養老保険でお金を借りるには?契約者貸付制度とは?

急にまとまったお金が必要になったとき借りるほかに、今まで貯めてきた定期や保険の解約をするという方法もあります。

しかし、せっかく積み上げてきたものが、なくなってしまうと一からスタートしなければいけません。

そんなときに、養老保険を契約している人は契約者貸付制度でお金を借りることを検討してもいいでしょう。

養老保険でお金を借りることはできるのか

生命保険の契約者は、解約返戻金を担保にしてお金を借りることができます。

この借入制度を「契約者貸付制度」といいます。

保険の契約には様々ありますが、預貯金の代わりに養老保険を利用している人もいるのではないでしょうか。

この養老保険とは、満期を迎えると死亡保険金と同額を受け取ることができ、満期前に万が一のことがあったときに保障がある保険です。

「契約者貸付制度」はこの養老保険のほか、年金保険、学資保険など保険契約をしていると利用ができます。

保険貧乏という言葉もありますが、保険の契約をしていて貯蓄ができないと嘆く人もいますが、実は保険も立派な貯蓄でもしものときにお金を準備できるのです。

この「契約者貸付制度」の仕組みやデメリットなどをくわしく覚えて困ったときに活用しましょう。

関連記事をチェック!

5935view

生命保険でお金を借りる方法、銀行借入よりお得!?

9割以上の方が加入している生命保険ですが、この生命保険でお金を借入できることをご存知でしょうか。 生命保険には、「契約者貸付制度」というものがあり、この制度を利用して生命保険会社から融資を受けること...

解約返戻金を担保にお金を貸付してもらう

契約者貸付制度は加入している生命保険の解約返戻金を担保にしてお金を借りるため、特約に解約返戻金がなければ利用ができません。

利用できる保険を具体的に挙げると年金保険、終身保険、学資保険、養老保険といったものがあります。

契約者貸付制度を利用する前に契約書や保険会社に、お金を借りることができるか確認をしておきましょう。

また、借入ができるのは契約者本人だけとなっており、被保険者は利用ができないので気を付けましょう。

さらに、契約者が配偶者や親などになっている場合は、契約者貸付制度を利用することができません。

保険の名義人は保険証書に書かれているので、事前に確認をしておきましょう。

どのくらい借りることができる?

解約返戻金を担保に借入ができるといっても、希望額を借りられるとは限りません。

借入の金額は保険会社によっても違いますが、解約返戻金の80%~90%ほどとなっています。

解約返戻金とは、その名のとおり自分が払ってきた保険料を、解約したときに戻ってくるお金です。

そのため、保険料を長く払えば払うほど返戻金も高額になるため、多額の貸付を受けられます。

また、保険に入りたてであったり、掛け捨ての保険であったりする場合は返戻金がわずかであるため、貸付で利用できる額も少額となりますので注意をしましょう。

利息はどの程度かかる?

契約者貸付制度のメリットをとしてよく挙げられるのが、一般的なカードローンと比べて利息が低いということです。

利率については保険会社によって違いはあるものの、2%~6%前後となっています。

保険会社から借りたお金の利息は年利となっており、複利が適用されます。

例を挙げて計算をすると、3%で100万円を借りて、そのまま1年間返済をしなと翌年には「100万円×3%=103万円」になります。

そして、返済をせず放置した場合は、翌々年には「103万円×3%≒106万円」で、その次の年は「106万円×3%≒110万円」となるため、期日がないからと放置しておくとどんどん返済額は増えてしまいます。

そのため、長期間借りたままにしておくと、元本に利息が加算されて借金が膨らんでしまう可能性があるため、返済は計画的に行いましょう。

また、一般的なカードローンだと、分割払などで毎月決まった金額の返済を行わなければなりませんが、契約者貸付制度の場合は借入金額が返戻金以下であれば、返済金額などは自由となっており、いつまでも返済しなくても問題ありません。

しかし、契約者貸付制度といっても、借金であることには変わりがないため、借りたお金に利息が加算されることには気を付けましょう。

お宝保険だと金利が高額になってしまうこともある

バブル前後の景気がいい時期に加入した、利率の高い保険のことを「お宝保険」といいますが、契約者貸付制度を受けるときには利息が高額になる可能性もあるため注意が必要となります。

契約者貸付制度を利用するときの利率は利用したときの利率ではなく、保険加入時に利率を基準に決められるからです。

お宝保険は加入年数が長いため借入金額が高額になりますが、借入金が高額であるほど利息も上がります。

そのため、借入を受ける前に、しっかりと契約内容について確認するようにしましょう。

解約される場合もあるので注意

保険を解約しなくてもお金を借りることのできる便利な制度ですが、一方でデメリットも忘れてはいけません。

特に注意したいのが、返済の状況次第では保険が解除される可能性もあるということです。

契約者貸付制度はあくまで契約者の返戻金をベースに貸付額を決めているため、借りられるのは返戻金の範囲以上の金額を貸すことはできません。

そのため、利息が返戻金を超えてしまった場合は、保険料をしっかりと払っていたとしても契約が解除されてしまう可能性が考えられますのでご注意ください。

返せなくなったときはどうすればいい?

契約者貸付制度を利用して返済をしない場合、保険金や生存給付金、お祝い金などが返済に充てられる場合があります。

例えば、借入金額が100万円ある養老保険の満期による返戻金が200万円だとすると、そこから100万円と利息を引かれた額が支払われ、残りは返済に充てられることになります。

このことを覚えておいて契約者貸付制度を利用しないと、もともと予定したお金を受け取ることができないとなってしまい、ライフプランが狂ってしまう可能性もありますので注意をしてください。

もし、学資保険などの場合は予定していた学費などで金額が足りず、目的のために利用できなくなる可能性があるため気を付けましょう。

まとめ

契約者貸付制度は利息が低く、返済期日がないなどメリットも多くありますが、一歩間違えると、自分が今まで積み上げてきた保険そのものがなくなってしまう可能性もある制度です。

そのため、せっかく加入した保険を有効に生かすためにも、利用時には計画的な返済が必要となります。

そもそも保険はお金を借りるためではなく、将来に備えて加入するものです。

一時的な貸付でない場合は、家計なども見直していくことが大切です。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事