金銭消費貸借契約書が個人間の借入でも必要な理由と作成方法

個人間融資でお金の借入をする場合金銭消費貸借契約書がなくても口約束だけでも契約は成立します。しかし後になってお金を貸した友人からお金を借りた覚えがない、と口約束を反故にされてしまうと対抗手段がありません。

金銭消費貸借契約書はお金の貸し借りの当事者以外に、確かにお金を貸しましたと証拠づけるものです。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

個人間の借入でも金銭消費貸借契約書は必要

お金を貸す相手が親や兄弟、親戚だから裏切るようなことはない。親友にお金を貸すのだから絶対信用できると思うのはちょっと甘いかもしれません。

口約束だけでお金を貸してしまうと、現金が相手に渡り返済日になっても一向に返済してくれない。そこで返済の請求をしてみると「お金を借りた覚えはない」となってしまうことがよくあるのです。

金額が数千円程度なら、万が一借入した覚えはないと言われても、貸した自分がバカだったと反省すれば良いだけですが、貸した金額が数十万円、または数百万円となってしまうと金銭トラブルが発生しやすいです。

さすがに金額が大きくなるとお金を貸した側は反省するだけで済ますことはできません。

借入金を返済しないなら裁判するぞ!と相手に言っても「借入した証拠がないじゃないか」と言われてしまえばそれまでです。

たとえ個人間の貸し借りでも、少額の貸し借りでもきちんと金銭消費貸借契約書は作成しておきましょう。

関連記事をチェック!

借金返済のルールとは?【個人間のお金の貸し借り】

友人知人などから、まとまった金額を、個人間で貸し借りする必要が出てきた場合、最低限のルールを決めてから借りるようにしましょう。 いかに親しい中でも、お金が絡むとその後の人間関係にも影響が出てきま...

金銭消費貸借契約書は裁判にならなくても作っておくこと

お金の貸し借りする場合に一般的には借用書や金銭消費貸借契約書を作成することが多いと思います。

借用書や金銭消費貸借契約書は間違いなくお金の受け渡しがあったことを証拠づけるものです。

たとえ金銭トラブルにならなくても、お互いの記憶違いによる借入金額や返済日、利息などの取り決めのトラブルを防ぐ効果も持っています。

さて借用書と金銭消費貸借契約書にはどのような違いがあるのでしょうか。難しい法律用語は使わずごく簡単にわかりやすくご説明します。

・借用書: お金を借りる際に借主が貸主へ差し入れ、貸主が1通保管する
・金銭消費貸借契約書: 2通作成し借主と貸主の両方が保管する

書類を1通のみ作成するのか2通作成するのかの違いがあり、借用書は基本的に借主が貸主へ差し入れるものですから借用書に署名するのは借主のみです。

一方金銭消費貸借契約書は契約によってお金を貸すことを取り決めたものですから、2通作成し貸主と借主の両方が署名します。

どちらの書類でも証拠となりますが、借主が借用書を紛失するリスクを考えると2通作成する金銭消費貸借契約書の方が安全ですね。

それに金銭消費貸借契約書はお互いが納得した借入金額や返済日、利息の取り決めをするものです。

収入印紙が2枚必要だとしても、借用書よりは金銭消費貸借契約書の方が信頼性を高めることもできるのです。

関連記事をチェック!

無効となる借用書の書き方【一生後悔したくない人必見】

銀行や消費者金融など金融機関が作成する借用書は隙がないように法律知識をふんだんに取り入れて作成されています。 しかし個人間融資となると市販されている借用書をそのまま利用することや、インターネット...

無効となる借用書の書き方【一生後悔したくない人必見】

金銭消費貸借契約書を作成する上で必要な取り決め

金銭消費貸借契約書は法律によってこのように作成しなければならないという決まりはありません。

だからといって勝手に作ってしまったのでは、万が一裁判に発展した場合効果を発揮しない無駄な書類となってしまう場合もあるのです。

金銭消費貸借契約書を作る場合は最低限必要な取り決めがあります。

・利息について
・遅延損害金について
・連帯保証人を必要とするのか

利息のついての取り決めがないと基本的に無理息になってしまいます。利息を取る場合で金利の定めがない場合は年5%までが上限です。

個人間融資の利息は出資法によって年109.5%まで有効とされていますが、裁判に発展した場合は利息制限法の金利で引き直し計算されてしまいますので、利息の金利を定める場合は利息制限法に則った金利で書きましょう。

また遅延損害金についての取り決めも重要です。

遅延損害金は個人間融資の場合借入金利の1.46倍まで有効とされていますので、利息を取ることを決めても金利の定めがなければ遅延損害金は5%の1.46倍の7.3%です。

利息制限法に則り10万円を貸し付けた場合の借入金利は年18.0%まで有効ですから、遅延損害金はその1.46倍の年26.28%まで取ることができるのです。

連帯保証人を立てる場合は金銭消費貸借契約書に連帯保証人の住所、氏名、押印が必要で、連帯保証人が保管する契約書も作成しなければなりませんので合計3通作成する必要があります。

関連記事をチェック!

金貸しの手数料に注意!【個人間融資で違法とならないために】

個人間融資の金貸しでは手数料に注意したいですね。きちんと金貸しを行っている銀行や消費者金融なら法律も熟知していますので問題はありません。 しかし個人間融資となると話は別です。友達にお金を貸して手...

利息なし担保なしの金銭消費貸借契約書に記載する項目

個人間融資の場合は利息なし担保なしでお金を貸すことが多いのではないでしょうか。

必要最低限の項目だけで契約書を作成したいという場合は次の項目を入れて金銭消費貸借契約書を作成しましょう。

①金銭消費貸借契約書のタイトル
②契約書の作成日
③借入金額
④返済方法や返済期日
⑤お金を貸した日にち
⑥お金を借りましたと言う文言
⑦借主の住所、氏名、押印
⑧貸主の住所、氏名、押印

金銭消費貸借契約書は契約によって貸主が借主に金銭を交付することで成立する契約書ですから、お金を借りましたという文言は必ずしも必要ではありませんが、万全を期して記載しておけばより安心です。

金利や遅延損害金を定める金銭消費貸借契約書に記載する項目

貸し出す金額が多い場合や、利息を取りたい遅延損害金を取りたいという場合は、次の項目を入れて金銭消費貸借契約書を作成しましょう。

①金銭消費貸借契約書のタイトル
②契約書の作成日
③借入金額
④返済方法や返済期日
⑤金利の定め(年18.0%など)
⑥遅延損害金の定め(年26.28%など)
⑦期限の利益喪失について
⑧お金を貸した日にち
⑨お金を借りましたという文言
⑩借主の住所、氏名、押印
⑪貸主の住所、氏名、押印

遅延損害金が発生するのは返済期日に遅れた場合です。

返済期日に遅れると借主の期限の利益は喪失しますので、期限の利益の喪失についての項目も必要となります。

①返済期日に一日でも遅れた場合

以上の項目は必ず付け加えるようにしましょう。また期限の利益を喪失した場合、契約書で分割払いとなっていても一括返済を求めることが普通です。

期限の利益喪失は返済期日に遅れるだけでなく次の場合も該当します。

②借主が仮差押や仮処分及び強制執行を受けたとき
③借主の他の債務で競売や破産、民事再生の申し立てをしたとき
④借主に報告することなく無断で住所を移転したとき

最低限以上の項目は入れておきましょう。

関連記事をチェック!

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は必ず知っておいた方が良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

連帯保証人を立てる場合の金銭消費貸借契約書に記載する項目

前項でを説明したそれぞれの金銭消費貸借契約書に連帯保証人を立てる場合は、貸主の住所、氏名、押印の下に連帯保証人と書き、住所、氏名、押印を付け加えます。

なお期限の利益喪失についての説明の欄の下に、連帯保証人の責務として貸主から借りた金額を借主と連帯して保証し、借主と連帯して支払う旨の項目を付け加えましょう。

金銭消費貸借契約書を作成する上での注意

パソコンやワープロで作成しても構いませんが、偽造した金銭消費貸借契約書とならないように金額や借主、貸主の欄は自筆署名しましょう。

・印鑑は三文判でも構いませんがシャチハタはやめる
・印紙は貼らなくても効力がなくなることはありませんが、印紙税法に引っかかります
・金額は漢数字でなくアラビア数字でもOK

自分で作成するのが難しい場合はインターネットで雛形をダウンロードする方法でも最低限の項目が書いてあれば十分通用します。

関連記事をチェック!

借金の取り立てを個人からする場合の注意点

個人間のお金の貸し借りは貸金業法が適用されないからと言って甘く見てはいけません。場合によっては違法行為となります。 個人にお金を貸す場合には、法律に則った合法的で違法性のない取り立てを行わなけれ...

関連記事をチェック!

個人の金貸しで担保を取ることはできる?

個人で金貸しを行う場合担保を取ることができるのか気がかりな情報ですね。 担保を取っておけば最悪借主から借金返済されなくても、担保としてまずかった物件を売却して借金の穴埋めにすることができます。し...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談