キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

借金が多くて生活できない!生活苦になった場合にできること

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金が多くて生活できない!生活苦になった場合にできること
※知恵袋より引用

かなりこの状態では生活は厳しいですね。バランスと言う言葉がありますが、バランスを失っているのはとうに過ぎていて、もはや末期状態です。

私も貸金業を20年近くやってきたから分かりますが、ここから、毎月キチンと返済して、完済を目指すのはまず不可能でしょう。

余りにも、年収(今回は専業主婦で0)に対して借入が多すぎます。

本当に借りられるだけ借りた状態です。

もう後は何もでてこない、スッカラカン状態です。

この状態になると精神衛生上良くないので、うつ病などを発症するケースも多いです。

もう既に発症しているかも知れません。

お金と向き合うのが非常に嫌になってしまいます。

コンビニで500円の買い物をするのも苦痛になってきます。

500円ですよ。

たかが500円と、外野にいる人は思うかも知れませんが当事者にしてみたら、それくらいショックは大きく、お先真っ暗です。

このまま現状を維持してしまうとです。

しかし、現状維持をしなくて済む方法もあります。それが債務整理です。

借金で生活苦になってしまう原因

借金返済に苦しんでいる人は、どうしても目の前の返済ばかり気になってしまうものです。

特に返済ができない場合には、金策に奔放をしたりしますから、借金のために生活苦になってしまう原因までは考えられない人の方が多いのではないでしょうか。

借入をすることで楽になるはずだった生活ですが、気づけばその借金のせいで余計に苦しくなってしまうならば、まずは生活苦になる原因から知ることが重要になってきます。

どのような例があるのかを確認し、自身に当てはまっていないかを見てみましょう。

返済が苦しくてまた借金する

借金をした原因が「生活費が不足していた」という場合には、その生活費が一時的なものか慢性的なものなのかがポイントと言えるでしょう。

一時的であれば、借金をしても問題なく支払うことは可能です。

しかし慢性的であれば、生活苦だから借入をする、借りた以上は返済をしなくてはいけない、元々足りない生活費から支払いを行うのでますます生活費が足りなくなります。

そして、不足分は新たな借金で補うという、負のサイクルが出来上がってしまうのは自然なことです。

支払いが多すぎて生活できない状態になる

借金の返済のために借金をするという自転車操業を続けていると、当然ですが借金は減ることはなく増え続ける一方となります。

余りに借金を続けていると、そのうちにどこからも借りられなくなってしまいます。

借金がこれ以上できないなら自力で返済するしかありませんが、余りに増えた借金のために返済額も相当な額になり、自身の収入全て充てても足りないという状況になる可能性もでてくるでしょう。

そうなると、まともな生活を維持することはできなくなり、精神的にも追い詰められてしまう人もいるでしょう。

借金でどうにもならなくなった人ができることはあるのか、次の記事で確認していきましょう。

関連記事をチェック!

7view

おまとめローン?自己破産?どちらを選べばメリットがあるのか

借入先が複数あったり、月々の返済金額を考えたりすると借金を一本化する「おまとめローン」か「自己破産」という選択肢を検討する人もいます。 両方にメリット・デメリットはありますが、どちらを選べばよりデメ...

借金苦でどうにもならない場合できることがある

「返済ができない」と判断した場合に、幾つかの選択肢があります。

どの選択肢を選んだとしても、それなりのメリット・デメリットは発生します。

しかし現在の生活苦からは脱却するためには、その選択をしなくてはなりません。

「何も変えたくない」「デメリットが大きすぎる」とそのまま放置をしていても、利息で借金が増えていくだけになります。

それでは、借金苦から脱却するためには、どのような選択肢が存在するのかを見ていきましょう。

債務整理

借金がどうにも返済できない状態になった場合は「債務整理をする」という方法があります。

飽くまでも相談した弁護士さんの判断によりますが、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停の4つの債務整理から選択することになります。

自己破産と聞くと構えてしまう人もいるかも知れませんが、個人再生であれば残務を1/5までカットしてくれますので必ずしも自己破産を選択する必要はありません。

しかし、自己破産を選択せざる負えない場合もあるでしょう。

自己破産は免責が決定すると全ての借金がチャラになります。

その代わりに自己破産をすると財産を全て没収されるというイメージがあるかも知れませんが、自己破産したからと言って何もかも奪われるわけではありません。

生活に必要なお金はある程度残されますし、選挙権は普通にあります。

何と言っても自己破産によって借金生活が終わり、生活も1から立て直せます。

自己破産と言うのは、誰でも行使することができる、最後の切り札ですが、この切り札を切った時、気持ちは既に前向きでなければいけません。

債務整理で生活苦から脱出できる

債務整理を行うと、現在の借金額が減額若しくは全くなくなりますので、単純に返済金額が減ります。

今まで返済金額が大きかった分、生活費に回すことが可能です。

可能であれば今まで借金返済に充てていた金額の3分の1でもいいので、今後は貯蓄に充てていく生活に切り替えてみてはいかがでしょうか。

債務整理のデメリット

上述したように、債務整理には色々な種類があり、それぞれにデメリットも異なってきます。債務整理の一番のデメリットは、一定期間ローンが組めないことです。

  • 5~10年間ブラックリストの乗ってしまうため、カードの作成やローンを組むことができない
  • 官報に自分の名前が掲載されてしまう
  • 一部の資産が処分されてしまう 等

自己破産は7年から10年。

それ以外の個人再生・任意整理・特定調停は完済後5年間はローンが組めません。

関連記事をチェック!

426view

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...


関連記事をチェック!

121view

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びようもあ...

おまとめローンで借金をまとめるのもあり

まだある程度返済できる範囲で借金が多くなってきた場合だと、おまとめローンは有効です。

おまとめローンで借金をまとめるのもあり
※アコムHPから引用

おまとめローンは複数社の借り入れを1社にまとめることによって、毎月の返済金額を減らすものです。

毎月の返済額が減ることで、元金の返済が可能になる、また1社にまとめることで複数社と電話のやり取り等行わずに済みますので、精神的にも楽になります。

借金を返済しても返済しても元金が減らない場合は、おまとめローンの検討をおすすめします。

逆にもしあなたが借金が多く苦しい場合でも、元金を減らせているなら、あえておまとめローンでまとめる必要もないと思います。

関連記事をチェック!

284view

おまとめローン後に他社借入をすることは可能?

おまとめローンを利用すると、もう他社借り入れすることができない話をよく聞きます。 ですが、どうして借金を一本化すると、他社借入が難しくなってしまうのでしょうか。 金融関係の知識がないと、不...


関連記事をチェック!

113view

借金一本化の審査基準とは【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと...

毎月の返済額が減らせる

おまとめローンのメリットとしては、複数あった借入先を低金利な1社でまとめることで返済管理がしやすくなり、支払利息も減らせる可能性があります。

また、もし毎月の返済額が多くて返済が大変だという場合は、おまとめ時に毎月の返済額を減らすことも可能です。

返済額を減らすことで毎月の生活に余裕がでる可能性もあり、余ったお金で少しずつでも毎月貯蓄をするようにしましょう。

少しずつでも返済に余裕がでるようになれば、生活を立て直せる可能性が高いです。

ただし、毎月の返済額を減らすと支払利息は増えます。

結果的におまとめ前よりも総返済額が増えたということにもなりかねないため、返済額をどれだけ減らすのかよくシミュレーションをする必要があるでしょう。

おまとめローンのデメリット

ではおまとめローンのデメリットは何でしょうか。

実は意外な落とし穴があります。

おまとめローンを利用すると返済先は1社。

金利も下がります。

かなり条件が良くなるのは確かです。

しかし、返済回数が長引くと、普通に返済した方が実は返すお金が少なかったと言う逆転現象が起きます。

これはほとんどの人はおまとめローンに1本化して、かなり楽になり返済するお金も少なくなったと思っていますから、意外にこの事実を知らない人が多いです。

知らない方が良かった話かも知れませんがこれが現実です。

ですので、もしあなたがおまとめローンを利用する際は、申し込みを行った後に支払利息が総額どれくらい掛かるか、計算をする必要があります。

※お金を借り入れした際に、書類として金利がどれくらいか明示されているかと思います。

また先にも紹介したように、返済総額は増えても毎月の返済金額を減らしたいケースの場合は、おまとめローンを利用してもいいかも知れません。


関連記事をチェック!

57view

主婦でも借金を一本化できる

主婦も借入を一本化してラクラク返済! 会社勤務していた気ままな独身時代にカードローンの契約を安易にしてしまい、そのままにして結婚してしまったと言う人もいるでしょう。 しかしそのことを夫...

借金しないと生活できないは危険

そもそも借金しないと生活ができないというのは、支出と収入のバランスが完璧に崩れている状態です。

支出> 収入

上記のような状態だと借金の返済はおろか、毎月の生活までままならないという状態に陥ります。

借金が年収の1/2に達しても危険なのに、収入が支出に追い付いていないのはとても危ないです。

この状態に陥ると、徐々に精神が病んでいき、心身ともに元気がなくなっていきます。

身内や親せきからの援助や臨時収入の当てがない限り、債務整理を行うのが賢い方法でしょう。

関連記事をチェック!

14view

借金返済マニュアル!総額120万円を完済するにはどうする?

病気で働くことができなくなったなどの理由から、一時的な資金不足になる可能性は誰にでもあることです。 資金不足のときにはカードローンが頼りになりますが、気が付いたら借金が100万円を超えて、120...

年収1/2以上の借金は返済が苦しい

銀行カードローンの場合、総量規制対象外で年収の1/3以上でも借り入れすることは理論上可能ですが、銀行としても年収の1/2くらいまでしか貸し付けないケースがほとんどです。

これは返済限界と言われるもので、年収の1/2以上の借り入れをしている債権者は、非常に危ない、とみなされているためであります。

また、銀行カードローンの過剰融資が問題となったことで、銀行であっても総量規制に準ずる規制を行っているところも増え、1/3以上借りられなくなっているのも現状です。

もしあなたが借金によって精神的にも病んだ状態がここ最近すすんでいる、ということでしたら債務整理を検討してもいいでしょう。

そこまで借金をしてない生活苦の場合、元金の返済が十分に行えていないようでしたら、おまとめローンで複数の借り入れを1本にまとめるのがいいです。

生活が苦しくても元金の返済が行っているということでしたら、借金のおまとめはせず、収入源を増やしたり支出を減らしたりするなどして、なるべく借入先を減らしていくようしていくのがいいでしょう。

以下の記事でも書きましたが、夕食を食べる際も18時などに購入しようとせず、閉店ギリギリを狙って半額で購入する、など支出を減らす方法はいくらでもあると思います。

関連記事をチェック!

690view

毎月の給料より支払いが多すぎて生活が苦しい

私が某大手消費者金融で勤務していた時に、よくあったシーンですが、この時私はいつも心の中で葛藤を覚えていたのを今でも思い出します。 支払いが大変なので、お金を借りに来る人はたくさんいます。審査をして貸...


100万円借金したら、どうやって返済する?

年収額にもよりますが100万円程度の借金なら何とか返済できそうです。

消費者金融カードローンなら2社からの借入、銀行カードローンなら1社からの借入を想像してみればいいでしょう。

消費者金融、銀行に限らず100万円の借金なら、毎月の返済額は2万円から3万円程度で収まります。

しかし既に収入よりも支出の方が多いとなると、返済金を捻出することはかなり難しくなります。

まずは収入と支出のバランスを整えることを優先的に考えましょう。

毎月いくらの収入があって支出額がいくらあるのか認識することが大切です。

家計簿をつけている人なら簡単なことですが、家計簿をつけたことがない人でも、入ってくる給料はほとんど一定額ですので、毎月返済しなければならない食費を含んだ生活費、借金の返済先などを全てノートに書き出してみましょう。

関連記事をチェック!

151view

200万,300万円の借金返済方法

この記事はこんな人におすすめ この記事は次のような人におすすめの記事となっています。 200万、300万円の借金があり、返済できるか不安な人 返済資金の捻出方法を知りたい人 借...

収入を増やして借金を返済する

どうしても借金の返済分だけ足りないようであれば、次に取るべき方法は2つです。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

どちらか一方だけでも構いませんが、両方行うことでより借金の返済がしやすくなるはずです。

しかし収入を増やすというのはサラリーマンならWワークとなり、できるだけ土日は休養日に当てたいと思いますよね。

でも仕事というのは何も外へ稼ぎにでるとは決まっていません。

在宅ワークによって収入を増やすことも決して難しいことではありませんね。

月に3万円くらいの収入で良ければインターネット検索で「在宅ワーク」と入力することで、あなたができそうな仕事を見つけることが行きます。

100万円くらいの借金返済なら在宅ワークでも十分賄えると思います。

関連記事をチェック!

644view

借金を返せない人必見!一気に早く借金を返す方法

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考え...


支出を減らして借金を返済する

支出を減らす、その中でも重要なのは食費や水道光熱費などですね。

今までコンビニを利用していたのなら会社の休みの日にスーパーで食料品や飲料水を調達するようにしましょう。

購入するものによっても異なりますがスーパーで買うことで20%程度浮かすことができそうです。

具体的に言えば缶コーヒー1本、コンビニなら130円程度ですがスーパーなら90円程度で買うことができます。

もちろん食事は自炊です。

たとえスーパーは安いと言っても、出来合いのものを買ってきたのでは人件費が掛かっている分だけ価格に加算されています。

1人分作るのでは食材が多すぎると言うのであれば、自炊して余ったものを冷凍して保存しておくのも節約生活には欠かせません。

ご飯を炊きすぎた、食パンの量が多すぎたと言うのならラップで包んで冷凍してしまいましょう。

他にも次のような節約方法が有効です。

  • 携帯電話料金のプランを見直す
  • 不要な雑誌は買わない
  • 水道を出しっぱなしにしない
  • 電気はこまめに消す

会社に持っていく昼ご飯も外食はやめて、お弁当にしましょう。

飲み水もステンレスボトルを利用して自宅で用意して持って行くこともかなり有効的です。

これだけを実行するだけで3万円程度なら浮かすことができます。

関連記事をチェック!

571view

消費者金融の上手な借金返済にはコツがある!確実に減らす方法

借金を減らすには何かコツがあるのか、と返済しながら考えている人は多いのではないでしょうか。現実的に考えましょう。 1回でも借金してしまうとなかなか完済出来ないのが借金です。お金は魔力を持っており...

関連記事をチェック!

1view

非公開: 借金してても我慢は必要ない?借金とうまく付き合う方法

借金を抱えていると、普通の生活は送れないのではないかと不安に思うかも知れません。 しかし借金をしていても無理なく普通に過ごすことや、趣味や娯楽を我慢することなく楽しむことが可能です。 過剰な我慢は...

非公開: 借金してても我慢は必要ない?借金とうまく付き合う方法

借金があると生活保護は?

病気やケガで仕事をすることができなくなった。

そのため生活が苦しいと言うなら市区町村の福祉課へ生活保護の相談をしてみましょう。

借金があると生活保護を受けることができないと言ううわさも聞きますが、生活保護の申請にはそのような条件は一切ありません。

生活保護は文化的な生活を送ることができない人に対して自治体が扶助を行うものですから、借金とは全く関係がありません。

生活困窮者に対する経済的な支援です。

しかし生活保護を受けるには審査が必要です。

審査の段階であなたに財産があるのなら全て処分しなければなりません。

それと同時に借金がある場合は自己破産をすすめられることになります。

財産と呼べるものが何もなければ自己破産は比較的簡単に行うことが可能です。

確かにその手続きにもお金は掛かりますが、掛かる費用の心配は必要ありません。

自治体が裁判所の手続きのアドバイスを行うこともあります。

個人で自己破産の手続きをすれば掛かる費用は1万数千円程度で済みますので、自治体は支援しやすいのです。

自己破産をしてしまえば借金をすることもできなくなります。

冠婚葬祭でお金が必要になったとしても、その分の費用はキチンと面倒を見てくれます。

自己破産をしてしまうと信用情報にキズがついてしまうのはやむを得ません。

それよりも必要なのは自分自身の生活であり命です。

気をつけなければならないのは、友人からお金を借りることです。

お金を借りてしまうと収入とみなされ生活保護費を減らされるようになります。

ケースワーカーから毎月家計簿をつけるように指導されると思います。

友人から借金したことを黙っていたとしても家計簿を見れば計算が合わず、結局バレてしまいますのでやめておきましょう。

借金していても申請できる

結論から言えば、借金があっても生活保護の申請は可能です。

もちろん、飽くまで申請ですから確実にとおるという話ではありません。

しかし先に話したように、借金の有無と生活保護の申請とは全くの別問題です。

ただし申請は可能ですが、生活保護の金額は、とても返済に充てられるような金額ではありません。

最低限の金額しか支給されませんし、その中から家賃や光熱費などの生活費を賄わなければならないのです。

そのためケースワーカーさんとの話合いで必ず「現在借金がある」という事実を伝えておきましょう。

自己破産になる場合も

現在借金があると伝えた場合、多くは自己破産をすすめられます。

理由は、生活保護費は飽くまでも生きていくため、生活を再建させる手段です。

その保護費を借金返済に充てることじたい、本末転倒であると考えられています。

また「借金があるからこの保護費では足りない」と言われても、規定の金額は決まっているので困ってしまうのです。

まずは現在の借金をキチンと整理することを優先されます。

借金生活脱出するには

そもそも借金を作る原因は何だったのでしょうか。

その原因を追及しないことにはいつまでたっても借金生活から脱出することができません。

多くの人が借金生活に陥る理由として次のことがあります。

  • ギャンブル
  • 衝動買い

ギャンブルでもうけようと思うのは甘いです。

ギャンブルでもうかるならギャンブルを運営している企業はとっくに倒産しているはずです。

衝動買いは女性が特に借金苦になる原因となっています。

どちらの場合も決定的な解決策はありません。

依存症は自己解決することができません。

本人が自覚するのを待つよりも、心療内科などでカウンセリングを受けるようにしたいです。

債務整理や自己破産を行ったとしても、依存症に陥っている人は闇金に手を出してしまいます。

闇金は金利が半端でないばかりでなく、取立てもしつこく容赦がありません。

あなたの人生がめちゃくちゃになるばかりか、精神的に参ってしまいます。

精神的に参ってしまうと物事の判断がキチンとできなくなります。

そこで思い浮かぶのは次のことでしょう。

  • 自殺
  • 夜逃げ

あなた自身は自殺すれば借金から逃れることができます。

しかし残された家族のことを考えてください。

それに近年では自殺者に対する保険金の給付率が低くなっていることが多いです。

自殺して借金を完済しようというのは甘い考えです。

それなら夜逃げを考えたとしましょう。

あなた1人なら住所を転々とすることで借金から逃げることができるかも知れません。

しかし安定した生活をするには落ち着いて就職しなければなりません。

落ち着いてしまえばあなたの居場所を突き止めることは簡単なことです。

夜逃げしてその間に時効を待つという考えも甘いです。

金融機関はお金のプロですので、時効が成立しないように裁判に掛けられてしまいます。

あなたがそろそろ時効かな、と思って顔を出してみたら時効が成立していなかったという話もよくあることです。

既にご説明してあるように借金苦からの脱出は最終的には債務整理に頼る方法しかありません。

借金の額が少なければ、収入を増やすことや支出を減らすことで何とかなるにしても、仕事を続けながらあなた自身や家族を守るなどの、目的がはっきりしているなら法律の専門家に相談するのが最善の方法です。


関連記事をチェック!

540view

金に困る!本当にお金がない人の特徴【困ったときは相談】

お金のない人には性格に特徴があるといいます。 ご自分がお金がないのであれば、お金がない人の特徴に該当しているのかもしれません。 まずは、自分を知ることでお金がない状態から抜け出しましょう。...

借金苦から逃げない

債務整理を行うにしても、弁護士事務所に行くなど何らかの行動が必要になります。

その行動を面倒に感じたり、弁護士費用に不安があったりするなどで、なかなか腰が上がらないこともあるでしょう。

しかしここで行動に移さないと、借金生活が変わることはありません。

現状を変えるということはとても勇気がいることです。

今回行動を起こしたことで、状況がもっと悪化するのではないか、借入の事実が家族にバレてしまうのではないか、など色々考えてしまいます。

しかし、客観的に見れば生活が立ち行かなくなるほど、返済に困っている今の状況以上に悪くなることはありません。

気づいていないだけで、今が一番苦しい時なのです。

脱却するためには、借金苦という事実から目をそらさずに現実を受け止めることがスタートと言えます。

法的措置で再スタート

債務整理を始め、借金を整理する方法は存在します。

債務整理を行うことは違法でも何でもありません。

借金を満額返済できなかったという反省は必要ですが、それ以上のことを考える必要はありません。

優先すべきは生活を再建させることですし、何よりも自分自身の命です。

返済に苦しみ、心が病んでしまう人も珍しくはありません。

心が病むと正常な判断ができなくなってしまいます。どうかその前に決断する勇気をもっておきましょう。

借金が整理されれば、必ず人生はやり直せます。

関連記事をチェック!

35view

借金はいくらまでなら返せる?借金額で比較してみよう

生活をしていくには、何かと出費がかさみます。 特に、大きな買い物をするときや、突然の出費をせざるを得ないとき、幾らまでなら借金ができるだろうかと考えてしまうでしょう。 自分の給料から考えて...

借金のない生活を送るには

借金を整理した後の生活を考えると、今まで背負っていたものがなくなり、非常に晴れ晴れとした気持ちになるのではないでしょうか。

しかし重要なのは、整理した後、再度借金をしない生活を送ることです。

中には自己破産をしてすぐに借入を希望する人もいます。

「お金に困ったら借金をする」と脳がもう覚えてしまっているので、そこから離れるのも困難なのです。

そのため今後は強い自制心と、借金をしないような仕組みが生活に必要になってきます。

支出と収入をしっかり把握する

借金をする根底は収支のバランスが崩れていることです。

とはいえ、どの程度崩れているのかなどは自身では把握しにくいものではないでしょうか。

そのような時には、メモやスマートフォンの家計簿アプリなどを活用して、実際月にどの程度の収入があってどの程度の支出があるのかを書き出してみましょう。

分かっていたはずの数字でも、文字にすることで客観的に見ることができます。

そこで「どこが無駄な支出なのか」「もっと節約できる項目はないのか」などを考えてみるといいでしょう。

借金を作る原因を理解する

先に「まず借金を作った理由を明確に」と話をましたが、原因が分かれば後は対処するのみです。

例えば買い物を多くしすぎてしまう人ならば、収入に見合わないものは購入しない、「これが欲しい」と思っても、現金が貯まるまで待つ、など自身で買物のルールを作るなどの対策が有効です。

ギャンブルは依存症になっている可能性があるので、根性論でどうにかできる問題ではありません。

しかるべき専門家に相談することが優先でしょう。

理由が明確になることで、今後どうしたら借金をしない生活を送れるのかも見えてきます。

関連記事をチェック!

9view

多重債務者でも即日融資を受けることは可能でしょうか?

複数の金融機関から融資を受けているような人のことを一般的に「多重債務者」と呼びますが、それだけいろいろなところから融資を受けていてもなお、即日融資を受けたいと思うような状況に陥ってしまうこともあります...

まとめ

借金を苦にして命を落とすよりも、借金を整理して人生を出直しすることが大事です。

借りたものを返さないという良心があったとしても、命を落とすような決着の仕方は避けるべきでしょう。

借金額になる前に日頃の生活を見直しすることはもちろん、多重債務に陥った時でもしっかりと専門家に相談をして解決をしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談