おすすめキャッシング会社一覧

キャッシング会社の一覧と特徴をご紹介します。業界通になる必要はありませんが、選び方の基準はある程度知っておく必要があります。

審査に通る!人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.0%~18.0%
最短即日
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

キャッシング会社の種類

キャッシング会社を大きく分けると、消費者金融、銀行・信用金庫、信販会社という三種類に分類することができます。

さらにキャッシングの方法には、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法の2種類があります。

消費者金融銀行・信用金庫信販会社
金利×
融資スピード×

クレジットカードでキャッシング

一番簡単にキャッシングをする方法はクレジットカードのキャッシング枠を使うという方法です。

キャッシング機能がないクレジットカードはほぼ存在しませんから、普段利用しているクレジットカードでキャッシングを行うことができます。

以下が主なクレジットカードのキャッシング条件です。

クレジットカード実質年率
限度額
ACマスターカード3.0%~18.0%
800万円
三井住友VISAクラシックカード15.0%
50万円
三菱UFJ-VISA14.5%
50万円
楽天カード18.0%
50万円
JCB一般カード15.0%~18.0%
50万円
セゾンカードインターナショナル12.0%~18.0%
50万円
イオンカード7.8%~18.0%
300万円
オリコカード・ザ・ポイント15.0%~18.0%
100万円
Yahoo! JAPANカード18.0%
50万円
エポスカード18.0%
99万円

この表を見てもらえれば分かる通り、クレジットカードを利用したキャッシングの金利は、消費者金融のカードローンに近い値に設定されています。

ただし、三井住友銀行と三菱UFJ銀行は銀行が発行するクレジットカードということで銀行カードローンと同程度の金利で利用することができます。

限度額はカードローンのように高額が借入できるものはあまりないです

クレジットカードのキャッシング機能は緊急でお金が必要となったときに利用し、計画的に高額を借入する際にはカードローンの方が良いでしょう。

関連記事をチェック!

クレカのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

クレジットカードのキャッシング枠はいざというときに助かりますね。クレカにはキャッシング枠以外にも枠が存在します。 総利用枠やショッピング枠との関係も知っておかなければならないことです。上手にクレ...

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングと消費者金融の違いとは

クレジットカードのキャッシング消費者金融のカードローンは何がどう違うのでしょうか。どちらもお金を借りることは同じです。 お金を借りるのが一緒ならどちらを利用すればよりお得に使えることができるのか...

高額借入ならカードローン

カードローンには消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つがあります。以下の表でいえば

アコムからアイフルが消費者金融

レイク、バンクイック、三井住友銀行カードローンが銀行カードローンです。

銀行カードローンの方が全体的に低金利となっています。

カードローン会社実質年率
限度額
アコム3.0%~18.0%
800万円
プロミス4.5%~17.8%
500万円
SMBCモビット3.0%~18.0%
800万円
アイフル3.0%~18.0%
800万円
レイク4.5%~18.0%
500万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%
500万円
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
800万円

金利はクレジットカードのキャッシングとあまり変わりませんが、限度額は総じて高く設定されているのが分かると思います

中には限度額が最高で1,000万円までOKなものや銀行カードローンのように金利がさらに低いカードローンもあります。上の表以外でも、様々なカードローンが存在します。

関連記事をチェック!

おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

全国150社以上のカードローン会社を一覧にしてまとめました。 消費者金融・銀行・信販会社から選択 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。...

関連記事をチェック!

cashingとは

キャッシングするという表現をよく聞きますが、どういう意味でしょうか。 キャッシング以外にカードローン、キャッシュローンという言葉もあります。 それぞれどう違うのでしょう。 キャッシングは...

キャッシングでは審査通過が必要

見ず知らずの人にお金を貸すことがないように、キャッシング会社も誰彼構わずお金を貸しているというわけではありません。

キャッシングを認めても良い人かどうか、契約前に審査を行っているのです。

皆さんが希望通りにキャッシングできるように、審査のポイントをご説明します。

信用情報

キャッシング会社には顧客の利用状況を専用の機関に登録して共有するシステムを構築しており、これを「信用情報」と呼びます。

信用情報にはカードローンやクレジットカードの過去の返済歴や申込歴などが記録されていますので、問題があれば審査に不利になり、問題がなければ有利になります。

他社からの借入状況も記録されていますので申込時に嘘をついても逆効果となります。

信用情報についてはこちらのページで詳しく解説しています。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】個人信用情報について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...

年収

年収は重要ですが、〇〇万円以上でなければならないということではありません。

金額よりも「安定して収入を得られるのか」が重視されます。

そのため、年収1,000万円の自営業は審査に通過せず、年収500万円の公務員が審査に通過するということもあります。

関連記事をチェック!

借入における必要年収の基準

消費者金融や銀行から借入するにはある程度の年収がなければできないのでしょうか。 もしそうならどれだけの年収があれば希望額を借りられるのでしょう。 今回は借り入れのための必要年収について説明...

関連記事をチェック!

【借金の限度額】実際、年収のいくらまで借りられるのか?

執筆者の情報 名前:山本馬元 年齢:30歳 性別:男性 職歴:平成21年3月より信用金庫勤務 消費者金融の上限は年収3分の1 総量規制とは 総量規制とは貸...

他社借入

キャッシングの申込時には他社からの借入件数や金額を申告します。

ここでは金額もそうですが、件数が重視されます。

もしすでにキャッシングを利用している場合は、追加でキャッシングする場合にマイナスになってしまいます。

3件までならまだ可能性はありますが、4件以上になると新規のキャッシングはほぼ不可能と考えたほうが良いでしょう。

関連記事をチェック!

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(仮名) 年齢:33歳 性別:男...

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も.

カードローンを申し込む際、他社からの借入状況を申告する必要があります。残念ながら他社借入の嘘は必ずバレます。 なぜ他社借入の嘘がバレるのか、また、バレた時のペナルティを説明していきます。 他社...

勤続年数

入社して1日の人と、10年の人では、どちらの方がこれから先もその会社で働くと予想できるでしょう。

もちろん入社10年目の人ですよね。

もし退職すればその間は収入が大きく減ってしまいますので、先ほど説明した「安定した収入」を得られなくなってしまいます。

そのため、勤続年数が長いほど審査に有利になるのです。

関連記事をチェック!

勤続年数が短くてもお金を借りるには?

カードローンの審査項目には勤続年数の長さも無視することのできない重要な項目です。しかし終身雇用制が崩壊している状態で勤続年数を語るのはナンセンスなような気もします。 勤続年数が長ければそれだけき...

在籍確認の書類代行

カードローン契約時には、在籍確認が必ず必要です。申告した会社に本当に在籍しているか電話で確認します。

消費者金融の多くは在籍確認の電話を書類代行することが可能です。(残念ながら銀行カードローンは書類代行はできません

各消費者金融が在籍確認の電話を免除するために必要な書類は以下となります。(電話で実際に確認しました)

カードローン必要なもの
アコム社会保険証、源泉徴収票、給与明細の1点
プロミス
アイフル社会保険証、源泉徴収票、給与明細の1点
レイク社会保険証、給与明細の1点

社会保険証や給与明細などの書類を提出すれば会社連絡なしでカードローンを発行することができます。

当サイトの馬太郎もアコムとプロミスに申し込みしましたが、在籍確認の電話はありませんでした。恐らく社会保険証を提示したからでしょう。

こちらのページではどのような時に在籍確認が行われるのかを消費者金融勤務経験者が解説していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】むじんくんでカードローン申し込みしてみた。手続きからカード発行までの流れ

むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 ...

関連記事をチェック!

【馬太郎が】プロミス申込、借り入れしてみた

どうも馬太郎です。 先日三井住友銀行カードローンの審査の際に、担当者から 『グループ会社のプロミスでしたらカードローン審査に通るかもしれません』という話を受けて、プロミスの申し込みを行うこ...

クレジットカードなら会社連絡を気にする必要ない

クレジットカードの申込でもカードローンと同じように会社連絡が行われることがあります。

しかし、クレジットカードはほとんどの人が持っていますので、申込んだことが知られても特に気にする必要はないかと思います。

ですので、社会保険証などの必要書類が準備できない方はキャッシングサービス付きのクレジットカードに申込むとよいでしょう。

会社連絡がないキャッシングならSMBCモビット

キャッシングを会社連絡なしで行う最も確実な方法はSMBCモビットのカードローンを利用することです。

SMBCモビットのカードローンはWEB完結申込というサービスを行っており、会社はもちろん、申込者への電話や書類の郵送ゼロで契約することができるのです。

ただし、WEB完結を申し込みをするには以下のものが必要です。

  • 三井住友銀行か三菱UFJ銀行の普通預金口座
  • 社会保険証か組合保険証

これらの2点があればSMBCモビットのWEB完結申込によって、キャッシングを会社連絡なしで利用できます。

収入証明書不要の額で選ぶのは古い

収入証明書原則なしで消費者金融から借り入れできるのは最高でも50万円(他社借入含め100万円)までです。

一方、銀行カードローンでは、かつて「(希望)限度額300万円までは収入証明書不要」などと謳われていました。高額借入でも、審査において収入証明書を提出する必要がなかったのです。

しかし現在では銀行カードローンの過剰貸付が問題視されつつあり、2017年頃から各銀行において、その額が50万円まで引き下げられつつあります。

よって銀行カードローンにおいても、収入証明書不要の額でキャッシング会社を選ぶという考え方はナンセンスとなりました。

関連記事をチェック!

銀行カードローンでは収入証明書不要で借り入れを行うことは可能?

融資を受けることを検討する場合に、安心感や金利の低さ・限度額の高さなどの理由から銀行カードローンを利用しようとする人は多いと思います。 銀行カードローンの契約を行う場合には、収入証明書をはじめと...

キャッシング審査が甘い会社は?

大手消費者金融や、銀行のカードローンでは審査が通らないという場合、より審査の甘い業者に申し込もうと考えますよね。

だからと言って、非正規の業者(闇金)に手を出してはいけません。ここではより審査基準が甘いキャシンング会社を選ぶポイントについて述べます。

関連記事をチェック!

キャッシング会社の一覧と比較ポイントをこそっと伝授

キャッシングと一言で言っても、消費者金融や信販会社、銀行カードローンと選択肢は多岐に及びます。 金利だけで判断するのは早計です。業者選びの際の、比較のポイントについて解説します。 キャッシング...

キャッシング会社の一覧と比較ポイントをこそっと伝授

審査が甘いキャシンング会社を見極める

キャシンング会社は、消費者金融・銀行(信金)・信販会社の3つに大別されますが、最も審査が厳しいのが銀行です。

銀行は消費者金融と比較して好条件ですが(10万円借りる場合、年利が4%ほど低い)その分審査を厳格に行うのです。会社への在籍確認の電話確認も必須であるのもそのためです。

また銀行で否決された場合の受け皿として、消費者金融が選択肢に上がりますが、大手は申し込み者も多数いるため、中小消費者金融と比較すると審査基準は厳しくなります。

では、審査に通るかどうか心配な場合、どんな条件でキャッシングを選べばいいのでしょうか。

  • 銀行の場合:流通系を選らぶ
  • 消費者金融の場合:中小消費者金融を選ぶ

それぞれ解説していきます。

銀行の場合

流通系のカードローンとは、セブン銀行やイオン銀行カードローンなどを指します。

買い物での利用を想定していますので、専業主婦も申し込み可能です(配偶者に安定収入があることが前提)。

専業主婦申し込みをNGとする銀行もある中で、この2行は申し込み可としているため、比較的審査が甘い傾向にあります。

初回融資額10~30万円ほどの少額となりますが、銀行カードローンならではの低金利も魅力です。

消費者金融の場合

銀行と比べると消費者金融は金利が高く、その分審査基準が甘くなると言われています。しかし無条件で借りられるわけではありません。

消費者金融を検討する場合、アコム・プロミス・アイフルといった大手消費者金融の情報が一番に出てきます。

大手消費者金融は、中小消費者金融に比べて利便性に優れていますので、申し込み希望者が多く、必然的に審査が厳しくなります。

そのため、より審査の甘いところを希望するなら、規模の小さな会社となるでしょう。中小消費者金融と言っても決して闇金ではなく、正規の業者から選ぶようにします。

なお、正規の業者かどうか見極めが難しいという場合は、下記の関連記事を参考にしてください。

関連記事をチェック!

金貸しの登録番号でわかる闇金業者

金貸しを生業としないのであれば登録番号は必要ではありません。しかし反復継続して他人にお金を貸す場合は登録番号が必要です。 登録番号の見方を知っていると、正規の貸金業者かそれとも闇金業者なのか見分...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談