJ銀行ではなく保証会社のアコムです。

そのため過去にアコムと何かしらのトラブルがあった、という人は注意が必要です。

いくら信用情報機関に情報が記載されると言えど、一定の年数を経過すればどの情報も消えます。

しかし社内情報は永遠に残るのです。

そのため過去にアコムと何かしらのトラブルがあった場合には、その情報はまだ確認でき審査にも大きな影響を与えます。

②審査で虚偽の申し込み内容がバレると一括返済となる

運よく虚偽の申告であることが契約までバレなかったとしても、契約中にバレれば一括返済しなくてはいけません。

「そもそもお金がないからキャッシングしているのに一括返済なんてできる訳がない」と途方に暮れてしまうかもしれませんが、最初に嘘をついて借入をしていたのならば、何も言い訳できないのです。

③嘘の収入証明書でバンクィックに申し込んだ時のリスク

いくらバンクイックに年収の条件はないと言っても、やはり審査に大きな影響を与えるのは年収金額です。

申込み時点で他社に借入れがあるという人であれば、この年収金額次第で審査結果が決まると言っても過言ではありません。

つい融資を強く希望するあまり、収入証明書類を改ざんしたり嘘の収入証明書を提出してしまう人が、まれに存在します。

しかしバンクイックとしても毎日何百回と見ている書類なので、改ざんなどあればすぐにバレてしまいます。

また在籍確認も同様です。「勤務先に電話連絡があるのは困る」とアリバイ会社に依頼する人もいますが、これも必ずバレます。

バレればもちろん審査にとおりませんし、契約中であっても一括返済の対象、場合によっては詐欺罪で訴えられる可能性も0ではありません。

虚偽の記載やアリバイ工作はもはやリスクしかないものだと認識しておきましょう。

④銀行カードローンの規制強化についても覚えておこう

ここでひとつ注意しておきたいのは、2018年1月より銀行カードローンに対する規制が強化されて、審査のときに申し込み者の情報を警察庁のデータベースに照会しなければならなくなったということです。

この「警察庁のデータベースに照会」という過程を挟むことで、警察庁から照会結果の連絡が来るのが最短でも翌日なので、従来通りの即日審査・即日融資が不可能になりました。

ただし、警察庁から連絡が来るのはあくまで「最短翌日」であり、連絡が来るまでに数日程度かかることもあり得ます。

そのため、今までであればバンクイック申し込み後に数日経っても連絡がなければ審査落ちになったんだろうと考えてよかったのですが、これからは「警察庁からの連絡がまだ帰ってきていない」という可能性が出てくるのです。

審査センターの混み具合によって審査結果が分かるまでの時間にムラがあったように、警察庁への照会件数の多寡によって個々の申し込み者への審査結果通知が遅れることは、十分考えられます。

警察庁のデータベースへの照会という過程が行われるようになってからまだ間もないため、審査結果の連絡までの時間にどのような影響が表れるかはまだ未知数ですが、そういったことも念頭に置いておく必要があるかもしれませんね。

「反社会勢力への融資の禁止」について

銀行カードローンのみならず、消費金融カードローンやキャッシングもすべて反社会的勢力への融資を禁止されています。

これは申込者本人が反社会的勢力に加担していなくても、配偶者や家族に反社会的勢力がいれば同じ扱いになります。

先に話した警察庁のデータベースでそのような情報も全て管理しているので、申告せずとも分かるようになっています。

「反社会的勢力であったとしても返済さえすれば問題ではない」という単純な話ではありません。

そのような人に融資を行えばどうしても犯罪の温床になってしまう可能性が高くなるのです。

そうなれば「貸した金融機関も悪」となってしまいますから、反社会的勢力への融資は禁止されています。

「過剰な銀行カードローンの融資の禁止」について

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンですから、総量規制の対象外です。

そのため年収による貸付上限の縛りはありません。

これはバンクイックに限った話ではなく、銀行カードローン全般に言えることです。

「総量規制がある消費者金融からはもう借りられないから」と、融資先の受け皿になってしまっていたので、最終的には何のために総量規制を設けたのか意味を成し得なくなってきたのです。

そのためいくら総量規制がないとは言え、過剰な融資は自主規制をする流れになってきています。

自宅や勤務先への郵便物をなしにするには

自宅や勤務先への郵便物をなしにするには

自宅や勤務先にカードなどの郵便物が送られてくることによって、借金がバレてしまうのではないかと不安になる人もいることでしょう。

しかし、バンクイックには郵便物なしで、カードローンを利用できる方法がありますので紹介をします。

テレビ窓口での申込を行う

バンクイックでは、店頭に備えつけてある「テレビ窓口」での申込を行えば、周りにバレることなく利用することができます。

テレビ窓口とは、テレビ電話を利用してオペレーターと話しながら申込ができます。

不安なことがあれば、相談も一緒にできるので安心です。

テレビ窓口でも手続方法

運転免許証があれば、その場でカードが受け取れます。

申込者の本人確認書類を持って、近くのテレビ窓口へ行きます。

本人確認書類は写真付き免許証(現住所記載、期限内のもの)のみとなっており、他の書類(保険証、パスポートなど)では申込ができませんので注意してください。

勤務先の情報が必要となるため、勤務先の会社名、住所、連絡先、社員数、入社年月などをメモして持って行くと便利です。

また、50万円以上の利用を考える場合、収入証明書(源泉徴収票、住民税決定通知書など)も持参しましょう。

あらかじめ、ホームページよりダウンロードできる「申込受付シート」に記入して持参すると手続きをスムーズに行えます。

テレビ窓口での申込みは、平日なら午前9時から午後19時まで、土日祝日も申込可能です。

土曜、祝日は午前10時から17時、日曜は午前10時から17時までとなっています。

関連記事をチェック!

1329view

【バンクイックカードの再発行】テレビ窓口やアプリでできる?

三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックを、ATMを使って利用するためには、バンクイックカードが必要になります。 そのため、何らかの事情でバンクイックカードを、再発行しなければならなくなってし...

バンクィックの仮審査から本審査まで、まとめ

以上、バンクイックの仮審査と本審査ではそれぞれどのようなことを行っているのかに関しての説明を行ってきました。

審査工程は確かに分かれていますが、申し込み者側が「仮審査」と「本審査」を意識して何かを行わなければならないというわけではありません。

申し込み書をミスなく漏れなく入力・記入して申請したうえで、審査結果の連絡を待つようにしましょう。

関連記事をチェック!

155view

バンクイックでは土日も審査を行っている?

急きょお金が必要になったときには、カードローンは非常に頼りになる存在です。 しかし、急きょお金が必要になるようなときというのは土日などの休みの日が多いものですが、カードローンは土日にも審査に対応して...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談